ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-

  • スタッフ:
    「カナリア」(松永大司監督)▽「ファンキー」(石井裕也監督)▽「アエイオウ」(安藤桃子監督)▽「Kuu」(平林勇監督)▽「Our Birthday」(Yuki Saito監督)▽「幻光の果て」(岸本司監督)
  • キャスト:
    「カナリア」TAKAHIRO▽「ファンキー」岩田剛典
  • 公開日:
    2018年6月22日から劇場上映
UPDATE

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-あらすじ

 映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボ・プロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。

 「カナリア」(松永大司監督)は、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさん、塚本晋也さん、夏帆さんが出演。そのほか「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さん主演の「ファンキー」(石井裕也監督)、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成され、2018年6月22日に劇場公開される。

スタッフ

「カナリア」(松永大司監督)▽「ファンキー」(石井裕也監督)▽「アエイオウ」(安藤桃子監督)▽「Kuu」(平林勇監督)▽「Our Birthday」(Yuki Saito監督)▽「幻光の果て」(岸本司監督)

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-キャスト

「カナリア」TAKAHIRO▽「ファンキー」岩田剛典

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-公開日

2018年6月22日から劇場上映

岩田剛典、大学の先輩・別所哲也との“共演”に感慨 「大学時代にインタビューした」思い出も <公開記念舞台あいさつ>

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場した岩田剛典さん
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場した岩田剛典さん

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが6月30日、東京都内で行われた映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに、俳優の別所哲也さんと登場。別所さんとは慶応義塾大学の先輩・後輩の間柄という岩田さんは、「別所さんと舞台あいさつさせていただいているのが不思議な気持ちです。実は、大学時代に(先輩の)別所さんにインタビューしたことがありまして。そんなご縁もあって、たまたま今回こうしてお仕事でご一緒させていただいて」と感慨深い様子で語り、「ものすごく運命的なものを感じております。こうした形で映画を発表できることがうれしいです」と笑顔を見せた。

 同作の六つの短編の一つ「ファンキー」(石井裕也監督)で主演を務めた岩田さんは、台本を読んで、「とてもエキセントリックというか、奇抜かつインパクトある作品」と表現。続けて「最初に台本を読んだときは、節々にこれどういう意味なんだろうとか、このせりふどこにかかっているんだろうとか、いろんなクエスチョンマークが浮かんだ」と心境を語った。

 また、劇中でサングラスをかけた“純司の兄貴”役を演じている岩田さんは、「ほぼ全編でサングラスをかけている役は初めてでしたので、まったく目のお芝居が伝わらないということで、その苦労はありました」と明かした。ただ、別所さんは「岩田さんの演じた(純司の)兄貴は、まさにすべての情報が、目の表情が奪われていてもそこにあって……」と演技を絶賛し、「今、ここでかしづきたい気持ちです」と岩田さんに向かってひざまづく場面も。岩田さんは「いやいやいやいや……そんなことないですよ」と恐縮し、苦笑いを浮かべていた。

 「ウタモノガタリ」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。TAKAHIROさん主演の「カナリア」(松永大司監督)、岩田さん主演の「ファンキー」のほか、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-

EXILE TAKAHIRO、映画初主演もせりふの少ない役に驚き 「どう表現するかプレッシャー」 <公開記念舞台あいさつ>

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場したTAKAHIROさん
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場したTAKAHIROさん

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさんが6月24日、東京都内で行われた映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場。同作の六つの短編の一つ「カナリア」(松永大司監督)で映画初主演を果たしたTAKAHIROさんは、役のせりふが3ページ半ほどだったことを明かし「ここまでせりふがない役は初めてでしたし、映画は初主演ということで、せりふがないことでどう表現するか、役者としてのスタートでプレッシャーでした」と撮影を振り返った。

 イベントには夏帆さん、塚本晋也さん、松永監督も参加。映画は福島県の帰還困難区域で撮影され、TAKAHIROさんは「時間が止まっていて。町もそうですし、建物もそうですし。すごく場所の重たさを肌で感じて撮影させていただきました。ああいう場所でカメラの前に立たせてもらう機会はなかなかないので、日本人としても、いろんなことを知ることができました」と思いをはせていた。

 夏帆さんは、TAKAHIROさんと即興の芝居(エチュード)をしてから撮影に臨んだことを話し、「この2人の関係性はどういうものかと考える時間になって、こういうふうに役を作っていくという発見になり、すごく刺激的な現場でした」と回顧。塚本さんは「エチュードをあまりやったことがないんですけど、監督が映画に必要な状況を与えてくださって。やっているうちにだんだん役になっていって、そこで関係性を強く築けました」と話していた。

 「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。TAKAHIROさんが主演する「カナリア」(松永監督)、「ファンキー」(石井裕也監督)、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-

山下健二郎、水中撮影1時間前に聞かされ「勘弁してよ」 <公開記念舞台あいさつ>

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場した山下健二郎さん
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場した山下健二郎さん

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の山下健二郎さんが23日、東京都内で開かれた映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場。同作の六つの短編の一つ「幻光の果て」(岸本司監督)に出演した山下さんは、印象に残った撮影時のエピソードについて「『プールで5メートル底まで潜ってください』と(撮影の)1時間前ぐらいに聞きまして……。ダイバーの方にボンベの講習を20分受けて、初めて耳抜きをして、水底でボンベを外して撮影しました。監督はニコニコしているけど結構ひどい」と“抗議”していた。

 舞台あいさつには、加藤雅也さん、岸本監督、主題歌を担当した4人組グループ「DEEP」も出席。岸本監督は「伝達ミスです。すみません」と謝罪。山下さんは「製作サイドなのか、LDHの伝達ミスなのか。よく分からないですが、(もっと事前に)言ってほしいです。勘弁してよと思いました」と苦笑い。ぶっつけ本番の水中撮影だったが「最初は(水に)恐怖心があるんですよね。でも水の中は静かで、潜っていれば不思議な世界観でした」と振り返っていた。

 また、撮影時に山下さんは、同グループのメンバーの岩田剛典さんと互いに連絡を取っていたといい、「潜っているシーンを撮っている日が、岩ちゃん(岩田さん)も潜っているシーン(の撮影)だったんです。『こんな奇跡ってあるんだね』と2人でキュンキュンしていました」と話して、観客の笑いを誘っていた。

 「ウタモノガタリ」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。「幻光の果て」は、漁師のヨシヤ(山下さん)がある日、サメを目撃したと船を走らせるが、花田(加藤さん)はそれを疑う。数日後、ヨシヤは再びサメを目撃し、花田と漁師仲間のカオル(中村映里子さん)の戸惑いをよそに魚影を追い続ける……というストーリー。

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube

<映画レビュー>「ウタモノガタリ」音楽と映画が融合! TAKAHIRO、岩田剛典ら主演ショートフィルム6編 6月22日から公開

映画「ウタモノガタリ‐CINEMA FIGHTERS project‐」のビジュアル (C)2018 CINEMA FIGHTERS
映画「ウタモノガタリ‐CINEMA FIGHTERS project‐」のビジュアル (C)2018 CINEMA FIGHTERS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさんや、EXILEと「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(三代目JSB)の岩田剛典さんらEXILE TRIBEのメンバーが主演した「ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project」が、6月22日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。EXILEや三代目JSBなどの楽曲を手掛ける作詞家の小竹正人さんの世界観を基に、映画と音楽が融合した6編のショートフィルム集だ。

 EXILE HIROさんと「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」代表で俳優の別所哲也さんと小竹さんの総合プロジェクト「CINEMA FIGHTERS project」の一環として製作。「トイレのピエタ」(15年)などの松永大司監督ら気鋭の6監督によって密度の濃い作品が集まった。

 牧場の早朝。牛舎で手伝いをする亮(TAKAHIROさん)は、牧場主の巌(塚本晋也さん)と衝突して、一人で町を漂う。閑散とした町の風景の中に亡き恋人(夏帆さん)の姿を見つける……というストーリーの「カナリア」(松永監督)など6編。

 ほかに石井杏奈さん、白濱亜嵐さん、青柳翔さん、山下健二郎さんらEXILE TRIBEのアーティストが主演し、池松壮亮さん、麻生久美子さん、美山加恋さん、奥田瑛二さん、筒井真理子さん、余貴美子さん、麿赤児さんらが脇を固めている。

 東日本大震災や原発事故、世界大戦の予兆など、社会的な背景を扱ったものが多い。それをポップに、ファンタジックに、甘いラブストーリーに……と、音楽と共にさまざまな世界観を見せている。歌やダンスなど輝きを見せる彼らは、演者としてスクリーン内でも光っている。中でも、悲しみを抱えた寡黙な青年で主演したTAKAHIROさんのたたずまいが印象的だ。劇中の主題歌も歌っている。

 若手監督育成・発信のためにLDHとSSFF&ASIAが組んだプロジェクトで、1月に公開された「CINEMA FIGHTERS」の第2弾。松永監督のほかに、石井裕也監督「ファンキー」、安藤桃子監督「アエイオウ」、平林勇監督「Kuu」、Yuki Saito監督「Our Birthday」、岸本司監督「幻光の果て」で構成されている。(キョーコ/フリーライター)

(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube

白濱亜嵐、膝を抱えて暗い表情、恋人と過ごす姿も 「ウタモノガタリ」場面写真公開

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の白濱亜嵐さん主演の短編「アエイオウ」の場面写真 (C)2018 CINEMA FIGHTERS
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の白濱亜嵐さん主演の短編「アエイオウ」の場面写真 (C)2018 CINEMA FIGHTERS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐(あらん)さんが出演する映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」(2018年6月22日公開)の場面写真が6月14日、公開された。今回公開されたのは六つの短編のうちの一編で、白濱さんが主演する「アエイオウ」(安藤桃子監督)の場面写真。白濱さん演じる若き自衛官・ひかるが、膝を抱えて暗い表情を浮かべる姿や、恋人とカフェで過ごす穏やかなシーンが写し出されている。

 また、ダンス&ボーカルグループ「E-girls」の石井杏奈さん主演の短編「Kuu」(平林勇監督)の場面写真も公開された。E-girlsの坂東希さんや山口乃々華さんらが、民族衣装に身を包んだ姿が写し出されている。

 「ウタモノガタリ」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。「アエイオウ」「Kuu」のほか、「カナリア」(松永大司監督)、「ファンキー」(石井裕也監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS

岩田剛典、くしゃくしゃの泣き顔を披露 「ウタモノガタリ」の場面写真公開

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の岩田剛典さん主演の短編「ファンキー」の場面写真 (C)2018 CINEMA FIGHTERS
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の岩田剛典さん主演の短編「ファンキー」の場面写真 (C)2018 CINEMA FIGHTERS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんらが出演する映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の場面写真が6月8日、公開された。今回公開されたのは、六つの短編のうちの一編で、岩田さんが主演する「ファンキー」(石井裕也監督)の場面写真。黄色のジャケット姿の岩田さんが、くしゃくしゃの泣き顔を見せているシーンが収められている。

 また同作で池松壮亮さん、岡根拓哉さん、前田航基さんらが演じる、サングラスとカラフルな衣装を身にまとった“ファンキー集団”が、ノリノリでダンスを踊る様子を収めた場面写真も公開された。

 「ウタモノガタリ」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。TAKAHIROさん主演の「カナリア」(松永大司監督)、岩田さん主演の「ファンキー」のほか、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
(C)2018 CINEMA FIGHTERS

<動画>EXILE TAKAHIRO:岩田剛典ら出演映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」 六つの予告編公開

六つの予告編映像が公開された映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」(C)2018 CINEMA FIGHTERS
六つの予告編映像が公開された映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」(C)2018 CINEMA FIGHTERS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさんや、EXILEと「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(三代目JSB)の岩田剛典さんらが出演する映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」(6月22日公開)の予告編映像が5月30日、公開された。

 「ウタモノガタリ」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。TAKAHIROさん主演の「カナリア」(松永大司監督)、岩田さん主演の「ファンキー」(石井裕也監督)のほか、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

 作品ごと各30秒の映像で、これまで公開されていた予告編よりも物語の核心に踏み込んだ内容になっている。「カナリア」では、愛する人を亡くした亮(TAKAHIROさん)が希望を求めてさまよう姿が映し出されている。「ファンキー」では、純司(岩田さん)が悲しみを乗り越えて、亡き母への思いに向き合うシーンが収められている。

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube

EXILE TAKAHIRO、岩田剛典ら出演映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」予告編&ポスター公開

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
出典:YouTube

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさんや、EXILE、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(三代目JSB)の岩田剛典さんらが出演する映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」(2018年6月22日公開)の予告編とポスタービジュアルが4月10日、公開された。

 「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。TAKAHIROさんが主演する「カナリア」(松永大司監督)、岩田さん主演の「ファンキー」(石井裕也監督)、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

 予告編には六つの短編の本編映像が収録されている。TAKAHIROさんや岩田さんのほか、「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さん、「劇団EXILE」の青柳翔さん、「E-girls」の石井杏奈さん、三代目JSBの山下健二郎さんらの姿も映し出されている。ポスタービジュアルには、六つの短編それぞれのビジュアルが並び、「6tears…言葉たちが泣いている。」というキャッチコピーが添えられている。

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」のポスタービジュアル(C)2018 CINEMA FIGHTERS
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」のポスタービジュアル(C)2018 CINEMA FIGHTERS

EXILE TAKAHIRO、「トイレのピエタ」監督とタッグで主演「ようやく役者としてスタート地点」 「CINEMA FIGHTERS」第2弾発表

EXILE TAKAHIROさん(上段中央)ら「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」のキャスト陣
EXILE TAKAHIROさん(上段中央)ら「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」のキャスト陣

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさんが、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボ・プロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の新作に参加していることが3月28日、分かった。2015年公開の映画「トイレのピエタ」の松永大司監督が手掛けた短編「カナリア」で、TAKAHIROさんは主演を務めるほか、主題歌として新曲「Canaria」を歌っている。

 TAKAHIROさんは「初めて松永監督とご一緒させていただいたんですが、役者業を始めてから歩んできた道や、いち人間として僕がどういうふうに歩み生きてきたのかということを、すべてさらけ出されたような経験でした。そしてその経験をどのように、いかにカメラの前で表現すればいいのか。そこに対する姿勢や、役との対峙(たいじ)の仕方を監督に引き出してもらえたことで、ようやく役者としてスタート地点に立てたような気がしています」と松永監督に感謝している。

 「カナリア」は、「CINEMA FIGHTERS」の第2弾「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の一作品で、塚本晋也さん、夏帆さんも出演する。そのほか「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さん主演の「ファンキー」(石井裕也監督)、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成され、6月22日に劇場公開される。

 岩田さんは「石井裕也監督と初めてご一緒させていただいたのですが、本当にクリエーティブな方で、脚本にも石井監督のエッセンスがたくさんちりばめられていました。そして、できあがって初めて見た映像は、現場ではなかなかイメージできなかった世界観が表現されていました」と振り返り、「テーマとなった楽曲(三代目JSBの新曲、東京)と映像の世界観がここまで対になっている作品はなかなかない。まれに見る作品になっていると思いますので、そこを醍醐味(だいごみ)にして楽しんでもらいたいです」と語っている。

 ◇TAKAHIROさんのコメント

 今回の作品を通して初めて松永監督とご一緒させていただいたんですが、役者業を始めてから歩んできた道や、いち人間として僕がどういうふうに歩み生きてきたのかということを、すべてさらけ出されたような経験でした。

 そしてその経験をどのように、いかにカメラの前で表現すればいいのか。そこに対する姿勢や、役との対峙の仕方を監督に引き出してもらえたことで、ようやく役者としてスタート地点に立てたような気がしています。“ショートフィルム”という限られた短い時間のなかで、出演者と画だけでストーリーの内容をはじめ、ストーリーには描かれないけれど、そこに付随する時間や記憶、出来事などを、ご覧いただく方々に伝えるというのが難しいところ。でも難しいからこそやりがいや醍醐味を感じますし、限られた時間だからこそ、より濃密にせつなさや温かさ、悲しさを集約できるのがショートフィルムの魅力だと思います。どうかまた今後も参加できるように引き続き頑張っていきたいと思います。

 ◇岩田剛典さんのコメント

 今回石井裕也監督と初めてご一緒させていただいたのですが、本当にクリエーティブな方で脚本にも石井監督のエッセンスがたくさんちりばめられていました。そして、できあがって初めて見た映像は、現場ではなかなかイメージできなかった世界観が表現されていました。というのも、今回の楽曲「東京」を、僕は女性目線の失恋の曲だと思っていたのですが、鬼才・石井裕也監督がこの楽曲を聴いたインスピレーションだとこんなにも独特な世界観になるんだな、という印象を受けたからです。作品を見たら感じてもらえると思いますが、テーマとなった楽曲と映像の世界観がここまで対になっている作品はなかなかない。まれに見る作品になっていると思いますので、そこを醍醐味にして楽しんでもらいたいです。

 ◇エグゼクティブ・プロデューサーのEXILE HIROさんのコメント

 前回のCINEMA FIGHTERSは、作詞家・小竹正人さんが手がけた、EXILEをはじめとするLDHアーティストの既存の楽曲をもとに、6人の監督たちに物語を映像化していただきました。今回の第2弾も、才能ある監督たちに集まっていただき、すべての作品が、この「CINEMA FIGHTERS」のために小竹さんによって書き下ろされた新曲や未発表曲をもとに創られています。歌詞の世界観からインスピレーションを受けて創られた監督たちの作品と新しい楽曲を重ね合わせて楽しんでいただけるのではないかとワクワクしています。

 この「CINEMA FIGHTERS」というプロジェクトを通して、僕たちが得意とする“音楽”というジャンルと素晴らしい監督たちが創る“映像作品”のコラボレーションから、新たなエンターテインメントが生まれ、さまざまな人が夢をかなえる「場所」を作ることができたのかな……そう思っています。

 多くの方々に関わっていただいている「CINEMA FIGHTERS」から新たな出会いが生まれ、その先にまたファンの皆さんが喜んでくれるようなエンターテインメントを創造していけたらとも思っていますので、ぜひ CINEMA FIGHTERS第2弾も楽しみにしていてください。

 ◇企画・プロデュースの別所哲也さんのコメント

 今年は、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)が20周年となる節目の年。CINEMA FIGHTERS project第2弾「ウタモノガタリ」をみなさまにお届けできることができて本当にうれしいです。ファイターズとして参加してくださった監督と出演者のみなさまによる表現をひとりでも多くの方にご覧いただきたいと考えています。

 このプロジェクトでは、「これからの映像作家にとってのひとつの足跡であり道しるべ」として、その役割を果たしていきたいです。そういう意味でも、こういう音楽とシネマの新しい形――いわゆるミュージックビデオではない映画とのコラボレーションというのは、きっと新しいジャンルや価値を生むと思います。

 映画は国境を超え、言葉を超え、人種を超えて広がり、世界中の人たちに夢や感動を届けます。楽曲の歌詞からよみがえってくる記憶の断片に命を吹き込み、それらから浮かび上がる景色、光、温もりに導かれながら、新たな物語を紡ぎました。「ウタモノガタリ」ぜひご注目ください。

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
9

/9

目次