海を駆ける

海を駆けるあらすじ

 映画「海を駆ける」は、「淵に立つ」で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した深田晃司監督の最新作。俳優のディーン・フジオカさんが主演を務める。バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男(デーンさん)が発見され、片言の日本語やインドネシア語を話すその男は、海で発見されたことからインドネシア語で「海」を意味する「ラウ」と名づけられた。NPO法人で災害復興の仕事をしている貴子(鶴田さん)と息子のタカシ(太賀さん)、親戚のサチコ(阿部さん)は、記憶喪失ではないかと診断されたラウをしばらく預かり、身元探しを手伝うことに。ラウの周辺ではさまざまな不可思議な現象が起こり始める……というストーリー。

スタッフ

監督:深田晃司

海を駆けるキャスト

ディーン・フジオカ▽太賀▽鶴田真由▽阿部純子

公開日

2018年5月26日公開

ニュース

海を駆ける

ディーン・フジオカ「グーグルさんありがとう」 映画主演は検索のおかげ? <公開御礼舞台あいさつ>

 俳優のディーン・フジオカさんが6月6日、東京都内で行われた主演映画「海を駆ける」(深田晃司監督)の公開御礼舞台あいさつに、深田監督と共に参加。フジオカさんをキャスティングした理由について、深田監督は「脚本を書いてから、(主人公のラウの)キャスティングが見つからなくて。何人からかディーンさんを薦められて、グーグル画像検索で見つけて、ラウだと思いました」と秘話を明かし、観客の笑いを誘った。

続きを読む
海を駆ける

ディーン・フジオカ、撮影で海の上を走り「不思議な体験」 水が耳、鼻に入る衝撃的体験も <初日舞台あいさつ>

 俳優のディーン・フジオカさんが5月26日、東京都内で行われた主演映画「海を駆ける」(深田晃司監督)の初日舞台あいさつに登場。撮影で、“海の上を走る”シーンに挑戦したというフジオカさんは「インド洋で海に向かって走って、周りが全部、海になる。不思議な体験でした」と話し、「頭から海に突っ込んだりを何回もして、水の中で逆さになると耳や鼻に水が入ってくる。衝撃的でした。病院で鼻に水を入れるやつみたいな感じで、あれをすごい水圧でやるみたいで、すっきりしました」と撮影を振り返った。

続きを読む
海を駆ける

<映画レビュー>「海を駆ける」ディーン・フジオカが謎の男を演じる バンダ・アチェでオールロケ 5月26日公開

 ディーン・フジオカさん主演の映画「海を駆ける」が、5月26日からテアトル新宿(東京都新宿区)ほかで公開。第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」(2016年)の深田晃司監督がメガホンをとった。今年、日本との国交60周年を迎えたインドネシアのバンダ・アチェの美しい風景を舞台に、フジオカさん演じる謎の男を通して、国と宗教と言葉を超えた友情や自然への恐れなどを描き出した。不思議な魅力を感じる一作に仕上がっている。

続きを読む
海を駆ける

二階堂ふみ、昔通っていた劇場での上映に喜び 「高校の鬱屈した時代に…」 <「海を駆ける」“予習上映”イベント>

 女優の二階堂ふみさんが5月19日、キネカ大森(東京都品川区)で行われた映画「海を駆ける」(深田晃司監督)の公開を記念した“予習上映”イベントに“深田晃司作品代表”として俳優の古舘寛治さんと登場した。イベントでは、「ほとりの朔子」など、二階堂さんが主演の作品も上映。二階堂さんは通っていた高校が近く、同所にもよく足を運んでいたといい、「高校生の鬱屈(うっくつ)した時代に来ていた劇場で、自分の作品がかかるのはすごくうれしいなという気持ち」と笑顔で心境を語った。

続きを読む
海を駆ける

ディーン・フジオカ、撮影でコーヒーのおいしさに気づく 共演者のインドネシア語練習に「鳥肌立った」

 俳優のディーン・フジオカさんが5月7日、東京都内で行われた主演映画「海を駆ける」(深田晃司監督、2018年5月26日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。撮影は、すべてインドネシアのバンダ・アチェで行われ、インドネシアで音楽活動をしていたディーンさんは「アチェのコーヒーがおいしくて。これまでコーヒーが飲めなかったのですが、コーヒーっておいしいものなんだって気づきました」と声を弾ませていた。

続きを読む