デッドプール2

UPDATE

デッドプール2あらすじ

 映画「デッドプール2」は、マーベル・コミックの異色のヒーローが活躍する映画「デッドプール」の続編。「デッドプール」は、“やりすぎ”なヒーローとして人気のデッドプールが活躍するエンターテインメント作。続編となる今作は、ハニーのバネッサとの気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきた強敵ケーブルが現れる。バネッサたっての希望もあり、いい人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力を持つメンバーを集めてチーム・Xフォースを結成する……という展開。

 日本語吹き替え版では、前作に続き加瀬康之さんがデッドプールの声優を担当するほか、中村悠一さん、三宅健太さん、三上哲さん、田村真さんらが声優として出演する。

スタッフ

監督:デビッド・リーチ

デッドプール2キャスト

ライアン・レイノルズ

デッドプール2公開日

2018年6月1日公開

<映画レビュー>「デッドプール2」 マーベル異色の毒舌ヒーローが新たなチームを結成! 6月1日公開

映画「デッドプール2」の一場面 (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
映画「デッドプール2」の一場面 (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 マーベル・コミックの異色のヒーローが活躍する映画「デッドプール2」(デビッド・リーチ監)が、6月1日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。マーベルヒーローものでは異例のR15+指定で、過激なバイオレンス描写や下ネタジョークで観客の度胆を抜き、日本でも20億円を超える興行収入を記録した前作「デッドプール」(2016年)。続編となる今作でも、デッドプールの毒舌と行儀の悪さは健在で、しかも「Xフォース」なる新たなチームが登場。前作に勝るとも劣らない“やばい”シーンが満載だ!

 最愛のバネッサ(モリーナ・バッカリンさん)との幸せな生活を取り戻した“デッドプール”ことウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズさん)の前に、人間と機械が合体した“ケーブル”(ジョシュ・ブローリンさん)が現れる。未来から来たというケーブルの狙いは、ミュータントの孤児院で暮らす少年ラッセル(ジュリアン・デニソンさん)だった。バネッサの励ましを受け、ラッセルをケーブルの魔の手から守ろうと決意したウェイドは、特殊能力を持つメンバーを集め、「Xフォース」なる新チームを結成するが……というストーリー。

 相変わらず、他の映画をこき下ろしたりパロディーにしたりとやりたい放題。レイノルズさん自身の過去の出演作もやり玉にあげられる。「9時から5時まで」や「トゥモロー」といった名曲の数々が、このシチュエーションでこれ?と首をかしげたくなるタイミングで流れ、そのミスマッチ感が逆に小気味いい。前作で免疫はできていたとはいえ、「おおっ」と腰が引けるバイオレンスシーンの衝撃を薄めてくれた。

 さらに、Xフォースの“面接”にやって来るのは、あなた本当に超人なの?というインチキっぽい輩(やから)ばかりで、彼らのユニークさがまた、笑いを提供する。人相の悪いケーブルも悪役なりに味わいがあり、演じているのが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(18年)で最凶最悪のヴィラン(悪役)“サノス”を演じたブローリンさんというのも意味深い。また、日本からは忽那汐里さんが参戦。ウェイドに会うたびに可愛らしくあいさつするミュータントのYukio(ユキオ)を、ポップかつキュートに演じているのも見逃せない。(りんたいこ/フリーライター)

(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
デッドプール2
出典:YouTube

「デッドプール2」主演ライアン・レイノルズが東京バスツアー 渋谷や増上寺など巡りノリノリ

映画「デッドプール2」のPRのため来日し東京バスツアーを行ったライアン・レイノルズさん(中央)
映画「デッドプール2」のPRのため来日し東京バスツアーを行ったライアン・レイノルズさん(中央)

 マーベル・コミックの異色のヒーローが活躍する映画「デッドプール」の続編「デッドプール2」(デビッド・リーチ監督、2018年6月1日公開)で主演を務めるライアン・レイノルズさんが5月30日、東京都内を巡るバスツアーを行った。移動中の車内でインタビューを受けながら各所を回るという、ヒーローとして異色なデッドプール“らしさ”を感じさせる斬新なプロモーションだ。レイノルズさんもノリノリでツアーを満喫していた。

 当日、「デッドプール2 俺ちゃん中の人バスツアー」と書かれたバスに乗り込み、まずは渋谷のスクランブル交差点へ向けて出発。到着するとレイノルズさんはバスを降り、スクランブル交差点を横断しながら写真撮影。

 レイノルズさんにめざとく気づくファンもいる中、本人は「5000人くらい人が通るクレージーなスポットだと聞いてたけど、平日で雨のせいか人が少なかったから普通に歩けた。この時代だからスマホを出して写真を撮られたけど、僕の子ども時代だったらライターを出していた(笑い)」と満足げな表情を浮かべる。

 さらに、「ビートルズの『アビイ・ロード』みたいにしたくて、本当は横から撮ってほしかったけど、(カメラマンは)ずっと正面からばかりだったね」とちゃめっ気たっぷりに笑顔で語っていた。

 再びバスに乗り込み移動した先は、増上寺(東京都港区)。ここはレイノルズさんが親友だというヒュー・ジャックマンさんが「ウルヴァリン:SAMURAI」(2013年)を撮影した場所でもあり、「(日本での撮影は)本当にやりたい! ヒューも日本で映画を撮って本当に気に入っていた。デッドプールは刀を2本も背負っているから伝統的な侍スタイルではないけど、彼ならいいか」とレイノルズさん。二刀流の宮本武蔵の存在を告げられ、「じゃあデッドプールが日本に来てもオーケーだ!」とテンションが上がっていた。

 移動中のバスの中では、距離が近いこともあってかフランクにどんな質問にも笑顔で答えてくれたレイノルズさん。過激なネタが数多くちりばめられた映画について、「使えなかったネタはカタログができるほどある」と言い、「ディズニー作品をネタにした際どいジョークもたくさんあったけど、(編集などの)ポストプロダクション中にディズニーが20世紀フォックスを買収することになり、全部あきらめた」と打ち明けた。

 そして、自身が演じるデッドプールについて、「ダーティーで道徳的にあいまいなキャラクターだけど、昨日より“クソ野郎”であることがないよう努力している」と言い、「つらい状況や窮地をユーモアを使って切り抜けていくところは自分と似ている」と役との共通点を自己分析。

 また、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や「アベンジャーズ」と共演したら?と聞かれると、「デッドプールはガーディアンズのメンバーとうまくやっていけるのかな。ガーディアンズは口が悪いし、モラルに欠けるクソ野郎どもだから(笑い)」と言い、「アベンジャーズかガーディアンズの誰か1人だけと組むのならいいかもしれないけど、デッドプールがチームに入ったら、みんな5分以内に彼を殺そうとするのでは」とジョークを交えて答えて周囲の笑いを誘った。

 そんなレイノルズさんは「日本のアーティストで尊敬している人は多い。映画なら黒澤明。実は第3弾のアイデアは、ある黒澤作品からヒントを得ている」と打ち明け、日本での撮影の可能性について、「『デッドプール』では分からないけど、(『デッドプール2』に登場するヒーローチーム『Xフォース』が活躍する)『X-Force』は国際的な物語になりそうだから、日本で撮影することもあるかも」と含みを持たせた。

 バスツアーは増上寺でデッドプールのコスプレーヤーと記念撮影をし、レイノルズさんが映画のヒットを祈願して終了した。映画は6月1日から公開。(取材・文・撮影:遠藤政樹)

デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2

デッドプール2、主演ライアンと「X JAPAN」Toshlらが“Xポーズ”披露

映画「デッドプール2」のジャパンスペシャルイベントに出席した(左から)忽那汐里さん、ライアン・レイノルズさん、「X JAPAN」のToshlさん
映画「デッドプール2」のジャパンスペシャルイベントに出席した(左から)忽那汐里さん、ライアン・レイノルズさん、「X JAPAN」のToshlさん

 マーベル・コミックの異色のヒーローが活躍する映画「デッドプール」の続編「デッドプール2」(デビッド・リーチ監督、2018年6月1日公開)のスペシャルイベントが5月29日、東京都内で開催され、来日した主演のライアン・レイノルズさん、共演の忽那汐里さんのほか、ロックバンド「X JAPAN」のToshlさんがスペシャルゲストとして登場した。劇中に登場する「Xフォース」にちなみ、3人はXフォースという掛け声に合わせて、両手をクロスした“Xポーズ”を披露し、イベントを盛り上げた。

 Toshlさんは今作について「大好きなので、興奮しています!」と大きな声でコメント、レイノルズさんと熱く握手をかわした。忽那さんは、今作で暗殺者のユキオを演じており「『デッドプール』に参加できてうれしいです。ライアンとの共演はすてきで面白かったです。アドリブがとても勉強になりました。見たことがない現場でした」と笑顔で語った。会場には、デッドプールに扮(ふん)した観客が大勢駆け付け、レイノルズさんは「東京のコスプレーヤーは最高! 『デッドプール2』を公開できるのが夢のようです」と興奮気味に語った。

 映画「デッドプール」は、“やりすぎ”なヒーローとして人気のデッドプールが活躍するアクションエンターテインメント作。続編は、恋人のバネッサとの気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきた強敵ケーブルが現れる。バネッサたっての希望もあり、良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力を持つメンバーを集めてチーム「Xフォース」を結成する……という展開。

デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
デッドプール2
出典:YouTube
デッドプール2
出典:YouTube

<動画>「デッドプール2」俺ちゃんと歌姫セリーヌ・ディオンが共演 接近禁止の過去も? MVのメーキング映像公開

映画「デッドプール2」の主人公・デッドプールと主題歌を担当するセリーヌ・ディオンさんが共演するミュージックビデオ (C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation
映画「デッドプール2」の主人公・デッドプールと主題歌を担当するセリーヌ・ディオンさんが共演するミュージックビデオ (C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation

 歌手のセリーヌ・ディオンさんが歌う、映画「デッドプール2」(デビッド・リーチ監督、2018年6月1日公開)のオープニングテーマ「アッシュズ」のミュージックビデオ(MV)のメーキング映像が5月23日、公開された。

 MVでは、映画の主人公の「俺ちゃん」ことデッドプールがディオンさんと共演。今回公開されたメーキング映像では、撮影を控えるデッドプールが「なぜか本物のセリーヌが来た。接近禁止なのに」と話す場面などを収録。デッドプールが、ディオンさんに胸を触られながら「これ本物?」と聞かれ、「まあね! カップはAマイナス」と返すと、ディオンさんが「同じよ!」と明かす場面もある。

 さらに、デッドプールが「(撮影に向けて)骨を5本抜いておいた。鎖骨2本と背骨を17センチ。だからクネクネだ」と気合十分に撮影に臨む様子なども収められている。

 「デッドプール」は、“やりすぎ”なヒーローとして人気のデッドプールが活躍するエンターテインメント作。続編となる今作は、ハニーのバネッサとの気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきた強敵ケーブルが現れる。バネッサたっての希望もあり、いい人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力を持つメンバーを集めてチーム・Xフォースを結成する……という展開。

 日本語吹き替え版では、前作に続き加瀬康之さんがデッドプールの声優を担当するほか、中村悠一さん、三宅健太さん、三上哲さん、田村真さんらが声優として出演する。

デッドプール2
出典:YouTube

<動画>「デッドプール2」デビッド・ベッカム出演の特別映像公開 “声イジり”を2年越しに謝罪

デッドプール2
出典:YouTube

 マーベル・コミックの異色のヒーローが活躍する映画「デッドプール」の続編「デッドプール2」(デビッド・リーチ監督、2018年6月1日公開)の特別映像が5月18日、公開された。特別映像には元サッカー選手のデビッド・ベッカムさんが出演しており、主人公のデッドプールが、2016年公開の前作でベッカムさんの声を変だと“イジった”ことを謝罪しにやってくる様子が映し出されている。

 特別映像は約1分40秒。デッドプールの正体であるウェイド・ウィルソンが「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸っているのかな」と話す前作のシーンを自宅で見ていたベッカムさんの元に、デッドプールから「悪かった。ごめんね」とメールが届くも、ベッカムさんはそれを無視。すると今度はデッドプールが自宅にクッキーとミルクを持参して謝罪に訪れるが、ベッカムさんはそれも門前払いする。デッドプールはその後もあの手この手で謝罪しにやってきて、最終的にはFIFAワールドカップのイタリア対オランダ戦という“幻のチケット”を渡すことで和解。しかし最後にベッカムさんが「君が謝るべきは『グリーン・ランタン』、『ゴースト・エージェント/R.I.P.D』、『セルフレス/覚醒した記憶』、『ブレイド3』、『ザ・ブレイン』」と、デッドプール役の俳優、ライアン・レイノルズさん出演作を次々と挙げ連ね、やり返す……という内容になっている。

 「デッドプール」は、“やりすぎ”なヒーローとして人気のデッドプールが活躍するエンターテインメント作。続編は、ハニーのバネッサとの気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきた強敵ケーブルが現れる。バネッサたっての希望もあり、良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力を持つメンバーを集めてチーム・Xフォースを結成する……という展開。

映画「デッドプール2」の特別映像の場面写真(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
映画「デッドプール2」の特別映像の場面写真(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

「デッドプール」続編の日本語吹き替え版で加瀬康之が続投 中村悠一、三宅健太、三上哲、田村真らも参戦

映画「デッドプール2」のビジュアル(左)と日本語吹き替え版でデッドプールの声優を務める加瀬康之さん (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
映画「デッドプール2」のビジュアル(左)と日本語吹き替え版でデッドプールの声優を務める加瀬康之さん (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 マーベル・コミックの異色のヒーローが活躍する映画「デッドプール」の続編「デッドプール2」(デビッド・リーチ監督、2018年6月1日公開)の日本語吹き替え版で、前作でデッドプールの声優を務めた加瀬康之さんが続投することが5月2日、分かった。中村悠一さん、三宅健太さん、三上哲さん、田村真さんらが声優として出演することも発表された。中村さんは、デッドプールが結成した「チーム・Xフォース」の二刀流剣士シャッタースター、三宅さんは近接格闘術の達人べドラム、三上さんは普通のおっさんピーター、田村さんはツァイトガイストをそれぞれ演じる。

 加瀬さんは、「『デッドプール2』! めちゃんこしゃべりましたよん!(笑い)。1よりしゃべったしゃべった! そして、内容もめちゃめちゃ盛りだくさんで楽しめる度MAX間違いなし!!! オレちゃんの活躍、お楽しみにねん!」とコメントを寄せている。加瀬さんのほか、前作に登場したキャラクターたちの声優陣も続投するという。

 「デッドプール」は、“やりすぎ”なヒーローとして人気のデッドプールが活躍するエンターテインメント作。続編は、ハニーのバネッサとの気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきた強敵ケーブルが現れる。バネッサたっての希望もあり、良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力を持つメンバーを集めてチーム・Xフォースを結成する……という展開。

 続編の日本語吹き替え版では、大塚明夫さんがケーブル、皆川純子さんがケーブルに狙われる少年ラッセル、佐古真弓さんが運を操るセクシーなデカ・アフロのドミノをそれぞれ演じることも発表された。

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
6

/6

目次