プーと大人になった僕

UPDATE

プーと大人になった僕あらすじ

 映画「プーと大人になった僕」は、ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」が初めて実写化。日本では2018年9月14日に公開される。「くまのプーさん」は、1966年公開の短編アニメ「プーさんとはちみつ」 以来、短編や長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメ作品が制作されてきた人気作。初の実写化作品「プーと大人になった僕」は、2011年公開の劇場版アニメ「くまのプーさん」で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と誓い合い、別れた後、大人になったロビンとプーさんが奇跡の再会を果たす……というストーリー。

 クリストファー・ロビンは、「トレインスポッティング」シリーズ、「スター・ウォーズ」シリーズなどに出演したユアン・マクレガーさんが演じる。監督は、映画「チョコレート」「ネバーランド」などのマーク・フォスターさんが務める。

 日本語吹き替え版では、俳優の堺雅人さんがクリストファー・ロビンの声優を務める。

スタッフ

監督:マーク・フォスター

プーと大人になった僕キャスト

ユアン・マクレガー

プーと大人になった僕公開日

2018年9月14日公開

<インタビュー>ユアン・マクレガー 「プーと大人になった僕」に出演「プレッシャー感じなかった」 冒険好きな一面も

映画「プーと大人になった僕」で成長したクリストファー・ロビンを演じたユアン・マクレガーさん
映画「プーと大人になった僕」で成長したクリストファー・ロビンを演じたユアン・マクレガーさん

 英作家A.A.ミルンさんが創作し、以来、世界中で愛されている人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化した「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督)が9月14日から全国で公開。今作で、主人公クリストファー・ロビンを演じた英俳優ユアン・マクレガーさんが、このほど初来日。マクレガーさんに、クリストファー・ロビンを演じる上での心構えや、作品の見どころ、初めて訪れた日本について聞いた。

 ◇原作のイメージが染みついていた

 映画は、マクレガーさんが演じる大人になったクリストファー・ロビンが、子供のころの大親友プーと再会。一緒に“100エーカーの森”の仲間たちを探す中で、見失っていた大切なものに気づいていくというストーリーだ。

 ミルンさんが1920年代に発表した「クマのプーさん」に登場するクリストファー・ロビンは少年だ。それゆえに、大人になってからのクリストファー・ロビンについては誰も知らない。「だらこそ、演じる上での自由度は大いにあったし、プレッシャーは感じなかった」と晴れやかに語るマクレガーさん。脚本に、大人になったクリストファーの人物像や、人生における立ち位置について「とてもクリアに描かれていた」ことにも助けられた。

 そもそも、マクレガーさん自身、幼いころ、原作を読んでもらい、自身の子供たちにも読み聞かせていたことで、「原作のイメージが染みついていた」と話す。その上、「ディズニーでアニメ化された作品を通して、森の仲間たちとクリストファーの関係性にも小さいころから慣れ親しんでいたから、その部分を押さえておけば大丈夫だろうと思ったし、あとは年齢を重ね、人生で迷子になっていて、ちょっと距離ができてしまっている家族とどうすれば再びつながり合えるだろうと葛藤している存在」をイメージすることで、気負わずに演じられたという。

 ◇「感動した美しいシーン」を女性読者にアピール

 マクレガーさんは、出来上がった映画を「子供たちと一緒にプレミアに行ったり、娘を連れて劇場に足を運んだりして見た」という。そのたびに、観客の反応を間近に見聞きし、老若男女にかかわらず、見る人すべての心をとらえる作品になっていると感じたそうだ。

 「たぶん大人であれば、男性でも女性でも、クリストファーには共感してもらえると思う。というのは、クリストファーに限らず、大人というのは、童心を犠牲にしてまで大人としての義務を果たして生きているものだからね。クリストファーは戦争に行った経験もあり、家族と距離ができていて、そのことに葛藤している。そんな彼が、自分の世界の中での、本来の立ち位置を再び獲得するまでの道のりは、大人の心には響くと思うんだ」と分析する。

 さらに、「ヘイリー(・アトウェル)という素晴らしい女優が演じている(クリストファーの)妻のイブリン。彼女に、おそらく女性は感情移入してもらえるのではないかな。妻として、母として家族を支え、まとめ上げているのは彼女だし、僕がすごく感動した美しいシーンが一つあって、それは、彼女と娘のやりとりなんだ。イブリンが『パパは今、ちょっと迷子になっている。でも、きっとまた私達を見つけてくれるから』というそのシーンは、演技を含めて本当に美しくて大好きなんだ」と追加で撮影されたというそのシーンを挙げながら、女性読者にアピールした。

 ◇日本でやりたいことは…

 ちなみに、マクレガーさんにも、クリストファー・ロビンにとってのプーさんのような存在の愛犬がいるそうで、その名は「シド」だという。「どこに行くのにも着いて来てくれるんだ」と顔をほころばせながら教えてくれた。

 今回が初来日。もともと日本には、絵画などの美術品で「山間の風景みたいなものを見ていた」ことから、同様のイメージを持っていたという。自身、オートバイでユーラシアや北米大陸を横断した経験があるほどの冒険好き。今回は残念ながら、日本では「時間がなくて何もできていないけど」としながら、東京のような都市以外の場所にも「すごく行きたい。ただ、こうして新しい場所にいること自体が冒険だけどね」と話していた。

 <プロフィル>

 1971年3月31日生まれ、英スコットランド出身。「トレインスポッティング」(96年)でブレークし、「ブラス!」(96年)、「普通じゃない」(97年)などに出演。「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」(99年)、「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」(2002年)、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(05年)では、若きオビ・ワン・ケノービを演じた。ほかに「ムーラン・ルージュ」(01年)、「人生はビギナーズ」(10年)、「8月の家族たち」(13年)、「T2 トレインスポッティング」(17年)、「美女と野獣」(17年)などに出演した。

 (取材・文/りんたいこ)

プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
プーと大人になった僕
出典:YouTube

<映画レビュー>「プーと大人になった僕」ユアン・マクレガー主演 プーのぎこちない動きがほほ笑ましさ増幅

映画「プーと大人になった僕」の場面写真 (C)2018 Disney Enterprises,Inc.
映画「プーと大人になった僕」の場面写真 (C)2018 Disney Enterprises,Inc.

 世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督)が、9月14日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。英作家A.A.ミルンさんが、息子のクリストファー・ロビンのために書いて1926年に出版された短編集「クマのプーさん」、28年に発行された「プー横丁にたった家」へのオマージュが盛り込まれた内容。ピグレットやティガー、イーヨーといった“100エーカーの森”で暮らすプーの仲間たちも出演している。彼らの生き生きした表情や愛らしい仕草に癒やされること間違いなしだ。

 大親友のプー(ジム・カミングスさん)と別れ、寄宿学校に入った少年クリストファー・ロビン。やがて彼は成長し、結婚した。一人娘にも恵まれ、今はロンドンにある商事会社で働く。仕事に追われ、家族と過ごす時間の無い彼の前に、ある日、プーが現れる。「森の仲間たちが見付からない。一緒に探してほしい」と頼まれたロビンはプーを放っておけず、子供時代を過ごした“100エーカーの森”へ向かうのだが……というストーリー。大人になったロビンを、英俳優ユアン・マクレガーさんが演じ、日本語吹き替えは俳優の堺雅人さんが担当している。

 プーにあんなつぶらな黒い瞳で見つめられ、頼み事をされたら、ロビンでなくても一肌脱ぐ気になってしまう。撮影には、ぬいぐるみの実物が使用されたという。決してふさふさとはいい難い、長年愛用されてきたからこそのペタっとした毛並みが郷愁を誘う。コンピューターの最新技術を借りているとはいえ、アナログ感たっぷりのぎこちない動きが、ほほ笑ましさを増幅させる。

 ハチミツでベトベトになった足がじゅうたんにくっついて身動きが取れなくなったり、列車に乗り、「家、木、雲……」と見えるものを口に出して言うゲームを始め、ロビンに「静かにしてくれ」とたしなめられたりと、無邪気で甘えん坊なプーにはニコニコさせられっ放しだ。一方で、プーが口にする含蓄あるせりふには何度も胸を突かれた。詩的で哀愁すら感じさせる映像には、ファンタジーを超えた芸術性を感じた。子供には夢を与え、大人には人生における大切なことを気付かせてくれるすてきな映画だ。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
(C)2018 Disney Enterprises,Inc.
プーと大人になった僕
出典:YouTube

<インタビュー>堺雅人 子供のころは図鑑好き 「香川照之さんほどじゃないけど…」

日本語吹き替え声優を務めた映画「プーと大人になった僕」について語った堺雅人さん
日本語吹き替え声優を務めた映画「プーと大人になった僕」について語った堺雅人さん

 俳優の堺雅人さんが初めて実写の日本語吹き替え声優を務めた映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督)が9月14日、公開された。同作は、世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画で、堺さんはプーさんの大親友で、主人公のクリストファー・ロビンの声を担当した。子供のころは図鑑を好んで読んでいたという堺さんにアフレコやロビンを演じたユアン・マクレガーさんについて、自身の子供時代について聞いた。

 ◇吹き替えに興味も「こんなに難しいことなんだ」と実感

 映画では、プーと「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束し、ロンドンへ旅立った少年のロビンが、大人になり、仕事と家族の問題に悩んでいるところへ、プーが現れる。「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれたロビンが、子供のころにプーたちと過ごした懐かしい“100エーカーの森”を訪れる……というストーリー。

 「どなたかの芝居に声を当てるのは、やってみたい作業だった。機会があればと思っていました」という堺さん。今回の出合いに「こんなに素晴らしい作品をいただけたのはラッキーでした」と喜びつつも、アフレコでは「声を重ねるってこんなに難しいことなんだと思いました。(この難しさは)やってみないと分からなかった。話しているつもりでも、抑揚がなく聞こえてしまうようで、『抑揚をつけて、もっと言葉をはっきりしゃべってください』と、よく監督から指摘されました」と苦労した様子。「(アフレコで)何かを表現したということは一回もなかった。口や感情を合わせるだけで精いっぱい。声優さんってすごいなと思いました」と振り返る。

 すでに吹き替え版を見たといい、その時の心境を「気が気じゃなかった。作品を邪魔していないか、悪目立ちしていないかと不安で。作品や自分のお芝居を客観的に見ることはできなかったですね。実写のときも客観的には見られないんですけど、今回はいつも以上に客観視できなかったです。ビクビクしながら見ていました」と振り返る。「なるべく堺の影が出ないように、ユアンさんに入り込んでいただけるように、切に願うばかりです」と心境を語る。

 ◇ユアン・マクレガーの魅力は「少年ぽさ」 対面時に渡したお土産は…

 大人になったロビンは、少年の心を無くし、大親友だったプーと再会することによって生き生きとした心を取り戻していく。堺さんは、マクレガーさんの魅力を「真面目なお芝居をしていても時折見せるいたずらっぽい視線や顔、やんちゃな男の子という少年ぽい部分がすごくすてき」といい、「(劇中で)深刻な顔や、元気のないユアンさんを見ると、たいして知りもしないのに、なんかユアンさんらしくないなと思っちゃったりして……。にっこり笑ったり、遊んだり、いたずらっぽい顔をしたりすると、ああ、それでこそユアンさんだよと勝手に思っちゃう。そういうふうに思わせるところが、ユアンさんの素晴らしさ」と分析する。

 そのマクレガーさんとは、今月5日に東京都内であったジャパンプレミアで対面。「お土産を渡そうと思って、いろいろ考えてイギリスには消せるボールペンはないかなと思って渡したんですけどあまり反応がなかった……。『便利だね!』って言われて、それで終わりました」と苦笑い。「捨てて帰ったんじゃないかな……」とジョークを飛ばしつつ、振り返った。

 子供時代の「クリストファー・ロビンには親近感が湧いた」という。「僕も本が好きな子供だったし、おもちゃを部屋中に並べて会話をさせたりするような遊びをしていたので、人ごとだとは思えませんでした。(自分が読むのは)図鑑が多くて、昆虫とか、魚とか」と言いながらも、自身で昆虫の番組を持っている俳優の香川照之さんを挙げ「香川照之さんほどじゃないです。あの人の足元にも及ばないですね。(自分は)図鑑を読んで知った気になるタイプ」と明かしていた。

 ◇プーさんの言葉と演技論に共通点? 映画には「深さ、苦さ、皮肉も」

 今回、吹き替えを担当するにあたって、プーさんのアニメを見て、児童小説も読んだという堺さん。「優しくてハチミツが好きでほんわかしたクマさんというイメージだったんですが、こんなに深くて面白い世界だったのかと、再発見した感じ」といい、劇中では、プーさんの「何もしないことが、最高の何かにつながる」という言葉が印象に残ったという。

 「日日是好日(にちにちこれこうじつ)とか、看脚下(かんきゃっか)とかのような、お寺の和尚さんが言っていてもおかしくないし、演技の先生が言っていてもおかしくないような言葉。通じるところがあると思います。なじみがある概念ですよね」と語る。

 そして「プーさんが、ただ可愛いというだけじゃなく、そこにある深さ、苦さ、皮肉も含めて、いろんなことが詰まった映画。たとえば、仕事帰りにフラッとご覧になって、しみじみ味わうというのもすてきな鑑賞法じゃないかという気がします」と同作の楽しみ方を提案した。

プーと大人になった僕
プーと大人になった僕

堺雅人、3歳の息子が粘土遊び始める 「手を洗いなさい!」と父の顔も <吹替版完成披露試写会舞台あいさつ>

映画「プーと大人になった僕」の吹替版完成披露試写会舞台あいさつに登場した堺雅人さん
映画「プーと大人になった僕」の吹替版完成披露試写会舞台あいさつに登場した堺雅人さん

 俳優の堺雅人さんが8月27日、東京都内で開かれた映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督、2018年9月14日公開)の吹替版完成披露試写会舞台あいさつに登場。作品にちなんで少年時代のことを質問された堺さんは「思い出すと、粘土遊びが結構好きで……」と話しながら「僕には3歳の息子がいるのですが、最近粘土遊びを始めて。ただ油粘土があんなに臭いとは……」とぼやいていた。

 堺さんは、女優の菅野美穂さんと2013年4月に結婚し、2015年8月に息子が生まれている。堺さんは「子供のころは、油粘土の匂いなんて考えたことはなかったのですけれどもね。油粘土でずっと遊んでいて、ご飯を(平気で)食べていた気がするのだが……」と振り返り、息子と粘土で遊ぶと「今は『うわー!』となって、『(息子に)手を洗いなさい!』と言っています」と話すなど、父の顔を見せていた。

 司会から「野を駆けたり、川へ飛び込んだりしなかった?」と質問されると、堺さんは「主にインドア派でしたね。粘土の“声”は聞こえなかったけれども……」と即答して、観客を笑わせていた。吹き替え声優を務めた同映画について息子の反応を聞かれると、堺さんは「まだ3歳ですからね。家族で(映画を)拝見しようと思います。楽しみでもあり、怖い」と最後に少し本音を漏らしていた。

 「プーと大人になった僕」は、世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画。大人になったクリストファー・ロビンが、プーと再会し「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれて、懐かしい“100エーカーの森”を訪れる……という内容。堺さんは、英俳優のユアン・マクレガーさんが演じた主人公クリストファー・ロビンの吹替声優を担当した。

プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
プーと大人になった僕

堺雅人、実写映画の吹き替え初挑戦 「プーと大人になった僕」でクリストファー・ロビンの声に

映画「プーと大人になった僕」で、実写映画の吹き替えに初挑戦する堺雅人さん
映画「プーと大人になった僕」で、実写映画の吹き替えに初挑戦する堺雅人さん

 俳優の堺雅人さんが、世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督、9月14日公開)で、実写映画の吹き替えに初挑戦することが8月7日、分かった。堺さんはユアン・マクレガーさんが演じる主人公、クリストファー・ロビンの吹き替え声優を務める。

 堺さんは「アニメーションの声優は何度か経験があるのですが、実写だと、英語のお芝居に合わせるので、思ったまま演じると平板になってしまうと(吹き替え版の演出家の)監督から指摘を受けました。そこがなかなか難しかったですね」と収録を振り返り、映画について「いろんなことを考えさせられます。『今日が一番大事』とか『今日が一番好き』とか、お坊さんのありがたい話を聞いてるみたい。プーさんはあなどれません。演じていて、考えさせられるセリフが、いくつもありました」とコメントを寄せている。

 また、声優のかぬか光明さんがプーさん、玄田哲章さんがティガー、石塚勇さんがイーヨー、小形満さんがピグレットの日本語吹き替えを担当することも発表された。

 「くまのプーさん」は、1966年公開の短編アニメ「プーさんとはちみつ」以来、短編や長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメ作品が制作されてきた人気作。初の実写化作品「プーと大人になった僕」は、かつてプーさんの大親友だった主人公のロビンが、大人になってプーさんと奇跡の再会を果たすが……というストーリー。

<動画>ピグレット、ティガー、イーヨーも登場! 「くまのプーさん」初実写映画「プーと大人になった僕」予告解禁

プーと大人になった僕
出典:YouTube

 世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督、2018年9月14日公開)の日本版予告映像が7月24日、公開された。大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガーさん)が、プーに「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれ、懐かしい“100エーカーの森”を訪れる……という内容で、ピグレット、ティガー、イーヨーといったプーの仲間たちと再会するシーンが収められている。

 さらに映像には、クリストファー・ロビンに忘れ物を届けるため、初めて“100エーカーの森”を飛び出したプーと森の仲間たちが、クリストファー・ロビンの娘のマデリンと出会うシーンや、ロンドンの街で大奮闘する姿も描かれている。

 「くまのプーさん」は、1966年公開の短編アニメ「プーさんとはちみつ」 以来、短編や長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメ作品が制作されてきた人気作。初の実写化作品「プーと大人になった僕」は、2011年公開の劇場版アニメ「くまのプーさん」で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と誓い合い、別れた後、大人になったロビンとプーさんが奇跡の再会を果たす……というストーリー。

映画「プーと大人になった僕」の場面写真 (C)2018 Disney
映画「プーと大人になった僕」の場面写真 (C)2018 Disney

「くまのプーさん」初実写映画の邦題は「プーと大人になった僕」 日本版特報も公開

プーと大人になった僕
出典:YouTube

 ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」が初めて実写化された映画の邦題が「プーと大人になった僕」に決定し、日本では2018年9月14日に公開されることが4月19日、明らかになった。大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンがプーさんと再会するシーンが収められた日本版の特報映像も公開された。

 「くまのプーさん」は、1966年公開の短編アニメ「プーさんとはちみつ」 以来、短編や長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメ作品が制作されてきた人気作。初の実写化作品「プーと大人になった僕」は、2011年公開の劇場版アニメ「くまのプーさん」で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と誓い合い、別れた後、大人になったロビンとプーさんが奇跡の再会を果たす……というストーリー。

 クリストファー・ロビンは、「トレインスポッティング」シリーズ、「スター・ウォーズ」シリーズなどに出演したユアン・マクレガーさんが演じる。監督は、映画「チョコレート」「ネバーランド」などのマーク・フォスターさんが務める。

映画「プーと大人になった僕」のビジュアル(C)2018 Disney
映画「プーと大人になった僕」のビジュアル(C)2018 Disney
7

/7

目次