うちの執事が言うことには ニュース

<御礼舞台あいさつ>清原翔、キンプリ永瀬廉に感謝もまさかの告白 「好きなのは岸くん…」

映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した清原翔さん
映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した清原翔さん

 俳優の清原翔さんが5月30日、東京都内で行われた映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督、公開中)の御礼舞台あいさつに、主演を務めたアイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さん、同グループの神宮寺勇太さんと共に出席した。

 この日は同作品で最後の舞台あいさつとなることから、互いに感謝の気持ちを伝え合うコーナーが設けられ、清原さんは永瀬さんに向かって「あなたと出会ってちょうど1年。あの日からキンプリを見ると、応援のまなざしで見ています」と語りつつ、「でも僕はキンプリの中で好きなのは岸(優太)くんです」とまさかの告白で笑わせた。

 また、神宮寺さんが「翔くんはいろいろサポートしてくれた。ありがたい気持ちでいっぱい」と清原さんに感謝し、続けてハグをしようと近づいたが抱き合う寸前で永瀬さんが割り込み。永瀬さんと神宮寺さんが熱い抱擁を交わすことになり、客席のファンからは悲鳴のような歓声が上がっていた。

<御礼舞台あいさつ>キンプリ永瀬廉、カレーライスは「ルーだけ先に食べる」 珍食事スタイルに会場どよめき

映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した(左から)神宮寺勇太さん、永瀬廉さん、清原翔さん映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した(左から)神宮寺勇太さん、永瀬廉さん、清原翔さん、久万真路監督
映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した(左から)神宮寺勇太さん、永瀬廉さん、清原翔さん映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した(左から)神宮寺勇太さん、永瀬廉さん、清原翔さん、久万真路監督

 アイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんが5月30日、東京都内で行われた映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督、公開中)の御礼舞台あいさつに出席。「白いごはんが好き。なのでカレーライスを頼むときは全部ルーだけ先に食べます」と珍しい食事スタイルを明かし、会場のファンを驚かせた。

 永瀬さんは「先にルーを食べると、お皿の周りにちょっとルーが付くじゃないですか。それにスプーンですくったご飯をつけて食べるのがめちゃめちゃ好き。やったほうがいいですよ。ほんまにおいしいので!」とこだわりを熱弁。ファンが「え~」とどよめくと、同じグループの神宮寺勇太さんは「この食べ方は、本当。ガチでやっている」と苦笑混じりに明かしていた。

 また、この日は同作品で最後の舞台あいさつとなることから、互いに感謝の気持ちを伝え合うコーナーが設けられ、神宮寺さんが「翔くんはいろいろサポートしてくれた。ありがたい気持ちでいっぱい」と清原翔さんに感謝。続けてハグをしようと近づいたが、抱き合う寸前で永瀬さんが割り込み。永瀬さんと神宮寺さんが熱い抱擁を交わすことになり、キンプリファンから悲鳴のような歓声が上がった。

<映画紹介>「うちの執事が言うことには」キンプリ永瀬廉が名門当主を好演 仏頂面の執事・清原翔との関係にも注目

映画「うちの執事が言うことには 」の一場面 (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
映画「うちの執事が言うことには 」の一場面 (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com

 アイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さん主演の映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督)が5月17日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。名門・烏丸家の若き当主と仏頂面の執事のコンビが、家に降りかかる難事件に挑む。

 原作は2014年に刊行された高里椎奈さんの同名ミステリー小説(角川文庫)。日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となり、18歳にして飛び級で大学を卒業するほどの頭脳を備えた烏丸花穎(からすま・かえい、永瀬さん)は、色彩に関する特別な能力も持っていた。突然、引退宣言した先代当主の父・真一郎(吹越満さん)が行方不明となり、急ぎ留学先から戻ってきた花穎を待っていたのは、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま、清原翔さん)だった。不本意ながら衣更月と主従関係を結ぶことになった花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる……というストーリー。

 キンプリの神宮司勇太さん赤目家の御曹司・刻弥(ときや)を演じているほか、神尾楓珠さん、優希美青さんらが出演している。

 ミステリー+若者の成長ドラマの2方向から楽しめる作品だ。永瀬さん演じる若き当主と清原さん演じる仏頂面の執事という2人が、初めこそ雰囲気が悪くかみ合わないものの、次第に信頼関係を深め、成長していく過程に引き込まれる。そんな花穎と蒼馬の姿を見ていると、思わず自分の人間関係も見つめ直したい気分にさせられた。豪華なセットや衣装で表現された上流階級という世界観が圧巻。物語にきらびやかなスパイスを加えている。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com

キンプリ永瀬廉、清原翔と息ぴったりな「シンデレラガール」ダンス 涙のクランクアップも…

映画「うちの執事が言うことには」のメーキングカット(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
映画「うちの執事が言うことには」のメーキングカット(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com

 アイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんが初主演する映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督、17日公開)のスペシャルメーキング映像が5月15日、公開された。映像では、永瀬さんが、共演の清原翔さんにキンプリの曲「シンデレラガール」の振り付けを指南し、息ぴったりなダンスを披露する姿などが登場する。

 映像は、キンプリが歌う主題歌「君に ありがとう」をバックに、永瀬さんと清原さんが最も苦労したという「所作指導」を受けながら練習を重ねる場面や永瀬さんとキンプリの神宮寺勇太さんとのオフショットなども収められているほか、永瀬さんが涙を流しながらクランクアップを迎える姿なども映されている。また、永瀬さん、清原さん、ペロを演じた犬のカイルが写ったメーキングカットも公開された。

キンプリ永瀬廉、映画初主演作お披露目に「ニヤニヤが止まらない」

映画「うちの執事が言うことには」の完成披露試写会に登場した永瀬廉さん
映画「うちの執事が言うことには」の完成披露試写会に登場した永瀬廉さん

 アイドルグループ「King & Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんが4月18日、東京都内で行われた主演映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督、5月17日公開)の完成披露試写会に登場。今作が映画初主演となった永瀬さんは、作品のお披露目に「この時がやっときたか、という気持ちで、ニヤニヤが止まらないですね。この日をずっと待ちに待っていました」と喜び、「いい意味で主演って気負わずに自分らしくできた現場。もっともっと勉強していろんな役で経験を積みたいなって思いを、この映画のおかげで強く感じました。初主演作がこの作品で心から良かった」と思いを明かした。


 完成披露試写会には清原翔さん、「King & Prince」の神宮寺勇太さん、優希美青さん、神尾楓珠さん、矢柴俊博さん、村上淳さん、吹越満さん、久万監督も出席。永瀬さんの“座長ぶり”について、優希さんは「楽しくて、人見知りって言っていたけど全然感じないぐらい、座長としてしっかりされていたなと思います」と絶賛。神尾さんも「映画初主演で、演技の経験もあまりないと言っていたけど、そんなこと感じないぐらい中心になってみんなとコミュニケーション取っていた」と明かし、永瀬さんは「今のを聞いて、ニヤニヤが止まらないですね」と再び笑顔で喜んでいた。

 また、完成作を見たという神宮寺さんは、自身について「(クランクインした)1年前と顔つきの何かが違うな、と」と語り、「色気が少し出たかなと……」と自画自賛。すかさず隣の永瀬さんから「自分で言うな、それ!」と突っ込まれ、会場を沸かせた。

神尾楓珠、「3年A組」の“真壁くん” イケメンハウスキーパー姿公開

映画「うちの執事が言うことには」に出演する神尾楓珠さん (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
映画「うちの執事が言うことには」に出演する神尾楓珠さん (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

 10日に最終回を迎えた連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で水泳部のマネジャー・真壁翔を演じ、話題となった俳優の神尾楓珠(ふうじゅ)さんがイケメンなハウスキーパーに扮(ふん)した写真が3月13日、公開された。

 アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉(れん)さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督、5月17日公開)に、上流階級のハウスキーパー・雪倉峻役で出演する神尾さんの役写真で、「使用人なので、なるべく存在感を消しました(笑い)。新しい職種の役にチャレンジできて本当に良かった」と笑顔でコメントしている。

King & Prince、永瀬廉初主演映画の主題歌担当

映画「うちの執事が言うことには」の新ビジュアル(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
映画「うちの執事が言うことには」の新ビジュアル(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com

 アイドルグループ「King & Prince」(キンプリ)が、同グループの永瀬廉(れん)さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督、5月17日公開)の主題歌を担当することが2月19日、分かった。主題歌のタイトルは「君に ありがとう」。自分を成長させてくれた大切な人への感謝をつづった楽曲で同作のために書き下ろされた。映画の新ビジュアルと主題歌を使用した予告映像も公開された。新ビジュアルには、妖艶な花に囲まれた烏丸花穎(からすま・かえい、永瀬さん)、衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま、清原翔さん)、赤目刻弥(あかめ・ときや、神宮寺勇太さん)が登場する。

映画公開は2019年5月17日 優雅さ漂うビジュアル公開

アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」のティザービジュアル (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」のティザービジュアル (C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com

 アイドルグループ「King & Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督)が、2019年5月17日に公開されることが分かった。ティザービジュアルも公開された。

 ビジュアルには、永瀬さん演じる名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎(からすま・かえい)が優雅な室内でほおづえをついてこちらを見つめ、その傍らで執事の衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま、清原翔さん)が花が添えられたティーカップを差し出す姿が描かれている。

キンプリ永瀬廉、初主演映画「うちの執事が言うことには」クランクアップで涙

アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」の場面写真(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com
アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」の場面写真(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 uchinoshitsuji.com

 アイドルグループ「King & Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんの初主演映画「うちの執事が言うことには」(2019年公開)の撮影がクランクアップしたことが7月5日、明らかになった。名門・鳥丸家第27代当主で、色彩感知能力が高く、目をかばうためにいつもメガネをかけている烏丸花穎(からすま・かえい)役を演じた永瀬さんは「まだまだ未熟な僕だったので、皆さんにご迷惑をおかけしたことも多々あったと思いますが、この1カ月間、花穎として本当に楽しくやらせていただきました」と感極まった様子であいさつ。同作に出演する同グループのメンバーで、すでにクランクアップをしていた神宮寺勇太さんがサプライズで駆けつけ、永瀬さんの労をねぎらうと、永瀬さんの目から大粒の涙がこぼれ落ちた。

 また、執事の衣更月蒼馬役を清原翔さんが演じることが発表され、烏丸家の優雅な朝食時を描いた場面写真も公開された。

 永瀬さんより先にクランクアップをしていた清原さんは、永瀬さんのクランクアップ当日は撮影が入っていたため、サプライズで電話にて永瀬さんのクランクアップを祝ったという。永瀬さんは「僕の初主演映画がこの作品で、一緒に作り上げてくださった方々がみなさんで本当によかったと思っています!」とあいさつした。

 一方、清原さんは「永瀬君とは初対面、初共演だったんですが、すごく愛されキャラなんだと思います。現場でも明るくみんなに愛されていました」とコメント。撮影現場では「最初はなかなかなじめずにいた」という清原さんだが、「永瀬君がどんどん話しかけてきてくれてたおかげで、仲良くさせていただきました。最初に脚本を読ませていただいたときに思った“面白い”という感情が、見てくださる方にもちゃんと伝わる作品になればと思っています」と話した。

 映画は、2014年3月に発売された高里椎奈さんの小説が原作。15年11月にコミックス化され、17年3月から新シリーズ「うちの執事に願ったならば」も刊行されている人気シリーズ。永瀬さんが演じる花穎は、日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となり、18歳にして、すでに飛び級で大学を卒業するほどの頭脳明晰(めいせき)、しかも色彩に関して特別な能力を備えたキャラクター。監督は、映画「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」などの久万真路さんで、脚本は、高倉健さんの遺作となった「あなたへ」で第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した青島武さんが担当する。

 突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、花穎が留学先から急いで戻ると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬だった。父が残した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。そんな中、花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる、大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺さん)とは何者なのか。さらに、次々に起こる不可解な出来事……花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかというストーリーが展開する。