劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~ ニュース

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」が動員首位 「散り椿」など抑えて

劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」のビジュアル (C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」のビジュアル (C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 アニメ「夏目友人帳」の初の長編劇場版「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」(大森貴弘総監督、伊藤秀樹監督)が9月29日に公開され、週末2日間(9月29、30日)の動員数で1位になったことが10月1日、明らかになった。土日2日間で、観客動員数は11万7473人、興行収入は1億7214万4780円を記録した。

 週末は、初登場作品として人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の映画「散り椿」(木村大作監督)が3位、「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」(平沼紀久監督)が9位にランクインしており、話題作を抑えての首位獲得となった。

 「夏目友人帳」は、月刊マンガ誌「LaLa」(白泉社)で連載中の緑川ゆきさんのマンガが原作。祖母から受け継いだ妖怪との契約書の束「友人帳」を見つけた夏目貴志が、ニャンコ先生と共に、友人帳に書かれた妖怪たちに名前を返す物語。テレビアニメの第1期は2008年7~9月に放送。第6期「陸(ろく)」が17年4~6月に放送された。

高良健吾、声優の仕事の難しさ語る 劇場版「夏目友人帳」でゲスト出演 <初日舞台あいさつ>

劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の初日舞台あいさつに登場した高良健吾さん
劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の初日舞台あいさつに登場した高良健吾さん

 俳優の高良健吾さんが9あg津29日、東京都内で行われたアニメ「夏目友人帳」の劇場版となる「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」(大森貴弘総監督)の初日舞台あいさつに登場した。同作で声優として、主人公の夏目と出会い交流する津村椋雄役を演じている高良さんは「俳優が声優をやらせていただくことに対して、いろんなことを思うんですが……」と切り出し、「せっかく好きな作品だったので、“俳優が声優をやる意味”を考えながらやらせていただきました」とコメント。声優として出演した感想については「制限が多いって思ったんですよね。一人でそこに立って、絵があって、しかも絵はまだ完成する前で。それに(声を)合わせていく、という作業が難しかったですね。でも楽しかったです」と振り返った。

 舞台あいさつには神谷浩史さん、井上和彦さん、小林沙苗さん、堀江一眞さん、佐藤利奈さん、島本須美さん、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんと西村瑞樹さんも出席した。

神谷浩史、初対面の高良健吾の“イケメンぶり”を絶賛 <初日舞台あいさつ>

劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の初日舞台あいさつに登場した神谷浩史さん(左)、高良健吾さん
劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の初日舞台あいさつに登場した神谷浩史さん(左)、高良健吾さん

 声優の神谷浩史さんが9月29日、東京都内で行われたアニメ「夏目友人帳」の劇場版となる「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」(大森貴弘総監督)の初日舞台あいさつに、ゲスト声優を務めた俳優の高良健吾さんらと登場した。高良さんとこの日が初対面という神谷さんは、隣に立つ高良さんを見ながら、その“イケメンぶり”を絶賛。まるで彫刻のようだと表現し、会場を沸かせていた。

 舞台あいさつには、声優を務めた井上和彦さん、小林沙苗さん、堀江一眞さん、佐藤利奈さん、島本須美さん、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんと西村瑞樹さんも出席。今回が声優初挑戦で、妖怪もんもんぼう役を演じた小峠さんは、「なんでこの仕事が来たんだろうと思った」と不思議だったといい、「最初にもんもんぼうを見て、『(もんもんぼうも)あ、はげているからだな』と思いました」と冗談めかして語り、笑いを誘っていた。

<映画レビュー>「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」初の長編オリジナル 3匹のニャンコ先生が可愛過ぎる!

劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の一場面 (C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の一場面 (C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 アニメ「夏目友人帳」の初長編劇場版「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」(大森貴弘総監督、伊藤秀樹監督)が9月29日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開。2008年から6度テレビアニメ化された人気シリーズの初の長編オリジナルエピソード。妖怪が見える主人公・夏目貴志と自称用心棒のニャンコ先生、さまざまな人々や妖怪との交流が描かれる。テレビアニメ同様、派手さはないが心に残る温かなストーリーはもちろん、3匹に分裂する可愛らしいニャンコ先生にも注目だ。

 月刊マンガ誌「LaLa」(白泉社)で連載中の緑川ゆきさんのマンガが原作。祖母から受け継いだ妖怪との契約書の束「友人帳」を見つけた夏目貴志が、ニャンコ先生と共に、友人帳に書かれた妖怪たちに名前を返す物語。テレビアニメの第1期は2008年7~9月に放送。第6期「陸(ろく)」が17年4~6月に放送された。

 劇場版は、祖母レイコを知る津村容莉枝とその一人息子、椋雄と出会った夏目は、親子の住む町に謎の妖怪が潜んでいることを知る。夏目とニャンコ先生が謎の妖怪を調べに行くと、ニャンコ先生の体にはいつの間にか“妖の種”がついており、その種は庭で一夜にして木となって実をつけていた。うっかりその実を食べてしまったニャンコ先生は、その後、体が三つに分裂してしまう……という展開。

 テレビシリーズ同様、夏目の声を神谷浩史さん、ニャンコ先生を井上和彦さんが担当。ゲスト声優として津村椋雄役で俳優の高良健吾さん、妖怪もんもんぼう役と妖怪の六本腕役でで、それぞれお笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんと西村瑞樹さんが出演している。

 根強い人気の作品だけに、劇場版を待ち望んでいたファンも多いだろう。完全オリジナルエピソードだが、テレビシリーズで描かれている夏目とニャンコ先生のほほ笑ましい掛け合いや、人と人、人と妖(あやかし)との悲しくも優しいつながりなどの同じ世界観が、「記憶」や「うそ」「孤独」などのキーワードを通して丁寧に表現されている。じんわりとした温かさに包まれる。

 夏目とニャンコ先生を取り巻く登場キャラクターは、祖母レイコやクラスの友人たち、「犬の会」の妖の面々、妖怪ばらいを生業(なりわい)とする名取ら、10年間の集大成とも言えるおなじみの顔ぶれがそろった。3匹に分裂してしまったニャンコ先生が、高いトーンで鳴き、ひとかたまりになって眠るなど、いつもより“猫感”にあふれたラブリーな姿を劇中で披露。その可愛過ぎる姿は必見だ! (河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

神谷浩史、劇場版「夏目友人帳」の大ヒット期待? 「カメラを止めるな!ぐらいの勢いで…」<完成披露上映会>

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の完成披露上映会に出席した(左から)伊藤秀樹監督、神谷浩史さん、井上和彦さん、大森貴弘総監督
「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の完成披露上映会に出席した(左から)伊藤秀樹監督、神谷浩史さん、井上和彦さん、大森貴弘総監督

 声優の神谷浩史さんと井上和彦さんが9月8日、東京都内で行われたアニメ「夏目友人帳」の劇場版となる「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」(大森貴弘総監督、2018年9月29日公開)の完成披露上映会に登場した。上映会の最後のあいさつで、神谷さんが「『カメラを止めるな!』ぐらいの猛烈な勢いで大ヒットするといいなとは思っているんですが……」と話題作の名を挙げて語ると、すかさず井上さんが「夏目を止めるな!」と返して会場を笑わせた。続けて、神谷さんは「そういう作品でないことは、10年間携わっていると僕らもなんとなく分かっていて。地味と言ったら地味かもしれないし、でも丁寧で心に響く作品」と作品をアピールした。

 テレビアニメ放送開始から10周年となったことについて、井上さんは「10年前はこんなすてきな大きい画面で夏目友人帳を見られるとは思いませんでしたから。今日皆さんの顔を見て、『うわーすごいことをやっちゃったんだな』という感じがしました」と感慨深げにコメント。主人公・夏目貴志の声を務める神谷さんは、劇場版を試写で見たといい、「昨日拝見したときに『むちゃくちゃいい作品じゃん!』って改めて思ったんですよね。気がついたら1時間半流れていて『とても幸せな時間を過ごした気がする』という気持ちになった」と手応えを語った。

 完成披露上映会には大森総監督、伊藤秀樹監督も出席。冒頭で、自称用心棒・ニャンコ先生の声を務めている井上さんが、ニャンコ先生の声で「よく来たなー!」とあいさつし、会場を沸かせる場面もあった。

 「夏目友人帳」は、月刊マンガ誌「LaLa」(白泉社)で連載中の緑川ゆきさんのマンガ。祖母から受け継いだ妖怪との契約書の束・友人帳を見つけた夏目が、自称・用心棒の妖怪ニャンコ先生とともに、友人帳に書かれた妖怪たちに名前を“返す”というストーリー。6度にわたってテレビアニメ化されており、第1期が2008年7~9月に放送され、第6期「陸(ろく)」が17年4~6月に放送された。劇場版は、夏目が祖母・レイコを知る津村容莉枝とその一人息子・椋雄と出会うが、津村親子が住む町に謎の妖怪が潜んでいることを知り……というストーリー。

劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」が9月29日公開

「夏目友人帳」の劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」のビジュアル(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
「夏目友人帳」の劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」のビジュアル(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 緑川ゆきさんのマンガが原作のアニメ「夏目友人帳」の劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」が9月29日に公開されることが3月24日、分かった。テレビアニメ版を手がけた大森貴弘さんが総監督を務める。

 「夏目友人帳」は、月刊マンガ誌「LaLa」(白泉社)で連載中のマンガ。祖母から受け継いだ妖怪との契約書の束・友人帳を見つけた夏目が、自称・用心棒の妖怪ニャンコ先生とともに、友人帳に書かれた妖怪たちに名前を“返す”というストーリー。

 6度にわたってテレビアニメ化されており、第1期が2008年7~9月に放送され、第6期「陸(ろく)」が17年4~6月に放送された。

 ◇スタッフ(敬称略)

 総監督:大森貴弘▽監督:伊藤秀樹▽脚本:村井さだゆき▽妖怪デザイン・アクション作監:山田起生▽サブキャラクターデザイン:萩原弘光▽美術:渋谷幸弘▽色彩設定:宮脇裕美▽編集:関一彦▽撮影:田村仁、川田哲矢▽音楽:吉森信▽アニメーション制作:朱夏▽製作:夏目友人帳プロジェクト▽配給:アニプレックス

 ◇キャスト(敬称略)

 夏目貴志:神谷浩史▽ニャンコ先生・斑:井上和彦▽夏目レイコ:小林沙苗▽藤原塔子:伊藤美紀▽藤原 滋:伊藤栄次▽名取周一:石田彰▽田沼要:堀江一眞▽多軌透:佐藤利奈▽西村 悟:木村良平▽北本篤史:菅沼久義▽笹田純:沢城みゆき▽柊:ゆきのさつき▽ヒノエ:岡村明美▽三篠:黒田崇矢▽ちょびひげ:チョー▽一つ目の中級妖怪:松山鷹志▽牛顔の中級妖怪:下崎紘史▽河童:知桐京子

(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

「夏目友人帳」の劇場版アニメが製作 2018年公開

「夏目友人帳」の劇場版アニメのティザービジュアル(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト
「夏目友人帳」の劇場版アニメのティザービジュアル(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 緑川ゆきさんのマンガが原作のアニメ「夏目友人帳」の劇場版アニメが製作され、2018年に公開されることが10月8日、分かった。テレビアニメ版も手がけた朱夏が製作する。主人公・夏目貴志やニャンコ先生が描かれたティザービジュアルも公開された。東京都内で同日に行われたイベント「『夏目友人帳 陸』公開録音イベント~秋の語らい~」で発表された。

 「夏目友人帳」は、月刊マンガ誌「LaLa」(白泉社)で連載中のマンガ。祖母から受け継いだ妖怪との契約書の束・友人帳を見つけた夏目が、自称・用心棒の妖怪ニャンコ先生とともに、友人帳に書かれた妖怪たちに名前を“返す”というストーリー。

 6度にわたってテレビアニメ化されており、第1期が2008年7~9月に放送され、第6期「陸(ろく)」が17年4~6月に放送された。

(C)緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会
(C)緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会