スモールフット ニュース

<インタビュー>早見沙織 吹き替えはドキドキで「試行錯誤の連続」 「スモールフット」で美声披露

劇場版アニメ「スモールフット」の日本語吹き替え版に声優として出演する早見沙織さん
劇場版アニメ「スモールフット」の日本語吹き替え版に声優として出演する早見沙織さん

 「ミニオンズ」「怪盗グルー」シリーズを手がけた原作者と音楽スタッフが製作した米劇場版アニメ「スモールフット」(キャリー・カークパトリック監督)が2018年10月12日公開される。人里離れた雪深い山頂に住むイエティと人間の出会い、冒険を描いたアニメ。日本語吹き替え版でイエティのヒロイン・ミーチーの声優を務めるのが、アニメ「聲(こえ)の形」「魔法科高校の劣等生」などで知られ、歌手としても活躍する人気声優の早見沙織さんだ。ミュージカルシーンでは美声も披露している。吹き替えについて「いつもドキドキします」「試行錯誤の連続です」と話す早見さんに作品や吹き替えについて聞いた。

 ◇プリンセス感をイメージ

 「スモールフット」は、人里離れた雪深い山頂に住む、大きな体で心優しきイエティとスモールフット(人間)が巻き起こす騒動を描く。イエティのミーゴが、スモールフットのパーシーと出会い、「雲の下には不思議な世界が広がっているのよ」という同じイエティのミーチーの言葉を信じ、真実を突き止めるためスモールフットを探す冒険の旅に出る。日本語吹き替え版は、木村昴さんがミーゴ、宮野真守さんがミーゴと出会う人間のパーシー、立木文彦さんがイエティの村の最長老・ストーンキーパーをそれぞれ演じる。

 早見さん演じるミーチーはストーンキーパーの娘で、スモールフットの存在を信じる活発なキャラクーだ。早見さんは、米女優でシンガー・ソングライターのゼンデイヤさんが演じた役の吹き替えに挑戦した。演じる際に意識したのは「プリンセス感」だった。「ギャグシーンでもおてんばになり過ぎない。誰かに何かを頼むシーンでもプリンセスはスッと言えば通じるのかな?と、柔らかいイメージを保つことを意識していました」と話す。

 吹き替えについて「初めて、長尺の吹き替えに呼んでいただいたのが15、6歳の時。その時から気持ちが変わらず、いつもドキドキします。海外アニメの吹き替えは、元の演技がかなりオーバーなこともあります。『スモールフット』でも、私もいつもよりはオーバーにしているところもありますが、自分自身の演技に引き寄せていいところは、遊んだところもあります。試行錯誤の連続ですね」と語る。

 早見さんは歌手としても活躍中。「スモールフット」のミュージカルシーンでも透き通るような美しい歌声を披露している。「なかなかない経験。壮大な歌ですよね。前向きな気持ちで歌いました。元々のゼンデイヤさんの声とすり合わせながら、日本語の響きが伝わるように気を付けました。同じ曲を1人で歌ったり、昴さんたちと歌うシーンもあります。ハモりが気持ち良かったです」と話すように、早見さんら声優陣の歌も吹き替えならではの魅力になっている。

 ◇役に助けられるのが声優の魅力

 早見さんは「魔法つかいプリキュア!」「賭(か)ケグルイ」など数々のアニメに出演している。活動の中で意識していることを聞いてみると「何だろう? 演じている役から(キャラクターの)心理状態を引き出してもらうようなところもありますね。例えば、ミーチーを演じていると、キレイで真っすぐな気持ちになりました。自分がふたをしたかったような気持ちとリンクする役ですと、演じることで(気持ちを)表に出して、昇華させてもらえることもあります。役に助けられるのがこの仕事の魅力なのかもしれません」と明かす。

 プライベートでは「ミュージカルもすごく見に行きます。舞台、歌舞伎、ライブにも行きます。そこで(力を)もらってチャージしています」という。ミュージカルや舞台を見ていると、仕事のことを思い出しそうだが、「お仕事とは関係なく、いかに(仕事を)忘れるか……と、ただ楽しんでいます」と笑顔で語る。

 「『スモールフット』は心が温かくなる映画です。ミュージカル映画はあまり経験がありませんでしたが、演じていて楽しかった。またやってみたいです!」と話す早見さん。「スモールフット」の演技はもちろん、今後もミュージカルの吹き替えやアニメなどで美声を聞かせてくれそうだ。

木村昴、宮野真守、早見沙織らが吹き替え

劇場版アニメ「スモールフット」に出演する(上段左から)木村昴さん、宮野真守さん、早見沙織さん、立木文彦さん(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
劇場版アニメ「スモールフット」に出演する(上段左から)木村昴さん、宮野真守さん、早見沙織さん、立木文彦さん(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 「ミニオンズ」「怪盗グルー」シリーズを手がけた原作・音楽スタッフが製作した米劇場版アニメ「スモールフット」(キャリー・カークパトリック監督、10月12日公開)の日本語吹き替え版に、声優の木村昴(すばる)さん、宮野真守さん、早見沙織さん、立木文彦さんが出演すること8月が2日、明らかになった。木村さんが主人公のミーゴ、宮野さんがスモールフット(人間)のパーシー、早見さんがヒロインのミーチー、立木文彦さんが村の長老のストーンキーパーを演じる。4人は劇中歌も披露する。

 また、ポスタービジュアルと米劇場版アニメ(字幕版)の予告映像も公開された。予告映像では、”モジャかわ”なイエティのミーゴ、ヒロインのミーチーらが登場。崖からダイブしたミーゴが雲の中を急降下して雪に突っ込んだり、やっと見つけたスモールフットのパーシーを気絶させてしまうシーンなどが収められている。

 「スモールフット」は、イエティと人間たちとの出会いが巻き起こす絆を描いた作品。主人公のミーゴは、人里離れた雪深い山頂の村に住む、もじゃもじゃヘアで身を包み、体は大きくても臆病でおっちょこちょいな心優しきイエティ。ある日、生まれて初めて小さな足を持つ“人間”と出会ったミーゴは、村中で伝説の「スモールフット」との奇跡の出会いを話し回るが、誰も信じてくれない。

 「スモールフット」の存在を証明できず、仲間から次第に疎遠になるミーゴは、村を離れ、スモールフット=人間探しの旅に出る。そして、ついに人間たちが暮らす街を発見するミーゴだったが、普通だと思っていた自分の姿や大きさ、その声は人間たちが暮らす街で騒動を巻き起こす。人間たちから見るとミーゴの方が“伝説”の生き物だったのだ……というストーリー。

  ◇木村昴さんのコメント

 なんと楽しそうな映画なのでしょうか! こんなにも見た目やストーリーにワクワクさせられる映画に携わらせていただき、とってもうれしい気持ちでいっぱいです。モジャかわミーゴの、好奇心旺盛で未知の世界への興味に心躍らせる姿を精いっぱい演じたいと思います! もしも僕自身がイエティと出会ったらどうするんだろう!? と想像すると、少しばかりおっかない気もしますが、きっと分かり合えたら楽しいに違いない!とも思えてきます。パーシーが友人として心を開いてくれるような、そんな心優しいすてきなモジャかわミーゴを演じられていたらうれしいです。ぜひ、絆の物語をお楽しみください!

  ◇宮野真守さんのコメント

 イエティ側の目線から描かれる本作の世界観。イエティ側からしてみたら、まさか、人間側の方が伝説の生き物だったなんて! その名も「スモールフット」。はじめに、今作のお話をいただいたときは、この斬新な設定に、ドキドキワクワクが止まりませんでした。僕が担当するのが、まさに、その伝説上の生き物、スモールフットのパーシー!……と、言ってもパーシー的には、普通に人間界で育っているので、伝説でもなんでもなく、むしろ、動物ドキュメンタリーを撮ってる3流芸能人なのですが……(笑い)。そんな価値観も、常識も全然違う2種族が相対することになるのですが、そのときいったい、どんな事件が起きてしまうのか……。衝撃の展開をお見逃しなく! さらにこの作品はミュージックシーンも満載なので、僕らの歌声にも注目してほしいです! ぜひ皆さま、公開を楽しみに待っていてくださいね!

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
出典:YouTube

「ミニオンズ」製作スタッフの新作劇場版アニメ「スモールフット」が日本で公開決定 場面写真も

劇場版アニメ「スモールフット」の場面写真(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
劇場版アニメ「スモールフット」の場面写真(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 「ミニオンズ」や「怪盗グルー」シリーズを手がけた原作・音楽スタッフが製作した米劇場版アニメ「スモールフット」(キャリー・カークパトリック監督)が、2018年10月12日に日本で公開されることが7月5日、明らかになった。また、主人公であるイエティ(雪男)のミーゴの姿を写し出した場面写真も公開された。

 「スモールフット」は、イエティと人間たちとの出会いが巻き起こす、心あたたまる“絆”を描いた物語。主人公のミーゴは、人里離れた雪深い山頂の村に住む、もじゃもじゃヘアで身を包み、体は大きくとも臆病でおっちょこちょいな、心優しきイエティ。ある日、生まれて初めて小さな足をもつ“人間”に出会ったミーゴは、村中で、伝説の「スモールフット」との奇跡の出会いを話し回るが、誰も信じてくれない。

 「スモールフット」の存在を証明できず、仲間から次第に疎遠になるミーゴは、村を離れ、スモールフット=人間探しの旅に出る。そして、ついに人間たちが暮らす街を発見するミーゴだったが、普通だと思っていた自分の姿や大きさ、その声は人間たちの暮らす街で大騒動を巻き起こす。人間たちから見るとミーゴの方が「伝説」の生き物だったのだ……という内容。

 ミーゴの声優を米俳優チャニング・テイタムさん、ミーゴと出会う人間のパーシーの声をジェームズ・コーデンさん、ヒロインのミーチーの声をゼンデイヤさんが担当する。