ドラゴンボール超 ブロリー

UPDATE

ドラゴンボール超 ブロリーあらすじ

 映画「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」は、鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ。2018年12月14日公開。2015年4月公開の「ドラゴンボール Z 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がける。

 劇場版は、「ドラゴンボール超」でシリーズディレクターを担当し、「ONE PIECE FILM Z」の監督の長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。主人公の孫悟空が描かれたティザービジュアルも公開された。ビジュアルは、原作に近い色みに寄せ、よりアクションが引き立つようにシルエットが引き締められている。

 敵として“伝説の超サイヤ人”ブロリーが登場することも、明らかになった。ブロリーは、過去の劇場版の「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年)、「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」(94年)、「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(94年)にも登場したキャラクター。劇場版では、鳥山さんが「ドラゴンボール超」の世界観で新たに描くブロリーが悟空の前に立ちはだかる。また、劇場版は宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人の物語になるといい、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれるという。

 ◇鳥山明さんのコメント

 みなさん、ブロリーって知っていますか?

 昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人でデザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

 そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

 当時の映画を観(み)させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、さっそく「ドラゴンボール超」のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

 ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

 もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

 あの最強のサイヤ人、ブロリー登場! 他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!

スタッフ

原作:鳥山明「ドラゴンボール」▽監督:長峯達也▽作画監督:新谷直大

ドラゴンボール超 ブロリー公開日

2018年12月14日公開

劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」の前売り券が好調 「神と神」の236.7%

「ドラゴンボール」の劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」のビジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
「ドラゴンボール」の劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」のビジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督、2018年12月14日公開)の第1弾前売り券が7月20日に発売され、3日間で約2万4000枚を売り上げたことが23日、明らかになった。発売から2日間の売り上げでは、「ドラゴンボール Z 神と神」(2013年公開)の236.7%「ドラゴンボール Z 復活の『F』」(15年公開)の207.2%の記録となった。

 劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。“伝説の超サイヤ人”のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれる。

 第1弾前売り券には、防寒服仕様の悟空とベジータの「超神(ゴッド)チェンジストラップ」が付いている。

<動画>「ドラゴンボール超 ブロリー」予告編公開 ブロリー無双始まる? 悟空、フリーザと戦う姿も

ドラゴンボール超 ブロリー
出典:YouTube

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督、2018年12月14日公開)の予告編が7月20日、公開された。今回、敵として登場する“伝説の超サイヤ人”ブロリーが悟空やベジータ、フリーザと戦う場面や、ブロリーが戦いの中で強さを増していく様子などが描かれている。

 予告編では、悟空が超サイヤ人ゴッドや超サイヤ人ブルーの姿でブロリーに応戦。戦いの中でパワーアップしていくブロリーを前に悟空が「お前まだ上(うえ)があんのか」と驚く姿も収められている。また、悟空、ベジータ、ブロリー以外の他のサイヤ人の姿や、しっぽが生えた赤ん坊の姿も映し出されている。

 劇場版は、2015年4月公開の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなる。鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。鳥山さんが「ドラゴンボール超」の世界観で新たに描いたブロリーが、悟空の前に立ちはだかり、さらにフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれる。「ONE PIECE FILM Z」などの長峯さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。

「ドラゴンボール」の劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のポスタービジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
「ドラゴンボール」の劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のポスタービジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

「ドラゴンボール」劇場版「超」の敵はブロリー! 鳥山明「より魅力的なブロリーになった」

「ドラゴンボール」の劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のポスタービジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
「ドラゴンボール」の劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のポスタービジュアル (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメのタイトルが「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」と発表され、敵として“伝説の超サイヤ人”ブロリーが登場することが7月10日、明らかになった。また、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータの背後にブロリーの姿が描かれたポスタービジュアルも公開。ビジュアルには「最大の敵、サイヤ人。」というキャッチコピーが添えられている。鳥山さんのコメントも公開された。

 ブロリーは、過去の劇場版の「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年)、「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」(94年)、「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(94年)にも登場したキャラクター。劇場版では、鳥山さんが「ドラゴンボール超」の世界観で新たに描くブロリーが悟空の前に立ちはだかる。また、劇場版は宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人の物語になるといい、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれるという。

 劇場版の第1弾プレゼント付き前売券が20日から発売されることも発表された。前売り特典として、鳥山さんがデザインした防寒服仕様の悟空とベジータのストラップ「超神(ゴッド)チェンジストラップ」が付く(全国合計各5万個限定)。ストラップは、温度によって悟空やベジータの髪の色が変化する。

 劇場版は、2015年4月公開の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなる。鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけ、「ONE PIECE FILM Z」などの長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。12月14日公開。

 ◇鳥山さんのコメント

 みなさん、ブロリーって知っていますか?

 昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人でデザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

 そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

 当時の映画を観(み)させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、さっそく「ドラゴンボール超」のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

 ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

 もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

 あの最強のサイヤ人、ブロリー登場! 他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

「ドラゴンボール」劇場版「超」が世界公開へ

劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」が世界各国で公開を予定していることが発表されたイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」の「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」の様子
劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」が世界各国で公開を予定していることが発表されたイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」の「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」の様子

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)」(12月14日公開)が、世界各国で公開予定であることが分かった。米サンフランシスコで開催中のイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」で3月20日(現地時間)、バンダイナムコエンターテインメントが実施した「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」で発表された。

 新作劇場版は、2015年4月公開の「ドラゴンボール Z 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がける。「ONE PIECE FILM Z」などの長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。

 現在放送中で今月、最終回を迎えるテレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなり、鳥山さんは「宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少し分かるような内容で、とっておきの強敵を迎え、とても楽しめるような話になっていると思います!」と説明している。

ドラゴンボール超 ブロリー
ドラゴンボール超 ブロリー
ドラゴンボール超 ブロリー

「ドラゴンボール」20作目劇場版が12月14日公開 テレビアニメ「超」に続くエピソードに

アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」のティザービジュアル(C)バードスタジオ/集英社(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」のティザービジュアル(C)バードスタジオ/集英社(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

  鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)」が12月14日に公開されることが3月13日、明らかになった。2015年4月公開の「ドラゴンボール Z 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がける。

 現在放送中で今月、最終回を迎えるテレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなり、鳥山さんは「宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少し分かるような内容で、とっておきの強敵を迎え、とても楽しめるような話になっていると思います!」とコメントを寄せている。

 劇場版は、「ドラゴンボール超」でシリーズディレクターを担当し、「ONE PIECE FILM Z」の監督の長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。主人公の孫悟空が描かれたティザービジュアルも公開された。ビジュアルは、原作に近い色味に寄せ、よりアクションが引き立つようにシルエットが引き締められている。

 ◇鳥山明さんのコメント

 今度の「ドラゴンボール超」の映画は、今テレビで放映されているアニメの次の話になります。宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少し分かるような内容で、とっておきの強敵を迎えとても楽しめるような話になっていると思います!

 2013年の映画「神と神」から、前回の「復活の『F』」、そして今回もずっと話は僕がばっちり書いていますし、デザインイラストなども結構たくさん描かせてもらっています。

 実は、相変わらず忙しいのですが、連載をしていなければ、以前は全くノータッチだったアニメのことを考える余裕もあるわけです(笑い)。ということでぜひご期待ください!

 さて、テレビアニメは一旦終わってしまいますが、大人気のとよたろう先生の描く『DB超』のマンガ(コミックス5巻まで発売中!)はこのままずっと続きます。テレビアニメや映画とはまた違った展開もあると思うので、楽しみにしていてください。こちらもぜひよろしく!

 ◇スタッフ

 原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明▽監督:長峯達也▽作画監督:新谷直大▽美術監督:小倉一男

5

/5

目次