うちの執事が言うことには あらすじ

うちの執事が言うことにはあらすじ

 映画「うちの執事が言うことには」は、2014年3月に発売された高里椎奈さんの小説が原作。2015年11月にコミックス化され、2017年3月から新シリーズ「うちの執事に願ったならば」も刊行されている人気シリーズ。アイドルグループ「King & Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんが初主演を務める。

 永瀬さんが演じる烏丸花穎(からすま・かえい)は、日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となり、18歳にして、すでに飛び級で大学を卒業するほどの頭脳明晰(めいせき)、しかも色彩に関して特別な能力を備えたキャラクター。監督は、映画「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」などの久万真路さんで、脚本は、高倉健さんの遺作となった「あなたへ」で第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した青島武さんが担当する。

 突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、花穎が留学先から急いで戻ると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬だった。父が残した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。そんな中、花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる、大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太さん)とは何者なのか。さらに、次々に起こる不可解な出来事……花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかというストーリーが展開する。

<映画紹介>「うちの執事が言うことには」キンプリ永瀬廉が名門当主を好演 仏頂面の執事・清原翔との関係にも注目

映画「うちの執事が言うことには 」の一場面 (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
映画「うちの執事が言うことには 」の一場面 (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com

 アイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さん主演の映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督)が5月17日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。名門・烏丸家の若き当主と仏頂面の執事のコンビが、家に降りかかる難事件に挑む。

 原作は2014年に刊行された高里椎奈さんの同名ミステリー小説(角川文庫)。日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となり、18歳にして飛び級で大学を卒業するほどの頭脳を備えた烏丸花穎(からすま・かえい、永瀬さん)は、色彩に関する特別な能力も持っていた。突然、引退宣言した先代当主の父・真一郎(吹越満さん)が行方不明となり、急ぎ留学先から戻ってきた花穎を待っていたのは、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま、清原翔さん)だった。不本意ながら衣更月と主従関係を結ぶことになった花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる……というストーリー。

 キンプリの神宮司勇太さん赤目家の御曹司・刻弥(ときや)を演じているほか、神尾楓珠さん、優希美青さんらが出演している。

 ミステリー+若者の成長ドラマの2方向から楽しめる作品だ。永瀬さん演じる若き当主と清原さん演じる仏頂面の執事という2人が、初めこそ雰囲気が悪くかみ合わないものの、次第に信頼関係を深め、成長していく過程に引き込まれる。そんな花穎と蒼馬の姿を見ていると、思わず自分の人間関係も見つめ直したい気分にさせられた。豪華なセットや衣装で表現された上流階級という世界観が圧巻。物語にきらびやかなスパイスを加えている。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com