まく子

  • スタッフ:
    原作:西加奈子「まく子」(福音館書店)▽監督:鶴岡慧子
  • キャスト:
    山崎光▽草なぎ剛▽新音▽須藤理彩
  • 公開日:
    2019年3月公開

まく子あらすじ

 映画「まく子」は、直木賞作家の西加奈子さんの小説「まく子」(福音館書店)を実写映画化。2010年「ちょんまげぷりん」(中村義洋監督)で映画デビューし、その後「ツナグ」(平川雄一朗監督)や「真夏の方程式」(西谷弘監督)などに出演した山崎光さん(14)が主演を務める。山崎さん演じる主人公の慧(さとし)の父親役で草なぎ剛さんも出演する。「くじらのまち」や「はつ恋」の鶴岡慧子監督がメガホンをとる。

 「まく子」は、西さんの直木賞受賞後の第1作となる作品。小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧が、不思議な魅力を持つ美少女の転入生・コズエと出会い、彼女に秘められた大きな秘密を知ることで、少しだけ大人へと近づいていく……というストーリー。思春期の葛藤や親と子の確執、再生を独特の世界観で描いている。映画「まく子」は2019年公開。

スタッフ

原作:西加奈子「まく子」(福音館書店)▽監督:鶴岡慧子

まく子キャスト

山崎光▽草なぎ剛▽新音▽須藤理彩

公開日

2019年3月公開

ニュース

まく子

<映画紹介>「まく子」西加奈子の小説を映画化 山崎光初主演 父・草なぎ剛との不器用なやりとりが印象的

 直木賞作家・西加奈子さんの同名小説を映画化した「まく子」(鶴岡慧子監督)が、3月15日からテアトル新宿(東京都新宿区)ほかで公開。大人になりたくない少年が不思議な少女と出会って成長する姿と、ある奇跡を描いた物語。「真夏の方程式」(2013年)で恭平役を演じた山崎光さんが映画初主演を果たした。思春期のもやもやをみずみずしく演じ切っている。浮気性の父親にふんした草なぎ剛さんとの不器用なやりとりが、印象に残る。

続きを読む
まく子

<完成披露上映会>草なぎ剛、“浮気するダメおやじ”で「新境地」 身長が「最近2センチ伸びた」発言も

 草なぎ剛さんが2月20日、東京都内で行われた映画「まく子」(鶴岡慧子監督、3月15日公開)の完成披露上映会に共演の須藤理彩さんらと登場。主人公・サトシの父親で、女好きの光一を演じている草なぎさんは「浮気をしたり、どうしようもないダメおやじを演じていまして。個人としては、新境地を切り開くことができたんじゃないかなという役なので、みなさんにもぜひ楽しんでいただけると思います」と手応えを明かした。

続きを読む
まく子

草なぎ剛、“息子”を後ろから抱きしめる 出演映画の特報公開

 俳優の山崎光さんが主演し、草なぎ剛さんらが出演する映画「まく子」の特報映像が公開された。草なぎさん演じる光一が、息子の慧(山崎さん)に「みんな変だよ、お前も俺も」と真剣な表情で語りかけるシーンのほか、慧を後ろから抱きしめる姿などが収められている。さらに、須藤理彩さん演じる慧の母・明美、新音(にのん)さん演じるストーリーのキーパーソンとなる慧の同級生のコズエも登場する。

続きを読む
まく子

直木賞作家の小説「まく子」が実写映画化 14歳の山崎光が主演抜てき 草なぎ剛が父役に

 直木賞作家の西加奈子さんの小説「まく子」(福音館書店)が実写映画化されることが5月16日、明らかになった。2010年「ちょんまげぷりん」(中村義洋監督)で映画デビューし、その後「ツナグ」(平川雄一朗監督)や「真夏の方程式」(西谷弘監督)などに出演した山崎光さん(14)が主演を務める。山崎さん演じる主人公の慧(さとし)の父親役で草なぎ剛さんも出演する。「くじらのまち」や「はつ恋」の鶴岡慧子監督がメガホンをとる。

続きを読む

あらすじ

まく子

<映画紹介>「まく子」西加奈子の小説を映画化 山崎光初主演 父・草なぎ剛との不器用なやりとりが印象的

 直木賞作家・西加奈子さんの同名小説を映画化した「まく子」(鶴岡慧子監督)が、3月15日からテアトル新宿(東京都新宿区)ほかで公開。大人になりたくない少年が不思議な少女と出会って成長する姿と、ある奇跡を描いた物語。「真夏の方程式」(2013年)で恭平役を演じた山崎光さんが映画初主演を果たした。思春期のもやもやをみずみずしく演じ切っている。浮気性の父親にふんした草なぎ剛さんとの不器用なやりとりが、印象に残る。

続きを読む