翔んで埼玉

  • スタッフ:
    原作:魔夜峰央「翔んで埼玉」(宝島社)▽監督武内英樹
  • キャスト:
    二階堂ふみ▽GACKT▽伊勢谷友介▽京本政樹▽麻生久美子▽中尾彬▽武田久美子▽麿赤兒▽竹中直人▽益若つばさ▽間宮祥太朗
  • 公開日:
    2019年2月22日公開

翔んで埼玉あらすじ

 映画「翔んで埼玉」は、「パタリロ」で知られる魔夜峰央さんの“埼玉ディス”マンガ「翔んで埼玉」(宝島社)が原作。女優の二階堂ふみさんと歌手のGACKTさんのダブル主演で実写映画化される。二階堂さんは初の男役、GACKTさんは高校生役を演じる。原作マンガ「翔んで埼玉」は、魔夜さんが1982年に発表し、2015年に宝島社の「このマンガがすごい!comics」でコミックスが復刻された。映画は、埼玉県民は東京都民から迫害を受けていたという設定で、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美(だんのうら・ももみ)は、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(あさみ・れい)と出会い、2人は互いに引かれ合う。しかし麗は埼玉県出身で、2人の前に県境が立ちふさがる……というストーリー。

 当時、埼玉県所沢市に住んでいた魔夜さんが「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ」などとネタにしていた。復刻するとSNSなどで話題になり、上田清司・埼玉県知事からも「悪名は無名に勝る」と“お墨付きコメント”をもらうまでになった。

 同作は未完のため、映画オリジナルの要素も盛り込む。大都会・東京から虐げられた埼玉が、自由を求めて徒党を組み戦う……という原作の設定に、新たに“千葉”という対抗組織も用意する。二階堂さんが演じる百美は、外見は女性のように見えるが、東京都知事の息子というエリート。当初は映画版は、原作とは異なり女性にする方向で調整していたが、マンガを読んだ二階堂さんが「私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と提案し、原作通りの男性に決まった。

スタッフ

原作:魔夜峰央「翔んで埼玉」(宝島社)▽監督武内英樹

翔んで埼玉キャスト

二階堂ふみ▽GACKT▽伊勢谷友介▽京本政樹▽麻生久美子▽中尾彬▽武田久美子▽麿赤兒▽竹中直人▽益若つばさ▽間宮祥太朗

公開日

2019年2月22日公開

ニュース

翔んで埼玉

旗を掲げる二階堂ふみ&ネギ握るGACKT “魔夜峰央ワールド”表現したポスター解禁

 「パタリロ!」で知られる魔夜峰央さんの“埼玉ディス”マンガが原作の実写映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督、2019年2月22日公開)のポスタービジュアルが11月12日、公開された。ポスターは「革命」がテーマで「某有名絵画」を彷彿(ほうふつ)とさせるデザイン。主演の二階堂ふみさん演じる壇ノ浦百美が「何も無いけどいい所!」と書かれた旗を掲げ、GACKTさん演じる麻実麗が埼玉県の名産「深谷ネギ」を握っているなど、“魔夜峰央ワールド”が表現されている。

続きを読む
翔んで埼玉

二階堂ふみが金髪男子、GACKTは美麗高校生に! 実写映画の衝撃ビジュアル公開

 「パタリロ!」で知られる魔夜峰央さんの“埼玉ディス”マンガが原作の実写映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督、2019年2月22日公開)のキャラクタービジュアルが10月31日、公開された。女優の二階堂ふみさんが演じる初の男性役・壇ノ浦百美(だんのうら・ももみ)、歌手のGACKTさんが演じる米国帰りの高校生・麻実麗(あさみれい)、俳優の伊勢谷友介さんが演じる映画オリジナルキャラクターの阿久津翔、京本政樹さんが演じる“伝説の埼玉県民”埼玉デュークのビジュアルが公開された。

続きを読む
翔んで埼玉

実写映画追加キャストに伊勢谷友介、京本政樹、麻生久美子ら

 「パタリロ」で知られる魔夜峰央さんの“埼玉ディス”マンガが原作の映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督、2019年2月22日公開)に俳優の伊勢谷友介さん、京本政樹さん、麻生久美子さんらが出演することが10月16日、分かった。伊勢谷さんは、二階堂ふみさん演じる壇ノ浦百美(だんのうら・ももみ)の父親で東京都知事の壇ノ浦建造の執事である阿久津翔、京本さんは伝説の埼玉県人・埼玉デューク、麻生さんは埼玉県在住の菅原家の母・菅原真紀をそれぞれ演じる。

続きを読む
翔んで埼玉

<動画>「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」 映画「翔んで埼玉」“謝罪”ビジュアル&特報公開

 「パタリロ」で知られる魔夜峰央さんの“埼玉ディス”マンガの実写映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督)のティザービジュアルと特報映像が8月17日、公開された。また、2019年2月22日に公開が決定したことも発表された。

続きを読む
翔んで埼玉

「パタリロ」作者の“埼玉ディス”マンガ「翔んで埼玉」がまさかの映画化 二階堂ふみ&GACKTのW主演で

 「パタリロ」で知られる魔夜峰央さんの“埼玉ディス”マンガ「翔んで埼玉」(宝島社)が、女優の二階堂ふみさんと歌手のGACKTさんのダブル主演で実写映画化されることが4月9日、明らかになった。タイトルは「翔んで埼玉」(武内英樹監督、2019年公開予定)で、二階堂さんは初の男役、GACKTさんは高校生役を演じる。GACKTさんは「このオファーがあった時は『設定に無理があるんじゃないかな?』とは思ったんですけれども、ずっと以前から魔夜先生の作品のファンだったことから、先生からの指名ということであればやるしかない……という思いで、今回の作品は受けてしまいました(笑い)」と話している。

続きを読む