音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

UPDATE

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!あらすじ

 映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は、ドラマ「時効警察」シリーズや、映画「インスタント沼」を手がけた三木聡さんが脚本、監督を務めるコメディー。俳優の阿部サダヲさんと吉岡里帆さんが出演する。

 映画はドラマ「時効警察」シリーズや、映画「インスタント沼」を手がけた三木聡さんが脚本、監督を務めるコメディー。驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部さん)は、その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱えるシンが出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡さん)だった……という内容。阿部さん、吉岡さんのほか、千葉雄大さん、麻生久美子さん、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんらも出演する。

◇阿部サダヲさんのコメント

いつかは御一緒してみたいとずっと思っていた三木監督とお仕事出来るとは…嬉しいです。しかもロックコメディ!!ワクワクします!!台本を読んで、これはどうやって撮るんだろうっていうところばっかり…ワクワクします!!
吉岡里帆さんはお会いした事ないですけど、どんなふうかを見せてくれるのか、とても楽しみです。よろしくお願いします。

◇吉岡里帆さんのコメント

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

頂いた企画書の頭に書かれていたタイトル。
これが私には映画の題でありながら、突然贈られてきた激励のメッセージの様に見えました。
台本を読み進めていくと、絶妙な掛け合いに笑いが込み上げ、予測出来ない展開にワクワクし、ラストシーンではじんわりと胸が熱くなりました!
昔から大好きだった三木聡監督の作品に出られること、監督のピュアで真っ直ぐな台詞を発せられること、ただただ嬉しく台本を抱きしめたくなりました。
そして同時に背筋が伸びました。
私の演じる明日葉ふうかという役は声があまりに小さなストリートミュージシャンです。
でも私は歌もギターにも触れたことが無い人間です。
ふうかになるべく0から作っていってます。殻を破るための殻作りを今しています。
生の成長記録として、皆様の胸が熱くなれる様に全力を尽くしますのでどうぞよろしくお願いします。

スタッフ

監督:三木聡

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!キャスト

阿部サダヲ▽吉岡里帆▽千葉雄大▽麻生久美子▽小峠英二(バイきんぐ)

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!公開日

2018年10月12日公開

吉岡里帆、撮影で口にカメラを突っ込まれ… 三木聡監督「頭のおかしい現場だった」 <完成披露試写会>

映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の完成披露試写会に登場した吉岡里帆さん
映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の完成披露試写会に登場した吉岡里帆さん

 女優の吉岡里帆さんが8月22日、東京都内で行われた映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(三木聡監督、2018年10月12日公開)の完成披露試写会に登場。映画で声が小さすぎるミュージシャンを演じた吉岡さんは、「口の中にカメラが入ってくるっていう撮影があった」と明かし、「(カメラを付けた)こん棒を持ったカメラマンが全速力で走ってきて、口を開けて待つっていう特殊な撮影が多くて……」と振り返った。吉岡さんのコメントを受け、三木監督は「女優さんの口にカメラを突っ込むっていう、頭のおかしい現場だった」と話し、会場を笑わせていた。

 イベントには、主演の阿部サダヲさん、千葉雄大さん、ふせえりさん、松尾スズキさんも出席。本作で三木監督と初タッグを組んだ阿部さんは「現場に溶け込めるかなって緊張していたら、初日に溺れて死にかけまして」と明かすと、三木監督は「大量の雨を降らせまして、阿部さんの顔が面白かったから、カットをかけなかった」とシチュエーションを説明。阿部さんは「口を開けろって言われたんで、ずっと開けていたら、降ってくるものに溺れるとは思わなくて」と苦笑いで振り返っていた。

 映画はドラマ「時効警察」シリーズなどを手がけた三木さんが脚本、監督を務めるコメディー。驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部さん)は、カリスマ的人気を誇っているが、実は歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだった。異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡さん)は、ひょんなことからシンの声帯ドーピングを知ってしまう。限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱えるシンの最後の歌声を巡って、2人は謎の組織から追われることになってしまう……という内容。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

<動画>吉岡里帆、阿部サダヲとの“ダブル主題歌”で歌声披露 映画「音量を上げろタコ!」予告編解禁

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
出典:YouTube

 俳優の阿部サダヲさんと吉岡里帆さんが出演する映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(三木聡監督)の予告編が7月24日、公開された。阿部さん演じるシンが歌う「人類滅亡の歓び」と、吉岡さん演じるふうかが歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」の“ダブル主題歌”が初披露されたほか、千葉雄大さん、麻生久美子さん、「バイきんぐ」の小峠英二さんといった個性豊かなキャラクターのビジュアルも解禁された。

 シンが歌う「人類滅亡の歓び」は、HYDEさんが作曲、いしわたり淳治さんが作詞を務めた「廃退的で耽美的な歌詞」(いしわたりさん)のロックナンバー。「体の芯からまだ燃えているんだ」はあいみょんさんが作詞、作曲の両方を担当している。予告編ではマスコミに囲まれる千葉さん、白髪に眼帯姿の麻生さんに加え、小峠さんがまさかのモヒカンパンクロッカー姿を披露している。

 映画はドラマ「時効警察」シリーズなどを手がけた三木さんが脚本、監督を務めるコメディー。驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部さん)は、カリスマ的人気を誇っているが、実は歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだった。異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡さん)は、ひょんなことからシンの声帯ドーピングを知ってしまう。限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱えるシンの最後の歌声を巡って、2人は謎の組織から追われることになってしまう……という内容。2018年10月12日公開予定。

映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」のポスタービジュアル
映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」のポスタービジュアル

吉岡里帆、小さすぎる歌声披露 映画「音量を上げろタコ!」特報公開

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
出典:YouTube

 俳優の阿部サダヲさんと吉岡里帆さんが出演する映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(三木聡監督、2018年10月12日公開)の特報が4月4日、公開された。特報には、ロックスターに扮(ふん)して絶叫する阿部さんの姿や、小さすぎる歌声を披露する吉岡さんの姿が収められている。

 映画はドラマ「時効警察」シリーズや、映画「インスタント沼」を手がけた三木聡さんが脚本、監督を務めるコメディー。驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部さん)は、その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱えるシンが出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡さん)だった……という内容。阿部さん、吉岡さんのほか、千葉雄大さん、麻生久美子さん、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんらも出演する。

 特報には、奇抜なメークを施したシンがシャウトする姿や、ストリートミュージシャン・ふうかが路上で小さすぎる歌声を披露する様子が収められているほか、シンが映画のタイトル通りに「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」と大声でふうかに突っ込む様子も映し出される。

 また、映画のティザービジュアルも公開された。ティザービジュアルには、ギターを手にするふうかの後ろで、顔の半分にだけメークを施したシンが絶叫する姿が写し出され「タイトルがなげーよ!!」という“突っ込み”が添えられている。

映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」のティザービジュアル(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」のティザービジュアル(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
3

/3

目次