愛唄 -約束のナクヒト- あらすじ

愛唄 -約束のナクヒト-あらすじ

 映画「愛唄 -約束のナクヒト-」は、「GReeeeN映画プロジェクト」の第2弾で、4人組ボーカルグループ「GReeeeN」の名曲「愛唄」を俳優の横浜流星さん主演で映画化する。横浜さんは、第1弾の松坂桃李さんと菅田将暉さん主演の映画「キセキ -あの日のソビト-」(2017年公開)にも出演している。2019年公開予定。

 GReeeeNは07年にデビューした男性4人組のボーカルグループ。メンバー全員が歯科医師免許を持つ異色のグループで、医療との両立を考えて顔を伏せて活動している。今作のタイトルになっている「愛唄」は、07年5月に発売されたGReeeeN初のラブソング。国内で525万件以上ダウンロードされ、発売から1年たってもオリコンチャートにランクインし続けるなど、ロングセールスを記録した。

 映画は、恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオル(横浜さん)は、龍也(飯島寛騎さん)と再会する。そして運命を変える「詩」との偶然の出合いにより、恋というものに生涯を懸けることになる……というストーリー。

映画「愛唄 -約束のナクヒト-」のあらすじは