DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW ニュース

山下健二郎、後輩が歌声を絶賛 「自分でもうすうす感じていた」とご満悦 <大ヒット御礼舞台あいさつ>

映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した山下健二郎さん
映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した山下健二郎さん

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さんが10月14日、東京都内で行われた主演映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」(平沼紀久監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに出席。山下さんらと共に登壇した後輩グループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のメンバーが、劇中で披露している山下さんの歌声について「めちゃくちゃ美声」と絶賛すると、山下さんは「そうだよね、うすうす感じていた。自分でも思っていたけど、うまかったと再確認しました」とご満悦の様子だった。

 さらに、山下さんが演じているダンのリーダーシップについて「決めなければいけない時に決める姿や、おちゃめさのバランスが、グループを引っ張っていく姿にぴったり」などとメンバーが称賛すると、山下さんは「それもうすうす気づいていた。俺しっかりしているなって。勉強になった?」と先輩風を吹かせて、周囲を笑わせていた。イベントには共演の佐藤寛太さん、平沼監督も登場した。

 「HiGH&LOW」はドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動した「EXILE TRIBE」によるプロジェクト。「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」はそのスピンオフで、山下さん演じる山王連合会のダン、「劇団EXILE」の佐藤寛太さん演じるテッツ、「EXILE」「FANTASTICS」の佐藤大樹さん演じるチハルの「DTC」がバイクで温泉街に向かう姿を描いている。

出典:YouTube

<インタビュー>山下健二郎、EXILE TRIBEでの立ち位置は中間管理職 目指すは所ジョージ? 「DTC」主演

映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」に主演した山下健二郎さん
映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」に主演した山下健二郎さん

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さんが主演を務めた映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」(平沼紀久監督)が公開中だ。今作は、ドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動した「EXILE TRIBE」によるプロジェクト「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ。物語の主軸である「DTC」メンバーのダン役を演じる山下さんに話を聞いた。

 ◇同じ人物を演じ続ける大変さに苦労する!?

 今作は、山下さん扮(ふん)する山王連合会のダン、「劇団EXILE」の佐藤寛太さん演じるテッツ、「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さん演じるチハルというDTCの3人がバイク旅の途中で巻き起こす騒動を描くが、ダンの生い立ちについても語られている。

 ダン役を演じる山下さん自身は、「(ダンは)家庭環境がちょっと複雑で、小さいころはコンプレックスを抱えながらも、持ち前の明るさで友達も多い少年だったのでは」と少年時代をイメージし、「(ダンは)自分がいろいろ苦しんだ分、人には優しく誰か困っている人を助けるという気持ちが強くなったのでは。特にDTCの3人は困っている人を放っておけない」と性格を分析する。

 「HiGH&LOW」は、2015年のテレビドラマからスタートし映画も4作公開されるなど、シリーズが長期間にわたっている。同じ役を演じ続けることについて、「良さは役作りをせずに、そのまますんなりとできること」と山下さんは言い、「『HiGH&LOW』はみんな等身大に近いキャラをやっている人が多い印象なので、それだけ愛着も湧いてくる」と話す。

 ただ、シリーズが進むにつれて「ありがたいことでもあるのですが、求められることがすごくなっていく」と言い、「DTCは会話シーンが多いのですが、(DTC)3人とも台本覚えがかなり早い。そのため、さらにいいものを、ということで、前日にせりふが変更されることも。夜に渡されて次の日の早朝に撮るからと言われると『覚えられない』と思うのですが、これが覚えられちゃう。(自分たちが)どんどん苦しくなっていくので、これからはできないことはできないと、はっきり言おうと思います」と笑顔で宣言。そして、「ただ(せりふが)抜けるのも3人ともめっちゃ早い」と自虐的に付け加えた。

 ◇映画には山下発案のアイデアも

 「HiGH&LOW」シリーズには魅力的なキャラクターが数多くいる中で、今作は自身が演じるダンらDTCがメインの物語だが、山下さんは「メインでやらせていただける分、(お客さんから)見られる時間もせりふ量も多い。役作りはできているのですが、どういうふうにアプローチして見せようかというのは常に(DTCの)3人で考えていましたし、監督の紀さん(平沼監督)は昔から知っているので、4人でもいろいろ話しました」と振り返る。

 平沼監督とは付き合いが長いこともあり、「映画をやると決まったとき、紀さんだからこそ言いやすい部分もあったかもしれませんが、脚本を書いて監督をやってくれる紀さんに、こういう映画にしたい」と伝えたと言い、「『HiGH&LOW』シリーズ好きな人はもちろん、初見でも絶対に面白い作品にしたいから、世界観は崩さずに、あまりキャラクターの名前やSWORD(スウォード)地区の細かい部分などは入れないでほしい、とは言いました」と提案したことを明かす。

 その理由について、「『HiGH&LOW』シリーズを全く見たことがない方にもぜひ楽しんでいただきたいと思うので」と説明し、さらに「バイクシーンは必ず入れてほしい。アクションというよりはコメディータッチで、笑いがありつつ、最後はちょっと泣けるぐらいが最高というのは、紀さんとの会議で決まりました。自分たちの意見がかなり反映されたのでは」とうれしそうに語る。

 映画ではダンスや歌うシーンもあるが、「ダンスは結構リハーサルしました。撮影がタイトなこともあり、役者側では迷惑をかけないようにしようということで、形をしっかりと固めていきました」と語り、自身の歌については「面白かったです。歌は決して嫌いではないのですが、ただうまいか下手かはよく分からない(笑い)」とはにかむ。

 ◇DTCの3人は撮影中も空き時間も仲よし

 今作では山下さんと共にDTCメンバーを演じる佐藤寛太さん、佐藤大樹さんとは、画面からもチームワークのよさが伝わってくる。撮影の合間には「仕事やグループの話もしましたけど、何をしゃべっていたか覚えてないほど、くだらないことをずっとしゃべっていました(笑い)」と仲のよさが伝わるエピソードを明かす。

 普段の3人と役どころとは、「あのまま。本当にそのまま、等身大」と言うが、ギャップを感じる人として、「寛太かな。寛太は野性的で、何も計算がなくて思ったことを言っちゃう。いい意味ではピュアだけど、裏を返せばバカなのかな(笑い)」と愛情たっぷりに表現。「テッツとはちょっと違うのかなと。そのままといえばそのままですけど可愛い。(佐藤寛太さん、佐藤大樹さん)2人とも可愛いです」と兄貴(あにき)のように優しくほほ笑む。

 ◇バラエティーのMCに意欲

 山下さんは、大所帯のEXILE TRIBE内での自身の立ち位置を「中間管理職的な感じ」と表現する。「あとは、みんなができることと、僕にしかできないことが結構あるのかなと。お笑いやバラティーに近いようなタッチは、もしかしたら自分が好きで得意なのかなと思っています」と自身の強みを分析する。

 さらに、自身が所属する「三代目 J Soul Brothers」の存在が「三代目のメンバーはみんなやりたいことが明確なのですが、全員それがバッティングしない。グループとしていいバランスでここまで来られた」と居心地のよさを感じているようだ。

 そんな山下さんの最終的な目標を聞くと、「所ジョージさん」と意外な答えが返ってきた。「すごく趣味が豊富で、家族も大切にされていて、メインMCをされているなど、すべてパーフェクト。憧れます」と理由を説明する

 今後チャレンジしたい仕事として、「お笑いやバラエティーがすごく好きで、バラエティーのMCはいつかやってみたい。いつか自分の番組を持ってみたい」と明かし、「(所さんのように)世田谷ベースみたいな基地を作って番組にしたいし、そこからいろいろと発信して総合エンターテインメントを自分で作ってみたい。ラジコンが好きなので、いつか(模型メーカーの)タミヤとコラボもしてみたいです」と思いをはせる。

 グループの活動と並行して俳優としても活躍しているが、「LDHには俳優から入り、劇団EXILEから三代目になったので、僕の人生を作ってくれたのが俳優業」と自身のルーツを語り、「そこからいろんな夢が広がってパフォーマーにもなれたので、もしかしたら俳優業は、人生で最終的に残る一番大事なもので、生涯やり続ける仕事かもしれません」と力強く答えた。

 目標に向かって、「今年はもう残りわずかなので、来年までにレギュラー番組を増やして、三代目の山下というイメージはもちろん持っていただいていいのですが、自分ではそこを崩していきたい。山下健二郎という人間はグループから出るとこんな人なんだと思ってもらうことが、今の目標です」と語った。

 (取材・文・撮影:遠藤政樹)

(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会

山下健二郎、子役の新井美羽にデレデレ サプライズの手紙に「泣きそうになった」 <公開記念舞台あいさつ>

映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の公開記念舞台あいさつに登場した新井美羽さん(左)と山下健二郎さん
映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の公開記念舞台あいさつに登場した新井美羽さん(左)と山下健二郎さん

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さんが9月29日、東京都内で行われた映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」(平沼紀久監督)の公開記念舞台あいさつに、共演した子役の新井美羽さんらと登場。公開を迎えた感想を聞かれた山下さんは、「いつか映画をしたいと言っていて、言霊(ことだま)になって(実現して)心からうれしく思っています。(劇中で)一番可愛かったのは、美羽ちゃんかな。たまらんですわ。久々に会ったらすげー可愛い」と新井さんにデレデレになっていた。

 イベントでは、新井さんがサプライズで、山下さんに向けて手紙を読み上げた。新井さんが「撮影の時に遊んでくれたり、お話をしてくれてありがとうございました。どんな時でも笑顔で優しくて、楽しかったです。健二郎、また遊んでね。大好き」と読み上げると、山下さんは「危なかった。泣きそうになった。感動しました」と感激していた。

 「HiGH&LOW」はドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動した「EXILE TRIBE」によるプロジェクト。「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」は、山下さん演じる山王連合会のダン、「劇団EXILE」の佐藤寛太さん演じるテッツ、「EXILE」「FANTASTICS」の佐藤大樹さん演じるチハルの「DTC」がバイクで温泉街に向かう姿を描いている。

 舞台あいさつには寛太さんと大樹さん、八木将康さん、天野浩成さん、笛木優子さん、廣瀬智紀さん、西川俊介さん、西村一輝さん、水野勝さん、田中俊介さん、守屋光治さん、井澤勇貴さん、立木文彦さん、平沼監督も登場した。

出典:YouTube
出典:YouTube

<映画レビュー>「DTC -湯けむり純情篇-」山下健二郎らが歌う姿は必見 HiGH&LOWスピンオフ

映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の一場面 (C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の一場面 (C)2018「HiGH&LOW」製作委員会

 「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」(平沼紀久監督)が9月28日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開。「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さん演じる山王連合会のダン、「劇団EXILE」の佐藤寛太さん演じるテッツ、「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さん演じるチハルの「DTC」がバイクで向かった温泉街で巻き起こる騒動を描く。

 「HiGH&LOW」はドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動した「EXILE TRIBE」のプロジェクト。

「DTC」はダン、テッツ、チハルの3人。刺激的な日々を駆け抜け疲れ切った3人は、行き先を決めずにバイクで旅に出る。着いた先の温泉街の旅館で、若女将(おかみ)のマリ(笛木優子さん)、一人娘メグミ(新井美羽さん)と出会う。チハルは、女手一つで娘を育てながら旅館を切り盛りするマリに恋心を募らせるが、マリと番頭の宮崎(駿河太郎さん)が互いに引かれ合っていることを知り……というストーリー。

 男たちの友情と戦いを迫力のアクションで描いてきた「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ。「アクションゼロ」と告知していても少しはあるのだろうと思っていたら本当に何も無く、いい意味で期待を裏切ってくれた。これまでの熱過ぎるほどの世界観とは正反対のほんわかムードの中で物語は進んでいき、3人の軽妙な掛け合いが心地いい。全体的にユーモラスな要素がちりばめられているが、見どころはDTCと縦笛兄弟のコラボ。いろいろな意味で圧倒される。普段は歌わない山下さんらの貴重な歌唱シーンも見逃せない。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
(C)2018「HiGH&LOW」製作委員会

山下健二郎、EXILE HIROに直談判で「夢かなう」 上島竜兵とキスで観客から悲鳴も <公開直前イベント>

映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の公開直前イベントに登場した「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さん
映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」の公開直前イベントに登場した「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さん

 「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さんが9月10日、東京都内で行われた映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」(平沼紀久監督)の公開直前イベントに登場。同作は「HiGH&LOW」の新作スピンオフ映画。山下さんは、司会者から「スピンオフの製作をEXILE HIROさんに直談判されたそうですが?」と聞かれると、「そうなんです。EXILE HIROさんと会食をしたときに聞いたら『いいじゃん』って言ってくださって。早いうちから映画化できたらうれしいなと思っていて。言えば、夢がかなうって思いました」と明かした。

 「HiGH&LOW」はドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動した「EXILE TRIBE」によるプロジェクト。「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」は、山下さん扮(ふん)する山王連合会のダン、「劇団EXILE」の佐藤寛太さん演じるテッツ、「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さん演じるチハルの「DTC」がバイクで温泉街に向かう姿を描いている。

 イベントには、佐藤寛太さんと佐藤大樹さんも出席。佐藤寛太さんは「『HiGH&LOW』からのスピンオフは雨宮兄弟(の『HiGH&LOW THE RED RAIN』)の次だよ。早すぎる」と喜び、山下さんも「DTCは、全然テイストが違う。かっこよくて強い時代は終わったんだと思う(笑い)」と喜んでいた。

 また、イベントにはサプライズゲストとしてお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」も登場。山下さんは、上島竜兵さんと“ケンカしてからのチュー”を披露することになり、客席からは悲鳴が湧き起こった。上島さんと“仲直り”した山下さんは「すごい(上島さんの)唇柔らかい」と話し、上島さんは「EXILE HIROさんに怒られるのかな。干されたりしない?」と語って会場の笑いを誘った。

 「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」は28日から3週間限定で上映される。

出典:YouTube
出典:YouTube
出典:YouTube
出典:YouTube

「HiGH&LOW」新作スピンオフ「DTC」2018年9月公開 山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹の3人がバイク旅

映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」のビジュアル (C)2018「HiGH&LOW」製作委員会
映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」のビジュアル (C)2018「HiGH&LOW」製作委員会

 ドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動した「EXILE TRIBE」によるプロジェクト「HiGH&LOW」の新作スピンオフ映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」が、2018年9月28日に劇場公開されることが6月16日、明らかになった。同日、宮崎市内で行われた野外ライブ「LDH LAND in Miyazaki」で発表された。

 映画は、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さんが演じるダン、「劇団EXILE」の佐藤寛太さんが演じるテッツ、「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さんが演じるチハルの山王連合会のDTCの3人がバイク旅をする、アクションなしの“青春純情ムービー”。シリーズ全作品の脚本を手がけてきた平沼紀久さんが、今作で長編映画初監督を務める。スリーショットのビジュアルも解禁された。

 併せて、出演キャストも発表された。同シリーズの出演者では、山王連合会からは、ダン・テッツ・チハルに加えて、ヤマト役の鈴木伸之さん、新進気鋭のアーティスト“縦笛兄弟”を演じる八木将康さんと天野浩成さん、ホワイトラスカルズSMG役の廣瀬智紀さん、松田凌さん、西川俊介さん、西村一輝さん、達磨ベイビーズ役の水野勝さん、田中俊介さん、守屋光治さん、井澤勇貴さん。温泉街で新たに出会う人々で笛木優子さん、駿河太郎さん、新井美羽さんが出演する。

 映画は、高鳴る鼓動と青春(と女子)を求めてバイクで旅に出た、ダン(山下さん)、テッツ(佐藤さん)、チハル(佐藤さん)の3人だったが、所持金が底をついて、温泉街の旅館で日雇いバイトをするハメに。そこで夫と死別し、娘を育てながら旅館を切り盛りする若女将マリ(笛木さん)と出会い、やがてマリと番頭の宮崎(駿河さん)が互いに引かれあっていることを知る。再婚に踏み切れない2人を助けるため、3人はある作戦を実行する……というストーリー。