プーと大人になった僕

プーと大人になった僕あらすじ

 映画「プーと大人になった僕」は、ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」が初めて実写化。日本では2018年9月14日に公開される。「くまのプーさん」は、1966年公開の短編アニメ「プーさんとはちみつ」 以来、短編や長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメ作品が制作されてきた人気作。初の実写化作品「プーと大人になった僕」は、2011年公開の劇場版アニメ「くまのプーさん」で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と誓い合い、別れた後、大人になったロビンとプーさんが奇跡の再会を果たす……というストーリー。

 クリストファー・ロビンは、「トレインスポッティング」シリーズ、「スター・ウォーズ」シリーズなどに出演したユアン・マクレガーさんが演じる。監督は、映画「チョコレート」「ネバーランド」などのマーク・フォスターさんが務める。

 日本語吹き替え版では、俳優の堺雅人さんがクリストファー・ロビンの声優を務める。

スタッフ

監督:マーク・フォスター

プーと大人になった僕キャスト

ユアン・マクレガー

公開日

2018年9月14日公開

ニュース

プーと大人になった僕

<インタビュー>ユアン・マクレガー 「プーと大人になった僕」に出演「プレッシャー感じなかった」 冒険好きな一面も

 英作家A.A.ミルンさんが創作し、以来、世界中で愛されている人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化した「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督)が9月14日から全国で公開。今作で、主人公クリストファー・ロビンを演じた英俳優ユアン・マクレガーさんが、このほど初来日。マクレガーさんに、クリストファー・ロビンを演じる上での心構えや、作品の見どころ、初めて訪れた日本について聞いた。

続きを読む
プーと大人になった僕

<映画レビュー>「プーと大人になった僕」ユアン・マクレガー主演 プーのぎこちない動きがほほ笑ましさ増幅

 世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督)が、9月14日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。英作家A.A.ミルンさんが、息子のクリストファー・ロビンのために書いて1926年に出版された短編集「クマのプーさん」、28年に発行された「プー横丁にたった家」へのオマージュが盛り込まれた内容。ピグレットやティガー、イーヨーといった“100エーカーの森”で暮らすプーの仲間たちも出演している。彼らの生き生きした表情や愛らしい仕草に癒やされること間違いなしだ。

続きを読む
プーと大人になった僕

<インタビュー>堺雅人 子供のころは図鑑好き 「香川照之さんほどじゃないけど…」

 俳優の堺雅人さんが初めて実写の日本語吹き替え声優を務めた映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督)が9月14日、公開された。同作は、世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画で、堺さんはプーさんの大親友で、主人公のクリストファー・ロビンの声を担当した。子供のころは図鑑を好んで読んでいたという堺さんにアフレコやロビンを演じたユアン・マクレガーさんについて、自身の子供時代について聞いた。

続きを読む
プーと大人になった僕

堺雅人、3歳の息子が粘土遊び始める 「手を洗いなさい!」と父の顔も <吹替版完成披露試写会舞台あいさつ>

 俳優の堺雅人さんが8月27日、東京都内で開かれた映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督、2018年9月14日公開)の吹替版完成披露試写会舞台あいさつに登場。作品にちなんで少年時代のことを質問された堺さんは「思い出すと、粘土遊びが結構好きで……」と話しながら「僕には3歳の息子がいるのですが、最近粘土遊びを始めて。ただ油粘土があんなに臭いとは……」とぼやいていた。

続きを読む
プーと大人になった僕

堺雅人、実写映画の吹き替え初挑戦 「プーと大人になった僕」でクリストファー・ロビンの声に

 俳優の堺雅人さんが、世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督、9月14日公開)で、実写映画の吹き替えに初挑戦することが8月7日、分かった。堺さんはユアン・マクレガーさんが演じる主人公、クリストファー・ロビンの吹き替え声優を務める。

続きを読む