若おかみは小学生!

  • スタッフ:
    監督:高坂希太郎▽脚本:吉田玲子▽美術設定:矢内京子▽作画監督:廣田俊輔▽美術監督:渡邊洋一▽色彩設計:中内照美▽CG監督:設楽友久▽撮影監督:加藤道哉▽編集:瀬山武司▽音楽:鈴木慶一▽音響監督:三間雅文▽音響効果:倉橋静男、西佐和子▽アニメーション制作:DLE、マッドハウス
  • キャスト:
    関織子(おっこ):小林星蘭▽ウリ坊(立売誠):松田颯水▽秋野真月:水樹奈々▽関峰子:一龍斎春水▽田島エツ子:一龍斎貞友▽蓑田康之介(康さん):てらそままさき▽鈴鬼:小桜エツコ
  • 公開日:
    2018年9月21日公開
UPDATE

若おかみは小学生!あらすじ

  映画「若おかみは小学生!」は、令丈ヒロ子さんの人気児童文学が原作のテレビアニメ「若おかみは小学生!」の劇場版アニメ。2018年4月8日にテレビ東京系でスタートするテレビアニメでは描かれない主人公・おっこ(関織子)と両親の物語が描かれる。

 2003年公開の「茄子 アンダルシアの夏」以来、約15年ぶりに劇場版アニメを手がける高坂希太郎さんが監督を務め、「聲の形」などの吉田玲子さんが脚本、鈴木慶一さんが音楽を担当。DLEとマッドハウスが製作する。おっこ役に小林星蘭さん、ユーレイのウリ坊(立売誠)役に松田颯水(まつだ・さつみ)さん、秋野真月役の水樹奈々さんらテレビアニメの声優陣が出演する。

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数が300万部を誇る児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日奮闘する姿が描れている。

スタッフ

監督:高坂希太郎▽脚本:吉田玲子▽美術設定:矢内京子▽作画監督:廣田俊輔▽美術監督:渡邊洋一▽色彩設計:中内照美▽CG監督:設楽友久▽撮影監督:加藤道哉▽編集:瀬山武司▽音楽:鈴木慶一▽音響監督:三間雅文▽音響効果:倉橋静男、西佐和子▽アニメーション制作:DLE、マッドハウス

若おかみは小学生!キャスト

関織子(おっこ):小林星蘭▽ウリ坊(立売誠):松田颯水▽秋野真月:水樹奈々▽関峰子:一龍斎春水▽田島エツ子:一龍斎貞友▽蓑田康之介(康さん):てらそままさき▽鈴鬼:小桜エツコ

若おかみは小学生!公開日

2018年9月21日公開

<動画>劇場版アニメの本編映像が公開 おっことウリ坊が初対面 悲鳴を上げ…

若おかみは小学生!
出典:YouTube

 テレビアニメ「若おかみは小学生!」の劇場版(高坂希太郎監督、21日公開)の本編映像の一部が9月17日、公開された。温泉旅館・春の屋で暮らすことになった主人公の関織子(おっこ)と旅館に住みつくユーレイ・ウリ坊が初対面したシーンの映像で、慣れない虫やヤモリを目にしては思わず悲鳴を上げて驚くおっこの背後からケラケラと笑い声が聞こえ、空中であぐらをかくウリ坊が登場する。

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数が300万部を誇る令丈ヒロ子さんの児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日奮闘する姿が描れている。

 テレビアニメがテレビ東京ほかで毎週日曜午前7時14分に放送中。

<インタビュー>「若おかみは小学生!」高坂希太郎監督が舌を巻いた小林星蘭の演技 美しい映像のこだわりも

劇場版アニメ「若おかみは小学生!」で主人公の関織子の声優を務める小林星蘭さん(左)と高坂希太郎監督
劇場版アニメ「若おかみは小学生!」で主人公の関織子の声優を務める小林星蘭さん(左)と高坂希太郎監督

 令丈ヒロ子さんの人気児童文学が原作の劇場版アニメ「若おかみは小学生!」が9月21日公開される。テレビ東京ほかでテレビアニメも放送中の人気作。劇場版は、2003年公開の「茄子 アンダルシアの夏」以来、約15年ぶりに劇場版アニメを手がける高坂希太郎さんが監督を務める。テレビアニメ版から引き続き、「カルピス」のCMなどで人気子役として活躍する13歳の小林星蘭さんが、主人公の関織子(おっこ)の声優を担当する。高坂監督と小林さんに劇場版の見どころ、演技などについて聞いた。

 ◇一人の少女の成長を描く 表情を豊かに

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数300万部を誇る児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日奮闘する姿が描かれている。

 高坂監督が劇場版で描こうとしたのは「一人の少女の成長」だった。「映画は時間の制限もあるので、せりふをなるべく削り、表情や動きを見せることで、物語を展開させていく。アニメーションは動いてなんぼのところもありますし」と映像を作り上げた。

 劇場版のおっこは表情豊かで、悲しんだり、喜んだり、言葉では表現が難しいような感情も表情で見せる。小林さんは演技について「元気で前向きだけでなく、落ち込んだり、立ち止まることがある。悲しいのか?苦しいのか?と複雑な感情もありました。表情の変化が細かいので、そこを意識しました」と語る。

 ◇自分を押し殺すような演技

 小林さんは収録前、高坂監督や音響監督の三間雅文さんから演技について「自分を押し殺すようなイメージで」と説明があった。高坂監督は「接客業なので自分らしさを出し過ぎたら成り立たない。成長過程で自分の感情をコントロールしていくところを表現したい」と考えたという。

 小林さんは「意外でした。テレビアニメのおっこは全力でガンガンいく。どうするんだろう? 合っているのかな?とも感じました。おっこは自立していきます。自分がおっこになるくらい入り込み、おっこだったらこうするのかな?と考えました」と役と向き合った。

 おっこは、理不尽にも思える出来事があっても前向きに考え、成長していく。「ご両親が事故で亡くなる……という境遇ですので、入り込むのが難しい。でも、自分とおっこを比べたり、(原作を)何度も読んで考えました。そもそも原作も大好きな作品。せっかく演じさせていただけたので、全力でやるしかない」。小林さんの熱演もあって、キャラクターに深く感情移入できる場面も多い。

 高坂監督は、小林さんの演技を「一人の収録もあったから、重圧だったんじゃないかな? フレキシブルに対応していただきました。言ったことを直ちに形にしていただいたり、勘がいいし、頭の回転が速いんですよね。本当に巧みに演じていただき、舌を巻きました」と絶賛する。

 ◇五感を刺激する表現をきちんと

 テレビアニメ版も美しい背景美術が話題になっているが、劇場版はさらに美しく、丁寧に描かれているようにも見える。食事シーンで食べ物がおいしそうに見えるのも特徴だ。高坂監督は「五感を刺激する表現をきちんと押さえるのは、基本中の基本なんですね。背景は色を極端に鮮やかにしているところもありますが、なるべくリアルにしようとした。リアルにすることで、映画の世界に入りやすくなる効果もあります。リアルに感じていただくことは大切なファクター。意識してやっています。大変ですけどね(笑い)」と説明する。

 美しく、細部までこだわった映像、小林さんの熱演などがあったからこそ、物語の世界に引き込まれ、感情を揺さぶられるような作品に仕上がったのだろう。熱演を見せた小林さんはまだ13歳で、女優としてだけなく、声優としての活躍も期待されている。「アニメは見るのも好きですし、いつか声優をやってみたいと思っていた時に、オーディションに受かったんです。今後もやらせていただきたいです!」と意気込む。小林さんの声優としての活躍もますます注目を集めそうだ。

若おかみは小学生!
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

<動画>劇場版アニメ「若おかみは小学生!」のポスタービジュアル&予告編公開 涙を浮かべほほ笑むおっこ

若おかみは小学生!
出典:YouTube

 令丈ヒロ子さんの人気児童文学が原作のテレビアニメ「若おかみは小学生!」の劇場版のポスタービジュアルと予告編が7月12日、公開された。ポスタービジュアルには、旅館「春の屋」の前でほうきを持つ着物姿の主人公おっこと、彼女を取り囲む仲間たちの姿が描かれている。

 予告編では、おっこが春の屋で幽霊の男の子・ウリ坊や幽霊の女の子の美陽と出会う場面、旅館の仕事に奮闘する姿が描かれ、ラストにはおっこが「私はここの、『春の屋』の若おかみです!」と涙を浮かべてほほ笑む姿が映し出されている。また、予告編でシンガー・ソングライターの藤原さくらさんが歌う主題歌「また明日」が初公開された。

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数が300万部を誇る児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日奮闘する姿が描れている。テレビアニメがテレビ東京ほかで毎週日曜午前7時14分に放送。

 劇場版は、「茄子 アンダルシアの夏」などの高坂希太郎さんが監督を務め、「聲(こえ)の形」などの吉田玲子さんが脚本、鈴木慶一さんが音楽を担当。DLEとマッドハウスが製作する。

 劇場版の前売り券が20日から発売されることも発表された。前売り特典として、作中に登場する春の屋特製「露天風呂プリン」をイメージしたストラップが付く。特典は2万個限定で、前売り券1枚購入につき1個プレゼントされる。

劇場版アニメ「若おかみは小学生!」のポスタービジュアル (C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
劇場版アニメ「若おかみは小学生!」のポスタービジュアル (C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

鈴木杏樹、劇場版「若おかみは小学生!」で声優初挑戦 主人公おっこの母に

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

 女優の鈴木杏樹さんが、テレビアニメ「若おかみは小学生!」の劇場版(高坂希太郎監督、2018年9月21日公開)で声優に初挑戦したことが6月21日、明らかになった。鈴木さんは、小林星蘭さんが声優を務める主人公おっこ(関織子)の母・咲子を演じる。

 鈴木さんは「声だけで表現するお芝居の世界は、想像以上に奥深くてとても緊張しましたが、以前から声優のお仕事に憧れていて、挑戦してみたかったので、今回、参加させていただけて、とてもうれしく、感謝しております。おっこちゃんの、けなげで前向きな明るさに、元気をもらい、心打たれました」とコメントを寄せている。

 また、薬丸裕英さんがおっこの父・正次、ホラン千秋さんが宿泊客のグローリー・水領、お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さんが宿泊客の神田幸水、山寺宏一さんが物語の鍵を握る木瀬文太をそれぞれ演じることも分かった。

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数が300万部を誇る児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日、奮闘する姿が描れている。テレビアニメがテレビ東京ほかで毎週日曜午前7時14分に放送。

 ◇薬丸裕英さんのコメント

 主人公小学6年生おっこの父親役の声を担当させていただきました。18年ぶりの映画声優のお仕事で少々、緊張しました(笑い)。同じ年ごろの娘を持つ父親としておっこの頑張る姿に心打たれます。ぜひ、ご家族で映画館にお越しください。

 ◇鈴木杏樹さんのコメント

 長編アニメーション作品のアフレコは、今回が初めてでした! 声だけで表現するお芝居の世界は、想像以上に奥深くてとても緊張しましたが、以前から声優のお仕事に憧れていて、挑戦してみたかったので、今回、参加させていただけて、とてもうれしく、感謝しております。おっこちゃんの、けなげで前向きな明るさに、元気をもらい心打たれました。皆様にもこの作品を楽しんでいただけますように。

 ◇ホラン千秋さんのコメント

 オトナの雰囲気漂うグローリーは、私が現実世界ではなりたくてもなれないキャラクターなので、疑似体験できて光栄でした(笑い)。おっこちゃんの頑張りに胸が熱くなること必至です!

 ◇設楽統さんのコメント

 幸水はおっこが接客する初めてのお客さんという役どころで、おっこが若おかみとして成長していくキッカケともなるシーンだと思うので、そこに注目していただきたいです。

 ◇高坂希太郎監督のコメント

 春の屋に宿泊する個性豊かな客人たちとのエピソードは、一つ一つ、おっこが成長していくとても重要な役割を担っています。今回、理想通りにバラエティーに富んだ声優陣がそろい、それぞれ印象に残るキャラクターを作り上げていただきました。また、この映画で重要な役どころのおっこの亡くなった両親を演じていただいた薬丸さん鈴木さんの存在感が、おっこの伸び伸びと前向きで頑張り屋さんな性格を育んだ担保となり、温かい回想シーンへとうまくつながったのではないかと思います。

劇場版アニメ「若おかみは小学生!」9月21日公開

劇場版アニメ「劇場版『若おかみは小学生!』」の一場面(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
劇場版アニメ「劇場版『若おかみは小学生!』」の一場面(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

 令丈ヒロ子さんの人気児童文学が原作のテレビアニメ「若おかみは小学生!」の劇場版が9月21日に公開されることが6月9日、明らかになった。

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数が300万部を誇る児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日奮闘する姿が描れている。テレビアニメがテレビ東京ほかで毎週日曜午前7時14分に放送。

 劇場版は、「茄子 アンダルシアの夏」などの高坂希太郎さんが監督を務め、「聲(こえ)の形」などの吉田玲子さんが脚本、鈴木慶一さんが音楽を担当。DLEとマッドハウスが製作する。

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

劇場版アニメ「若おかみは小学生!」2018年9月公開 監督は「茄子 アンダルシアの夏」の高坂希太郎

劇場版アニメ「劇場版『若おかみは小学生!』」のビジュアル(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
劇場版アニメ「劇場版『若おかみは小学生!』」のビジュアル(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

 令丈ヒロ子さんの人気児童文学が原作のテレビアニメ「若おかみは小学生!」の劇場版アニメが製作され、2018年9月に公開されることが4月4日、明らかになった。4月8日にテレビ東京系でスタートするテレビアニメでは描かれない主人公・おっこ(関織子)と両親の物語が描かれる。

 2003年公開の「茄子 アンダルシアの夏」以来、約15年ぶりに劇場版アニメを手がける高坂希太郎さんが監督を務め、「聲の形」などの吉田玲子さんが脚本、鈴木慶一さんが音楽を担当。DLEとマッドハウスが製作する。おっこ役に小林星蘭さん、ユーレイのウリ坊(立売誠)役に松田颯水(まつだ・さつみ)さん、秋野真月役の水樹奈々さんらテレビアニメの声優陣が出演する。

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数が300万部を誇る児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日奮闘する姿が描れている。

 ◇原作者の令丈ヒロ子さんのコメント

 高坂希太郎監督が描かれた花の湯温泉の絵コンテを、初めて見た時の衝撃は忘れられません。私の頭の中をそっくりそのまま投影したのかと思うほどイメージ通りだったのです。原作の読者に伝えたいと思っていたところをすべて的確に、素晴らしくリアルに、美しく、そして温かい映像にしていただき、深く感謝しております。子供のころ、原作を読んでいた皆さんはもちろん、この映画で初めておっこちゃんやウリ坊、美陽(みよ)ちゃんと出会う皆さんも、笑えて泣けて胸が熱くなる名作だと思います。小さなお子さんから年配の方まで、幅広い年齢層の方に見ていただきたいですし、見た人同士がこの作品を話題に、また盛り上がり、さらに温かい気持ちになっていただけるのではないかと思います。

 ◇高坂希太郎監督のコメント

 物語は11~12歳の女の子が越えなければいけないハードルがあり、今時の娘には理不尽に映るかもしれない作法や接客のための知識、叡智(えいち)を身に着けて行く主人公の成長を周辺の人々も含め、悲喜こもごもとつむいでいく。この映画の要諦は「自分探し」という、自我が肥大化した揚げ句の迷妄期の話ではなく、その先にある「滅私」あるいは仏教の「人の形成は五蘊(ごうん)の関係性に依(よ)る」、マルクスの言う「上部構造(人の意識)は下部構造(その時の社会)が作る」をいかに描くかにある。主人公おっこの元気の源、生き生きとした輝きは、春の屋旅館に訪れるお客さんに対して不器用ではあるが、我を忘れ注がれる彼女の思いであり、それこそがエネルギーなのである! ある役者が言っていた。役を演じている時に生きている実感があり、家に帰り一人になると自分が何者か分からなくなると。つまり自分ではない何かになる。他人のために働く時にこそ力が出るのだと!

 ◇おっこ役の小林星蘭さんのコメント

 この作品を子供のころに読んでいた方も多いと思います。私も小学校の図書室で出合い、ずっと読んでいた本でした。映画では、おっこちゃんがとても熱心に若おかみとして頑張る姿が見られます! 笑って泣いて、怒って驚いて……。おっこちゃんの百面相も見どころです(笑い)。皆さんがこの作品を見て、ちょっとでも前向きになれたり、ほっこりしていただければうれしいです。おっこちゃんと一緒に、私も成長できるよう頑張りますので、ぜひよろしくお願いします!

 ◇キャスト(敬称略)

 関織子(おっこ):小林星蘭▽ウリ坊(立売誠):松田颯水▽秋野真月:水樹奈々▽関峰子:一龍斎春水▽田島エツ子:一龍斎貞友▽蓑田康之介(康さん):てらそままさき▽鈴鬼:小桜エツコ

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:高坂希太郎▽脚本:吉田玲子▽美術設定:矢内京子▽作画監督:廣田俊輔▽美術監督:渡邊洋一▽色彩設計:中内照美▽CG監督:設楽友久▽撮影監督:加藤道哉▽編集:瀬山武司▽音楽:鈴木慶一▽音響監督:三間雅文▽音響効果:倉橋静男、西佐和子▽アニメーション制作:DLE、マッドハウス

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
若おかみは小学生!
6

/6

目次