モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ ニュース

<インタビュー>窪田正孝&広瀬アリス 「モンスト」最新劇場版の収録エピソード語る お互いの印象やアニメへの思いも…

劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」で声優としてカナタ役を務める窪田正孝さん(右)とソラ役の広瀬アリスさん
劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」で声優としてカナタ役を務める窪田正孝さん(右)とソラ役の広瀬アリスさん

 俳優の窪田正孝さんと女優の広瀬アリスさんが声優として出演する劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督)が10月5日、公開された。今作は人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を基にしたオリジナルストーリーで、窪田さんは祖母と一緒に地上で暮らす主人公の高校生カナタ、広瀬さんは謎の青い髪の少女ソラを演じる。今回がアニメ声優初挑戦となった窪田さんと、大のアニメ好きとして知られる広瀬さんに、声優として出演した感想や収録エピソードなどを聞いた。

 「ソラノカナタ」は、宙に浮いた空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界が舞台。地上に残った人間たちは安全に暮らしていたが、地上との一切の通信、物理的干渉ができず、人も住んでいない旧東京が、地上に墜落することを知る……というストーリー。3DCGアニメで、「宝石の国」などのオレンジが制作。音声を先に収録するプレスコ方式がとられている。

 ◇窪田の演技に驚嘆!? 印象的な収録エピソードは…

 ――声優としてオファーを受けたときの心境は?

 窪田さん 声の仕事は「いつかやってみたい」と思っていましたので、お話をいただいて、純粋にうれしかったですね。怖い部分もあるし、殻を破る挑戦でもあるな、と。現場に飛び込んで、揉(も)んでもらえたら幸せかな、また新しい出会いがあるかな、と思いました。

 広瀬さん 声のお仕事は、今までに洋画の吹き替えで2回ほど出演させていただいたんですが、今回はアニメなのでこれまでとは全然違うんだろうな、というのが率直な気持ちでした。音声を先に収録する「プレスコ方式」と聞いて、まず「プレスコってなんですか?」というところから始まり(笑い)。自分にとって、いろいろなものが吸収できる場なんだろうなと思いました。

 ――プレスコ方式での収録はいかがでしたか。

 広瀬さん 収録時は絵コンテの状態でしたので、あとで映像をいただいて答え合わせをしていく感覚でした。「こういう背景なんだ」と、完成してから分かる状態だったので。ただただ、難しかったですね。

 窪田さん せりふを言う中での吐息なども使って、リアルな人物をアニメで動かしていきたい、と聞いていたんです。だから、台本にあるせりふ以外の声が入ってもアリです、と言っていただけて、やりやすかったです。

 ――窪田さんは高校生のカナタ、広瀬さんは謎の少女ソラを演じました。どのように役を作りましたか。

 窪田さん 最初は、人物との距離感というか、声で間合いをとる、ということについて苦労しました。本来ならキャラクター同士が近づけば小さな声でしゃべればいいんですけど、収録では自分の声が耳元で聞こえてくるので、距離感がつかみづらい。そういう苦労はありました。

 広瀬さん 収録中は、監督から言っていただいたことをなるべく自分で表現できるように意識していました。ソラは「勝ち気な部分もある、凜(りん)としたカッコいい女性」と言われていたので、いつもの声よりもさらに低い声で演じてみたり。やっぱりなかなか慣れないので、基礎から、監督と話し合いながらソラを作り上げていきました。

 ――2人の共演シーンが多いですが、改めてお互いにどんな印象を持ちましたか。

 窪田さん 台本を読んでいるのでお互いストーリーはもちろん分かっているんですが、アリスちゃんはあえてそう(自分が想像するように)言わない。自分とのアプローチの仕方の違いが印象的で、新しいアプローチをする人に出会えた感じがしました。それは収録していて新鮮でしたし、アリスちゃんを通して“ぶれない心”をソラから感じ取れたのも、カナタが成長していく後押しになったなと感じました。新しいタイプの人だな、と思いましたね。

 広瀬さん 窪田さんはあまり多くを語らないというか、黙々とずっと一人でやられていて、カナタに似ているなと思いました。開いているんだけど、どこか閉ざしている部分もある。窪田さんのそういうところを、自分の中でカナタとリンクさせることができました。やりやすい環境を作ってくださったと思います。

 ――窪田さんの叫び声の演技のすごさに、広瀬さんがびっくりしたと聞きましたが。

 広瀬さん 震えました。スタジオの後ろの方で見ていたんですが、「うわーっ」と開いた口がふさがらない状態で。しびれました。

 窪田さん 本当ですか! うれしいっす。純粋にうれしい。

 ――収録中の印象的なエピソードは?

 窪田さん アリスちゃんを見ていると「面白い」しかない(笑い)。台本を右に持つか左に持つかで、四苦八苦していて。あと、音量の調節が間違っていて大きな爆発音が鳴ったときに「ビクッ!」となったり。すごく純粋な人だなと、ほほ笑ましく見ていました。

 広瀬さん 恥ずかしい、今年24歳なのに(笑い)。

 窪田さん 最初にそういうところが見られて、うれしかったですけどね。ホッとしました(笑い)。

 ◇収録を終えて“声の仕事”に自信? 今後はナレーションにも意欲

 ――出来上がった映像を見て、どのような感想を持ちましたか。

 窪田さん 僕は別世界として見られましたね。アニメじゃないとできない作品。物理的に不可能なことって、実写の映画でやるには結構、制約がありますから。それができるのはアニメの特権ですよね。実写ではあれだけ大きい鎌(かま)を持って戦えないですし(笑い)。それができるのも、迫力ある映像が作れるのも、アニメだからですよね。それはアニメならではの武器なんだなと、今回すごく実感しました。

 ――窪田さんは実写作品でもアクションシーンを多く演じられていますが。

 窪田さん アクション、大変ですよ! 先日も「銀魂2 掟は破るためにこそある」(福田雄一監督)に出演させてもらいましたけど、三味線背負って戦うのは、大変(笑い)。「ソラノカナタ」でもユウナがでっかい棺桶を持って戦うけど、実写ではあんなに走れないですからね。でも、それができるのもアニメならではですね。

 広瀬さん 私はリアルな東京の風景を映像で見られるのがうれしかったです。工事中の風景なども美化していないので「あ、あのままなんだ」とリアルさが増しました。そこが崩壊していくのも、また面白いというか……。見慣れているものが崩れていく、というのが結構好きなので(笑い)。

 窪田さん 破壊衝動がある人なんだ(笑い)。でも、誰もが持っているからね。

 ――今回の経験を他のお仕事でも生かせそう、という思いはありますか。

 窪田さん 先日、違う映画のアフレコをしたんですが、3分で終わりました(笑い)。役者って、アフレコは苦手なことが多いんです。少なくとも僕はやりたくない。でも、ちょっと自信になりました。もともとナレーションのお仕事ができたらいいな、と漠然と思っていたんですよ。それで今回こういうお仕事いただいたので、今後はナレーションなどのお仕事もできたらいいなと思っています。可能性はどんどん広げていった方がいいなと思います。

 広瀬さん 私も「ソラノカナタ」の収録2日目の夜に、そのまま次の仕事で映画のアフレコがあったんです。だから喉がいい感じで開いていて(笑い)、その現場は早く終わりましたね。

 窪田さん あの空間に慣れるよね。

 広瀬さん そう! 密室のような光が入ってこない状態でも、全然いける。あれはちょっとうれしかったですね。

 窪田さん そうだよね、環境に慣れる。

 広瀬さん 2日で慣れるものなんだなと思いましたね(笑い)。

 ――最後に「ソラノカナタ」ならでは、という魅力を教えてください。

 窪田さん 最初は子供に向けた作品と思っていましたが、出来上がったものを見ると、子供が分かる部分もあるけど母親に聞かないと分からない部分もあって、大人に向けたアプローチが強いんですよね。幅広い人をターゲットにしているんだなと改めて感じました。あと、モンスター側の目線というか、モンスターから見える人間への主張というか主観が描かれているのが、なるほどなと思いましたね。

 広瀬さん 私は人と人との絆というか……。ソラとカナタの友情、トウヤとユウナの兄弟の絆、いろんな人との関わりなど、シンプルですけど、しっかりと人間ドラマの部分もある。そこがすごくすてきだなと思いました。戦って勝ってイエーイ、だけじゃないのが、この作品の魅力だと思います。

(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG

「モンスト」劇場版アニメ「ソラノカナタ」鑑賞でゲーム内特典 映画館で限定ガチャ

「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」のビジュアル(C)XFLAG
「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」のビジュアル(C)XFLAG

 劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督)の来場者特典として、原作の人気スマートフォン用ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」で使えるゲーム内アイテムが手に入ることが明らかになった。

 5日午前4時からゲーム内で、アニメのキャラクターのカナタやソラなどが登場するガチャ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」を実施。映画館に行き、「モンスポット」に出現する「映画館限定スポット」をタップして1日1個(5~8日は1日5個)入手できる「ソラ玉」で引くことができる。期間は25日午前3時59分まで最大で40回引くことが可能。

 映画を見るともらえる特典は、「ウリエル」と「マナ」を限定デザインにできる「カナタオラゴン」1体と「英雄の書」などが入手できる「トレ玉」1個で、映画館の客席からアプリを操作することで入手できる。

 またゲーム内で、属性を選択して表示された5体のキャラクターから好きな1体がもらえる「5周年爆絶感謝マルチガチャ」も開催。5日午前4時にユーザー全員に配布する「ニジ玉」1 個で1回引け、仲間と一緒に引くと最大4体のキャラクターが手に入る。

<映画レビュー>「ソラノカナタ」モンストが3DCGアニメに 窪田正孝&広瀬アリスが声優

映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の場面写真 (C)XFLAG
映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の場面写真 (C)XFLAG

 劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督)が10月5日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開。人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を基にしたオリジナルストーリー。3DCGで表現される美しく滑らかなモンスターたちやスピード感あふれる躍動的なバトルシーンが見どころだ。今回がアニメ声優初挑戦の俳優、窪田正孝さんや、大のアニメ好きとして知られる女優の広瀬アリスさんの声の演技にも注目したい。

 舞台は、空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界。地上の新東京で祖母と2人で暮らす高校生カナタは、ある日、モンスターに襲われていたところを空中都市からやって来た青い髪の少女ソラに助けられる。ソラは旧東京が地上に落ちることを悟り、危機を救うべくカナタを捜しに来ていた。ソラと共に旧東京を訪れ、トウヤやユウナらバンパイアの兄妹や多くのモンスターと出会ったカナタは、命と引き換えに、タブーとされていた闇の力に手を染めたセンジュの暴走を止めるため、共に戦うことを決意する……というストーリー。

 「宝石の国」などのオレンジが制作した3DCGアニメ。幼い頃に両親を亡くし、祖母と一緒に地上で暮らす主人公の高校生カナタの声を窪田さん、カナタと共に戦う青い髪の少女ソラの声を広瀬さんが担当。空に浮いた東京を地上に落とそうとする「解放戦線」のリーダー、センジュの声を声優の山寺宏一さん、バンパイアのトウヤの声を細谷佳正さん、ユウナの声を悠木碧さんが担当する。

 カラフルで美しいモンスターたちがスクリーンの中をハイスピードで動き回るバトルシーンは躍動感があり、目を奪われる。劇場版オリジナルキャラクターとゲームでおなじみのキャラが登場するのも、ファンにはうれしいポイントだ。劇中で描かれるのは、友情や成長といった普遍的なテーマ。「正義とは何か?」の問い掛けもあり、大人でも考えながら楽しめるストーリーになっている。

 各キャラの声はせりふを先に収録するプレスコ方式で録(と)られている。せりふに交ざる吐息なども生かしてリアルな人物を表現することを目指したといい、キャラクターの表情や仕草などに、それがどのように反映されているか、ぜひ劇場で確かめてみてほしい。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
(C)XFLAG
出典:YouTube

窪田正孝、東京タワーに大興奮「でかい建物大好き」 広瀬アリスは修学旅行の思い出語る <公開直前イベント>

劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の公開直前イベントに参加した窪田正孝さん(左)と広瀬アリスさん
劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の公開直前イベントに参加した窪田正孝さん(左)と広瀬アリスさん

 俳優の窪田正孝さんが10月3日、東京タワー(東京都港区)で開催された、人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を基にしたオリジナルストーリーの劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督、2018年10月日公開)の公開直前イベントに登場した。窪田さんは「(東京タワーの)真下にいると興奮しますね。橋とかタワーとか、でっかい建物が大好きなので」と大興奮していた。

 東京タワーの思い出を聞かれると神奈川県出身の窪田さんは「まだ東京に出てきていない頃、夜中に男友達と『東京に行こうぜ!』ということになって、着いた場所がここだったんです。真夜中に赤くそびえ立っていて、赤い光につられて」と振り返った。

 イベントには女優の広瀬アリスさん、声優の山寺宏一さんも登場し、同じ質問に、静岡県出身の広瀬さんは「修学旅行で小学6年生の時に来て、それ以来ですね。透明のエレベーターに『ウワー!』と言って乗って、買い物だけして帰りました」とにっこり。広瀬さんの修学旅行が約10年前だと知った山寺さんは「すごいジェネレーションギャップを感じます」と苦笑いを浮かべていた。

 アニメは、宙に浮いた空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界が舞台。地上に残った人間たちは安全に暮らしていたが、地上との一切の通信、物理的干渉ができず、人も住んでいない旧東京が、地上に墜落することを知る……というストーリー。3DCGアニメで「宝石の国」などのオレンジが製作。幼いころに両親を亡くし、祖母と一緒に地上で暮らす高校生カナタの声を窪田さんが担当し、カナタと共に戦う決意をする青い髪の少女ソラの声を広瀬さん、空中都市を地上に落とそうとする「解放戦線」のリーダー、センジュの声を山寺さんが担当する。

 東京タワーは、カナタとソラがセンジュと戦う“最終決戦の地”で、劇中にも繰り返し登場することから、この日のイベントが催された。

山寺宏一、離婚後は「東京タワーに慰められた」 <公開直前イベント>

劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の公開直前イベントに参加した山寺宏一さん
劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の公開直前イベントに参加した山寺宏一さん

 声優の山寺宏一さんが10月3日、東京タワー(東京都港区)で開催された、人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を基にしたオリジナルストーリーの劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督、2018年10月5日公開)の公開直前イベントに登場した。東京タワーの思い出を聞かれると「東京タワーが好き過ぎて、前は東京タワーが見られる場所に住んでいました」と明かし、「1回目の離婚をした後だったので『東京タワーが俺を慰めてくれる』と思って毎日見ていました」としみじみと語った。

 この日は同作でアニメの声優に初挑戦した俳優の窪田正孝さん、女優の広瀬アリスさんも登場。山寺さんは2人の演技について「素晴らしかったですし、新鮮でした。我々、声優に慣れている人間は見習うべきだって、マジで思いました。アニメをやり過ぎて、こういうパターンでいつもやっていたんじゃないかって思っていたけど、2人は真摯(しんし)に向き合って、表現とか勉強になると思いました」と大絶賛。窪田さんと広瀬さんは「うれしいです。ありがとうございます」と感謝していた。

 アニメは、宙に浮いた空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界が舞台。地上に残った人間たちは安全に暮らしていたが、地上との一切の通信、物理的干渉ができず、人も住んでいない旧東京が、地上に墜落することを知る……というストーリー。3DCGアニメで「宝石の国」などのオレンジが製作。幼いころに両親を亡くし、祖母と一緒に地上で暮らす高校生カナタの声を窪田さんが担当し、カナタと共に戦う決意をする青い髪の少女ソラの声を広瀬さん、空中都市を地上に落とそうとする「解放戦線」のリーダー、センジュの声を山寺さんが担当する。

 東京タワーは、カナタとソラがセンジュと戦う“最終決戦の地”で、劇中にも繰り返し登場することから、この日のイベントが催された。

出典:YouTube

窪田正孝、広瀬アリスの13年前の姿に驚き「めっちゃ完成されとる…」 <完成披露舞台あいさつ>

劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の完成披露舞台あいさつに登場した窪田正孝さん(左)と広瀬アリスさん
劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の完成披露舞台あいさつに登場した窪田正孝さん(左)と広瀬アリスさん

 俳優の窪田正孝さんが9月13日、東京都内で行われた劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督、10月5日公開)の完成披露舞台あいさつに共演の広瀬アリスさんと登場。「13年前に突然、東京の一部が空に浮いた」という映画の設定にちなみ、2人の13年前の写真が公開されると、広瀬さんの小学5年生のころの写真に会場からは「可愛い!」と歓声があがった。広瀬さんの写真を見た窪田さんは、「えっ、小学校5年生!? マジか……。めっちゃ完成されとる」と驚いていた。

 広瀬さんは、バスケットボールの試合のあとの写真だと説明し、「男の子に間違われていた時代ですね。髪の毛が短かったので」と苦笑い。「この1年後にスカウトされてますね」と明かした。窪田さんは制服姿の17歳ごろの写真で、「お芝居を始めたてのころの写真ですね」といい、「お気に入りのイヤホンをして街中を歩いて、カッコいいだろ、みたいにノリノリで歩いていて、『いまイケてるぜ!』みたいな調子こいた感じでしたね」と振り返り、観客を笑わせていた。舞台あいさつには錦織監督も出席した。

 アニメは、宙に浮いた空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界が舞台。地上に残った人間たちは安全に暮らしていたが、地上との一切の通信、物理的干渉ができず、人も住んでいない旧東京が、地上に墜落することを知る……というストーリー。3DCGアニメで「宝石の国」などのオレンジが製作。音声を先に収録するプレスコ方式がとられ、カナタと共に戦う決意をする青い髪の少女ソラの声を広瀬さん、幼いころに両親を亡くし、祖母と一緒に地上で暮らす高校生カナタの声を窪田さんが担当する。

<動画>窪田正孝、「モンスト」最新劇場版でアニメ声優初挑戦 主人公演じ「大役をいただいた」 予告編も公開

劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の一場面(上)とカナタ役の声優を務める窪田正孝さん(C)XFLAG
劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の一場面(上)とカナタ役の声優を務める窪田正孝さん(C)XFLAG

 俳優の窪田正孝さんが、人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を基にしたオリジナルストーリーの劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督、2018年10月5日公開)で主人公の声を担当することが7月19日、明らかになった。窪田さんは、幼いころに両親を亡くし、祖母と一緒に地上で暮らす高校生カナタの声を担当する。窪田さんがアニメの声優に挑戦するのは今回が初めて。

 カナタ、ソラ、ヴァンパイヤのトウヤ、ユウナ、旧東京を地上に落とそうとするセンジュのほか、龍馬、神威、半蔵などおなじみのキャラクターが登場しているポスタービジュアルと、今作の映像初公開となる予告編も公開された。

 宙に浮いた空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界が舞台。地上に残った人間たちは安全に暮らしていたが、地上との一切の通信、物理的干渉ができず、人も住んでいない旧東京が、地上に墜落することを知る……というストーリー。3DCGアニメで「宝石の国」などのオレンジが製作。音声を先に収録するプレスコ方式がとられるという。

 カナタと共に戦う決意をする青い髪の少女ソラは広瀬アリスさん、トウヤは細谷佳正さん、ユウナは悠木碧さん、センジュは山寺宏一さんが担当。仲野裕さん、松本梨香さん、杉田智和さん、島崎信長さん、田丸篤志さんも出演する。

 窪田さんは「今回、声優に初挑戦にもかかわらず大役をいただいたと感じています。 広瀬さんとセリフの掛け合いをする中で、ソラからもカナタからも無垢(むく)な心を与えてもらった気がしました。 後半には、片翼を持ち合った2人が一つになった瞬間もあったり、2人の成長と雄姿を楽しんでご覧いただけたら幸いです」とコメントを寄せている。

出典:YouTube

広瀬アリス、「モンスト」劇場版「ソラノカナタ」でアニメ声優初挑戦

劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の一場面(上)とソラ役の声優を務める広瀬アリスさん (C)XFLAG
劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の一場面(上)とソラ役の声優を務める広瀬アリスさん (C)XFLAG

 女優の広瀬アリスさんが、人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を基にしたオリジナルストーリーの劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(錦織博監督)に声優として出演する。広瀬さんは、メインキャラクターで謎の青い髪の少女ソラを演じる。広瀬さんがアニメ声優を務めるのは初めて。作品が10月5日に公開されることも発表された。

 宙に浮いた空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界が舞台。地上に残った人間たちは安全に暮らしていたが、地上との一切の通信、物理的干渉ができず、人も住んでいない旧東京が、地上に墜落することを知る……というストーリー。広瀬さんの演じるソラは、もう一人のメインキャラクター、高校生カナタの目の前に突然現れ、「世界を救えるのはあなたしかいない!」と助けを求める……という展開。「宝石の国」などのオレンジが製作する3DCGアニメ。音声を先に収録するプレスコで制作される。

 広瀬さんは「全てを声で表現する声優さんのお仕事は、緊張や不安が大きかったのですが、今の自分にできることをしっかりとやれればと臨みました。私が演じたソラは正義感が強くて意思の強い、凛(りん)としている女性です。かっこいいソラを演じていて、自分とは全然違うなって思います(苦笑)。細かい心の動きや裏の感情も表現できるように、一瞬息を吸うだけの音だけのシーンも繊細に臨みました。ソラは激しいアクションシーンも多いので、どんな迫力のシーンに完成するのか、今からすごく楽しみです!!」とコメントを寄せている。

「モンスト」長編劇場版アニメ「ソラノカナタ」が2018年10月公開 オレンジが3DCGで製作

劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」のティザービジュアル(C)XFLAG
劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」のティザービジュアル(C)XFLAG

 人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を基にしたオリジナルストーリーの長編劇場版アニメ「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」が製作され、10月に公開されることが5月31日、明らかになった。「宝石の国」などのオレンジが製作する3DCGアニメで、「あずまんが大王」「とある魔術の禁書目録」などの錦織博さんが監督を務める。音声を先に収録するプレスコで製作される。

 劇場版は、宙に浮いた空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された世界が舞台となる。地上に残った人間たちは安全に暮らしていたが、地上との一切の通信、物理的干渉ができず、人も住んでいない旧東京が、地上に墜落することを知る……というストーリー。二つに分かれた東京が描かれたティザービジュアルも公開された。

 アニメの詳細は、6月30日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されるイベント「XFLAG PARK2018」で発表される。

 ◇「モンスト」などを制作するXFLAG スタジオのコメント

 我々は、「ケタハズレな冒険を。」をスローガンに、「友達や家族とワイワイ楽しめる」コンテンツを提供すべく、スマホアプリにとどまらず、ゲーム以外の領域においてもさまざまな場面で驚きや新しい体験を作りだそうと挑戦を続けています。今回は3DCGでありながら日本のアニメをリスペクトしたアニメーション、そして誰もが楽しみ感動できるオリジナルストーリーを構築し、アニメーションだからこそ描ける世界観を武器に、多くの人が楽しみ話題にするような作品を目指しています。

 ◇オレンジのコメント

 会社のこだわりは「感情移入ができるキャラクター表現」です。独自のインハウスツールや、モーションキャプチャーを駆使して激しい戦闘シーンだけでなく、キャラクターの繊細な演技など、これまで培ってきた技術の集大成として鋭意製作中です。作画やCG、VFXを調和させた本作では、物語だけでなく美しく躍動的な“ハーモナイズ 3DCG”での表現にも驚いていただけると思います。