アイネクライネナハトムジーク ニュース

萩原利久「3年A組」で注目の若手俳優がフレッシュな高校生姿 ジャージー姿でロッキーポーズも

映画「アイネクライネナハトムジーク」に出演する萩原利久さん (C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
映画「アイネクライネナハトムジーク」に出演する萩原利久さん (C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

 俳優の三浦春馬さん主演の映画「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督、9月20日公開)に出演する俳優の萩原利久さんの場面写真が8月17日、公開された。萩原さんは連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で注目された若手俳優で、公開された場面カットでは、今作で演じる高校生・久留米和人がブレザーにネクタイの制服姿で教室の席に着いている姿や、ジャージー姿で両腕を上に伸ばした“ロッキーポーズ”をしている様子が写し出されている。また、萩原さんと今泉監督が話し込むショットも併せて公開された。

 萩原さんは、佐藤の親友・一真(矢本悠馬さん)の娘・美緒(恒松祐里さん)の同級生で、あることをきっかけに美緒と仲を深める和人を演じている。

(C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
(C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
(C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
(C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

三浦春馬、多部未華子との“出会い”描く 主演映画の予告編公開

三浦春馬さんの主演映画「アイネクライネナハトムジーク」のポスタービジュアル(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
三浦春馬さんの主演映画「アイネクライネナハトムジーク」のポスタービジュアル(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

 俳優の三浦春馬さんの主演映画「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督、9月公開)の予告編が5月17日、公開された。今回、3度目のカップル共演となる三浦さん演じる佐藤と多部未華子さん演じる紗季の雲行き怪しい会話から始まりつつも、2人の出会いの様子が描かれている。シンガー・ソングライターの斉藤和義さんが歌う主題歌「小さな夜」が使用されている。ポスタービジュアルも公開された。

 原作は、それぞれの物語に関連性がある「アイネクライネ」で始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編からなる、人気作家・伊坂幸太郎さんの恋愛小説(幻冬舎文庫)。斉藤さんのファンだった伊坂さんが、斉藤さんから作詞依頼を受け、作詞の代わりに短編小説「アイネクライネ」を執筆し、斉藤さんはそれを基に「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~」という楽曲を制作。楽曲がシングルカットされると、伊坂さんが初回限定の特典用小説として第2章となる「ライトヘビー」を書き下ろした。

出典:YouTube

 仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座を懸けたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。2人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす……というストーリー。斉藤さんは、劇中音楽も手がける。

 予告編では、佐藤と紗季の雲行き怪しい会話からスタート。佐藤の大学の同級生・織田一真(矢本悠馬さん)と由美(森絵梨佳さん)は結婚して子供は2人、幸せそうな家庭を築いている。一方で、由美の友人の美容師・美奈子(貫地谷しほりさん)は、電話の相手に「今のままがいいというか……」とつぶやき悩んでいる様子を見せる。

 佐藤の会社の先輩であり、妻に逃げられた藤間(原田泰造さん)は、ショックを受けながらも妻との出会いを振り返り、「彼女でよかった」と佐藤に伝える。注目の若手俳優である恒松祐里さんと萩原利久さん演じる高校生たちも登場し……と展開する。昨年4月にクランクインし、オール仙台・宮城ロケで撮影が行われた。仙台出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」も登場する。

三浦春馬:映画「アイネクライネナハトムジーク」で主演 伊坂幸太郎の恋愛小説を実写化

映画「アイネクライネナハトムジーク」で主演を務める三浦春馬さん
映画「アイネクライネナハトムジーク」で主演を務める三浦春馬さん

 俳優の三浦春馬さんが、人気作家・伊坂幸太郎さんの恋愛小説が原作の映画「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督、今冬公開)に主演することが3月11日、明らかになった。三浦さんは「この作品に登場するキャラクターが過ごす一瞬や、大切な人との言葉のやりとりが人生の音符となり、柔らかな応援歌になるよう、監督をはじめ、スタッフ、キャスト一丸となって撮影に臨みたいと思います!」と意気込んでいる。

 同タイトルの原作は、それぞれの物語に関連性がある「アイネクライネ」で始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編からなる、伊坂さん唯一の恋愛小説。シンガー・ソングライターの斉藤和義さんのファンだった伊坂さんが、斉藤さんから作詞依頼を受け、作詞の代わりに短編小説「アイネクライネ」を執筆し、斉藤さんはそれを基に「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~」という楽曲を制作。楽曲がシングルカットされると、伊坂さんが初回限定の特典用小説として第2章となる「ライトヘビー」を書き下ろした。

 原作には登場人物それぞれの伏線が最終章で回収される仕掛けがあるが、映画でも三浦さん演じる佐藤という男を中心に展開するという。メガホンをとるのは、“ダメ恋愛映画の旗手”とも称される新鋭・今泉監督で、伊坂さんのラブコールを快諾。撮影は4月からオール仙台ロケを予定している。

 ◇三浦春馬さんのコメント

 「アイネクライネナハトムジーク」という作品に関われること、とても光栄に思います。この作品に登場するキャラクターが過ごす一瞬や、大切な人との言葉のやりとりが人生の音符となり、柔らかな応援歌になるよう、監督をはじめ、スタッフ、キャスト一丸となって撮影に臨みたいと思います!

 ◇伊坂幸太郎さんのコメント

 「こっぴどい猫」がとても味わいのある群像劇だったので今泉監督なら、この小説を面白い映画にしてくれるのではないかとお願いしました。自分の小説世界が、今泉さん風に変換されるのが今から楽しみです。三浦春馬さんは僕の別作品「チルドレン」のドラマにも出てくれたことがあります。また出演してもらえてうれしいです。

 ◇今泉力哉監督のコメント

 この映画は“出会い”について、そして“特別ではない人々”の愛や関係性についての物語です。斉藤和義さん、伊坂幸太郎さん、三浦春馬さん、というさまざまな世代の“特別な人”ととともに、どこにでもあるような悩みや、平凡だけど美しい日常を描けたらな、と思っています。楽しみます!