がっこうぐらし!(実写映画) ニュース

<公開記念舞台あいさつ>阿部菜々実、初主演映画で演技の楽しさ実感 長月翠らが今後やってみたい役は…

映画「がっこうぐらし!」の公開記念舞台あいさつの様子
映画「がっこうぐらし!」の公開記念舞台あいさつの様子

 オーディション番組「ラストアイドル」から生まれた「ラストアイドル ファミリー」の阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さんが26日、東京都内で行われた人気マンガが原作の映画「がっこうぐらし!」(柴田一成監督)の公開記念舞台あいさつに登場。映画初出演にして初主演で、阿部さんは「『がっこうぐらし』で演技する前までは、女優にはならない、演技は絶対しないと思っていましたが、『がっこうぐらし』を通して演技も楽しいと思うことができたので、もしチャンスがあればまたやってみたい」と笑顔で語った。

 今後やってみたい役について、長月さんは「今回はすごくいい子の役だったので、めちゃくちゃ性格が悪い、女の子を蹴落とす女の子の役をやってみたい。そういうことは日常生活ではできないので、ドラマや映画の世界でやってみたい」と悪女に興味があると話すも、微妙な会場の雰囲気を察してか「引いてますか!?」と苦笑い。さらに間島さんも「爆弾魔とか殺人事件の犯人、天才ハッカーとかそういう、自分ができない、犯罪をにおわすようなこと(役)をやりたい」と発言し会場を驚かせていた。

 そんな中、清原さんは「今回はサバイバルな女子高生役だったので、普通の泥だらけじゃない制服を着た女子高生になって、学園ドラマに出て普通の女の子がやってみたい」と話して場を和ませていた。

 またイベント中盤、柴田監督から阿部さんらの成長を評価し、サプライズで卒業証書が授与される一幕があった。本人たちは事前に知らされていなかったため、阿部さんは「びっくり。まさか卒業証書をもらえるとは思っていなかったのでうれしい。頑張ってよかったなと思いました」と驚きつつも喜ぶと、長月さんが「この『がっこうぐらし』が動き始めてから1年がたってもう終わっちゃうのかなと思うと、急にさみしくなってきました。まだ卒業したくない」と率直な心境を明かし、他メンバーも深くうなずいていた。

 「がっこうぐらし!」は、「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で2012年から連載中の海法紀光さん原作、千葉サドルさん作画のマンガ。ゾンビの出現によって崩壊した社会を舞台に、女子高生たちのサバイバル生活を描いている。舞台あいさつには、エンディング曲「マイクロコスモス」を歌うアイドルグループ「Wi-Fi-5」の高野渚さん、さぃもんさん、白鳥来夢さん、柴田監督も登場した。

<映画紹介>「がっこうぐらし!」 「ラストアイドル」4人が映画初出演でアクションにも挑戦 人気マンガを実写化

映画「がっこうぐらし!」の場面写真 (C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
映画「がっこうぐらし!」の場面写真 (C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会

 人気マンガが原作の映画「がっこうぐらし!」(柴田一成監督)が1月25日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。アニメ化もされた人気マンガの実写化で、オーディション番組「ラストアイドル」から生まれた「ラストアイドル ファミリー」の阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さんの4人がメインキャストとして出演。映画は初出演という阿部さんらがシャベルなどを手に戦うアクションシーンに注目だ。

 「がっこうぐらし!」は、マンガ誌「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で2012年から連載中の海法紀光さん原作、千葉サドルさん作画のマンガ。ゾンビの出現によって崩壊した社会を舞台に、女子高生たちのサバイバル生活を描いている。テレビアニメが15年7~9月に放送された。

(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会

 シャベルを愛する胡桃(くるみ)、ムードメーカーの由紀(ゆき)、みんなのリーダー的存在の悠里(りーさん)は、学園生活部に所属する女子高生。しっかり者の後輩・美紀(みーくん)を加えた4人は学校で寝泊まりし、24時間共同生活を送っている。4人はおっとりした顧問のめぐねえに見守られながら、屋上の菜園で野菜を収穫するなど“がっこうぐらし”を満喫していたが、実はそこは、荒廃した校舎にはびこる大量の“かれら”に支配された絶望的な世界だった……。くるみを阿部さん、ゆきを長月さん、りーさんを間島さん、みーくんを清原さんが演じる。顧問のめぐねえ役でおのののかさんも出演している。

 序盤に登場する4人のほのぼのした学園生活と、生き残りをかけたサバイバルホラーへの衝撃の転換は、実写版でも落差のある音楽や映像の明暗などでしっかり演出されている。映画は初出演となる「ラストアイドル ファミリー」の4人だが、アイドルとして培われたキレのいい動きでアクションも披露。中でも阿部さん、清原さんはシャベルやバールをぶんぶん振り回すなど激しいアクションに挑戦しており、映画の見どころの一つになっている。後半は凄惨(せいさん)なシーンが連続するだけに、ラストの教室でのあるシーンではホロリとさせられた。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
(C)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
出典:YouTube

ラストアイドル、初主演映画で「個人、グループとして成長できた」

映画「がっこうぐらし!」の完成披露舞台あいさつに登場した「ラストアイドル」の(左から)間島和奏さん、長月翠さん、阿部菜々実さん、清原梨央さん
映画「がっこうぐらし!」の完成披露舞台あいさつに登場した「ラストアイドル」の(左から)間島和奏さん、長月翠さん、阿部菜々実さん、清原梨央さん

 アイドルグループ「ラストアイドル」の阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さんが11月16日、東京都内で行われた人気マンガが原作の映画「がっこうぐらし!」(柴田一成監督、2019年1月公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。4人は今作で映画初主演を果たし、阿部さんは「たくさんの方の支えがあって、この場にいると思います。不安もあったんですけど、個人としてもグループとしても成長できたと思います」と語っていた。

 間島さんは柴田監督に「正直、お芝居はどうでした」と質問すると、「正直、大変でした(笑い)。でもどんどん上達していって、最後は神がかっています」と絶賛。学校内で共同生活をしている“学園生活部”を描く作品だが、長月さんは「泊まりの現場で、撮影の外側でも“学園生活部”をしていて、みんなでスーパーに行ったり。仕事も4人で固まっていて、役に入り込めて楽しかった」と撮影を振り返った。

 また、原作者の海法紀光さん、千葉サドルさんから「本物の学園生活部。スクリーンで“再会”するのが楽しみ」「完成品を見るのが楽しみ」といったコメントが届くと、柴田監督は「映画の実写化のときに、ピンクの髪形とかの外見じゃないアプローチをしたので、作品の中身が『がっこうぐらし!』の世界観になっていると、2人に認められると思って作りました」と胸を張っていた。

おのののか、「がっこうぐらし!」実写化で重圧 「不安あった…」と涙

映画「がっこうぐらし!」完成披露舞台あいさつに登場したおのののかさん
映画「がっこうぐらし!」完成披露舞台あいさつに登場したおのののかさん

 タレントのおのののかさんが11月16日、東京都内のTOHOシネマズ 錦糸町(東京都墨田区)で行われた、映画「がっこうぐらし!」(柴田一成監督、2019年1月公開)の完成披露舞台あいさつに登場。人気マンガが原作で、“めぐねえ”こと佐倉慈を演じるおのさんは「私自身は役者としてまだまだで、原作ファンがたくさんいる作品に出演することに、本当にプレッシャーと不安がありました」と明かし、「私にとって、本当に大切な作品になりました。みなさんにこの場に来ていただいて、うれしいです」と涙を見せた。

 また、おのさんは、映画について「監督やスタッフ、たくさんの人に支えられて、(キャストの)みんなとも仲良くなれて。本当に、どんどんみんなと距離が縮まっていくのが分かる作品で、そこに注目してください」とアピールしていた。

 舞台あいさつには、アイドルグループ「ラストアイドル」の阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さん、柴田監督、「ラストアイドル」2期生の12人が登場。2期生による、映画主題歌「愛しか武器がない」も披露された。

ラストアイドルが“かれら”に襲われる!? 予告編&ポスター公開 おのののかも出演

実写映画「がっこうぐらし!」のポスタービジュアル (C)2019 映画『がっこうぐらし!』製作委員会
実写映画「がっこうぐらし!」のポスタービジュアル (C)2019 映画『がっこうぐらし!』製作委員会

 人気マンガが原作の映画「がっこうぐらし!」(柴田一成監督、2019年1月公開)の予告編とポスタービジュアルが11月7日、公開された。予告編には、「ラストアイドル ファミリー」の阿部菜々実さんらが演じる学園生活部の女子高生たちが、ゾンビの姿をした“かれら”に包囲されてしまい、武器を手に立ち向かう姿が映し出されている。また、タレントのおのののかさんが、学園生活部の顧問のめぐねえこと佐倉慈役で出演することも発表された。

 予告編冒頭では、家に帰らず学校で24時間共同生活を送るという学園生活部の活動を楽しむ女子高生の胡桃(阿部さん)、由紀(長月翠さん)、悠里(間島和奏さん)、美紀(清原梨央さん)の姿が映し出されるが、その後、状況は一変。教室は荒廃し、胡桃らは大量の“かれら”に取り囲まれる。胡桃らが楽しそうな様子から一変し、驚がくの表情を浮かべる姿などが収録されている。

出典:YouTube

「がっこうぐらし!」実写映画に「ラストアイドル」の4人 由紀役に長月翠 胡桃役に阿部菜々実

実写映画「がっこうぐらし!」のメインキャスト(上段左から)直樹美紀役の清原梨央さん、恵飛須沢胡桃役の阿部菜々実さん、丈槍由紀役の長月翠さん、若狭悠里役の間島和奏さん
実写映画「がっこうぐらし!」のメインキャスト(上段左から)直樹美紀役の清原梨央さん、恵飛須沢胡桃役の阿部菜々実さん、丈槍由紀役の長月翠さん、若狭悠里役の間島和奏さん

 人気マンガが原作の映画「がっこうぐらし!」のメインキャストに、テレビ朝日系のオーディション番組「ラストアイドル」から生まれた「ラストアイドル ファミリー」の阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さんの4人が抜てきされたことが4月18日、分かった。同日にZepp DiverCity TOKYO(東京都江東区)で行われた「ラストアイドル ファミリー」のセカンドシングル発売記念コンサートで発表された。

 阿部さんが恵飛須沢胡桃(くるみ)役、長月さんが丈槍由紀(ゆき)役、間島さんが若狭悠里(りーさん)役で、清原さんが直樹美紀(みーくん)役を務める。4人とも映画初出演にして初主演で、本格的な演技も初挑戦となる。

「がっこうぐらし!」実写映画化 テレビアニメも人気のサバイバルマンガ

「がっこうぐらし!」の実写映画化が発表された「まんがタイムきららフォワード」2018年1月号
「がっこうぐらし!」の実写映画化が発表された「まんがタイムきららフォワード」2018年1月号

 テレビアニメ化もされたマンガ「がっこうぐらし!」が2018年に実写映画化されることが11月24日、分かった。11月24日発売の連載誌「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)18年1月号で発表された。

 「がっこうぐらし!」は「まんがタイムきららフォワード」で12年から連載中の海法紀光さん原作、千葉サドルさん作画のマンガ。ゾンビの出現によって崩壊した社会を舞台に、女子高生たちのサバイバル生活を描いている。テレビアニメが15年7~9月に放送された。現在、休載中で12月22日発売の同誌18年2月号で連載が再開される。