スマホを落としただけなのに ニュース

北川景子、クールキャラ扱いに疑問? 「意外とおちゃめだよ」 <初日舞台あいさつ>

映画「スマホを落としただけなのに」の初日舞台あいさつに登場した北川景子さん
映画「スマホを落としただけなのに」の初日舞台あいさつに登場した北川景子さん

 女優の北川景子さんが11月2日、東京都内で開かれた主演映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督)の初日舞台あいさつに登場した。タイトルにちなんだ「自身の『○○しただけなのに』」を質問された北川さんは「みんなが勝手に言ってるだけなのに」と回答。「クールと言われることが多くて。何でかなあと思いました。自分では『クールです』と言ってないのですが、この15年ぐらいずっと言われてるなあ」と明かすと、共演の成田凌さんから「隙(すき)がないイメージはありますよね」と指摘され、「でも意外とおちゃめだよ」と答えて、観客の笑いを誘っていた。


 舞台あいさつには共演の田中圭さん、千葉雄大さん、中田監督も出席。千葉さんが「僕は知っていますよ。北川さんの可愛いところ」と話すと、北川さんは「ありがとう」とにっこり。「顔立ちはクールと思われるかもですが、内面はすごく熱い人間だと思っています。関西出身なので、笑いにもこだわっています。自分も(笑いを)取りたいなと思うし、爪痕を残したいと頑張ってきたこの1カ月半でした」と明かしていた。

 映画は、2017年の「このミステリーがすごい!」大賞の“隠し玉”作品(=ベストセラーの可能性がある作品)に選ばれた、志駕晃さんの同名小説が原作。派遣社員の稲葉麻美(北川さん)は、自分の恋人がスマホを落としたことをきっかけに、身に覚えのないメールの送信やSNSのなりすましといった奇妙な出来事に巻き込まれ、思いもよらない大事件につながる……というストーリー。

<映画紹介>「スマホを落としただけなのに」北川景子が恋人・田中圭のスマホ紛失から恐怖の淵へ

映画「スマホを落としただけなのに」の場面写真 (C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
映画「スマホを落としただけなのに」の場面写真 (C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 女優の北川景子さん主演の映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督)が2日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほかで公開される。原作は、2017年「このミステリーがすごい!」大賞の“隠し玉”作品(=ベストセラーの可能性がある作品)になった志駕晃さんの同名小説。恋人がスマホを落としたことをきっかけに、ヒロインが覚えのないメールの送信やSNSのなりすましなどに遭遇し、そこから思いもよらない大事件に巻き込まれていく。

 派遣社員の稲葉麻美(北川さん)が、恋人の富田誠(田中圭さん)のスマホに電話すると、聞き覚えのない男の声が……。その後、スマホを拾ったという男から本体は戻ってきて安心するが、誠が身に覚えのないクレジットカード料金を請求されたり、麻美もSNSだけでつながっている友人からしつこく連絡が来るなど、その日を境に奇妙な出来事が続発。同じ頃、若い女性の遺体が山中で次々と発見され……。

 とにかく怖い。現代人の最も身近なスマホが物語の中心にあるだけで、真に迫る恐怖と切実さを感じた。スマホは便利な半面、とてつもない個人情報が詰まっているもの。それを落とすということは、まさに自分の全てを失うのと同じような感覚に陥る。その恐怖をあらゆる角度から描き、見る側の心を揺さぶってくる。

 スマホにまつわるさまざまな現象が盛り込まれ、批判するだけでなくその利便性についても知ることができてハウツー的な見方も可能。そしてラスト、麻美の運命には……本当に驚かされた。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
出典:YouTube

田中圭、“一番炎上しそう”指名に納得? 北川景子から「ガチのダメ出し」も <公開直前イベント>

映画「スマホを落としただけなのに」の公開直前イベントに登場した田中圭さん
映画「スマホを落としただけなのに」の公開直前イベントに登場した田中圭さん

 俳優の田中圭さんが10月29日、東京都内で開かれた映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督、11月2日公開)の公開直前イベントに出席した。北川景子さん演じる主人公の恋人役で、スマートフォン(スマホ)を落として事件のきっかけを作る役どころの田中さんは「公開直前になって落とし物がひどくて、いろいろな大事なものを落としています。財布とか鍵とか。スマホは大丈夫ですが……。財布も見つからない。鍵はおととい落としました」と告白し、北川さんは「信じられない」と驚きの声を上げていた。

 イベントには、SNS炎上の経験者でお笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんもスペシャルゲストとして登場。SNSを使った情報発信に消極的な理由を聞かれた田中さんは「(自分は)絶対やっちゃいけない人だと思っている。何を発信していいか分からない。間違って更新しないようにとか。絶対に向いてない」と苦笑いした。

 最後にSNSで一番炎上しそうな人を指名するコーナーで、北川さん、千葉さん、クロちゃんから指名された田中さんは、「景子ちゃんは(炎上)しない。雄大もしないし(女性ファンなどから)『キャーッ』となる。俺は(炎上)する」と納得の様子で断言。田中さんについて北川さんは「通常は大丈夫ですが、お酒を飲むと愉快になるので気をつけてほしい」とアドバイスすると、田中さんは「ガチのダメ出しじゃないですか!」と突っ込んでいた。

北川景子、SNSはLINEのみ「“映える”生活を送ってない」 クロちゃんには“炎上”期待 <公開直前イベント>

映画「スマホを落としただけなのに」の公開直前イベントに登場した北川景子さん
映画「スマホを落としただけなのに」の公開直前イベントに登場した北川景子さん

 女優の北川景子さんが10月29日、東京都内で開かれた主演映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督、11月2日公開)の公開直前イベントに登場。映画はSNSをテーマにしたサスペンスだが、北川さんは「期間限定でフェイスブックをやったことはありますが、今はLINEだけです」と明かし、積極的でない理由を聞かれると「“映える”生活を送ってない。何を載せたらいいのかなと。(フェイスブックの)期間限定のときも、作った料理が上手に撮影できず、向いてない」と明かした。

 イベントには、共演の千葉雄大さん、田中圭さんのほか、SNS炎上の経験者でお笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんもスペシャルゲストとして登場。クロちゃんがSNSにアップした写真「結婚相手に求める条件」で、「車の運転ができる」「パソコンが使える」「年収800万以上」「20~23歳」「鬼ギャル」の五つの条件を見た北川さんは「(SNSを)何だか閉じちゃう。イラッとしちゃうかも。写真よりも文面が気になります。『結婚したいよ!』だけじゃダメなんですか?」とコメント。ネットセキュリティー専門家の辻伸弘さんも「自分の欲求を全開にした投稿はNG」とダメ出ししていた。

 イベントについて北川さんは「炎上しちゃう理由が分からなかったので、気をつけなければと思いました。(SNSは)やっていませんが……。クロちゃんは、もっとやって炎上してください。見ている分には楽しいです」とフォローしていた。

北川景子、ANNで生放送のパーソナリティー初挑戦 「どうなるか分かりませんが…」

「北川景子のオールナイトニッポンGOLD 映画『スマホを落としただけなのに』スペシャル」でパーソナリティーを務める北川景子さん=ニッポン放送提供
「北川景子のオールナイトニッポンGOLD 映画『スマホを落としただけなのに』スペシャル」でパーソナリティーを務める北川景子さん=ニッポン放送提供

 女優の北川景子さんが、ニッポン放送のラジオ番組「オールナイトニッポンGOLD」で生放送のパーソナリティーに初挑戦することが10月26日、分かった。11月2日公開の主演映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督)の公開を記念した企画で、北川さんが自身初というラジオ番組の生放送に挑戦する。

 番組では、同映画の話や知られざる北川さんの素顔が分かるプライベートの話もする予定。また、リスナーからスマートフォンの中に入っている絶対見られたくない「あなたのスマホのヒミツ」を募集し、紹介する。

 北川さんは、「11月2日、オールナイトニッポンやります。生放送のラジオ番組のパーソナリティーは初めてなのでどうなるか分かりませんが、せっかくなので楽しみたいと思います。どうぞお付き合いください!」とコメントを寄せている。

 「北川景子のオールナイトニッポンGOLD 映画『スマホを落としただけなのに』スペシャル」は11月2日午後10時から生放送。

千葉雄大、北川景子のハグにドキドキ 「思春期に戻ったよう…」 <完成披露試写会>

映画「スマホを落としただけなのに」の完成披露試写会に登場した千葉雄大さん
映画「スマホを落としただけなのに」の完成披露試写会に登場した千葉雄大さん

 俳優の千葉雄大さんが10月8日、東京都内で行われた映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督、2018年11月2日公開)の完成披露試写会に登場。劇中でそれぞれの演じる役柄が秘密を抱えているという設定にちなんで、「今だから言える秘密」を聞かれた千葉さんは、主演の北川景子さんと久々の共演で再会した際の“秘密”を告白。千葉さんは「『久しぶり』って言って、(北川さんから)ハグしてくれたんですよ。うれしかったんですけど、内心は思春期に戻ったようにドキドキしちゃって……」と明かし、北川さんらの笑いを誘った。

 北川さんは千葉さんと再会したときの心境について「極限のお芝居のときに、久しぶりに知っている人が来て、安心してうれしかったんです。追い詰められているシーンのときに、オアシスのように(千葉さんが)現れて、心が救われました」と吐露。千葉さんも「僕もすごく安心しました。僕にとっては北川さんがオアシス」とほほ笑み、仲の良さをうかがわせた。

 完成披露試写会には北川さん、千葉さん、成田凌さん、田中圭さん、中田監督が出席。成田さんは「今だから言える秘密」を聞かれると、「美容室に千葉雄大の写真を持って行ったことがあります」と告白。「高校生のときに『この髪形いいな』と思って、持って行ったことあります。大宮(埼玉県)の美容室に」と説明すると、千葉さんは「初めて聞いたので、すごくうれしいです。今後もまねしてください」と喜んでいた。

北川景子、恋人役の田中圭とのキスを拒否? 「まだ序盤なので…」 <完成披露試写会>

映画「スマホを落としただけなのに」の完成披露試写会に登場した北川景子さん(左)と田中圭さん
映画「スマホを落としただけなのに」の完成披露試写会に登場した北川景子さん(左)と田中圭さん

 女優の北川景子さんが10月8日、東京都内で行われた主演映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督、2018年11月2日公開)の完成披露試写会に共演の田中圭さんらと登場した。北川さんの恋人役を演じる田中さんは、北川さんとの仲直りのシーンについて「実は台本には仲直りのキスをする、みたいに書いてあったんだけど、景子ちゃんが『したくない』って……」と告白。北川さんは「したくないというと語弊があるけれど……。役柄上、まだ映画の序盤なので、もうちょっと小出しにした方がいいんじゃないかと思ったんです」と演出上のアイデアだったことを説明しつつ、苦笑していた。

 完成披露試写会には北川さん、千葉雄大さん、成田凌さん、田中さん、中田監督が出席。トークでは、6日に放送されたTBSの「オールスター感謝祭」で北川さんが4分間まばたきをしなかったという話題も振られ、北川さんは「半開きだったんですよ。いっぱい(目を)開いていたら無理だったと思います」と説明。「あのとき、『もしかしたら、もしかするのか!?』と実況で言われて、すごく応援されている気持ちになって、これは4分やらなきゃいけないんだなと思って。成し遂げられるんだな人間は、と思いました」と笑顔で振り返った。イベントの終盤には「なるべくまばたきせずに(映画を)ご覧になってください」と自らネタにして会場を沸かせた。

 映画は、2017年の「このミステリーがすごい!(このミス)」大賞の“隠し玉”作品(=受賞には及ばなかったもののベストセラーになる可能性を秘めている作品)に選ばれた、志駕晃さんの小説が原作。派遣社員の稲葉麻美(北川さん)が、自分の彼氏がスマホを落としたことをきっかけに、身に覚えのないメールの送信やSNSのなりすましといった奇妙な出来事に巻き込まれ、次第に思いもよらない大事件につながっていく“SNSミステリー”。

北川景子、映画「スマホを落としただけなのに」で主演 「このミス」“隠し玉”のSNSミステリーが原作 2018年11月2日公開

映画「スマホを落としただけなのに」で主演を務める北川景子さん(左)と原作の同名小説のカバー (C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
映画「スマホを落としただけなのに」で主演を務める北川景子さん(左)と原作の同名小説のカバー (C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 2017年の「このミステリーがすごい!(このミス)」の“隠し玉”作品に選ばれた志駕晃さんの小説「スマホを落としただけなのに」(宝島社文庫)が映画化され、女優の北川景子さんが主演を務めることが6月4日、分かった。映画は、「リング」シリーズなどの中田秀夫さんがメガホンを取る。北川さんと中田さんは、今回が初タッグとなる。

 小説は、「このミス」の「受賞には及ばなかったもののベストセラーになる可能性を秘めている作品」(=隠し玉)として選ばれ、選評で「スマホを落とすという誰にでもありそうな日常の災難を、とんでもない厄災につなげていく過程が面白い」などの評価を得た。映画では、派遣社員の稲葉麻美(北川さん)が、自分の彼氏がスマホを落としたことをきっかけに、身に覚えのないメールの送信やSNSのなりすましといった奇妙な出来事に巻き込まれ、次第に思いもよらない大事件に繋がっていく“SNSミステリー”が描かれる。映画「デスノート/デスノート the Last name」「BECK」などの大石哲也さんが脚本を担当する。2018年11月2日公開。

(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会