ドラゴンボール超 ブロリー ニュース

ブロリーの雄たけび! 圧巻のバトルシーン収録の劇場版予告編公開 三浦大知の主題歌も

劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」の一場面 (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」の一場面 (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督、12月14日公開)の予告編が11月8日、公開された。予告編には、悟空、ベジータ、ブロリーの3人のサイヤ人の激しいバトルシーンが収められている。

 予告編では、超サイヤ人、超サイヤ人ゴッド、超サイヤ人ブルーと次々と形態を変える悟空とベジータを相手に圧倒的な強さを見せるブロリーの姿が描かれている。ブロリーが悟空を引きずり回す場面や、雄たけびをあげて超サイヤ人(フルパワー)の姿となるシーンなども収められている。歌手の三浦大知さんが歌う主題歌「Blizzard」も解禁された。

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
出典:YouTube

東京スカイツリーが超天空塔に 地上450メートルにブロリー襲来!?

東京スカイツリー(東京都墨田区)で開催中の「ドラゴンボール超 ブロリー」のイベント「超天空塔」
東京スカイツリー(東京都墨田区)で開催中の「ドラゴンボール超 ブロリー」のイベント「超天空塔」

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督)が12月14日に公開されることを記念したイベント「超天空塔(スカイツリースーパー)」が11月1日、東京スカイツリー(東京都墨田区)でスタートした。地上約450メートルの天望回廊を「天空修業回廊」に見立て、最大の敵・ブロリーや孫悟空、ベジータの巨大立像などを展示する。2019年1月7日まで。


 天望回廊では、コーナーを進むことで修業を積み、ブロリーと対戦しているような気分を味わえるというコンセプトで、かめはめ波や気円斬、太陽拳、界王拳などの技や名場面を紹介。劇場版の設定画やフルパワー状態の超サイヤ人ブロリーのアクションフィギュア「S.H.Figuarts スーパーサイヤ人ブロリー フルパワー」(バンダイスピリッツ)などのグッズも展示する。

 地上約350メートルにある天望デッキでは、窓ガラス「SKYTREE ROUND THEATER」で映像「ドラゴンボール“超”天空絵巻」を上映。カフェ「SKYTREE CAFE」ではコラボメニューとして「悟空のオレンジドリンク」(700円)や「最大の敵!ブロリーの大噴火カレー」(1300円)などを提供する。

「ドラゴンボール超 ブロリー」が東京スカイツリーとコラボ 超天空塔で修行、ブロリーとバトル

「ドラゴンボール超 ブロリー」と東京スカイツリーのコラボイベント「超天空塔(スカイツリースーパー)」のビジュアル(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
「ドラゴンボール超 ブロリー」と東京スカイツリーのコラボイベント「超天空塔(スカイツリースーパー)」のビジュアル(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督)が12月14日に公開されることを記念して、東京スカイツリー(東京都墨田区)でコラボイベント「超天空塔(スカイツリースーパー)」が11月1日から開催されることが9月14日、分かった。東京スカイツリーの周囲を飛ぶ孫悟空、ベジータ、フリーザ、ブロリーなどが描かれたイベントのビジュアルも公開された。

 地上約450メートルの天望回廊では、修行を積んでブロリーと戦うというコンセプトで、孫悟空のなりきり体験を楽しめるという。また、SKYTREE ROUND THEATERでオリジナルコンテンツを上映するほか、限定オリジナルグッズを販売する。2019年1月7日まで。

 劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。“伝説の超サイヤ人”のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにサイヤ人の歴史も描かれる。

「ドラゴンボール超 ブロリー」に杉田智和、水樹奈々が参戦 フリーザ軍の一員に

劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」に声優として出演する杉田智和さん (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」に声優として出演する杉田智和さん (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督、2018年12月14日公開)に声優として杉田智和さん、水樹奈々さんが出演することが9月12日、分かった。2人が演じるのは、劇場版オリジナルキャラクターとなるフリーザ軍の非戦闘員。ともに今回が「ドラゴンボール」シリーズ初参加となる。

 杉田さんはフリーザの父のコルド大王が軍を率いる時代から仕える後方部隊の古参兵・レモ、水樹さんは銀河パトロールの宇宙船を盗んだことが見つかり、追っ手から逃れるためにフリーザ軍に入隊したチライをそれぞれ演じる。レモとチライは非戦闘員のためフリーザとは面識はないが、ブロリーを取り巻く重要キャラクターとして登場するという。杉田さん、水樹さんのコメントも公開された。

 劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、原作者の鳥山明さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。“伝説の超サイヤ人”のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにサイヤ人の歴史も描かれる。

 杉田さん、水樹さんのコメントは以下の通り。

 ◇杉田さんのコメント

 「ドラゴンボール」は子供の頃一番最初に出会った、力と強さの違いを考えさせられた重要な作品です。私にとっては「力を持つってなんだろう」と考えるときの教師のような位置付けの作品でした。どこかで卒業するんですけど、きっと大人になってから読み返しても、その時の視点から見て学ぶことは多くて、読者それぞれが自然といろいろなことを感じるんじゃないかなと思います。映画を見る時にはなるべく情報を入れず、素直に劇場へ来てほしいです。自分が子どもの頃に映画を見る時も、思想レベルで何かを学んだり、得たり、覚悟を決めたりして映画館に行ってたかな?って思うので、ぜひ突然の驚きを楽しみに見ていただきたいです。

 私が演じたレモについては、卑劣な手段に逃げてブロリーに倒されてしまう役かなと思っていました。しかし、そのブロリーというイレギュラーな力を補足する別視点の意見を持った者として描かれているというのが好印象でした。強さを表現するのに、同じ強者からの意見だけだとブロリーを語れない、はっきり言えば弱者からの視点が必要だと思います。力が弱いレモは心温かくブロリーを受け入れて、チライはブロリーの力に素直に向き合う。レモとチライでバランスがとれている印象です。彼を演じるにあたり、冷たく言い放つことや悪態をつくことがあっても悪人に聞こえないように気を付けました。レモの根本にあるのは優しさ。ずるがしこいけど心温かいキャラクターなので、そのあたりを強く意識しました。

 ◇水樹さんのコメント

 台本を読んで、これぞ「ドラゴンボール」!と胸がアツくなりました。オーディションのお話をいただいた時、小さいころから大好きでずっと見ていた作品なので、すごくうれしくて! めちゃくちゃ気合を入れてスタジオに向かいました。チライは今まで私が演じたことのないタイプのキャラクター。ぜひともこの役を演じたいという気持ちが強くて、合格の連絡を受けたときは本当にうれしかったです。バトルシーンもものすごくハードで、強い者同士が戦うとこんなことになってしまうんだ!半端ない!!と手に汗握りまくりで(笑い)。改めて、この作品に携わることのできる喜びを噛みしめました。子供のころから私と同じように「ドラゴンボール」を見て育った世代の方はもちろん、今まさにこの作品を知るという新しいファンの皆さんにも一瞬でのめり込んでいただけると思います!

 鳥山先生が描かれているキャラクターはものすごく表情豊か。私が演じたチライはシリアスな戦いが続く本作品において、ちょっとほっとする、日常パートを担うキャラクター。ちょっと不良なんですが、とっても可愛いヤツなんです(笑い)。レモとの関係についても最初は「レモさん」って、敬語ではなく、「姐(ねえ)さん! 兄さん!」みたいに不良の世界の上下関係のような言い方をしていて(笑い)。それが困難を乗り越え、呼び捨てで呼べるような関係性になっていく。そしてレモは大人だからこそ、チライの若い発言もすべて受けとめのみ込んでくれる。すごくお父さん的というか、親身になってくれる生活指導の先生みたいな存在でした(笑い)。

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

「ドラゴンボール超 ブロリー」キャラポスター公開 超サイヤ人ブロリー(フルパワー)やゴールデンフリーザも

「ドラゴンボール超 ブロリー」の超サイヤ人ブロリー(フルパワー)のポスタービジュアル(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
「ドラゴンボール超 ブロリー」の超サイヤ人ブロリー(フルパワー)のポスタービジュアル(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督、2018年12月14日公開)に登場する超サイヤ人ブルーの孫悟空やベジータ、超サイヤ人ブロリー(フルパワー)、ゴールデンフリーザなどのキャラクター別のポスタービジュアルが8月9日、公開された。破壊神ビルス、天使ウイス、ピッコロ、ブルマ、悟天、トランクスも描かれている。

 劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、原作者の鳥山明さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。“伝説の超サイヤ人”のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにサイヤ人の歴史も描かれる。

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

「ドラゴンボール超 ブロリー」に超サイヤ人ゴッドの赤髪ベジータが初登場

「コミコン・インターナショナル:サンディエゴ」で行われた劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のパネルディスカッションの様子(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
「コミコン・インターナショナル:サンディエゴ」で行われた劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のパネルディスカッションの様子(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 米サンディエゴで行われたイベント「コミコン・インターナショナル:サンディエゴ」で7月19日(現地時間)、人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督、12月14日公開)のパネルディスカッションが開催された。アニメを手がける東映アニメーションの林田師博プロデューサーは、劇場版について「今作からキャラクターと背景がデザインが新しくなりまして、より鳥山(明)先生の原作に近く、プラス今っぽさを出すデザインになっています! また鳥山先生にデザインしていただいた超サイヤ人ゴッド(赤髪)のベジータも初登場します!」と明かした。

 また、原作者の鳥山明さんの「ブロリーとの戦いだけでなく、悟空、ベジータ、ブロリーの歴史からフリーザ軍まで、スケールの大きな話になっていて、さらにいろいろな要素も付け加えてファンの皆さんがすごく楽しみにしてもらえるものにできたと思います」というコメントも発表された。

 パネルディスカッションには、集英社のドラゴンボール室の伊能昭夫室長、英語版「ドラゴンボール」シリーズの孫悟空役のショーン・シュメルさん、べジータ役のクリストファー・サバトさん、同作のファンというプロレスラーのコフィ・キングストンさん、ザック・ライダーさんも登壇した。

 劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。“伝説の超サイヤ人”のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれる。

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」の前売り券が好調 「神と神」の236.7%

「ドラゴンボール」の劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」のビジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
「ドラゴンボール」の劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」のビジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督、2018年12月14日公開)の第1弾前売り券が7月20日に発売され、3日間で約2万4000枚を売り上げたことが23日、明らかになった。発売から2日間の売り上げでは、「ドラゴンボール Z 神と神」(2013年公開)の236.7%「ドラゴンボール Z 復活の『F』」(15年公開)の207.2%の記録となった。

 劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。“伝説の超サイヤ人”のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれる。

 第1弾前売り券には、防寒服仕様の悟空とベジータの「超神(ゴッド)チェンジストラップ」が付いている。

「ドラゴンボール」劇場版「超」の敵はブロリー! 鳥山明「より魅力的なブロリーになった」

「ドラゴンボール」の劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のポスタービジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
「ドラゴンボール」の劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のポスタービジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメのタイトルが「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」と発表され、敵として“伝説の超サイヤ人”ブロリーが登場することが7月10日、明らかになった。また、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータの背後にブロリーの姿が描かれたポスタービジュアルも公開。ビジュアルには「最大の敵、サイヤ人。」というキャッチコピーが添えられている。鳥山さんのコメントも公開された。

 ブロリーは、過去の劇場版の「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年)、「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」(94年)、「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(94年)にも登場したキャラクター。劇場版では、鳥山さんが「ドラゴンボール超」の世界観で新たに描くブロリーが悟空の前に立ちはだかる。また、劇場版は宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人の物語になるといい、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれるという。

 劇場版の第1弾プレゼント付き前売券が20日から発売されることも発表された。前売り特典として、鳥山さんがデザインした防寒服仕様の悟空とベジータのストラップ「超神(ゴッド)チェンジストラップ」が付く(全国合計各5万個限定)。ストラップは、温度によって悟空やベジータの髪の色が変化する。

 劇場版は、2015年4月公開の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなる。鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけ、「ONE PIECE FILM Z」などの長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。12月14日公開。

 ◇鳥山さんのコメント

 みなさん、ブロリーって知っていますか?

 昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人でデザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

 そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

 当時の映画を観(み)させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、さっそく「ドラゴンボール超」のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

 ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

 もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

 あの最強のサイヤ人、ブロリー登場! 他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

「ドラゴンボール」劇場版「超」が世界公開へ

劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」が世界各国で公開を予定していることが発表されたイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」の「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」の様子
劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」が世界各国で公開を予定していることが発表されたイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」の「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」の様子

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)」(12月14日公開)が、世界各国で公開予定であることが分かった。米サンフランシスコで開催中のイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」で3月20日(現地時間)、バンダイナムコエンターテインメントが実施した「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」で発表された。

 新作劇場版は、2015年4月公開の「ドラゴンボール Z 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がける。「ONE PIECE FILM Z」などの長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。

 現在放送中で今月、最終回を迎えるテレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなり、鳥山さんは「宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少し分かるような内容で、とっておきの強敵を迎え、とても楽しめるような話になっていると思います!」と説明している。

「ドラゴンボール」20作目劇場版が12月14日公開 テレビアニメ「超」に続くエピソードに

アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」のティザービジュアル(C)バードスタジオ/集英社(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」のティザービジュアル(C)バードスタジオ/集英社(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

  鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)」が12月14日に公開されることが3月13日、明らかになった。2015年4月公開の「ドラゴンボール Z 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がける。

 現在放送中で今月、最終回を迎えるテレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなり、鳥山さんは「宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少し分かるような内容で、とっておきの強敵を迎え、とても楽しめるような話になっていると思います!」とコメントを寄せている。

 劇場版は、「ドラゴンボール超」でシリーズディレクターを担当し、「ONE PIECE FILM Z」の監督の長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。主人公の孫悟空が描かれたティザービジュアルも公開された。ビジュアルは、原作に近い色味に寄せ、よりアクションが引き立つようにシルエットが引き締められている。

 ◇鳥山明さんのコメント

 今度の「ドラゴンボール超」の映画は、今テレビで放映されているアニメの次の話になります。宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少し分かるような内容で、とっておきの強敵を迎えとても楽しめるような話になっていると思います!

 2013年の映画「神と神」から、前回の「復活の『F』」、そして今回もずっと話は僕がばっちり書いていますし、デザインイラストなども結構たくさん描かせてもらっています。

 実は、相変わらず忙しいのですが、連載をしていなければ、以前は全くノータッチだったアニメのことを考える余裕もあるわけです(笑い)。ということでぜひご期待ください!

 さて、テレビアニメは一旦終わってしまいますが、大人気のとよたろう先生の描く『DB超』のマンガ(コミックス5巻まで発売中!)はこのままずっと続きます。テレビアニメや映画とはまた違った展開もあると思うので、楽しみにしていてください。こちらもぜひよろしく!

 ◇スタッフ

 原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明▽監督:長峯達也▽作画監督:新谷直大▽美術監督:小倉一男