検察側の罪人

  • スタッフ:
    監督:原田眞人
  • キャスト:
    木村拓哉▽二宮和也(嵐)▽吉高由里子▽松重豊▽山崎努▽平岳大▽八嶋智人▽大倉孝二▽矢島健一▽音尾琢真▽キムラ緑子▽芦名星▽山崎紘菜
  • 公開日:
    2018年8月24日公開
UPDATE

検察側の罪人あらすじ

 映画「検察側の罪人」は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。俳優の木村拓哉さんと「嵐」の二宮和也さんが初共演する。映画「検察側の罪人」は、東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡り対立し、ついには互いの“正義”を賭した闘いへと発展していく……という内容。

 女優の吉高由里子さんが、木村さんと二宮さんが演じる2人の検事の“正義”を巡る闘いの行方を左右するヒロインの検察事務官・橘沙穂を演じる。吉岡さんのほか、闇社会のブローカー・諏訪部役で松重豊さん、人権派大物弁護士・白川雄馬役で山崎努さん、最上の重要な決断に影響を及ぼす同級生の国会議員・丹野役で平岳大さん、沖野と共に検察との闘いに挑んでいく弁護士・小田島役で八嶋智人さん、凶悪な殺人事件の容疑者の一人である弓岡役で大倉孝二さんが出演。さらに、矢島健一さん、音尾琢真さん、キムラ緑子さん、芦名星さん、山崎紘菜さんが出演する。

スタッフ

監督:原田眞人

検察側の罪人キャスト

木村拓哉▽二宮和也(嵐)▽吉高由里子▽松重豊▽山崎努▽平岳大▽八嶋智人▽大倉孝二▽矢島健一▽音尾琢真▽キムラ緑子▽芦名星▽山崎紘菜

検察側の罪人公開日

2018年8月24日公開

木村拓哉&嵐・二宮初共演作が興収20億突破 木村拓哉“一線を越える”シーンも新たに!

映画「検察側の罪人」で木村拓哉さん演じるエリート検事・最上が“一線を越える”瞬間をとらえたシーン写真 (C)2018 TOHO/JStorm
映画「検察側の罪人」で木村拓哉さん演じるエリート検事・最上が“一線を越える”瞬間をとらえたシーン写真 (C)2018 TOHO/JStorm

 俳優の木村拓哉さんと人気グループ「嵐」の二宮和也さんが初共演した映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)の興行収入が20億円を突破したことが9月14日、分かった。映画は8月24日に公開。今月10日までの18日間での記録で、観客動員数は約159万9000人となっている。

 興行収入20億円突破を記念し、木村さん演じるエリート検事・最上が“一線を越える”瞬間をとらえたシーン写真を初公開。暗闇の中で拳銃を構えたカットで、木村さんの妖しくきらめく眼光が印象的な一枚になっている。

 映画「検察側の罪人」は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡って対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容。

 映画には吉高由里子さん、大倉孝二さん、八嶋智人さん、音尾琢真さん、芦名星さんらが出演している。

二宮和也、木村拓哉に“貯金額”尋ねる 「俺やりますよ、管理」 <大ヒット御礼舞台あいさつ>

映画「検察側の罪人」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した二宮和也さん(左)と木村拓哉さん
映画「検察側の罪人」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した二宮和也さん(左)と木村拓哉さん

 人気グループ「嵐」の二宮和也さんと俳優の木村拓哉さんが9月3日、東京都内で行われた映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登場。「お互いに今聞きたいこと」を尋ねられた二宮さんは、しばらく熟考してから、木村さんに「じゃあ、貯金……」と質問。苦笑いの木村さんが「いま貯金と聞かれて、把握してない自分がいます」と回答すると、すかさず二宮さんは「マジ!? 俺やりますよ、管理」と返し、笑いを誘った。

 続けて、二宮さんに聞きたいことを尋ねられた木村さんも「貯金は……」と冗談めかして質問。木村さんの回答をまねて二宮さんも「把握してないです」と即答し、観客を盛り上げていた。

木村拓哉、嵐・二宮和也と次の共演は“信長と明智”で時代モノ? 「できるのは俺らしかいない」 <大ヒット御礼舞台あいさつ>

映画「検察側の罪人」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した木村拓哉さん(右)と二宮和也さん
映画「検察側の罪人」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した木村拓哉さん(右)と二宮和也さん

 俳優の木村拓哉さんと「嵐」の二宮和也さんが9月3日、東京都内で行われた映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登場。木村さんは、もし次に2人が共演するならどんな役をやりたいかと質問されると、「時代物とかいいんじゃないですか? 明智(光秀)さんを(二宮さんに)やっていただいて。で、自分が織田(信長)をやります」と提案。それを聞いた二宮さんは「明智、勝ちますか? 最後」と木村さんに尋ね、会場の笑いを誘った。

 木村さんは、“時代モノ”を提案した真意について、「(世間に)求められることに対して(作品を)作る、という作業が今の流れになってるでしょ? だから割と時代物って求められてない気がするんですよ」と説明。続けて、「だけど、それをできるのって俺らしかいないと思うので。本当にそう思うんですよ。太平洋戦争の事実だったり、そういう歴史(物)を真っすぐにできるのって俺らしかいないと思うので。機会が与えられれば絶対にやってみたいなと思う」と力を込めていた。

 また、二宮さんも「(木村さんの織田信長を)見たい」と木村さんに同意。「どメジャーな人物できる人って、いないんですよ。それが(木村さんは)できるから、と考えると、見てみたいなと思っちゃう」と語った。

 映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡って対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容。木村さん、二宮さんの2人だけで舞台あいさつに登場するのは初めて。

検察側の罪人

<インタビュー>嵐・二宮和也「平成の大スター」木村拓哉との初共演を語る 吉高由里子には戦々恐々?

映画「検察側の罪人」で若手検事・沖野啓一郎役を演じる二宮和也さん(左)と木村拓哉さん (C)2018 TOHO/JStorm
映画「検察側の罪人」で若手検事・沖野啓一郎役を演じる二宮和也さん(左)と木村拓哉さん (C)2018 TOHO/JStorm

 俳優の木村拓哉さんと人気グループ「嵐」の二宮和也さんが初共演する映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、2018年8月24日公開)は、師弟関係にある2人の検事が、ある殺人事件の捜査方針を巡って対立する姿を通して、「正義とは何か」を問いかける社会派ミステリー作だ。木村さんが、エリート検事・最上毅に扮(ふん)し、彼を師と仰ぐ若手検事・沖野啓一郎を、二宮さんが演じる。所属事務所でも、木村さんとは先輩と後輩の間柄にある二宮さんに、木村さんとの初共演の感想や撮影現場の様子を聞いた。

 ◇「問題のその先」を見ていた木村

 「木村君は、僕のやり方を尊重してくれるんです。それほど長く(俳優を)やっているのだから、あなたのやり方でやっていい。その代わり、あなたのやり方を教えて。それにすべて添うことは難しいけれど、できる限りちゃんと整えるから、ということをやっていただけたというか……」と撮影現場での木村さんの“居方”を思い返す二宮さん。

 二宮さんによると撮影現場での木村さんは、「感情がちょっと見えない」ところがあったという。なぜなら「すぐ黙る」から。「黙ると怒っているような顔になるから怒っているのかなと思うんですけど(笑い)、実際はそうではなくて、今、現場で起きている問題のその先、解決したあとをどのように展開していこうかと考えているんです。木村君にしても、原田監督と一緒にやるのは初めてだから自分の環境設定もあっただろうけど、僕を含め、他の人たちの環境を整えてくれたという印象でした。それが僕にはすごくやりやすかったし、みんなもやりやすかったのではないかと思います」と、木村さんの“座長”としての配慮に感謝する。

 ◇演じる役に「共感はしない」

 二宮さんが演じる沖野は、入庁5年目の若手検事だ。当初は最上を尊敬、信頼していたが、やがて捜査方針を巡り対立していく。沖野に対して二宮さんは「共感するところはなかったです」と言い切る。もっとも普段から「自分のことを応援してくれている人たちに間違った印象を与えないためにも、自分が借りるキャラクターには、共感であったり、深掘りしたりするようなことは、あまりしたことがない」という。

 そのため、今回の撮影でも大事にしたことは「遅刻をしないとか、インフルエンザにかからないとか(笑い)」といった常識的なことと、芝居の面では、相手の演技に対して、「こちらも真正面からぶつかるときもあれば、受け流すときもあるというバランスを考えるということぐらい」で、「ここはもうちょっと疑っていいとか、そこは疑うのが早すぎるといった疑惑の濃度のハンドリングは、監督にやっていただいていました」と振り返る。

 ◇迫真の演技は木村にも波及

 比較的穏やかな人柄の沖野だが、被疑者の松倉(酒向芳さん)の取り調べの際に見せる剣幕は、すさまじいの一言に尽きる。二宮さん自身も「狂気ですよね」と苦笑いしつつ、「あのシーンは大変でした。ずっと怒ってなきゃいけないし、ずっと罵倒(ばとう)し続けなきゃいけないし……」と話す。そして、「僕はどちらかというと円滑に生きようと思っている人間なので、ああいうことは一切しないんですけど、最初の段取りで中盤くらいまでやって見せたところで、じゃあ撮っていこうとなり、2、3時間くらいで終わったのでよかったです(笑い)」と打ち明ける。

 その迫真の演技は、別室で2人のやり取りをイヤホンで聞いているという設定の最上役の木村さんの演技にも影響を及ぼした。木村さんは、先に撮影していた二宮さんと酒向さんの音源を聞きながら芝居をし、供述の内容に耐えきれなくなり部屋を出ていってしまうのだが、それは台本にはない行動だったという。

 その場面について二宮さんは「そのシーンを撮る前日に、木村君が『明日あそこを撮るだろうから、やりたいようにやってきていいよ』というメールをくれたんです。当日も、『楽しみにしているね』というメールくれました。そういうふうに、(木村さんが)現場にいなくてもきちんとやらなくては、と常に思わせてくれる人でした」と改めて木村さんの座長としての気配りに敬服していた。

 ◇吉高の「たくちゃん」に戦々恐々

 スリリングな展開に圧倒される今作だが、撮影現場は「基本は結構ワイワイとして」いたという。その陰には、初共演にもかかわらず、木村さんを「たくちゃん」と呼ぶ吉高由里子さんの存在がある。吉高さんは、検察事務官・橘沙穂を演じている。吉高さんとは「GANTZ」(2011年)で共演していた二宮さんは、当時の経験から「吉高さんは思考回路がちょっと変わった人(笑い)」と認識していたが、さすがに今回、吉高さんが木村さんに“ため口”をきくのには、「変な空気になったらどうしよう」と戦々恐々としながら、場を和ませることに腐心したという。

 もっとも、二宮さんによると、当の吉高さんは木村さんとの共演には「相当緊張していた」そうで、「たくちゃん」発言のときも、二宮さんには「めちゃくちゃ怖かった。死ぬかと思った」と告白したそうだ。そんな吉高さんについて二宮さんは、スケジュールとオファーのタイミングから、「吉高さんは、多分、二つ返事で(今回の役を)引き受けているはずなんです」と推測しつつ、「(木村さんと二宮さんと共に)三角形を作る。その一辺を任されるとなったときに、いいですよ、やりますと言ってくれる思い切りのよさは、さすがとしか言いようがないです」と吉高さんの度胸をたたえる。

 ◇木村との共演「飲みながら後輩に自慢したい」

 ところで、木村さんのことをこれまでずっと「平成の大スター」と思い続け、いつか共演をと切望していた二宮さん。その思いが一層強まったのは、かれこれ2年前、元号が変わるというニュースが流れたときだという。「その報道が出たとき、元年から30年までずっとトップで走ってきた人間と、その時代の最中に1回共演したい。それは誰だろうと考えたときに、やっぱり木村拓哉だなあと」と正直な気持ちを打ち明ける。以来、事務所には、機会があれば木村さんと共演したいと話していたそうだ。

 その思いが実現した今、「僕はギリギリ滑り込めたからラッキーだったと思います」としみじみ語る。そして、「新しい元号になって、また新しいスターが出てきてとなったときに、(平成における昭和のスターの)石原裕次郎さんや勝新(勝新太郎)さんのように言われるのは、木村君だと思うんです。いろんな人たちの話を聞いていると、(裕次郎さんも勝新さんも)伝説はすごいじゃないですか。僕も新しい元号になったときに、(木村さんと共演したと)飲みながら後輩に自慢したいんです(笑い)」と晴れやかな表情を浮かべた。

 (取材・文/りんたいこ)

(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm

<インタビュー>吉高由里子、「検察側の罪人」木村拓哉、嵐・二宮との共演エピソード語る 20代終えた心境も

映画「検察側の罪人」で検察事務官・橘沙穂役を演じる吉高由里子さん
映画「検察側の罪人」で検察事務官・橘沙穂役を演じる吉高由里子さん

 女優の吉高由里子さんが出演する映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)が8月24日に公開された。映画は東京地検を舞台に、木村拓哉さん演じるエリート検事・最上と「嵐」の二宮和也さん演じる沖野の正義を巡る戦いを描いた作品で、吉高さんは戦いの行方を左右するヒロインの検察事務官・橘沙穂を演じている。先月22日に30歳になった吉高さんに、木村さんと二宮さんとの撮影エピソードや役への思い、駆け抜けた20代について聞いた。

 ◇“涙のシーン”は「ぞっとしちゃった」

 映画「検察側の罪人」は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡り対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容だ。

 検察事務官として沖野とコンビを組み、2人の正義を巡る闘いを最も近くで見続ける橘役を演じた吉高さん。橘は沖野と行動を共にしつつ、実は内に誰にも言えないある野心を秘めているクールで芯の強い印象的な役柄だ。吉高さんは「橘はミステリアスで、背景もあまり見えない。でも、かたくなな部分もある役。『この人はいつ笑うのかな』と考えながら演じていました」と語る。

 橘役での出演は、「クランクインの2週間ぐらい前に決まった」という。だが「ギリギリで『どうなっちゃうんだろう』という感じだったんですけど、原田さん(監督)から『一緒にやろう』と言ってもらえたことが純粋にうれしかったです」と吉高さん。「どうなるか分からないけど、原田さんと話してみて(詳細は)決めてもらおうかって。役の詳細は出演が決まってから具体的な話をしました。原田さんからは(携帯の)番号を教えてもらって、『分からない、苦しい、と思ったら、いつでも連絡して』と言われて。すごく気さくな方でした。でも撮影中はなるべく自分で考えて、周りを見て対応できるようにしていこう、という感じでした」とオファー後のエピソードを明かす。

 劇中では、沖野による被疑者の松倉(酒向芳さん)の取り調べ中、松倉の供述を聞いて橘が思わず涙を流す場面も描かれる。クールな橘の感情が表出する印象的なシーンだ。吉高さんはそのシーンについて「松倉のことを、本当に気持ち悪い、と思って演じていました。気持ち悪いし、歌い方もぞっとするし……」と説明し、「(撮影スタートのカウントダウン)『4、3、2、1!』で泣けるタイプではないんです。酒向さんが演じる松倉の表情とか雰囲気とかお芝居を見て、ぞっとしちゃったという感じですね」と語る。

 ◇二宮和也の演技を絶賛 「大爆発するエネルギーを見せつけられた」

 沖野が松倉を取り調べるシーンは、沖野役の二宮さんが時に声を荒らげ、時に淡々と松倉に迫っていくなど迫力ある演技を披露しており、同作の見どころの一つになっている。吉高さんは二宮さんについて、「みんなでわいわいとご飯を食べているときも、一人で車に戻っていったんです。窓からのぞいてみたら、ずっとそのシーンの台本を読んでいて……。『すごい……』と思いました。『ご飯食べないの?』と聞いたら、『この(シーンの撮影の)日、早く帰りたいでしょ?』って。そういう言い方をするタイプの方なんですが、実際は、ものすごい努力のかたまりの人」と表現する。

 さらに、「もともと器用な方だと思うんですが、それでも、すごく大きな壁だったんだろうな、何回も何日も前からずっと(台本を)読んでいたんだろうな、と思うぐらいのシーンだったなと思います。ご本人が持つ臨機応変の才能が固まったシーンだったな、と。大爆発するエネルギーを見せつけられたような感じでした」と二宮さんの演技を絶賛する。

 同作は、木村さんと二宮さんが初共演したことも話題を集めている。最も近くで2人を見ていた吉高さんは、「実際は、2人がギスギスしているのはお芝居の中だけで、カットがかかったら『一生しゃべるの?』というぐらい、2人でずっとしゃべっていましたね(笑い)、持っている知識とかうんちくとか……」と明かし、「役の上ではピリピリした関係だったので、ギャップがすごかったなあ」と振り返る。撮影の合間は常に和気あいあいとした雰囲気だったといい、「じゃんけんして(負けたら)ジュースやお昼ご飯をおごる、とかやっていました」と笑う。

 ◇一番よりも「二番手がいい」? 20代を終えた心境は…

 野心を内に秘めた橘を演じた吉高さん。自身の中に野心はあるのだろうか? 吉高さんは「あります、あります。例えば、1日3食食べなくてもいいから、1食はすごくおいしいものを食べたい、とか……。ちょっと違うな(笑い)」と冗談めかして語りつつ、一転、真面目な顔になり、「野心か責任感か分からないですけど、自分の関わった作品は誰かの心に残っていてほしいな、と思っています」と作品への思いを明かす。さらに「一等賞でなくていい、二番手でいい、って思っちゃうんですよね。きっと、一番はずっと一番でいなきゃいけないプレッシャーがあると思うので。二番手が一番いいのかな、と思ったりします」と自身の考えを明語った。

 7月22日に30歳になった。改めて、走り続けた20代を振り返ると、「こんなにいろんな人と出会うことになると思わなかったし、こんなに知らない人に自分の話をすることになるとも思わなかったですね。自分が思っていた20代ではなかったな、と……。まだ全然、この仕事をしていて違和感を感じることもありますし。『何になりたいんだろう?』という感じはあります」と内心を吐露。今後の課題について、「また会いたいなって思われる人間でいたい。それはずっと課題にしていたいと思います。仕事でも、仕事以外でも」と笑顔で語った。30代はどんな活躍を見せてくれるのか、吉高さんの今後に注目だ。

検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人

<インタビュー>木村拓哉、「検察側の罪人」嵐・二宮と初共演の感想は? 撮影秘話や自身の正義観も語る

映画「検察側の罪人」でエリート検事・最上毅役を演じる主演の木村拓哉さん(右)と二宮和也さん (C)2018 TOHO/JStorm
映画「検察側の罪人」でエリート検事・最上毅役を演じる主演の木村拓哉さん(右)と二宮和也さん (C)2018 TOHO/JStorm

 俳優の木村拓哉さんが主演する映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)が8月24日から公開中だ。映画は木村さん演じるエリート検事・最上と「嵐」の二宮和也さん演じる沖野のそれぞれの“正義”を巡る戦いを描いた作品で、木村さんと二宮さんの初共演も話題だ。過去の未解決殺人事件の被疑者に激しく動揺し、執着するようになる最上役を演じた木村さんに、自身にとっての“正義”や役への思い、そして信頼を寄せる二宮さんとの共演について聞いた。

 ◇エリート検事・最上役への思い 緊迫シーンの舞台裏は…

 映画「検察側の罪人」は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡って対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容だ。

 刑事部きってのエリート検事・最上を演じた木村さん。検事役は、これまでにドラマと映画の「HERO」シリーズでも演じた経験がある。ただ、木村さんは「まったくの別物なので、比較することはなかったですね」と語る。

 木村さんは原作を読む前に、まずタイトルの持つ矛盾に注目した。「『検察側の罪人』という(言葉の)矛盾が、タイトルとして存在しているんですが、読んでいくと『なるほど』と理解させてくれる、厳しいストーリーが最上にはある。なるほどな、と思いました」と木村さん。「拍手は送れないけど、理解はできる。称賛はできないけど、最上のメンタルは理解できる。そういう感覚はありました」と明かす。

 クールで表情を崩さない最上だが、過去の未解決事件の真相が明らかになると激しく動揺する。特に、二宮さん演じる沖野が事件の重要参考人だった松倉(酒向芳さん)を激しく取り調べる様子をイヤホンで聞いているシーンでは、それが顕著に表れる。別の場所で聞いていた最上は松倉の供述を最後まで聞くことができず、その場を離れるが、これは台本にない演技だったという。「本当は、終始最上が供述を聞いているという設定だったんですけど、(供述のひどさに)聞いていられなくなっちゃって……。それでバン! とイヤホンを外しました」と役と一体化していたことをうかがわせる。

 さらに、「実は、あのシーンの撮影現場は携帯の電波が皆無だったんです。それで、(沖野と松倉の)会話を飛ばすのは無理だよね、となり、ニノ(二宮さん)が先に撮影した現場の音源を聞いて演じさせてもらったんです。取り調べの空気感が音声だけでも素晴らしく伝わってきたので、ニノに『ありがとな』とLINEしました」と撮影エピソードを明かした。

 ◇「安心できる共演者」と嵐・二宮を絶賛

 後輩・二宮さんとの初共演が話題になっている。木村さんは、二宮さんに対して「安心できる」と厚い信頼を寄せる。共演については「普段目にしている二宮は、『嵐』の一員なんですけど、『硫黄島からの手紙』や『赤めだか』『ブラックペアン』などに出演したときの二宮ならではの“瞬発力”はやっぱり実在していたんだな、ということはすごく感じました」と現場での感想を語る。

 普段、後輩の出演作すべてに目を通すことはしていないという木村さんだが、二宮さんについては「今までのいろんな作品を見させてもらいました」といい、「『大丈夫かな?』と思う必要がまったくない。安心できる共演者です」と絶賛する。今作で、二宮さんと演技についてのディスカッションなどは「していないです」といい、2人が互いに信頼し合っている様子がうかがえる。

 そんな2人の関係を最も近くで見続けてきた、検察事務官・橘役の吉高由里子さんについては、「逆ムードメーカー」と木村さんは評する。「張りつめている空気の中で、『たくちゃん、元気?』って言うんです。そのたびに、沖野役の俳優(二宮さん)が『お前それはねえだろ』『いい加減にしろ』って(笑い)」と楽し気に語る。吉高さんがせりふに難色を示したときも、原田監督が「じゃあその分、ニノ、頼む」と答えるなど、現場ではそんなやり取りも交わされていたといい、木村さんは「(吉高さんは現場の)柔軟剤ですよね」と表現する。

 そんな和気あいあいとした雰囲気もある原田組だが、やはり熱さと厳しさもあるようで、「変化球じゃなくて、ストレートにぶつけてくれる。出演者にも、スタッフにも、言い方を変えたりせず、ストレートに言ってくれる人」と原田監督の印象を語る木村さん。作品については「ちゃんとスーツを着て、ネクタイもしっかり締めて、第1ボタンまでしっかり閉めて、髪形も整えて、言葉遣いのいい“パンク”な作品。見た目はすごくジェントルにしているけど、内容はパンクですね。伝える内容、描写も『そこを切り取るんだ』というものを切り取ってくれている。独特だし、その楽しさは原田組じゃないと味わえないと思います」と、原田組で過ごした日々を振り返る。

 同作は“正義とは何か”が大きなテーマになっているが、木村さんにとっての“正義”とは? 「相手の立場になって考える、ということはあるかもしれないですね」と木村さん。「自分の『こういうことしたい』という欲に対して、(誰でも)正義や信念というもので自分を武装すると思うんです。でも、相手にしてみれば『それは結構です』ということかもしれない。(相手の立場になるということは)考えたいと、いつも思っています」と自身の“正義”観を語った。

(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm

木村拓哉、悪党役に意欲「ギットギトにいきたい」 <初日舞台あいさつ>

映画「検察側の罪人」の初日舞台あいさつに登場した二宮和也さん(左)と木村拓哉さん
映画「検察側の罪人」の初日舞台あいさつに登場した二宮和也さん(左)と木村拓哉さん

 俳優の木村拓哉さんと「嵐」の二宮和也さんが8月24日、東京都内で行われた映画「検察側の罪人」の初日舞台あいさつに、原田眞人監督らと登場。同作は、木村さんと二宮さんが初共演しており、司会者から「木村さんと二宮さんを起用した作品をまた撮りたいか」と質問された原田監督が「(自身の映画)『KAMIKAZE TAXI』をリメークして、主人公を変えて木村さんがニノ(二宮さん)を追い回すとか、木村さんのギトギトの悪党を見てみたい」と語ると、木村さんは「(悪党役を)ギットギトにいきたい」と意欲を見せていた。

 一方、二宮さんは「(木村さん、原田監督と)一緒にできるなんてなかなかない。最初で最後のつもりでやっていた。そういうふうに言っていただけるだけで感謝です」と喜んでいた。初日舞台あいさつには、共演の吉高由里子さん、八嶋智人さん、松重豊さんも出席した。

 映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡って対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容。

検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人

<映画レビュー>「検察側の罪人」木村拓哉と嵐・二宮が初共演! 正義を巡る緊迫の対決シーンに注目 8月24日公開

映画「検察側の罪人」の場面写真(C)2018 TOHO/JStorm
映画「検察側の罪人」の場面写真(C)2018 TOHO/JStorm

 俳優の木村拓哉さんと人気グループ「嵐」の二宮和也さんが初共演した映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)が8月24日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。木村さん演じるエリート検事・最上と、二宮さん演じる若き検事・沖野がそれぞれの正義を巡り戦う姿を描く。緊張走る2人の対決シーンはさすがの迫力。それぞれの正義の行方はもちろん、ストーリーが深まるにつれ感情が乱れていく木村さんの表情や二宮さんが激高する姿など、思わずハッとさせられる演技に注目だ。

 「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの同名小説が原作。エリート検事・最上(木村さん)と、「最上流正義の継承者」を自称し最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)は、東京都内の殺人事件を担当。被疑者複数の中から最上が狙いを定めた松倉は、未解決殺人事件の重要参考人だった。沖野は厳しく松倉を取り調べるが、松倉が犯行を否認し続ける中で、次第に最上の捜査方針に疑問を抱き始めるようになり、ついに互いの正義を賭した戦いへと発展する……というストーリー。

 沖野とコンビを組む検察事務官・橘役に吉高由里子さん、松倉役を酒向芳さんが演じ、松重豊さん、平岳大さん、大倉孝二さん、八嶋智人さんらも出演している。

 木村さん、二宮さんの二大スター競演が注目の今作。作品テーマの、それぞれが信じる正義の在り方を通して徐々にすれ違い乖離(かいり)していく2人の姿が、緊張感漂う映像の中で丁寧に描かれている。自分のための正義を貫こうとする最上と、苦悩しながらも真実を追及しようとする沖野。物語後半に用意されている、真相を巡る2人だけの競演シーンには引き込まれた。

 個人的には、駆け出しらしく真っすぐで、やや危うさもみせる沖野役・二宮さんの迫真の演技が印象的だった。圧巻は、沖野が松倉を取り調べるシーン。落ち着いた口調から、口角泡を飛ばし突然、激高してみせるなど、静と動を巧みに使い分ける取り調べは思わず背筋が伸びる迫力。「二宮さんにこんな一面が……」と驚かされた。

 2人を支えるキャストも、吉高さんが毅然とした態度で沖野をサポートする橘役を、松重さんが軽薄だが不気味なオーラをまとった闇のブローカー諏訪部役を好演。硬派な作品の世界観をより強固にしている。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm
(C)2018 TOHO/JStorm

木村拓哉、二宮和也の私服を“イジる” 「そこは聞かないで!」 <トークイベント>

映画「検察側の罪人」のイベントに登場した木村拓哉さん(左)と「嵐」の二宮和也さん
映画「検察側の罪人」のイベントに登場した木村拓哉さん(左)と「嵐」の二宮和也さん

 俳優の木村拓哉さんと「嵐」の二宮和也さんが8月20日、東京都内で行われた映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、24日公開)のイベントに登場。トークイベントで、二宮さんが司会者から「夏の私服はどんな感じなんですか」と振られると、木村さんが「そこは聞かないで!」と突っ込み、笑いを誘った。

 今月17日に放送されたバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」(TBS系)の特別番組で、二宮さんの私服が話題になっており、木村さんが「皆さんの中には(二宮さんの)私服をご存じな方もいると思いますが、今ここであまり掘り下げなくても」と話すと、二宮さんは「全然、聞いてくださいよ! 今日は(木村さんから)もらった服で(会場まで)来ました。ぴったんこカンカンで(木村さんから)『何でも良いから着ろ』って言われて以降、上も下ももらったやつ。だから、ざっくり言うと“木村君”です(笑い)」と語っていた。

 イベントは「公開直前 夏の納涼試写会」と題して行われ、観客100人が浴衣姿で参加。この日、木村さんは白のTシャツの上に黒いシャツを羽織り、ブルーのパンツというコーディネートで「スタイリストさんが用意してくれた中で、皆さんの浴衣に合わせて、なるべく涼しげな格好を選んだ」と話した。ボタニカル柄のセットアップに白いTシャツを合わせた二宮さんは「サンダルをレザーにして、かなり気合が入っていますよ」と語っていた。イベントには、共演の酒向芳さん、芦名星さんも出席した。

映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡って対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容。

検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人
検察側の罪人

木村拓哉、嵐・二宮、八嶋智人ら「検察側の罪人」キャストがLINE LIVEを1日ジャック

LINE LIVEの「さしめし」に出演する木村拓哉さん(左)と八嶋智人さん
LINE LIVEの「さしめし」に出演する木村拓哉さん(左)と八嶋智人さん

 俳優の木村拓哉さんの主演映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、2018年8月24日公開)のキャストが、8月20日に動画配信プラットフォーム「LINE LIVE」を1日ジャックすることが8月15日、明らかになった。

 ジャックするのは、エリート検事・最上を演じる木村さんと若き検事・沖野役の「嵐」の二宮和也さんが登場予定の夏の納涼試写会の舞台あいさつの生中継を皮切りに4番組。最上の血のつながらない娘を演じた山崎紘菜さんが登場予定の「LINEトリビア」や、木村さんと弁護士役の八嶋智人さんの2人が出演し、1日限りの復活を果たすLINE LIVEのオリジナル番組「さしめし」などを予定している。

 「さしめし」に登場する木村さんと八嶋さんは、かつてドラマと映画の「HERO」シリーズにおいて、検事役と事務官役で共演していた間柄。「検察側の罪人」では、共演シーンこそないものの、一線を越えてしまう検事と、その検事と対立関係にある弁護士という異なる立場を演じている。番組では、互いの役柄の話や映画の撮影エピソードに花を咲かせながら、お気に入りのロケ弁ベスト3を実食するなど、気取らないやり取りが展開されるという。

 映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡って対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容。吉高由里子さん、平岳大さん、大倉孝二さん、音尾琢真さん、芦名星さんらも出演している。

吉高由里子、木村拓哉に「タクちゃん」 「言ったら、怒るかなと思って…」 <完成披露試写会>

映画「検察側の罪人」の完成披露試写会に登場した(左から)「嵐」の二宮和也さん、木村拓哉さん、吉高由里子さん
映画「検察側の罪人」の完成披露試写会に登場した(左から)「嵐」の二宮和也さん、木村拓哉さん、吉高由里子さん

 女優の吉高由里子さんが8月6日、東京都内で行われた映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、2018年8月24日公開)の完成披露試写会に、共演の木村拓哉さん、人気グループ「嵐」の二宮和也さんらとともに登場した。

 吉高さんについて、映画「GANTZ」(佐藤信介監督、2011年公開)でも共演した二宮さんは「基本的にどうしても“事故”ってしまう。斜に構えながら対応しています」と冗談交じり。司会者から「吉高さんの木村さんに対するアプローチを常に監視していたそうですが?」と聞かれると、「(木村さんのことを)タクちゃんって呼ぶんですよ」と苦笑いで暴露した。

 吉高さんが「言ってみたら、怒るかなって思って(笑い)」と明かすと、木村さんは「怒ってないよ。ニノは自分(木村さん)に気を遣ってくれて、『そういう言い方はやめなさいよ!』って言ってくれてました」と笑顔で振り返っていた。

 映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡り対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容。試写会には、共演の八嶋智人さん、大倉孝二さん、音尾琢真さん、芦名星さん、原田監督も出席した。

木村拓哉、後輩・二宮和也は「信頼できる共演者」 肩組んで絶賛 <完成披露試写会>

映画「検察側の罪人」の完成披露試写会に登場した木村拓哉さん
映画「検察側の罪人」の完成披露試写会に登場した木村拓哉さん

 俳優の木村拓哉さんと「嵐」の二宮和也さんが8月6日、東京都内で行われた映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、2018年8月24日公開)の完成披露試写会に登場。木村さんと二宮さんは同作で初共演し、対立する検事を演じている。木村さんは、二宮さんの印象を聞かれ「どこでも胸を張って言えることなのですが、一緒に作業をしていて、これほど信頼できる共演者は珍しい。頼りがいのある後輩だなと思います」と絶賛し、二宮さんの肩を抱いた。二宮さんは「良い人生です。本当に……」と感激していた。

 二宮さんは、木村さんとの初共演に「先輩と一緒に並んで(イベントの)ステージの上に立てるのは貴重。僕が一番、携帯で(写真を)撮りたいのですが、携帯が楽屋で。(木村さんと)一緒に作品を作れること、スクリーンに映れることを毎日感謝して撮影に挑んでいました」としみじみ。さらに「平成時代のスタートから最後まで、立ち位置もスタイルも変えずにずっとトップで走り続けてきた木村拓哉という人と、一度一緒に作品を作りたいとずっと思っていました。平成最後のギリギリで滑り込めた。恵まれていた。こんな言葉もいただけて感謝です」と頭を下げていた。

 木村さんは「ちょうど一年前に撮影していたものが、今日、ようやく皆さんに受け渡すことができました。本編は(いろいろなことを)考えさせられる映画になっています。ぜひ最後の最後まで受け止めてほしい」と呼びかけていた。試写会には、共演の吉高由里子さん、八嶋智人さん、大倉孝二さん、音尾琢真さん、芦名星さん、原田監督も出席した。

 映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡って対立し、ついには互いの“正義”を賭した戦いへと発展していく……という内容。

木村拓哉&二宮和也、初共演映画「検察側の罪人」のポスタービジュアル公開 8月24日公開

映画「検察側の罪人」のポスタービジュアル(C)2018 TOHO/JStorm
映画「検察側の罪人」のポスタービジュアル(C)2018 TOHO/JStorm

 俳優の木村拓哉さんと「嵐」の二宮和也さんが初共演する映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、2018年8月24日公開)のポスタービジュアルが4月9日、公開された。ポスターは「アラーキー」の愛称で知られる写真家の荒木経惟さんが撮影した。

 撮影では、検事の対立を描くストーリーにちなみ、製作陣は2人別々の撮影を思い描いていたが、荒木さんが「2人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。それを撮る」「2人を同時に撮影したい」と提案して行ったという。

 映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡り対立し、ついには互いの“正義”を賭した闘いへと発展していく……という内容。

検察側の罪人
出典:YouTube

吉高由里子、木村拓哉×二宮和也初共演映画「検察側の罪人」でヒロイン役 松重豊、山崎努らも出演

映画「検察側の罪人」の追加キャスト
映画「検察側の罪人」の追加キャスト

 元「SMAP」の木村拓哉さんと「嵐」の二宮和也さんが初共演する映画「検察側の罪人」(原田眞人監督、2018年公開)に、吉高由里子さんが出演することが7月24日、分かった。吉高さんは、木村さんと二宮さんが演じる2人の検事の“正義”を巡る闘いの行方を左右するヒロインの検察事務官・橘沙穂を演じる。

 映画は、「犯人に告ぐ」「クローズド・ノート」などの雫井脩介さんの小説が原作。東京地検を舞台に、エリート検事・最上(木村さん)と最上を師と仰ぐ若き検事・沖野(二宮さん)がある殺人事件を巡り対立し、ついには互いの“正義”を賭した闘いへと発展していく……という内容。

 演じる役について、吉高さんは「幼いころのある出来事がきっかけで検察事務官になるというすごく信念のある強い女性です。初めて挑戦する役どころを楽しみながら演じていきたいと思います」と語り、「木村さん、二宮さん、そして共演者の方々、スタッフの皆さんと一緒にチームワークよく撮影に挑めたらなと思います」と意気込んでいる。

 吉岡さんのほか、追加キャストとして、闇社会のブローカー・諏訪部役で松重豊さん、人権派大物弁護士・白川雄馬役で山崎努さん、最上の重要な決断に影響を及ぼす同級生の国会議員・丹野役で平岳大さん、沖野と共に検察との闘いに挑んでいく弁護士・小田島役で八嶋智人さん、凶悪な殺人事件の容疑者の一人である弓岡役で大倉孝二さんが出演。さらに、矢島健一さん、音尾琢真さん、キムラ緑子さん、芦名星さん、山崎紘菜さんの出演も発表された。

14

/14

目次