散り椿 ニュース

岡田准一、主演映画「散り椿」初日に感涙 木村監督の姿に「もらい泣きしました」

映画「散り椿」の初日舞台あいさつで涙を流す岡田准一さん(左)とハンカチを渡した西島秀俊さん
映画「散り椿」の初日舞台あいさつで涙を流す岡田准一さん(左)とハンカチを渡した西島秀俊さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが9月28日、東京都内で行われた主演映画「散り椿」(木村大作監督)の初日舞台あいさつに登場。冒頭で感極まった様子の木村監督のあとに、木村監督との撮影の思い出を聞かれた岡田さんは「大作さんの思いみたいなのを……」と声を詰まらせ涙。西島秀俊さんからハンカチを手渡されて照れ笑いを浮かべ、「さっき感極まっていたのを見て、もらい泣きしましたけど……。映画ってこうなんだなって、一本一本、人生を懸けて撮られている背中を見せていただいた感じがすごくしました」と声を震わせて語った。

 舞台あいさつには岡田さん、西島さん、黒木華さん、池松壮亮さん、木村監督が出席。木村監督はあいさつ前に「わあー!」と絶叫し、興奮。続けて「泣きそうなんです。今日は本当にありがとうございました。来年80歳になる男が、皆様を見て、感動しています」と感極まっていた。

 岡田さんは「一番の理解者でありたいと思ったし。言葉悪いですけど……友のように、思いながら……」と再び声を震わせ、「ずっと一緒に撮影させてもらって。今、人生の終焉(しゅうえん)を歩いているとおっしゃっていて、そのときに僕とやりたいと言ってくださっている重さも感じながら、光栄に思いながら……います」と途切れ途切れに語った。

 映画は、直木賞作家・葉室麟さんの時代小説が原作。舞台は享保15(1730)年。剣豪である瓜生新兵衛(岡田さん)は藩の不正を訴え出たために、時の権力に負けて藩を追放される。追放後、妻の篠(麻生久美子さん)が病に倒れ、死を迎えようとしたとき、「藩に戻りて、榊原采女(うねめ、西島秀俊さん)様を助けてほしい」と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってかつての友で、良きライバルであり、篠を巡る恋敵でもあったが、新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁を持つ相手だった。新兵衛は妻の最期の願いをかなえるため、やがて采女と対峙(たいじ)する……というストーリー。

<映画レビュー>「散り椿」岡田准一主演、木村大作監督・撮影の時代劇 愛の物語に心じわじわ

映画「散り椿」の一場面 (C)2018「散り椿」製作委員会
映画「散り椿」の一場面 (C)2018「散り椿」製作委員会

 人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の映画「散り椿」(木村大作監督)が、9月28日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほか全国で公開。岡田さん演じる主人公の浪人が、妻への愛と正義を貫く姿を描く。撮影も担当した木村監督の、富山、滋賀や長野でのこだわりの全編オールロケ映像や、岡田さんが殺陣師の久世浩さんと作り上げた、今までの時代劇とはひと味違う殺陣を堪能できる。

 享保15(1730)年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を追われた瓜生新兵衛(岡田さん)は、病に倒れた妻・篠(麻生久美子さん)から「采女(うねめ)様を助けていただきたい」という最後の願いを託される。采女とは、扇野藩時代、友人であり盟友、篠を巡る恋敵でもあった榊原采女(西島秀俊さん)。実は采女は、新兵衛が藩を追われた一件にも関わっていた。新兵衛は、篠の願いをかなえるために故郷に戻るが……というストーリー。篠の妹に黒木華さん、弟に池松壮亮さんが扮(ふん)するほか、扇野藩城代家老の石田玄蕃を奥田瑛二さんが演じる。

 木村監督にとっては「劔岳 点の記」(2009年)、「春を背負って」(14年)に続く3作目の監督作。葉室麟さんの同名小説を、同じく葉室小説の映画化作「蜩(ひぐらし)ノ記」(14年)で監督・脚本を務めた小泉堯史(たかし)さんが脚色した。先ごろカナダで開かれた第42回モントリオール世界映画祭では、グランプリに次ぐ審査員特別賞を受賞した。

 木村監督をして「岡田君は俳優だから、精神で殺陣を考えている」と言わしめた殺陣には、確かに刀を握る者の心情が表れていた。例えば、散り椿の下での新兵衛と采女の一騎打ち。緊張感みなぎる殺陣は対話しているようでもあり、やむを得ず刀を交えねばならない2人の複雑な心境が伝わってきた。

雨の中でのクライマックスシーンは、常に冷静で感情を表に出さなかった采女の見せた憤然たる表情と刀さばきに目を見張った。

 木村監督ならではの自然を切り取った美しい風景も効果的に挿入されている。大切なものを守ろうとする人々の覚悟や、愛する人への思いが流れている。見終えた後、それらが心にじわじわと迫ってきた。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2018「散り椿」製作委員会
(C)2018「散り椿」製作委員会
(C)2018「散り椿」製作委員会
(C)2018「散り椿」製作委員会
(C)2018「散り椿」製作委員会
(C)2018「散り椿」製作委員会
(C)2018「散り椿」製作委員会
(C)2018「散り椿」製作委員会

岡田准一、木村大作監督の“愛”に感激 映画撮影のために「電柱抜いた」 <舞台あいさつ>

名古屋市内で行われた主演映画「散り椿」の舞台あいさつに出席した岡田准一さん
名古屋市内で行われた主演映画「散り椿」の舞台あいさつに出席した岡田准一さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが9月26日、名古屋市内で開催された主演映画「散り椿」(木村大作監督、2018年9月28日公開)の舞台あいさつに木村監督と出席した。同作は富山県などで撮影され、岡田さんは「大作さんのこだわりで電柱を抜いた」と、木村監督の驚きの撮影手法を明かした。

 岡田さんに促された木村監督は「電柱を抜いて移動させたんです。今は後で(存在しているものを)消したりできる時代なんですが、(現場に)俳優さんが現れたときに、コンクリートの電柱が立っていて『こんなところでやるのか』と思わせたら、僕の失敗。だから岡田さんが来る当日までに、富山県に申し入れて、撤去してもらいました。電柱が影も形もなくなった」と撮影を振り返った。

 岡田さんは「すごい愛情ですよね。役者に見せられないからと、そういうことをしてくれる監督はあまりいない」と感激した様子で語っていた。

岡田准一の時代劇に北大路欣也、小栗旬ら著名人がコメント 新カットも

映画「散り椿」のシーンカット (C)2018「散り椿」製作委員会
映画「散り椿」のシーンカット (C)2018「散り椿」製作委員会

 直木賞作家・葉室麟さんの時代小説を人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で実写化する映画「散り椿」(木村大作監督、9月28日公開)の新しい場面カットが9月21日、公開された。

 同日、北大路欣也さんや、仲代達矢さん、小栗旬さんら一足先に映画を鑑賞した各界の著名人からの推薦コメントも寄せられた。数々の時代劇で主演を務めた北大路さんは「ロマンあふれる時代劇の醍醐味を満喫させてくれる素晴らしい作品だ!」と絶賛。本映画の配給元は東宝だが、東映の岡田裕介会長、KADOKAWAの角川歴彦会長も配給会社の垣根を超えてコメント。岡田会長は「東宝のまさに、伝統本流の時代劇でした」と話している。

 映画の舞台は、享保15(1730)年。剣豪である瓜生新兵衛(岡田さん)は藩の不正を訴え出たために、時の権力に負けて藩を追放される。追放後、妻の篠(麻生久美子さん)が病に倒れ、死を迎えようとしたとき、「藩に戻りて、榊原采女(うねめ、西島秀俊さん)様を助けてほしい」と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってかつての友で、良きライバルであり、篠を巡る恋敵でもあったが、新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁を持つ相手だった。新兵衛は妻の最期の願いをかなえるため、やがて采女と対峙(たいじ)する……というストーリー。

 ◇著名人のコメントは以下の通り(原文のまま、敬称略)

・北大路欣也(俳優)

 輝く、美しい大自然に育まれ懸命に生き、生かされている人間の生き様苦しくも、悲しくも、切なくもある。それを乗り越え、力強く突き進む主人公の息遣いを感じながら、有るがままを受け入れ、人を思いやるその心の深さ、優しさに感動。ロマン溢れる時代劇の醍醐味を満喫させてくれる素晴らしい作品だ!

・仲代達矢(俳優)

 新兵衛と篠と采女の間に通い合う感情は、武士の家を描きながら決して狭い「お家」に留まらない、人間の普遍的な愛のひとつの形を提示した作品だったかと思います。スクリーンにあふれる静と動のリズム、四季折々の自然の息づかい、そして、その中にある人の心の奥深い佇まいなどが、絶妙なカメラワークで捉えられていました。良い仕事をしましたね。

・岩下志麻(女優)

 木村大作さんの映像がとても素晴らしかったです。武士の矜持、そして人の気持ちの動きが繊細に描かれていて、男と女、男と男の心に秘めた深い愛に感動しました。

・小栗旬(俳優)

本当に、素晴らしい映画でした。日本の古き良きサムライムービーで、そして岡田准一さんの本当に達人にしか見えない圧倒的な存在感。木村大作監督が言われていたように、昔、自分が見て憧れた先輩俳優たちに勝るとも劣らない姿が美しい映像の中に溢れており、最後の戦いでの岡田准一さんの顔・姿・形には、まさにその時代を本当に生きたのではないかという深さを感じました。僕らのこの時代に木村大作監督と岡田准一さんという俳優が出会うのは必然であったと思うし、二人がこの時代で出会えたことが奇跡的なことだなと思う映画でした

・葉室るみ子(故・葉室麟 夫人)

 耐える新兵衛の背に、男の真情が見えました。ひとのやさしさと美しさを描きたい。夫のその想いを大切に結んだ映画の情景が哀しく胸に迫り、心を奪われました。天にも届く感動をありがとうございます。大切に思う映画に出会えた。それだけで仕合わせです。

・岡田裕介(東映株式会社 代表取締役 グループ会長)

 東宝のまさに、伝統本流の時代劇でした。木村監督ならではの、絵画のような美しい画の数々もすばらしく、スケールよりその丹念さを感じました。岡田准一さんも、殺陣の稽古だけでも大変そう…。目に見えぬ努力を感じました。そう…この映画には目立たない、丁寧さを深く感じました。御苦労様…。ありがとうございました。

・角川歴彦(株式会社KADOKAWA 取締役会長)

 木村監督は心が美しいからこういう“美しい作品”が撮れるんですね。潔さ、儚さを奥深く描いた故・葉室先生の感動作が新たな息吹を得て映画となり万感の思いで拝見しました。

岡田准一、「超ひらパー兄さん」の「散り椿」ならぬ「散り企画」ポスター公開

映画「散り椿」とひらかたパークのコラボレーションポスター(C)2018「散り椿」製作委員会
映画「散り椿」とひらかたパークのコラボレーションポスター(C)2018「散り椿」製作委員会

 直木賞作家・葉室麟さんの時代小説を人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で実写化する映画「散り椿」(木村大作監督、2018年9月28日公開)と、テーマパーク「ひらかたパーク」がコラボしたポスターが9月12日、公開された。岡田さんは同パークのキャラクター「超ひらパー兄さん」兼「園長」に起用されており、コラボポスターは映画「散り椿」のポスターと、岡田さん演じる超ひらパー兄さんが登場する映画のパロディーポスターが並んだデザインになっている。

 コラボポスターでは映画のタイトルをもじって、「散った(ボツになった)」ポスター案を「散り企画」として紹介。超ひらパー兄さんが「散りウツボカズラ」を手にする姿や、「地理B」の教科書を手にする姿など、さまざまな「散り企画」が掲載されている。コラボポスターは9月14日~10月13日、京阪電車の車内や駅に掲出されるほか、ひらかたパーク公式ホームページにも掲載予定。

 映画の舞台は、享保15(1730)年。剣豪である瓜生新兵衛(岡田さん)は藩の不正を訴え出たために、時の権力に負けて藩を追放される。追放後、妻の篠(麻生久美子さん)が病に倒れ、死を迎えようとしたとき、「藩に戻りて、榊原采女(うねめ、西島秀俊さん)様を助けてほしい」と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってかつての友で、良きライバルであり、篠を巡る恋敵でもあったが、新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁を持つ相手だった。新兵衛は妻の最期の願いをかなえるため、やがて采女と対峙(たいじ)する……というストーリー。

木村大作監督、岡田准一の殺陣を大絶賛 「三船敏郎、勝新太郎ら上回るスピード」 <完成報告会見>

映画「散り椿」の完成報告会見に登場した岡田准一さん
映画「散り椿」の完成報告会見に登場した岡田准一さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが8月27日、東京都内で行われた主演映画「散り椿」(木村大作監督、2018年9月28日公開)の完成報告会見に登場した。劇中で披露している岡田さんの殺陣について、木村監督は「三船敏郎、高倉健、仲代達矢、勝新太郎を上回るスピードだね。殺陣はひとえにスピードで、斬った後の姿が美しくないと『あれは殺陣ではない』と言われるので、岡田君自身も素晴らしい殺陣に見られるようにやっていました」と大絶賛。故・黒澤明監督のカメラマンも務めた木村監督からの言葉に、岡田さんは「すごい人が出てきて、クラクラしてきた。どうすればいいのか」と戸惑いつつも、喜んでいた。

 会見には西島秀俊さん、黒木華さん、麻生久美子さん、池松壮亮さんも出席。岡田さんは殺陣の撮影について「大作さんが『見たことのない殺陣が良い』とおっしゃって、インする2~3カ月前から殺陣を作っては壊しをずっとやっていましたね」と回顧。木村監督は「けいこの殺陣師は年寄りが多いから、口だけなんだ。それを岡田さんがやって見せてくれるから、僕はチョイスするだけ。『散り椿』の殺陣は全部、岡田准一さんに付けていただいた。それに西島さんが対応したシーンを、ワンカットで撮りました」と明かしていた。

 西島さんは、本作で初共演した岡田さんの印象を聞かれ「一番ひどかったのは、一騎打ちのシーンで、3カ月練習してきた殺陣を当日変えたっていう……」と暴露。当日になって3回、殺陣の変更を申し出したという岡田さんは「大作さんは空気を撮る人だから、予定調和にならないようにヒリヒリした空気を」と理由を語っていた。

 映画の舞台は、享保15(1730)年。剣豪である瓜生新兵衛(岡田さん)は藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け、藩を追放される。その後、妻の篠(麻生さん)が病に倒れ、死を迎えようとしたとき、「藩に戻りて、榊原采女(うねめ、西島さん)様を助けてほしい」と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってかつての友で、良きライバルであり、篠を巡る恋敵でもあったが、新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁を持つ相手だった。新兵衛は妻の最期の願いをかなえるため、やがて采女と対峙(たいじ)する……というストーリー。

岡田准一、主演映画「散り椿」のポスター公開 侍姿で憂いの表情

映画「散り椿」のポスタービジュアル (C)2018「散り椿」製作委員会
映画「散り椿」のポスタービジュアル (C)2018「散り椿」製作委員会

 直木賞作家・葉室麟さんの時代小説を人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で実写化する映画「散り椿」(木村大作監督、9月28日公開)のポスタービジュアルが5月14日、公開された。ビジュアルは、岡田さん演じる剣豪・瓜生新兵衛が憂いのある表情を浮かべる姿が収められ、「ただ愛のため、男は哀(かな)しき剣を振るう――」というキャッチコピーが添えられている。

 ビジュアルには、共演の西島秀俊さん、黒木華さん、池松壮亮さん、麻生久美子さんの姿も収められている。特報も公開された。

 映画の舞台は、享保15年。剣豪である瓜生新兵衛(岡田さん)は藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放される。追放後、妻の篠(麻生久美子さん)が病に倒れ、死を迎えようとした時、「藩に戻りて、榊原采女(うねめ)様(西島秀俊さん)を助けてほしい」と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってかつての友であり、良きライバルであり、篠を巡る恋敵だったが、新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁を持つ相手でもあった。新兵衛は妻の最期の願いをかなえるため、やがて采女と対峙(たいじ)する……というストーリー。

岡田准一、西島秀俊と初共演 木村大作監督初の時代劇映画「散り椿」で

映画「散り椿」の出演者
映画「散り椿」の出演者

 直木賞作家・葉室麟さんの時代小説「散り椿」(角川文庫)が木村大作監督の手で映画化され、人気グループ「V6」の岡田准一さんが主演を務めることが5月24日、分かった。木村監督が時代劇に挑むのは今回が初めて。また、西島秀俊さんや黒木華さん、池松壮亮さん、緒形直人さん、新井浩文さん、柳楽優弥さん、麻生久美子さん、芳根京子さん、石橋蓮司さん、富司純子さん、奥田瑛二さんらが出演することも併せて発表された。岡田さんと西島さんは初共演となる。

 映画は葉室麟さんの時代小説が原作。剣豪である瓜生新兵衛(岡田さん)は藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け、藩を追放される。追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生さん)が病に倒れ、死を迎えようとした折、「藩に戻りて、榊原采女(うねめ)様(西島さん)を助けてほしい」と最期の願いを新兵衛に託す。采女は新兵衛にとってかつてよき友であり、よきライバルであり、篠を巡る恋敵だったが、新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁を持つ相手でもあった。妻の最期の願いをかなえるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようとし、やがて采女と対峙(たいじ)する……という内容。

 脚本は「蜩ノ記」「阿弥陀堂だより」の小泉堯史さんが担当。木村監督にとっては「劒岳 点の記」「春を背負って」に次ぐ3作目の監督作品となる。岡田さんが出演する映画「追憶」でカメラマンを務めた木村監督は「『追憶』で運命的に出会った岡田准一は、こちらの要望に瞬時に応え、今まで見たことのない芝居や殺陣を見せてくれています。こんなにすべてができる俳優は過去に見たことがないくらい。このまま最後まで撮影ができたら傑作が生まれると自負しています」と岡田さんを絶賛。

 岡田さんは監督について「木村監督とは『追憶』でご一緒させていただき、俳優たちが束になってかかっても、すべてを受け止めてくれる方なので今回も全力で現場に臨めたらと思っています」と話し、また西島さんについては「初共演の西島さんは真っすぐですてきな方。そんな西島さんに対峙してどう崩していけるかが自分の中でのポイントだと考えています。時代劇ではありますが、常に新しい物を生み出したいという監督の思いが込められた本作がどういう作品になるのかとても楽しみです」と話している。

 西島さんは「数々の名作を撮影してこられた木村大作監督、そして主演の岡田准一さんと今回初めてご一緒させていたたくことを大変うれしく思っています」と出演の喜びを語り、「殺陣の稽古(けいこ)でお会いした時の岡田さんは、まさに侍のようなたたずまいで、すごみがあり、とても心強い存在だと感じました。小泉堯史さんの脚本も素晴らしく、宿命を背負った侍たちの生きざまがはかなくも力強く描かれています。共演者の皆さんもそうそうたる方々ばかりで、非常に楽しみです」と話している。

 映画は7月上旬まで長野県、富山県、滋賀県で撮影され、オールロケで行われる。2018年に公開予定。

(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会
(c)2018「散り椿」製作委員会