あのコの、トリコ。

  • スタッフ:
    監督:宮脇亮▽脚本:浅野妙子
  • キャスト:
    吉沢亮▽新木優子▽杉野遥亮
  • 公開日:
    2018年10月5日公開
UPDATE

あのコの、トリコ。あらすじ

 映画「あのコの、トリコ。」は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載され、続編も決定している白石ユキさんの人気マンガ「あのコの、トリコ。」が原作。俳優の吉沢亮さんが主演を務める。地味で平凡なメガネ男子の鈴木頼を吉沢さんが演じるほか、ヒロインの立花雫役で新木優子さん、人気俳優として活躍する東條昴役で杉野遥亮さんが出演する。

 「あのコの、トリコ。」は、平凡な日々を過ごすメガネ男子の鈴木頼が、人気モデルとなった立花雫、人気俳優となった東條昴という2人の幼なじみと再会。ひょんなことから頼がCM出演したことをきっかけに、芸能界を舞台にした三角関係ラブストーリーが展開していく……という内容。

 映画では、「最高の離婚」「ファーストクラス」などのドラマで演出を手掛けた宮脇亮さんが映画監督に初挑戦。脚本は、連続ドラマ「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」、映画「NANA」などの浅野妙子さんが担当する。2018年10月5日公開。

スタッフ

監督:宮脇亮▽脚本:浅野妙子

あのコの、トリコ。キャスト

吉沢亮▽新木優子▽杉野遥亮

あのコの、トリコ。公開日

2018年10月5日公開

吉沢亮、プライベートは“地味な男”「全然もてない」 <試写会イベント>

映画「あのコの、トリコ。」の試写会イベントに登場した吉沢亮さん
映画「あのコの、トリコ。」の試写会イベントに登場した吉沢亮さん

 俳優の吉沢亮さんが9月13日、東京都内で行われた主演映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督、2018年10月5日公開)の試写会イベントに参加。地味でさえない眼鏡男子の鈴木頼を演じた吉沢さんは「プライベートは全然もてないですよ。僕の中にキラキラ要素がなくて、地味な男なので、根暗な男の方がなじむというか、演じやすかったです」と振り返り、「家でずっと、マンガ読みながら酒を飲んでいる方が好き」とインドア派であることを明かした。

 また、タイトルにちなみ、自分が“トリコ”になっているものを聞かれた吉沢さんは「お笑い芸人さんの動画にはまっています。トリオの『トンツカタン』さんとか」と明かし、「シュールでありつつ、キャラクター性が面白くて」と魅力を熱弁。イベントスタッフから「ラブストーリーらしい回答を…」と指示が入ると、苦笑いしつつ、「『こういうのにはまっていたら可愛い』ってある?」と観客に“逆質問”していた。

 「あのコの、トリコ。」は、白石ユキさんが少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載、コミックスの累計発行部数100万部突破の人気作。映画では、主人公のメガネ男子・鈴木頼を吉沢さんが演じ、頼がいちずに思いを寄せるヒロイン・立花雫役で新木優子さん、人気俳優として活躍する頼と雫の幼なじみ東條昴役で杉野遥亮さんが出演し、芸能界を舞台にした三角関係が描かれる。

あのコの、トリコ。
あのコの、トリコ。
あのコの、トリコ。
あのコの、トリコ。
あのコの、トリコ。
あのコの、トリコ。

吉沢亮、新木優子と江の島デート! 「あのコの、トリコ。」場面写真公開

映画「あのコの、トリコ。」に主演する吉沢亮さんと、ヒロイン役の新木優子さん(左)(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
映画「あのコの、トリコ。」に主演する吉沢亮さんと、ヒロイン役の新木優子さん(左)(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

 俳優の吉沢亮さん主演で、白石ユキさんの人気マンガを実写化した映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督、2018年10月5日公開)の新場面写真が8月15日、公開された。公開されたのは、吉沢さん演じるさえない主人公のメガネ男子・鈴木頼と、新木優子さんが演じるヒロイン・立花雫のデートショットで、2人が江の島でデートする様子が収められている。

 「あのコの、トリコ。」は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数100万部突破の人気作。映画では、主人公の頼を吉沢さん、頼がいちずに思いを寄せる雫を新木さん、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條昴役を杉野遥亮さんが演じ、芸能界を舞台にした三角関係が描かれる。

 物語の中で、ひょんなことから江の島でデートすることになった頼と雫は、藤沢・鎌倉の景色を一望できる江の島シーキャンドルや、江の島サムエル・コッキング苑を巡り、参道では、老舗のお店に立ち寄ったり、大きなえびせんを雫が持って記念撮影。縁結びのパワースポットとして有名な江島神社を参拝し、おみくじで運試しをした後は、新江ノ島水族館でデートする……。デートシーンの撮影では、吉沢さんと新木さんが自らハンディーカメラを持ち、互いに撮影をするという手法が採用されたという。

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

<動画>吉沢亮、新木優子と“ランジェリー広告撮影” 「あのコの、トリコ。」予告編公開が公開

あのコの、トリコ。
出典:YouTube

 俳優の吉沢亮さん主演で、白石ユキさんの人気マンガを実写化した映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督、2018年10月5日公開)の予告編が8月11日、公開された。吉沢さん演じるさえない主人公のメガネ男子・頼が、新木優子さんが演じるヒロイン・雫のために、メガネを外してかっこよく変わっていく様や水族館のデート、新木さんのウエディングドレス姿などのほか、原作マンガで人気の「ランジェリー広告撮影」のシーンも再現されている。

 「あのコの、トリコ。」は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数100万部突破の人気作。映画では、主人公のメガネ男子・鈴木頼を吉沢さんが演じ、頼がいちずに思いを寄せるヒロイン・立花雫役で新木さん、人気俳優として活躍する頼と雫の幼なじみ東條昴役で杉野遥亮さんが出演し、芸能界を舞台にした三角関係が描かれる。

 頼(吉沢さん)は東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった雫(新木さん)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐに頑張る雫に改めて恋をした頼は、彼女の付き人として現場に同行するようになる。ある日、下着の広告撮影で昴(杉野さん)があるアクシデントで帰ってしまい、降板させられそうになる雫。そこで頼は、昴の代役としてカメラの前に立つことになり……というストーリー。

 また、男女ユニット「AAA(トリプル・エー)」の“Nissy”こと西島隆弘さんが歌う書き下ろしの主題歌「トリコ」も予告編で解禁。映画主題歌を初めて担当する西島さんは「『Nissy』として映画の主題歌のお話をいただいたのは初めてだったので、とてもうれしかったです。『ドキドキするハッピーソングを!』と思って作らせていただきました。ぜひ、映画を見てその後に流れるこの曲でも、HAPPYになっていただけたらなと思います」とコメントを寄せている。

映画「あのコの、トリコ。」のビジュアル(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
映画「あのコの、トリコ。」のビジュアル(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

吉沢亮、さえない地味男子の“脱メガネ”にキュンキュン? 映画「あのコの、トリコ。」特報解禁

あのコの、トリコ。
出典:YouTube

 俳優の吉沢亮さん主演で、白石ユキさんの人気マンガを実写化した映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督、10月5日公開)の特報映像が5月1日、公開された。地味でさえないメガネ男子の吉沢さんが、大好きな“あのコ”のためかっこよく変貌していく様子が映し出され、胸キュン必至の「メガネを外すシーン」も収められている。

 「あのコの、トリコ。」は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数100万部突破の人気作。映画では、主人公のメガネ男子・鈴木頼を吉沢さんが演じ、頼がいちずに思いを寄せるヒロイン・立花雫役で新木優子さん、人気俳優として活躍する頼と雫の幼なじみ東條昴役で杉野遥亮さんが出演し、芸能界を舞台にした三角関係が描かれる。

 頼(吉沢さん)は東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった雫(新木さん)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐに頑張る雫に改めて恋をした頼は、彼女の付き人として現場に同行するようになる。ある日、下着の広告撮影で昴(杉野さん)があるアクシデントで帰ってしまい、降板させられそうになる雫。そこで頼は、昴の代役としてカメラの前に立つことになり……というストーリー。

 特報映像に併せて、映画のティザーポスタービジュアルも公開。吉沢さんのメガネ男子姿に加え、制服姿の新木さんに抱きつかれてドギマギしている場面カットなどが楽しめる。

映画「あのコの、トリコ。」ティザーポスタービジュアル (C)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会
映画「あのコの、トリコ。」ティザーポスタービジュアル (C)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会
(C)白石ユキ/小学館
(C)白石ユキ/小学館

三角関係を描く人気マンガ「あのコの、トリコ。」が実写映画化 吉沢亮がメガネ男子に

実写映画「あのコの、トリコ。」に出演する吉沢亮さん(中央)、新木優子さん(左)、杉野遥亮さん(右)
実写映画「あのコの、トリコ。」に出演する吉沢亮さん(中央)、新木優子さん(左)、杉野遥亮さん(右)

 少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載され、続編も決定している白石ユキさんの人気マンガ「あのコの、トリコ。」が俳優の吉沢亮さん主演で実写映画化されることが7月10日、明らかになった。地味で平凡なメガネ男子の鈴木頼を吉沢さんが演じるほか、ヒロインの立花雫役で新木優子さん、人気俳優として活躍する東條昴役で杉野遥亮さんが出演する。

 「あのコの、トリコ。」は、平凡な日々を過ごすメガネ男子の鈴木頼が、人気モデルとなった立花雫、人気俳優となった東條昴という2人の幼なじみと再会。ひょんなことから頼がCM出演したことをきっかけに、芸能界を舞台にした三角関係ラブストーリーが展開していく……という内容。

 主演の吉沢さんは「原作を読んだ時、男目線で話が進んでいくということが、すごく珍しいと思いました。鈍臭い男の子が主人公で、彼の成長物語が少女マンガであるということが、面白いと思います」と原作の感想を語り、「僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、けっこうプレッシャーです。杉野くん演じる昴がめちゃくちゃキラキラなので、昴に負けないように、僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っております」と意気込んでいる。

 映画では、「最高の離婚」「ファーストクラス」などのドラマで演出を手掛けた宮脇亮さんが映画監督に初挑戦。脚本は、連続ドラマ「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」、映画「NANA」などの浅野妙子さんが担当する。

5

/5

目次