ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書あらすじ

 映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は、オスカー俳優のメリル・ストリープさんとトム・ハンクスさんが、スティーブン・スピルバーグ監督作品で初共演する映画。2018年3月30日公開。

 映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の機運が高まっていた1971年が舞台。国防総省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープする。ライバル紙に先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(ストリープさん)と編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクスさん)は、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する……という内容。

スタッフ

監督:スティーブン・スピルバーグ

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書キャスト

メリル・ストリープ▽トム・ハンクス

公開日

2018年3月30日公開

ニュース

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

<映画レビュー>「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」メリル・ストリープ&トム・ハンクス共演 スピルバーグが報道と権力の闘いを描く

 メリル・ストリープさんとトム・ハンクスさんが出演する映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(スティーブン・スピルバーグ監督)が3月30日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。流出したベトナム戦争に関する機密文書を公表するか否かの決断を迫られる、米主要新聞社初の女性社主の姿をスリリングに描いている。今年度の第90回米アカデミー賞作品賞と、社主役のストリープさんが主演女優賞にノミネートされた話題作だ。

続きを読む