アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

UPDATE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーあらすじ

 映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作。2018年4月27日公開。
 映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、六つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンを狙う“史上最凶の敵”サノスによって、窮地に陥った世界を救うため、「アベンジャーズ」メンバーや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのヒーローが集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける……というストーリー。
 アイアンマンやキャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなどの「アベンジャーズ」メンバーに加え、ドクター・ストレンジやブラックパンサー、スパイダーマン、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの豪華メンバーが登場する。

 

スタッフ

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー公開日

2018年4月27日公開

<映画レビュー>「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」マーベルヒーローたちの見事なアンサンブルに大興奮! 4月27日公開

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の一場面 (C)Marvel Studios 2018
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の一場面 (C)Marvel Studios 2018

 米マーベル・スタジオ製作の最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ監督、ジョー・ルッソ監督)が2018年4月27日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第1弾「アイアンマン」(2008年)公開から10年。19作品目の今作では、度々存在を匂わせてきた最凶最悪のラスボス「サノス」が登場、アベンジャーズたちを苦境に陥れる。各作品での布石が回収され、過去18作品は今作のためにあったと言いきれるほど、興奮と感動をもたらす仕上がりになっている。

 バランスがとれていない宇宙を正常にするために、宇宙に存在する生命体の半数を亡き者にしようともくろむサノス(ジョシュ・ブローリンさん)は、その野望をかなえるために、たった一つでも強大な力を得ることができる「インフィニティ・ストーン」の六つ全てを手に入れようとしていた。アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.さん)やソー(クリス・ヘムズワーズさん)、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチさん)らは、サノスの計画を阻止しようと立ち上がるが……というストーリー。

 ハルク役でマーク・ラファロさん、ブラック・ウィドウ役でスカーレット・ヨハンソンさん、スター・ロード役でクリス・プラットさんらも出演している。

 MCUのメンバーが一堂に会すると聞き、映画を見る前は一体どんな内容になるのだろうと期待3、不安7の心境だった。結果、今作は大満足の仕上がり。グレードアップしたアイアンマンのパワードスーツのカッコよさに驚喜し、あごひげを生やし色気と精悍(せいかん)さが増したキャプテン・アメリカ(クリス・エバンスさん)にしびれ、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマンさん)の国王らしい太っ腹な態度に感心、スパイダーマン(トム・ホランドさん)の若者らしい青くささとおちゃめさに苦笑。それぞれが個性を存分に発揮しながら与えられた役割をしっかりこなし、見事なアンサンブルを見せている。

 物語の展開に無理も無駄も無く、「彼らと彼らがここでつながるのか!」と膝を打つ場面が何度もあった。オープニングからエンディングまで、全てがクライマックスと言っても過言ではなく、まばたきするのも惜しいほど。今作を見る前に17年公開の「マイティ・ソー バトルロイヤル」を見ておくことをおすすめする。(りんたいこ/フリーライター)

(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
出典:YouTube

遠藤憲一がまさかの新作ネタバレ!? 加藤浩次が慌てて制す <ジャパンプレミア>

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のジャパンプレミアの様子
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のジャパンプレミアの様子

 米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、2018年4月27日公開)のジャパンプレミアが4月24日、東京都内で行われ、日本語吹替版の声優を担当した女優の米倉涼子さんや、俳優の遠藤憲一さん、お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次さんらが登場した。

 出演者がネタバレ禁止を呼びかける動画をマーベル・スタジオがツイッターに投稿するなど、公開前のネタバレ対策が徹底されている本作だが、本作の見どころを聞かれた遠藤さんは「ラストがすごい!」と言及。加藤さんが慌てて「とっとっと、遠藤さん、ちょっと待ってください!それ以上、言わないでください!」と遠藤さんのコメントを制し、周囲を笑わせていた。

 イベントには吹替版キャストの山寺宏一さん、溝端淳平さん、秋元才加さん、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんも登場。「アベンジャーズ」シリーズ初参戦となった、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」メンバーの声優を担当した山寺さん、加藤さん、遠藤さんの3人は、シルバーのスーツで登場。山寺さんは「それだけ結束力がすごいんです」と話すと、米倉さんは「こっちも負けてられないですね」と対抗心をあらわにしていた。

 ファルコン役の溝端さんが「米倉さんについて行くという気持ちです」と本作の意気込みを語ると、「ブラックパンサー」で天才科学者、シュリの声を務め、「アベンジャーズ」初参戦となった百田さんも「仲間に入れてうれしいです。チームワークが出来上がっているので入っていくのは緊張しますけど、皆さん迎え入れてくれてるので、楽しみたいと思います」とにっこり。

 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、六つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンを狙う“史上最凶の敵”サノスによって窮地に陥った世界を救うため、「アベンジャーズ」メンバーや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのヒーローが集結。人類の命運を懸けた壮絶なバトルの幕が開ける……というストーリー。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

“スパイダーマン”トム・ホランドが来日 溝端淳平&佐野岳が“質問攻め” <スペシャルファンミーティング>

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のスペシャルファンミーティングに登場したトム・ホランドさん
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のスペシャルファンミーティングに登場したトム・ホランドさん

 米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、2018年4月27日公開)のスペシャルファンミーティングが4月16日、東京都内で行われ、劇中でスパイダーマンを演じる俳優のトム・ホランドさんがアンソニー監督とともに登場した。ファンミーティングでは自身が演じるスパイダーマンへの思いを語るなどして、会場を盛り上げた。

 映画は、六つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンを狙う“史上最凶の敵”サノスによって窮地に陥った世界を救うため、「アベンジャーズ」メンバーや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのヒーローが集結。人類の命運を懸けた壮絶なバトルの幕が開ける……というストーリー。

 イベントで「尊敬するキャラクター」を聞かれたホランドさんは、「スパイダーマン」と自身が演じているキャラクターを即答。「彼のすごいところは、自分がスパイダーマンだということを秘密にしているところ。あれだけの特殊能力、スーパーパワーを持っていたなら、自分だったらその能力を得た時点で、すぐにインスタグラムで発表する」とユーモアを交えて語り、会場を笑わせた。

 この日は、同作でキャプテン・アメリカの親友・元米空軍兵士ファルコンの日本語吹き替えを務める俳優の溝端淳平さんと、「アベンジャーズ」のファン代表として俳優の佐野岳さんも途中から参加。溝端さんから、スパイダーマンは自身のキャリアの中でどのような存在かと聞かれたホランドさんは「子供のころから大好きなキャラクター。5歳ぐらいからずっと、自分のベッドルームでスパイダーマンを演じてきて、いろいろなコスチュームを着てきた」とスパイダーマンへの思いを明かし、「今、自分が本当にスパイダーマンであるということができているのはシュールなもので、夢がかなった体験」と語った。

 また、佐野さんから「もし日本でスパイダーマンのライバルとして“忍者侍”がいたら、という設定はどう思いますか」と質問されると、ホランドさんは「素晴らしいアイデアだと思います」と笑顔。続けて佐野さんから「ぜひ、その際は僕をお願いします!」と直訴されると、代わってアンソニー・ルッソ監督が「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の素晴らしさのひとつは、“なんでもあり”ということ。この先さらに世界観が展開していく中で、ひょっとしたらアリかも」と答えた。

 さらに、再び佐野さんから「スパイダーマンを演じる上でいろいろな役作りをしたと聞きました。そんなトム・ホランドさんでも、『この役は無理』というのはあるんですか?」と聞かれたホランドさんは「ないです!」と即答し、会場を盛り上げた。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

僕のヒーローアカデミア、「アベンジャーズ」とコラボ デク、キャプテン・アメリカが夢のヒーロー競演

「僕のヒーローアカデミア」と「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のコラボビジュアル(C)2018MARVEL
「僕のヒーローアカデミア」と「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のコラボビジュアル(C)2018MARVEL

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の堀越耕平さんのマンガが原作のテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」と米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、2018年4月27日公開)がコラボしたことが4月12日、分かった。共にヒーローがテーマの作品ということもあり、実現したコラボで、「ヒロアカ」の主人公のデクこと緑谷出久と「アベンジャーズ」のキャプテン・アメリカなどのヒーローが競演を果たした。

 「ヒロアカ」のキャラクターデザインの馬越嘉彦さんが描き下ろしたコラボビジュアルが公開された。デクやライバルの爆豪勝己、ヒーローのオールマイト、敵(ヴィラン)連合の死柄木弔(しがらき・とむら)らが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のポスタービジュアルとリンクした構図で描かれている。また、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の予告編を夢中になって見つめる子供時代のデクや爆豪が登場するコラボ映像も公開された。

 さらに特設サイトもオープン。「アベンジャーズ」のメンバーと「ヒロアカ」のキャラクターを比較する特別映像が公開され、キャプテン・アメリカとデク、アイアンマンと爆豪、ハルクとオールマイトなどヒーロー同士の競演が実現した。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
出典:YouTube

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の吹き替え版に山寺宏一、加藤浩次ら“ガーディアンズチーム”が参戦

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の日本語吹き替え版に声優として出演する(上段左から)遠藤憲一さん、加藤浩次さん、山寺宏一さん、秋元才加さん (C)Marvel Studios 2018
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の日本語吹き替え版に声優として出演する(上段左から)遠藤憲一さん、加藤浩次さん、山寺宏一さん、秋元才加さん (C)Marvel Studios 2018

 米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、2018年4月27日公開)の日本語吹き替え版に声優として山寺宏一さん、加藤浩次さん、遠藤憲一さん、秋元才加さんが出演することが4月3日、分かった。

 山寺さん、加藤さんらは、同じく米マーベル・スタジオの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの日本語吹き替え版で声優を務めており、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズに引き続き、山寺さんがスター・ロード、加藤さんがロケット、遠藤さんがグルート、秋元さんがマンティスの声優をそれぞれ担当する。

 山寺さんら4人は、3月下旬に東京都内のスタジオでアフレコに臨んだ。山寺さんは「ガーディアンズチームが参戦し、さらに深く、広く面白い作品になっております」と話し、本作に登場する敵のサノスについて「本当に“最凶”の敵です。みんなで一致団結して“最凶”の敵にどう立ち向かっていくのか!? 楽しんで見てもらいたいです!」と見どころを語った。

 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、六つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンを狙う“史上最凶の敵”サノスによって窮地に陥った世界を救うため、「アベンジャーズ」メンバーや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのヒーローが集結。人類の命運を懸けた壮絶なバトルの幕が開ける……というストーリー。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」予告編解禁 “ラスボス”サノスの恐ろしい野望が判明!?

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
出典:YouTube

 米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、4月27日公開)の予告編が3月19日、公開された。予告編には、本作の“ラスボス”サノスの恐ろしい“野望”が明かされるシーンなどが収められている。ポスタービジュアルも公開された。

 予告編は2分19秒で、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがアイアンマン、スパイダーマン、ドクター・ストレンジと合流する場面や、ヒーローたちが戦うアクションシーン、アイアンマンとスター・ロードの作戦会議の様子、コミカルに描かれたスパイダーマンとドクター・ストレンジの初対面シーンなどが収録されている。

 映画は、六つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンを狙う“史上最凶の敵”サノスによって窮地に陥った世界を救うため、「アベンジャーズ」メンバーや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのヒーローが集結。人類の命運を懸けた壮絶なバトルの幕が開ける……というストーリー。

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のポスタービジュアル (C)2018MARVEL
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のポスタービジュアル (C)2018MARVEL

ももクロ・百田夏菜子、“ラスボス”はトマト? ももクロで“赤担当”なのに「赤い食べ物が苦手」 <「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」イベント>

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」集結式に登場した百田夏菜子さん
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」集結式に登場した百田夏菜子さん

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」の百田夏菜子さんが3月14日、米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督)の東京都内で行われた“集結式”に登場。最凶の“ラスボス”が登場する今作にちなんで、自身のラスボス的な存在を聞かれると”、「トマト。赤い食べ物が苦手……」とグループの中で“赤担当”なのに意外な回答が飛び出した。

 ももクロでのテーマカラーが赤の百田さんは、この日も赤のセットアップに赤い靴というコーディネートで「自分でも赤を身に着けることが多いんですけれど、イチゴもパプリカもダメ」と苦笑し、「アイドルとして、『イチゴが好き』って言いたい気持ちがあるので、克服したい。いつか倒せたら……」と語った。

 日本語吹き替え版で、ブラックパンサーの妹で天才科学者シュリの声を担当した百田さんのほか、ブラック・ウィドウ役を担当した米倉涼子さん、キャプテン・アメリカの親友・元米空軍兵士ファルコンの声を担当した溝端淳平さんも登場した。百田さんは、溝端さんから「アベンジャーズ史上一番可愛い声」「最凶の敵の話まで可愛いですね」と絶賛されて大照れ。「これがあれば最強!というアイテムは?」と聞かれて「愛犬……」と答えかけたが、2人から「可愛いわ」とはやし立てられると、「ちょっと待ってください。乾きものです。乾きもの、大好き!」と慌てて答えを変えて、会場の笑いを誘った。

米倉涼子、“ラスボス”は自分自身 最強アイテムは… <アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」イベント>

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」集結式に登場した米倉涼子さん
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」集結式に登場した米倉涼子さん

 女優の米倉涼子さんが3月14日、米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズ最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督)の東京都内で行われた“集結式”に登場。映画の日本語吹き替え版でブラック・ウィドウ役を担当した米倉さんは、史上最凶の“ラスボス”が登場する今作にちなんで、自身のラスボス的な存在を聞かれると、迷いながらも「自分なのかな……」と答えた。

 イベントには、米倉さんのほか、キャプテン・アメリカの親友・元米空軍兵士ファルコンの声を担当した溝端淳平さん、映画「ブラックパンサー」(ライアン・クーグラー監督)で、主人公の妹で天才科学者シュリの声を担当したアイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」の百田夏菜子さんも登場した。

 ラスボスは「普通に考えたら、会社の社長かな?」とちゃめっ気たっぷりに答えた米倉さんだったが「もっと打ち勝たなきゃいけないのは自分。怠けた心を持っている自分なのかな」とストイックな答えを出して、溝端さんと百田さんを感心させた。「これがあれば最強!というアイテムは?」という質問には考え込み、「う~ん、思いつかなくて本当にごめんなさい……」と頭を抱えたが、溝端さんに「本番前とか、毎日絶対食べるものとかありますか?」と助け舟を出され、「お肉くらいですかね、食べたいなと思うのは。牛肉、赤身」と目を輝かせた。

 映画は、六つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンを狙う“史上最凶の敵”サノスによって、窮地に陥った世界を救うため、「アベンジャーズ」メンバーや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのヒーローが集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける……というストーリー。4月27日公開。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」予告編解禁 史上最大の戦いにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーも参戦

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
出典:YouTube

 米マーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、2018年4月27日公開)の予告編が11月30日、公開された。“史上最凶の敵”サノスによって窮地に陥った世界を救うため、「アベンジャーズ」メンバーやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなどのヒーローが集結していく様子が収められている。

 映像は2分26秒で、史上最凶の敵サノスの侵攻に気付いたアイアンマンやキャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなどの「アベンジャーズ」メンバーに加え、ドクター・ストレンジやブラックパンサー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの豪華メンバーが登場。圧倒的な力を持つサノスが迫力ある攻撃を繰り出しているシーンのほか、アイアンマンのパワードスーツのようなコスチュームで戦うスパイダーマンの様子も映し出されている。

2018年4月公開の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のティザーポスター(C)2017 MARVEL
2018年4月公開の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のティザーポスター(C)2017 MARVEL
9

/9

目次