アントマン&ワスプ

  • スタッフ:
    監督:ペイトン・リード
  • キャスト:
    ポール・ラッド▽エバンジェリン・リリー▽マイケル・ダグラス
  • 公開日:
    2018年8月31日公開
UPDATE

アントマン&ワスプあらすじ

 映画「アントマン&ワスプ」は、スーツを身に着けた途端1.5センチのミニチュアサイズになるというマーベル・スタジオきっての“異質”のヒーロー「アントマン」シリーズの新作映画。「アントマン」は、身に着けると体長が1.5センチに縮むというスーツを手に入れた主人公スコット・ラング(ポール・ラッドさん)が、スーツを開発したハンク・ピム博士(マイケル・ダグラスさん)と彼の娘のホープ・バン・ダイン(エバンジェリン・リリーさん)の特訓で決死のミッションに挑むというストーリー。

 映画「アントマン&ワスプ」は、愛娘ともなかなか会えず、現在もFBI(米国連邦捜査局)の監視下に置かれているスコットの前に、新型スーツの力を手に入れた“ワスプ”ことホープとピム博士が「力を借りたい」と現れる。“アントマン”の秘密を狙って、謎の敵「ゴースト」がピム博士とホープを追っているというが……という展開。

スタッフ

監督:ペイトン・リード

アントマン&ワスプキャスト

ポール・ラッド▽エバンジェリン・リリー▽マイケル・ダグラス

アントマン&ワスプ公開日

2018年8月31日公開

<映画レビュー>「アントマン&ワスプ」スーパーヒロイン登場! 超高速飛行で活躍 ユーモアも兼備したアクション作 8月31日公開

映画「アントマン&ワスプ」の一場面 (C)Marvel Studios 2018
映画「アントマン&ワスプ」の一場面 (C)Marvel Studios 2018

 体長1.5センチのヒーローが大活躍する米マーベルスタジオの最新作「アントマン&ワスプ」(ペイトン・リード監督)が、8月31日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。2015年に公開された「アントマン」の続編にあたる。「ワスプ」というスーパーヒロインが登場。2人が、敵との間で極秘テクノロジーが詰まった研究所の争奪戦を繰り広げる。

 FBI(米連邦捜査局)の監視下に置かれ自宅謹慎中のアントマンことスコット・ラング(ポール・ラッドさん)の前に、アントマンスーツの開発者ハンク・ピム博士(マイケル・ダグラスさん)と、その娘ホープ(エバンジェリン・リリーさん)が現れ、極秘テクノロジーを使った新たな計画への協力を求める。

 一方、闇市場のディーラー、バーチ(ウォルトン・ゴギンズさん)や、物体をすり抜ける能力を持つ謎の美女「ゴースト」(ハンナ・ジョン・カメンさん)は、その極秘テクノロジーが詰まった研究所を狙っていた……という展開。ローレンス・フィッシュバーンさん、ミシェル・ファイファーさんらも出演している。

 ワスプスーツを装着したホープが、とにかくカッコいい。元々聡明で運動能力に優れているホープ。ひとたびスーツを身に着けると、体長1. 5センチのミニチュアサイズながら超高速飛行が可能な上、あらゆるもののサイズを自在に操るという超人的パワーを発揮。しなやかな動きと勇敢さで、アントマンをしのぐほどの活躍を見せる。

 車がミニカーサイズになったり、アリが人間の大きさで働いていたりと、ものの正しい大きさがわからなくなるのも楽しい。ダウンサイズされた研究所はまるでキャリーケースのようで、これなら争奪戦は十分可能。お陰でアントマンとワスプの活動範囲が広がり、展開に勢いが出た。

 ほかにも、ルイス(マイケル・ペーニャさん)らかつてのスコットの泥棒仲間の存在が前作より生きていて、彼らの掛け合いにしばしば笑わされた。ゴーストにまつわる場面では意外にもホロリとさせられ、ユーモアとのバランスもとれている。

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の20作目に当たるが、単体で見ても十分楽しめる。MCUを見始めるタイミングを計っていた人におすすめしたい。(りんたいこ/フリーライター)

(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
アントマン&ワスプ
出典:YouTube

<動画>「アントマン&ワスプ」諏訪部順一ナレーションの予告編公開 ワスプのキレキレアクション 敵ゴーストの姿も!

アントマン&ワスプ
出典:YouTube

 スーツを身に着けた途端1.5センチのミニチュアサイズになるというマーベル・スタジオの“異質”のヒーロー「アントマン」シリーズの新作「アントマン&ワスプ」(ペイトン・リード監督、2018年8月31日公開)の予告編が6月22日、公開された。予告編では、ヒロインのワスプのアクションシーンや、アントマンとワスプが対峙(たいじ)する敵ゴーストの姿が明らかになっている。また、人気声優の諏訪部順一さんがナレーションを担当。ポスタービジュアルも公開された。

 予告編では、ワスプが素早く大小に体のサイズを変化させ、車内の敵を撃破する場面や、キッチンで手のひらサイズの塩を巨大化して敵に攻撃するなどのアクションシーンを収録。また、“何でもすり抜けられる”という能力を持つ敵ゴーストが壁をすり抜け、アントマンに強烈な蹴りを食らわせるシーンや、ゴーストの“素顔”が映し出されている。

 「アントマン」は、身に着けると体長が1.5センチに縮むというスーツを手に入れた主人公スコット・ラング(ポール・ラッドさん)が、スーツを開発したハンク・ピム博士(マイケル・ダグラスさん)と彼の娘のホープ・バン・ダイン(エバンジェリン・リリーさん)の特訓で決死のミッションに挑むというストーリー。

 「アントマン&ワスプ」は、愛娘ともなかなか会えず、現在もFBI(米国連邦捜査局)の監視下に置かれているスコットの前に、新型スーツの力を手に入れたワスプことホープとピム博士が「力を借りたい」と現れる。アントマンの秘密を狙って、謎の敵ゴーストがピム博士とホープを狙っているというが……という展開。

映画「アントマン&ワスプ」のポスタービジュアル (C)Marvel Studios 2018
映画「アントマン&ワスプ」のポスタービジュアル (C)Marvel Studios 2018

マーベル「アントマン」新作「アントマン&ワスプ」8月31日公開 “小さすぎて見えない”ポスターも

映画「アントマン&ワスプ」のポスタービジュアル (C)2016MARVEL
映画「アントマン&ワスプ」のポスタービジュアル (C)2016MARVEL

 スーツを身に着けた途端1.5センチのミニチュアサイズになるというマーベル・スタジオきっての“異質”のヒーロー「アントマン」シリーズの新作映画の邦題が「アントマン&ワスプ」(ペイトン・リード監督)に決定し、2018年8月31日に日本公開されることが4月13日、明らかになった。映画は史上最小にして最強のヒーロー&ヒロインによるユーモアあふれるバディアクションで、メインキャストが“小さすぎて見えない”ポスタービジュアルも公開された。

 映画の予告編も公開。アントマンとは正反対の完璧なヒロイン「ワスプ」のアクションや迫力のあるカーチェイスなどに加え、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」のアイテムが“巨大化”し、敵に襲いかかるシーンも登場する。

 「アントマン」は、身に着けると体長が1.5センチに縮むというスーツを手に入れた主人公スコット・ラング(ポール・ラッドさん)が、スーツを開発したハンク・ピム博士(マイケル・ダグラスさん)と彼の娘のホープ・バン・ダイン(エバンジェリン・リリーさん)の特訓で決死のミッションに挑むというストーリー。

 「アントマン&ワスプ」は、愛娘ともなかなか会えず、現在もFBI(米国連邦捜査局)の監視下に置かれているスコットの前に、新型スーツの力を手に入れた“ワスプ”ことホープとピム博士が「力を借りたい」と現れる。“アントマン”の秘密を狙って、謎の敵「ゴースト」がピム博士とホープを追っているというが……という展開。

アントマン&ワスプ
出典:YouTube
3

/3

目次