甲鉄城のカバネリ 海門決戦 ニュース

<映画紹介>「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」荒木哲郎監督のテレビアニメの劇場版 美樹本キャラと映像美、迫力のバトルシーンは健在

アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の一場面 (C)カバネリ製作委員会
アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の一場面 (C)カバネリ製作委員会

 劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」が5月10日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで、2週間限定で上映される。テレビアニメ版や、アニメ「進撃の巨人」などの荒木哲郎監督が脚本も手がけた。テレビアニメ版でおなじみの独特の美しい映像やハイスピードなバトルシーンは健在。ヒロイン・無名の可愛らしさはよりパワーアップした印象だ。

 カバネたちとのし烈な戦いをくぐり抜けた生駒たちは、カバネと人の新たな攻防の地で、日本海に面する廃坑駅「海門(うなと)」にたどり着く。生駒たちは、同じようにカバネから「海門」を奪取しようとする玄路、虎落、海門の民らと「連合軍」を結成。カバネを撃退するための作戦を立てる。しかし実は「海門」の地にはある秘密が隠されていた……という展開。

 生駒の声を声優の畠中祐さん、無名を千本木彩花さん、菖蒲を内田真礼さん、来栖を増田俊樹さんが務める。

(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会


 「甲鉄城のカバネリ」は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で2016年4~6月に放送。蒸気機関の発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍(カバネ)と装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗り込んだ少年・生駒らの、生き残りをかけた戦いが描かれた。「進撃の巨人」などのウィットスタジオが制作し、「超時空要塞マクロス」などで知られる美樹本晴彦さんがキャラクター原案を手がけた。

 独特の色彩の美しい映像、美樹本さん原案の色気のある魅力的なデザインのキャラクター、ハイスピードなバトルシーン、人の本性をあぶり出すストーリー……と、テレビアニメ版で表現されていた特徴は劇場版でも健在。無名のキュートなルックスと、所狭しと動き回るアクションとのギャップも相変わらず魅力的だ。

 何といっても“乙女”な無名の表情が多く描かれているのが印象的だ。切ない顔や恥じらう表情など、可愛らしい描写が満載で、凄惨(せいさん)な戦いの描写の中でほほ笑ましく、ほっと和む。徐々に進展する生駒との仲にも注目だ。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会

ティザービジュアル公開 無名が涙

劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のティザービジュアル(C)カバネリ製作委員会
劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のティザービジュアル(C)カバネリ製作委員会

 「進撃の巨人」などの荒木哲郎監督が手がけたオリジナルアニメ「甲鉄城のカバネリ」の新作劇場版「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のティザービジュアルが10月20日、公開された。粉雪が舞い落ちる中、一筋の涙を流す無名が描かれている。

 「甲鉄城のカバネリ」は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で2016年4~6月に放送。蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍(カバネ)と装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗り込んだ少年少女の生き残りをかけた戦いが描かれた。「進撃の巨人」などのウィットスタジオが制作し、「超時空要塞マクロス」などの美樹本晴彦さんがキャラクター原案を手がけたことも話題になった。

(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会

「甲鉄城のカバネリ」新作劇場版「海門決戦」が来春公開 無名にフォーカスした物語

「東京ゲームショウ2018」で開催されたゲーム「甲鉄城のカバネリ-乱-」のイベントの模様 (C)カバネリ製作委員会
「東京ゲームショウ2018」で開催されたゲーム「甲鉄城のカバネリ-乱-」のイベントの模様 (C)カバネリ製作委員会

 「進撃の巨人」などの荒木哲郎監督が手がけたオリジナルアニメ「甲鉄城のカバネリ」の新作劇場版「甲鉄城のカバネリ ~海門(うなと)決戦~」が2019年春に公開されることが9月22日、明らかになった。幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の日本最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2018」内で行われたゲーム「甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡」のイベントで発表された。

 イベントには、荒木監督、無名(むめい)役の声優・千本木彩花さんらが登場。荒木監督は劇場版について、「テレビシリーズで登場したメインキャラクターが活躍する物語で、無名にフォーカスを当てた作品となっています」と明かし、「実は、脚本制作前に生駒と無名のキャストである畠中(祐)さんと千本木さんにお会いし、意見を求めたりしました」とコメント。「皆さんがあっと驚くようなカッコイイ作品に仕上がると思いますので、ぜひ、劇場でご覧ください!」とアピールした。

 「甲鉄城のカバネリ」は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で2016年4~6月に放送。蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍(カバネ)と装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗り込んだ少年少女の生き残りをかけた戦いが描かれた。「進撃の巨人」などのウィットスタジオが制作し、「超時空要塞マクロス」などの美樹本晴彦さんがキャラクター原案を手がけたことも話題になった。

 劇場版は、テレビシリーズから半年後の世界が描かれる。また、無名の誕生日である10月20日から前売り特典付きムビチケカードが発売されることも発表された。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督/脚本:荒木哲郎▽シリーズ構成:大河内一楼▽キャラクター原案:美樹本晴彦▽音楽:澤野弘之▽アニメーション制作:WIT STUDIO

 ◇キャスト

 生駒:畠中祐▽無名:千本木彩花▽菖蒲:内田真礼▽来栖:増田俊樹▽鰍:沖佳苗▽侑那:伊瀬茉莉也▽巣刈:逢坂良太▽吉備土:佐藤健輔

(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会
(C)カバネリ製作委員会

「甲鉄城のカバネリ」新作劇場版「海門決戦」が製作 テレビアニメの半年後のストーリー

劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のビジュアル(C)カバネリ製作委員会
劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のビジュアル(C)カバネリ製作委員会

 「進撃の巨人」などの荒木哲郎監督が手がけたオリジナルアニメ「甲鉄城のカバネリ」の新作劇場版「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」が製作されることが3月8日、明らかになった。同日、東京都内で行われた「『Plus Ultra』~フジテレビ アニメラインナップ発表会2018~」で発表された。

 荒木監督は劇場版について「テレビシリーズを作り終わった後に、メインキャラクターに思い入れがあり、続きを描きたかった。スピンオフではありません。ちゃんとした続編です。シリーズの半年後の話で、新たな戦いの舞台は、海門(うなと)になります」と説明した。発表会には、今夏に配信されるスマートフォン用ゲーム「甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡」に声優として出演する小松昌平さん、黒沢ともよさん、梅原裕一郎さんも登場した。

 「甲鉄城のカバネリ」は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で2016年4~6月に放送。蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍(カバネ)と装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗り込んだ少年少女の生き残りをかけた戦いが描かれた。「進撃の巨人」などのウィットスタジオが制作し、「超時空要塞マクロス」などの美樹本晴彦さんがキャラクター原案を手がけたことも話題になった。

劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のビジュアル(C)カバネリ製作委員会
劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のビジュアル(C)カバネリ製作委員会