炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX

  • スタッフ:
    監督:渡辺勝也▽脚本:會川昇▽音楽:大橋恵
  • キャスト:
    古原靖久▽片岡信和▽逢沢りな▽碓井将大▽海老澤健次▽徳山秀典▽杉本有美
  • 公開日:
    2018年9月26日 DVD・ブルーレイディスク発売
UPDATE

炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIXあらすじ

 映画「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」は、2008~09年に放送されたスーパー戦隊シリーズの第32弾「炎神戦隊ゴーオンジャー」の放送10周年を記念したVシネマ。9月26日にDVD・ブルーレイディスクが発売。江角走輔 (ゴーオンレッド)役の古原靖久さんのほか、片岡信和さん、逢沢りなさん、碓井将大さん、海老澤健次さん、徳山秀典さん、杉本有美さんら出演者が再集結する。
 「炎神戦隊ゴーオンジャー」は、ゴーオンジャーが、公害をまき散らす蛮機族ガイアークから人間たちの世界のヒューマンワールドを守るべく、意思を持った乗り物型の機械生命体・炎神と共に戦う姿が描かれた。
 「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」は、テレビ版を手がけた渡辺勝也監督や脚本の會川昇さん、音楽の大橋恵さんといったスタッフも再集結する。

スタッフ

監督:渡辺勝也▽脚本:會川昇▽音楽:大橋恵

炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIXキャスト

古原靖久▽片岡信和▽逢沢りな▽碓井将大▽海老澤健次▽徳山秀典▽杉本有美

炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX公開日

2018年9月26日 DVD・ブルーレイディスク発売

<映画レビュー>「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」古原靖久らキャストが再び「レッツ!ゴーオン!」

Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」の一場面 (C)2018東映ビデオ・東映
Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」の一場面 (C)2018東映ビデオ・東映

 「炎神戦隊ゴーオンジャー」の10周年記念作品となるVシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」(渡辺勝也監督)が、7月21日から渋谷TOEI(東京都渋谷区)ほか全国4館で期間限定上映される。2008~09年にテレビ朝日系で放送されたスーパー戦隊シリーズの第32弾。蛮機族ガイアークから世界を守るため、意思を持った乗り物型の機械生命体・炎神(エンジン)と共に戦う7人の姿が描くドラマ。今回の新作Vシネマは、当時のキャスト、スタッフが再集結し、特撮ドラマ終了10年後を舞台に、新たな物語が繰り広げられる。

 ガイアークとの激闘から10年、防衛大臣・野泉の「鎖国バリア」でヒューマンワールドに平和が訪れていた。その影響でゴーオンジャーは炎神たちとのつながりを断たれただけでなく、「戦隊活動禁止法」でテロリスト認定されてしまう。ある日、ゴーオンレッド/江角走輔(古原靖久さん)らは、特別警察に追われるベアールVの炎神キャストを持った謎の少年・走児を助けるが、ゴーオンジャーと決別し政府の広報官となったゴーオンイエロー/楼山早輝(逢沢りなさん)が立ちはだかる……というストーリー。

 「デカレンジャー」「ハリケンジャー」に続く「10 YEARS」シリーズ第3弾。当時のキャストらのその後を見られるのは、当時からのファンはもちろんのこと、新しい特撮ドラマファンにとっても新たな出会いとして楽しめる。

 ゴーオンジャーは乗り物+動物という斬新なコンセプトや底抜けに明るくコミカルな作風が人気。今作でもゴーオンジャーたちが“悪”として追われる立場になったり、及川奈央さん演じる元ガイアークの害水大臣ケガレシアがイエローに変身したりと、パワーアップしていて、存分に楽しませてくれる。大人になったヒーローたちの苦悩や葛藤がちりばめられたストーリーは、10周年というメモリアルな作品だからこそ描けるというものだろう。懐かしさと爽やかさ、笑いあり、涙ありで、エンディングでは静かに感動した。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
(C)2018東映ビデオ・東映
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
出典:YouTube

逢沢りな、イエローのトップス×ジーンズでカジュアルに

Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」の完成披露舞台あいさつに登場した逢沢りなさん
Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」の完成披露舞台あいさつに登場した逢沢りなさん

 モデルで女優の逢沢りなさんが7月15日、東京都内で開かれた新作Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」(渡辺勝也監督)の完成披露舞台あいさつに役衣装で登場。ゴーオンイエローを演じた逢沢さんは、役柄のカラーに合わせた鮮やかな黄色のトップスに白のインナー、ジーンズというカジュアルなファッションだった。

 「炎神戦隊ゴーオンジャー」は、2008~09年にテレビ朝日系で放送されたスーパー戦隊シリーズの第32弾。公害をまき散らす蛮機族ガイアークから人間世界を守るために、意思を持った乗り物型の機械生命体・炎神(エンジン)と共に戦う若者7人の姿が描かれた。特撮ドラマの10年後を描いた「10 YEARS GRANDPRIX」は、ゴーオンジャーがテロリストとして世間から恐れられてしまい、特別警察に追われる謎の少年を助けたため、国家を敵に回した逃走劇が展開される。

 「スマイル満開! ゴーオンイエロー!」のフレーズで、桜山早輝(さき)を演じた逢沢さんだが、今回のVシネマでは、政府の広報官としてゴーオンジャーの前に立ちはだかる。逢沢さんは「早輝ちゃんのスマイルを封印した」と話し、他のメンバーから「怖かった」「でも変身シーンはカッコよかった」と言われて、恥ずかしそうにしていた。

 舞台あいさつには、ゴーオンレッドの古原靖久さん、ゴーオンブルーの片岡信和さん、ゴーオングリーンの碓井将大さん、ゴーオンブラックの海老澤健次さん、ゴーオンゴールドの徳山秀典さん、ゴーオンシルバーの杉本有美さんに加え、敵で害水大臣ケガレシアを演じた及川奈央さんも出席した。

炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX

「炎神戦隊ゴーオンジャー」10周年でメンバー再集結 懐かしのポーズに大歓声

Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー10 YEARS GRANDPRIX」の完成披露舞台あいさつに登場した(左から)及川奈央さん、杉本有美さん、碓井将大さん、片岡信和さん、古原靖久さん、逢沢りなさん、海老澤健次さん、徳山秀典さん
Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー10 YEARS GRANDPRIX」の完成披露舞台あいさつに登場した(左から)及川奈央さん、杉本有美さん、碓井将大さん、片岡信和さん、古原靖久さん、逢沢りなさん、海老澤健次さん、徳山秀典さん

 2008~09年にテレビ朝日系で放送されたスーパー戦隊シリーズの第32弾「炎神戦隊ゴーオンジャー」の10周年記念作品となる新作Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」(渡辺勝也監督)の完成披露舞台あいさつが7月15日、東京都内で開かれた。ゴーオンジャーの7人が登場し、ゴーオンレッドの古原靖久さんが「マッハ全開! ゴーオンレッド」と叫んでポーズを取ると、観客から大きな拍手と歓声が上がった。

 舞台あいさつには、ゴーオンブルーの片岡信和さん、ゴーオンイエローの逢沢りなさん、ゴーオングリーンの碓井将大さん、ゴーオンブラックの海老澤健次さん、ゴーオンゴールドの徳山秀典さん、ゴーオンシルバーの杉本有美さんに加え、敵で害水大臣ケガレシアを演じた及川奈央さんも出席した。

 新作について古原さんは「確実にあったのは(メンバー)みんなのやりたい意思。2016、17年ごろからそわそわしていました。(観客の)みんなも一緒だよね?」と問いかけると再び拍手が起こった。そして「(僕らの)やりたい気持ちと皆さんの声のお陰で(新作が)できました。本当にありがとうございました」と感謝していた。

 「炎神戦隊ゴーオンジャー」は、公害をまき散らす蛮機族ガイアークから人間世界を守るために、意思を持った乗り物型の機械生命体・炎神(エンジン)と共に戦う若者7人の姿が描かれた。新作「10 YEARS GRANDPRIX」は、当時のキャスト・スタッフが再集結し、特撮ドラマの10年後を描いている。ゴーオンゴールドの須塔大翔が防衛大臣に自爆テロを仕掛けたとして、ゴーオンジャーはテロリストとして世間から恐れられる存在になる。特別警察に追われる謎の少年を助けたため、国家を敵に回した逃走劇が展開される。

 Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー10 YEARS GRANDPRIX」は、21日から全国4館で期間限定上映。9月26日にブルーレイディスク(5500円、税抜き)とDVD(4500円、同)が発売される。

炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX

「炎神戦隊ゴーオンジャー」古原靖久、片岡信和、逢沢りなが「仮面ラジレンジャー」に出演

ラジオ番組「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」に出演する(左から)古原靖久さん、片岡信和さん、逢沢りなさん
ラジオ番組「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」に出演する(左から)古原靖久さん、片岡信和さん、逢沢りなさん

 2008~09年に放送されたスーパー戦隊シリーズの第32弾「炎神戦隊ゴーオンジャー」に出演したゴーオンレッド役の古原靖久さん、ゴーオンブルー役の片岡信和さん、ゴーオンイエロー役の逢沢りなさんが、7月20日深夜に放送されるAMラジオ番組「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」(文化放送)に出演することが分かった。

 「炎神戦隊ゴーオンジャー」は、今年10周年を迎え、9月に新作Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」が発売されることも話題になっており、ラジオでは当時の思い出や新作について語る。

 「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」は、声優の鈴村健一さん、神谷浩史さんが特撮について語る番組。文化放送で毎週金曜深夜0時半に放送。

「炎神戦隊ゴーオンジャー」10周年で新作Vシネマ制作 古原靖久や逢沢りなが再集結

スーパー戦隊シリーズの第32弾「炎神戦隊ゴーオンジャー」のVシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」の出演者(C)東映
スーパー戦隊シリーズの第32弾「炎神戦隊ゴーオンジャー」のVシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」の出演者(C)東映

 2008~09年に放送されたスーパー戦隊シリーズの第32弾「炎神戦隊ゴーオンジャー」の放送10周年を記念したVシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」が制作され、9月26日にDVD・ブルーレイディスクが発売されることが3月16日、分かった。江角走輔 (ゴーオンレッド)役の古原靖久さんのほか、片岡信和さん、逢沢りなさん、碓井将大さん、海老澤健次さん、徳山秀典さん、杉本有美さんら出演者が再集結する。

 「炎神戦隊ゴーオンジャー」は、ゴーオンジャーが、公害をまき散らす蛮機族ガイアークから人間たちの世界のヒューマンワールドを守るべく、意思を持った乗り物型の機械生命体・炎神と共に戦う姿が描かれた。

 新作は、テレビ版を手がけた渡辺勝也監督や脚本の會川昇さん、音楽の大橋恵さんといったスタッフも再集結する。また、テレビ版のブルーレイボックスも発売される。全3巻で、第1巻が8月8日、第2巻が10月3日、第3巻が12月5日に発売。

(C)東映
(C)東映
(C)東映
(C)東映
5

/5

目次