PRINCE OF LEGEND ニュース

<インタビュー>飯島寛騎&塩野瑛久 2人が語る“特撮経験”の強み 身につけた「表現力」と「動じなさ」

映画「PRINCE OF LEGEND」で鏑木元を演じる飯島寛騎さん(左)と久遠誠一郎を演じる塩野瑛久さん
映画「PRINCE OF LEGEND」で鏑木元を演じる飯島寛騎さん(左)と久遠誠一郎を演じる塩野瑛久さん

 「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんらが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(守屋健太郎監督、3月21日公開)に俳優の飯島寛騎さんと塩野瑛久さんが出演している。同作は14人のさまざまな王子たちが「伝説の王子」の座を目指す姿が描かれており、飯島さんは片寄さん演じる“セレブ王子”朱雀奏の第二側近の“下克上王子”こと鏑木元、塩野さんは奏の第一側近の“メガネ王子”こと久遠誠一郎を演じる。飯島さんは「仮面ライダーエグゼイド」、塩野さんは「獣電戦隊キョウリュウジャー」と、実は特撮ドラマ経験者という共通点がある2人に、特撮経験から得たものや今作の撮影エピソードなどを聞いた。

 ◇“王子役”の葛藤と苦労 奏・片寄さんとの撮影秘話も

 今作は「HiGH&LOW」をプロデュースしたHI-AXチームの新プロジェクト。連続ドラマが2018年10~12月に日本テレビほかで放送された。映画では、聖ブリリアント学園で3年に1度開催される「伝説の王子選手権」をメインに14人の王子たちが「三代目伝説の王子」の座を巡って聖戦を繰り広げる姿が描かれる。

 劇中では、奏の側近でありつつ、それぞれ“下克上王子”、知識が豊富な“メガネ王子”と、「伝説の王子選手権」に出場する“王子”でもある。王子らしさを出すために、意識したこととは? 飯島さんは「チーム奏は『セレブチーム』なので、映画でもしっかりした姿勢や作法をさせていただきました。奏や誠一郎とかぶらない元ちゃんだから『可愛い一面もありだな』と、2人とは違うところが出せたら」と明かし、塩野さんは「最初に台本を読んだとき、王子というより秘書官という印象が強かったので、秘書っぽい役作りはしていました」と説明する。

 普段はあまり演じることのない“王子”という役柄。「頭の中をお花畑にするのは、最初はすごく悩みました。ファンタジックなせりふもあったので、どう違和感なく伝えられるんだろう……というのは、悩みましたね」と苦労を語る飯島さん。塩野さんもうなずき、「他のチームと比べて『チーム奏』は言葉遣いが二次元チックというか、上品なんです。ある意味ファンタジーの世界なので、そのファンタジー感をどこまで出すべきかはすごく悩みました。二次元っぽく演じるか、三次元に寄せるか、その境目が難しくて。他のチームとも絡むので、ファンタジーに寄せると変な浮き方をしてしまうし、ナチュラルなしゃべり方をすると『言わされている感』が出る。そのはざまで闘っていました」と葛藤を打ち明ける。

 「チーム奏」として、塩野さんは片寄さんとの話し合いを重ねたという。「ドラマから映画にかけての、奏の心情のバランスが難しくて、涼太が頭を悩ませていたんです。それで『どうしたらいいかな』と相談してきてくれて。そういうことを聞いてくれるんだと思った」と片寄さんとのエピソードを明かし、「僕らはあくまで、奏の行く道についていく、という気持ちでいるキャラクターなので、涼太自身がぶれているより、はっきり行動してくれた方がリアクションできるんです。だからそこで悩んでいることを言ってきてくれたのがうれしかった。僕らも動きやすくなりました」と笑顔を見せる。

 劇中では個性的な王子を演じている2人だが、自身の中に“王子”的な一面はあるのだろうか。そう聞くと、塩野さんは「根拠のない余裕感」と笑う。「いろんなことに、あまり動じないです。じたばたしないし、動じない。そういう部分は多少あるかなと思います」と話す。また、飯島さんも「自信ですかね。よく分からない自信」と明かし、「昔から、やってもいないことでも『絶対できる』という自信はあったので、そういう面」と自分の中の“王子”な一面を語る。そんな2人が、今作のキャストで最も「王子っぽい」と認めるのは片寄さんだ。飯島さんは「違和感なかったですね。現場でお芝居させていただいて、『あ、王子だな』って(笑い)。納得しました。落ち着いているんでしょうね。礼儀正しいし、謙虚だし」と語る。



 ◇“特撮ドラマ”経験で得たものは… 

 ところで、飯島さん、塩野さんといえば、共に特撮ドラマ経験者だ。飯島さんは「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)で主人公の仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢を演じ、塩野さんは「獣電戦隊キョウリュウジャー」でキョウリュウグリーン/立風館ソウジを演じた。特撮ドラマの経験は、今の2人にどう生きているのだろうか。デビュー作が「エグゼイド」だった飯島さんは「何も知らない状態から現場で教えていただきました」といい、「(仮面)ライダーがあったからこそ、表現力とか(身に着いた)。特撮のお芝居って大げさというか、はっきり体や顔で表現しないと伝わらないんです。『大きく伝える』ということが勉強になりました」としみじみと振り返る。

 一方、塩野さんは、“王子な一面”で明かした「動じなさ」を特撮経験の強みに挙げる。「もしかしたら動じなくなったのは、ナパーム(特撮で使用される火薬)をいっぱいぶっ放したからかもしれないですね。ここ最近では、どの戦隊よりも多かったんですよ。何かあればバーン!なので(笑い)。動じちゃだめで、走りながらやって、こけたらもう一回撮り直し。暑い日の熱いナパームも、寒い日の温かいナパームも経験しました。そういう経験が余裕につながったのかもしれない(笑い)」と楽しそうに振り返る。

 塩野さんは、こうした特撮経験がキャリアの分岐点にもなったという。「確実に分岐にはなりました。それほどキャリアがあったわけじゃなかったので。現場では、僕以外は経験者が多くて、すでに他の現場で結構やっている人たちが集まっていた戦隊だったので、場慣れした空気が現場にずっと流れていて、ピリッとしていました」と語る塩野さん。一方、飯島さんは「僕らと真逆だ」といい、「僕らのキャストはわりと俳優歴が浅かった。和気あいあいとしていましたが、おのおのライバル視していて、レベルアップをさせていただいたことが今に生きているという感覚があります」と説明する。

 最後に、2人に今後について聞くと、塩野さんは「今はとにかく露出なのかな、と思っています。いろんなことを経験して、自信が持てるようになってきたので、それをどんどん発揮していきたい。今までに身に着けたものを出していければと思います」と前を見据える。飯島さんも「ここ何年か経験させていただいて、いろいろ吸収して、やりたいことがどんどんできてきて、支えてくださる方も増えてきました。人生、1回しかないから『成功しても失敗しても自分のやりたいように突き進んでいきたい』という気持ちは強いですね。役者ならでは、かつ飯島寛騎でしかできないことをどんどん追求していきたいと思います」と力強く語った。

<インタビュー>町田啓太&清原翔 “ネクストブレーク”といわれ… 引く手あまたの現状を語る

映画「PRINCE OF LEGEND」で結城理一役を演じる町田啓太さん(左)と嵯峨沢ハル役を演じる清原翔さん
映画「PRINCE OF LEGEND」で結城理一役を演じる町田啓太さん(左)と嵯峨沢ハル役を演じる清原翔さん

 3月21日から公開される映画「PRINCE OF LEGEND」(守屋健太郎監督)に出演する、「劇団EXILE」の町田啓太さんとモデルで俳優の清原翔さん。同作はさまざまなキャラクターの王子たちが「伝説の王子」の座を目指す姿が描かれ、町田さんは“先生王子”こと結城理一、清原さんは“美容師王子”こと嵯峨沢ハルを演じる。町田さんは昨年、NHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」で小松帯刀役を好演、清原さんも4月スタートのNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に出演が決まっているなど、注目を集めている存在だ。2人に活躍している現状への思いや今作の撮影エピソードなどを聞いた。

 ◇演じるキャラとのギャップに苦労? 

 今作は「HiGH&LOW」をプロデュースしたHI-AXチームの新プロジェクト。連続ドラマが2018年10~12月に日本テレビほかで放送された。映画では、聖ブリリアント学園で3年に1度開催される「伝説の王子選手権」をメインに14人の王子たちが「三代目伝説の王子」の座を巡って聖戦を繰り広げる姿が描かれる。

 昨年のドラマ版のその後を描いた映画版。劇中では14人の王子たちが壁ドン、にらめっこ対決……とさまざまなバトルを繰り広げる。「ドラマは人物紹介がメインで、伝説の王子選手権に特に力を入れた企画ということで、『いよいよここが一番大盛り上がりするんだろうな』という感じで(撮影を)見ていました」と町田さん。清原さんは「競技内容を見て『どう撮っていくんだろう』と思いました」と当時の心境を明かし、町田さんも「どうやればいいんだろうなと思いました。難しそうだなという思いはありました」とうなずく。

 町田さんは“先生王子”、清原さんは“美容師王子”。14人の王子の中では年上の、大人の色気漂う王子だ。とはいえ、清原さんは「王子らしさはまったく意識していないです」という。「僕が『王子たるもの』とやるのはキャラクター的に違うし、演じる上で王子感を意識したことはないです。『“モテる”ことではナンバーワンだろう』という自信が誰よりもあるキャラなのかなと思い、自信満々にするとか。彼氏にしたらいけないというキャラなので、危ない魅力を感じ取ってもらえたら、ということを意識しましたね」と明かす。

 ただ、自身の姿とは異なる部分も多かったといい、「女性に慣れているところとか、大きい声を出す、とか……。公式のSNSに上がったキャラ紹介で、特徴が『声がでかい』と書いてあって、マジで?と思いました。僕、のど弱いんですよ」と苦笑する。

 一方、町田さん演じる結城理一は美意識高めのナルシスト。町田さんは「最高峰に美しい存在だと思っていて、美への執着がある人物。この人ははき違えていて、(外見を)塗り固めればそう(王子と)呼ばれるんじゃないかって思っているところがあるんですよね。でも本人は気づいてなくて『一番美しいんだ』と。その勘違いが面白く出ればいいなと思っていました」と役について語る。

 公開されている予告編では、町田さんが座禅を組んで「王子! 王子!」と叫ぶインパクトあるシーンも披露しており、「台本には『王子室で精神統一する結城理一たち。王子! 王子!と声出しをしている』としか書いてなくて。『結城だったらこんな感じでやるかな』とやってみたら、監督に気に入ってもらえて、なぜか予告にも使っていただいて……」と笑う。


 ◇“ネクストブレーク”といわれ…

 今作で独特の存在感を放つ2人は、昨年から今年にかけて映画にドラマにと活躍中だ。町田さんは「西郷どん」や連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)に出演し、清原さんは22日スタートのWOWOWのドラマ「虫籠の錠前」で鈴木拡樹さんとダブル主演するほか、4月スタートの朝ドラ「なつぞら」にも出演する。

 こうした状況を自身ではどう見ているのか。最後に聞いてみると、町田さんは「時代劇をやってみたいと言っていてかなうなど、挑戦してみたいことに挑戦する機会をもらえたので、(昨年は)大切な1年になったなという感じがあります」と振り返り、「これやりたい、あれやりたい、と言っていれば、巡り合いやご縁があるんだと思っていて。今年もちゃんと前のめりにやっていけたらと思っています」と意気込む。

 清原さんは「雑誌などで、ありがたいことに“ネクストブレーク”とか書かれていたりするんですけど、『これ、来年もネクストブレークでいたらだめじゃない?』と思って、結構プレッシャーになります。でも、ありがたい話だと思います」と笑い、「いろいろ出させてもらって、難しい役もやらせてもらいました。まだまだこれからだなという部分があるので、この1年でどんどん頑張っていろんなものを吸収できるようにしたいですね」と意欲的に語った。

<映画紹介>「PRINCE OF LEGEND」個性的なイケメン王子が集結! 連ドラ版のその後を描く

映画「PRINCE OF LEGEND」の場面写真 (C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
映画「PRINCE OF LEGEND」の場面写真 (C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんや劇団EXILEの鈴木伸之さんが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(守屋健太郎監督)が3月21日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。セレブ王子の片寄さんをはじめ、注目のイケメン俳優たちが個性豊かなさまざまな王子として出演。王子14人が入り乱れて戦う「伝説の王子選手権」やヒロインとの恋の行方が描かれる。

 「HiGH&LOW」シリーズをプロデュースしたHI-AXチームの新プロジェクト。前日譚(たん)の連続ドラマが2018年10~12月に日本テレビほかで放送された。

 舞台は、セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園。「伝説の王子」を決める「伝説の王子選手権」が3年に一度、開催されていた。「三代目伝説の王子」の座を勝ち取るため、「セレブ王子」朱雀奏(片寄さん)をはじめ、「ヤンキー王子」・兄の京極尊人(鈴木さん)、「生徒会長王子」の綾小路葵(佐野玲於さん)、「ヤンキー王子」・弟の京極竜(川村壱馬さん)、「美容師王子」の嵯峨沢ハル(清原翔さん)ら王子14人が集結。王子たちの憧れの存在でヒロインの成瀬果音(白石聖さん)の「伝説の王子になった人と、お付き合いしようかな」という一言をきっかけとして、聖戦の火ぶたが切られる……というストーリー。

(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会


 「王子が大渋滞!」という類まれなワードセンスのキャッチコピー通り、個性あふれる王子たちがそろい踏み。「伝説の王子」の座を巡る対決では、少女マンガの世界から抜け出してきたようなイケメンたちが“壁ドン”やお姫様抱っこを披露するなどドキッとするシーンが満載だ。とはいえ、なぜかにらめっこで変顔対決するなど笑いを誘うギャグシーンも多く、「選手権」という祭りにふさわしい、エンタメ要素の詰まった楽しい内容になっている。

 ドラマ版のその後ということで、映画は「伝説の王子選手権」での王子たちの戦いが中心となる。ただ序盤では、ダイジェスト的に選手権が開催されるまでの経緯がまとめられているので、映画から鑑賞しても戸惑うことなく見られるだろう。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
出典:YouTube

片寄涼太、鈴木伸之とエプロン姿でオムライス作り 平野レミから酷評され…

映画「PRINCE OF LEGEND」のイベントに登場した片寄涼太さん(左)と鈴木伸之さん
映画「PRINCE OF LEGEND」のイベントに登場した片寄涼太さん(左)と鈴木伸之さん

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんが3月13日、東京都内で行われた映画「PRINCE OF LEGEND」(守屋健太郎監督、21日公開)のイベントに「劇団EXILE」の鈴木伸之さんら共演者と登場。イベントは「伝説の玉子料理選手権イベント!」と題して行われ、「ホワイトデーに彼女に作ってあげたいオムライス」を、片寄さんらは3チームに分かれて調理。赤チームの片寄さん、鈴木さんは真っ赤なエプロンを着用し、コチュジャンが入ったピリ辛味のオムライスを作るも、審査員として登場した平野レミさんは「(味が)薄いね……」「こりゃだめだね」とバッサリ。片寄さんは「卵に味をつけるの忘れちゃって……」と苦笑しながら明かし、会場を笑わせていた。

 イベントには「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さん、関口メンディーさん、「劇団EXILE」の町田啓太さん、俳優の清原翔さんも出席。片寄さん、鈴木さんの赤チーム、佐野さん、関口さんの黄チーム、町田さん、清原さんの青チームの3チームで「伝説の料理王子」の称号を懸けて、腕を競った。

 片寄さんは調理前は「料理はあまり自信がないんですけど、気持ちかなって」と明かしつつ、鈴木さんと息の合った調理を披露。調理後は他の2チームと自分のチームのオムライスを食べ比べ、「俺らのが一番うまい!」とコメントするなど、手応えを見せていた。今回の対決は平野さんの審査で「一番ちゃんとしてる」と評価された町田さん、清原さんの青チームが優勝。町田さんと清原さんは笑顔でハイタッチをして喜んでいた。

<完成報告会見>佐野玲於がチョコ最多15個獲得で“バレンタイン王子”に!

映画「PRINCE OF LEGEND」の完成報告会見に出席した佐野玲於さん
映画「PRINCE OF LEGEND」の完成報告会見に出席した佐野玲於さん

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんや佐野玲於さんらが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(守屋健太郎監督、3月21日公開)の完成報告会見が2月14日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で行われ、佐野さんらキャスト16人が登場した。バレンタインデーのこの日、過去にチョコレートをもらった数が一番多い“バレンタイン王子”は誰かと聞かれ、15個で佐野さんがトップに。ただ、佐野さんは「マジなやつはないです」と明かし、「小学生のときに女子がチョコを作ってみんなに配るのがはやっていたので。みんな15個ぐらいもらっていました」と説明。それでも、“王子”としてバレンタインデーらしい「甘い一言」を求められると、片手を伸ばしてポーズを決め「チョコくれ」と苦笑いでコメントした。

<完成報告会見>鈴木伸之の“推し王子”は…「片寄君に抱かれるならうれしい」

映画「PRINCE OF LEGEND」の完成報告会見に出席した片寄涼太さん(左)と鈴木伸之さん
映画「PRINCE OF LEGEND」の完成報告会見に出席した片寄涼太さん(左)と鈴木伸之さん

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんや「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(守屋健太郎監督、3月21日公開)の完成報告会見が2月14日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で行われ、片寄さんや鈴木さんはじめキャスト16人が登場。劇中に登場する多数の王子の中から自分の“推し王子”を聞かれた鈴木さんは「(セレブ王子・奏役の)片寄君だと思っていますね。王道なのが好きなので、ど真ん中を行く“王子感”は片寄くんしか出せないなと思った。僕は片寄くんに抱かれるなら全然うれしいです」と王子ぶりを絶賛しつつ、ジョークを交えて回答。片寄さんは「何を言っているんですか、公の場で。落ち着いてください」とツッコミを入れていた。

 一方、片寄さんは“推し王子”を聞かれると、「自分目線ですてきだな、と思うのは、(美容師王子・嵯峨沢ハル役の)清原(翔)くん」と明かし、「自分がひげを生やしてもあんなふうにならないだろうなと思うと、うらやましいですし、いつかあの色気にたどり着けたらな、と思います」と願望を語った。それを聞いた清原さんは「うれしいです。(片寄さんは)ひげがなくても色気は十分出ているので。色気ムンムンだと思います」と返答していた。

 会見には「GENERATIONS from EXILE TRIBE」から片寄さん、佐野玲於さん、関口メンディーさん、「劇団EXILE」から鈴木さん、町田啓太さん、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」から川村壱馬さん、吉野北人さん、藤原樹さん、長谷川慎さんが出席。飯島寛騎さん、塩野瑛久さん、清原翔さん、遠藤史也さん、こだまたいちさん、加藤諒さん、大和孔太さんも出席した。 

片寄涼太の壁ドン、鈴木伸之のひざまずき告白… 最新予告映像公開

映画「PRINCE OF LEGEND」のポスタービジュアル(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
映画「PRINCE OF LEGEND」のポスタービジュアル(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんや「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(守屋健太郎監督、2019年3月21日公開)の新たな予告映像が12月5日、公開された。映像では、ついに開幕する「伝説の王子選手権」。“セレブ王子”朱雀奏(片寄さん)や、“ヤンキー王子・兄”京極尊人(鈴木さん)、“美容師王子”嵯峨沢ハル(清原翔さん)ら14人の王子による壁ドンやアクションなどが収められている。

 映画の最新ビジュアルや劇場前売特典4種も公開された。ポスターは王子たちが剣などを手にし、“熱き聖戦”をイメージしたデザインになっている。

(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
出典:YouTube

「PRINCE OF LEGEND」m-floが映画・ドラマの主題歌担当 コラボで片寄涼太らが80年代洋楽カバー

「PRINCE OF LEGEND」の主題歌を担当する「m-flo」(上段)と(下段左から)片寄涼太さん、川村壱馬さん、吉野北人さん
「PRINCE OF LEGEND」の主題歌を担当する「m-flo」(上段)と(下段左から)片寄涼太さん、川村壱馬さん、吉野北人さん

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんや佐野玲於さん、「劇団EXILE」の鈴木伸之さん、町田啓太さんらが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(2019年春公開)と、その前日譚(たん)を描く連続ドラマの主題歌を音楽ユニット「m-flo」が担当することが8月31日、分かった。書き下ろしの主題歌のタイトルは「Piece of me」で、同作のテーマともなっている“1980年代ミュージックカルチャーへのオマージュ”を感じさせる楽曲となっているという。

 また、「PRINCE OF LEGEND」に登場する「Team奏」「Team京極兄弟」といった各チームのテーマ曲を全てm-floがプロデュースすることも発表された。「PSYCHIC MAGIC」や「Take On Me」など80年代にヒットした洋楽をカバーし、チーム曲には片寄さん、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の川村壱馬さん、同グループの吉野北人さんも参加する。

 「PRINCE OF LEGEND」は映画、ドラマのほかゲーム、ライブ、イベントなども展開されるプロジェクト。エグゼクティブプロデューサーは、EXILE HIROさんが務めている。さまざまなキャラクターの王子たちが、王子の中の王子である“伝説の王子”を目指してバトルする……というストーリー。プロジェクト第1弾のドラマ版が日本テレビで10月3日から毎週水曜深夜0時59分に放送される。

「PRINCE OF LEGEND」片寄涼太&佐野玲於&鈴木伸之らの“王子”映画の前日譚が連ドラ化

連続ドラマ「PRINCE OF LEGEND」のビジュアル(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.
連続ドラマ「PRINCE OF LEGEND」のビジュアル(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんや佐野玲於さん、「劇団EXILE」の鈴木伸之さん、町田啓太さんらが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(2019年春公開)の前日譚を描く連続ドラマが2018年10月から日本テレビで放送されることが7月26日、分かった。ドラマでは、ジャンルの違う「王子」たちが“伝説の王子”を目指すことになったきっかけが描かれる。スーツ姿の王子14人を収めたポスタービジュアルも公開された。

 「PRINCE OF LEGEND」は映画、ドラマのほかゲーム、ライブ、イベントなども展開されるプロジェクト。エグゼクティブプロデューサーは、EXILE HIROさんが務めている。

 映画は、セレブ、ヤンキー、生徒会長、ダンス、先生、美容師といったさまざまなジャンルの「王子」がハイレベルな争いを繰り広げ、“伝説の王子”が誕生する……というストーリー。「GENERATIONS」から片寄さん、佐野さん、関口メンディーさん、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」から川村壱馬さん、吉野北人さんのほか、モデルの清原翔さん、俳優の飯島寛騎さん、塩野瑛久さんらも出演する。

 ドラマのストーリーは、総資産数兆円といわれる朱雀グループの御曹司で、容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、バイリンガル、仕草のすべてが気品にあふれる”セレブ王子”の朱雀奏(片寄さん)が、父の紹介で下町ヤンキー界のカリスマである”ヤンキー王子”京極尊人(鈴木さん)と出会う。住む世界も性格も真逆の2人だが、あることをきっかけに“大切なもの”をかけてバトルすることになる。そこに、尊人の弟の京極竜(川村さん)、“生徒会長王子”綾小路葵(佐野さん)、“ダンス王子レッド”天堂光輝(吉野さん)、“先生王子”結城理一(町田さん)、“美容師王子”嵯峨沢ハル(清原さん)らも参戦してきて……という展開。

 ドラマ「PRINCE OF LEGEND」は10月3日から毎週水曜深夜0時59分に日本テレビで放送。

GENERATIONS片寄涼太&佐野玲於、鈴木伸之ら出演の“王子”映画「PRINCE OF LEGEND」 2019年公開

映画「PRINCE OF LEGEND」の出演者たち(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
映画「PRINCE OF LEGEND」の出演者たち(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のメンバーや「劇団EXILE」の鈴木伸之さん、町田啓太さんらが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」(河合勇人監督)が公開されることが5月12日、分かった。「GENERATIONS」から片寄涼太さん、佐野玲於さん、関口メンディーさん、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」から川村壱馬さん、吉野北人さんのほか、モデルの清原翔さん、俳優の飯島寛騎さん、塩野瑛久さんらも出演する。映画は2019年春公開。

 映画は、「HiGH&LOW」シリーズの脚本家集団「Team HI‐AX」が手掛ける新企画「プリンスバトルプロジェクト」の一環で製作。映画のほか、ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントなども展開される。エグゼクティブプロデューサーは、EXILE HIROさんが務める。

 「PRINCE OF LEGEND」は、セレブ、ヤンキー、生徒会長、ダンス、先生、美容師といったさまざまなジャンルの「王子」がハイレベルな争いを繰り広げ、“伝説の王子”が誕生する……という内容。

 ◇登場するキャラクターと出演者は以下の通り。(敬称略)

 ▽Team 奏:セレブ王子・朱雀奏(片寄涼太)/下克上王子・鏑木元(飯島寛騎)/メガネ王子・久遠誠一郎(塩野瑛久)

 ▽Team 京極兄弟:ヤンキー王子・兄の京極尊人(鈴木伸之)/ヤンキー王子・弟の京極竜(川村壱馬)

 ▽Team 生徒会:生徒会長王子・綾小路葵(佐野玲於)/金髪SP王子・ガブリエル笹塚(関口メンディー)

 ▽Team ネクスト:ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)/ダンス王子ゴールド・日浦海司(藤原樹)/ダンス王子ブラック・小田島陸(長谷川慎)

 ▽Team 先生:先生王子・結城理一(町田啓太)

 ▽Team 3B:美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)/バーテンダー王子・翔(遠藤史也)/バンドマン王子・TAICHI(兒玉太智)

 ▽Team 理事長:聖ブリリアント学園理事長・実相寺光彦(加藤諒)/同学園理事長秘書・服部悠太(大和孔太)

(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会
(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会