ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

UPDATE

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書あらすじ

 映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は、オスカー俳優のメリル・ストリープさんとトム・ハンクスさんが、スティーブン・スピルバーグ監督作品で初共演する映画。2018年3月30日公開。

 映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の機運が高まっていた1971年が舞台。国防総省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープする。ライバル紙に先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(ストリープさん)と編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクスさん)は、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する……という内容。

スタッフ

監督:スティーブン・スピルバーグ

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書キャスト

メリル・ストリープ▽トム・ハンクス

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書公開日

2018年3月30日公開

<映画レビュー>「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」メリル・ストリープ&トム・ハンクス共演 スピルバーグが報道と権力の闘いを描く

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のビジュアル (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のビジュアル (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

 メリル・ストリープさんとトム・ハンクスさんが出演する映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(スティーブン・スピルバーグ監督)が3月30日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。流出したベトナム戦争に関する機密文書を公表するか否かの決断を迫られる、米主要新聞社初の女性社主の姿をスリリングに描いている。今年度の第90回米アカデミー賞作品賞と、社主役のストリープさんが主演女優賞にノミネートされた話題作だ。

 1971年、米国防総省(ペンタゴン)が作成していたベトナム戦争に関する極秘文書が流出。その一部を、ニューヨーク・タイムズ紙がスクープした。ライバル紙に先を越されたワシントン・ポストは、編集主幹のベン・ブラッドリー(ハンクスさん)を中心に、すぐさま調査を開始する。ところが、ニクソン政権が、国家の安全保障を脅かすとしてニューヨーク・タイムズに記事の差し止めを命令。報道の自由を貫き記事の掲載を強行するか、それとも政府の圧力に屈し、掲載を控えるか。究極の判断は、ワシントン・ポストのトップ、キャサリン・グラハム(ストリープさん)に委ねられることになる……というストーリー。

 文書を独自ルートで入手したベンは、より抜きの部下たちに、すぐさま記事の準備にとりかかるよう命じる。タイムズが3カ月かけて記事を用意したのに対し、ポストは締め切りまで10時間。しかも膨大な資料の順番はバラバラ。“ムチャぶり”もいいところだ。しかし、刻一刻と締め切りが迫る中、それをやり切ろうとする記者たちの姿にプロ根性を見せつけられ、胸が熱くなった。

 一方、夫の死後、専業主婦からいきなり米国の有力全国紙初の女性経営者となったキャサリン。周囲の男性役員たちからは、「能力がない」だの、「存在しない」だのとさんざん軽んじられてきた。その彼女が、記事を公表するか、見送るかの決断を迫られる。キャサリンが重圧の中、葛藤し決断する姿には、大いに手に汗握り、心を揺さぶられた。

 監督は、SF大作「レディ・プレイヤー1」の公開を控えるスピルバーグさん。ジャンルが全く異なる2作品を同時期に作り上げた器用さに、舌を巻かずにはいられない。(りんたいこ/フリーライター)

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
出典:YouTube

メリル・ストリープ、トム・ハンクスらが作品を語る映画「ペンタゴン・ペーパーズ」特別映像公開

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
出典:YouTube

 オスカー俳優のメリル・ストリープさんとトム・ハンクスさんが、スティーブン・スピルバーグ監督作品で初共演する映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(3月30日公開)の特別映像が3月29日、公開された。映像では、ストリープさんやハンクスさん、スピルバーグ監督が作品について語っているほか、劇中で活躍する実在の記者を支えた親族らも登場し、当時のことを明かしている。

 映画は、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の機運が高まっていた1971年が舞台。国防総省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープする。ライバル紙に先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(ストリープさん)と編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクスさん)は、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する……という内容。

 映像でスピルバーグ監督は「真実の重要さを語る作品だ。おおまかにではなく、その細部までもね」と作品について語っている。またストリープさんは「当時女性はまだ陰の存在だった。そんな中、キャサリンが世間に注目される。文書の影響によってね」、ハンクスさんは「ベンは新聞一筋の男だ。常に真実を求めていた」とそれぞれ自身が演じた役についてコメントしている。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
2

/2

目次