ちはやふる -結び-

UPDATE

ちはやふる -結び-あらすじ

 映画「ちはやふる -結び-」は、末次由紀さんが07年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載している人気マンガが原作。2018年3月17日公開。広瀬すずさんが主演を務める。主人公・千早(広瀬さん)が、転校生の新との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め、幼なじみの太一らかるた部の個性的なメンバーたちとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている。映画は2016年3~4月に「上の句」「下の句」の2部作で公開された。
 「ちはやふる -結び-」はシリーズの3作目にして完結編。「下の句」で描かれた全国大会から2年後が舞台で、3年生になった千早たちは、高校生最後の全国大会へ向けて動き出す。一方、故郷へ戻っていった幼なじみの新は、千早たちと全国大会で戦うためにかるた部の創設に奔走(ほんそう)していた。そんな中、瑞沢高校かるた部に思いがけないトラブルが起き……というストーリー。

スタッフ

監督:小泉徳宏

ちはやふる -結び-キャスト

広瀬すず▽野村周平▽新田真剣佑▽上白石萌音▽矢本悠馬▽森永悠希▽優希美青▽佐野勇斗▽清原果耶▽松岡茉優▽賀来賢人

ちはやふる -結び-公開日

2018年3月17日公開

広瀬すず、野村周平&新田真剣佑と大阪・京都・名古屋3都市で“ちはやふる卒業ツアー”

TOHOシネマズ梅田で行われた映画「ちはやふる -結び-」の大ヒット記念舞台あいさつに出席した(左から)新田真剣佑さん、広瀬すずさん、野村周平さん、くいだおれ太郎(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
TOHOシネマズ梅田で行われた映画「ちはやふる -結び-」の大ヒット記念舞台あいさつに出席した(左から)新田真剣佑さん、広瀬すずさん、野村周平さん、くいだおれ太郎(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

 女優の広瀬すずさんが3月24、25の2日間にわたり、大阪、京都、愛知で開かれた主演映画「ちはやふる -結び-」(小泉徳宏監督)の大ヒット記念舞台あいさつに、共演の野村周平さん、新田真剣佑さんと出席した。舞台あいさつは「ちはやふる卒業旅行舞台挨拶ツアー」と題して行われた。

 1カ所目のTOHOシネマズ梅田(大阪市北区)は今作の「観客動員数全国ナンバーワン」を誇っており、広瀬さんは駆け付けた700人の観客に向けて「動員ナンバーワンの劇場で皆さんに直接お会いすることができてうれしいです。満席の景色もとても気持ちがいいです。ありがとうございます」と喜びを語った。兵庫県出身の野村さんが、広瀬さんと新田さんに関西弁を伝授する一幕もあり、広瀬さんは「しばくぞ、われ!」をチャーミングに、新田さんは「なんでやねん!」と突っ込みを披露。舞台あいさつには「くいだおれ太郎」も駆け付け、かるたを払う動作も見せたという。

 2カ所目の京都で3人は神泉苑(京都市中京区)で参拝し、“願いがかなう”といわれている「法成橋」を渡り、映画のさらなるヒットを祈願した。3人は、その後TOHOシネマズ二条(同区)での舞台あいさつに、舞妓(まいこ)らと出席。広瀬さんは、京都の印象について「(松岡茉優さん演じる)詩暢(しのぶ)ちゃんが京都弁を劇中で話していますが、品があって美しいイメージで好き」とコメント。広瀬さんは、舞妓に興味を示し「どんな格好で寝ているんですか」と質問し、「一回(髪を)結うたら、一週間もたせなあかんので、高枕という高い枕で寝ます」と明かされ驚いていたという。

 25日は、広瀬さんと野村さんがTOHOシネマズ赤池(愛知県日進市)へ。舞台あいさつには、名古屋の観光PR隊「名古屋おもてなし武将隊」の織田信長と加藤清正、足軽の踊舞(とうま)も登場。広瀬さんは信長らに「どんな格好で寝ているんですか」「現代のものに興味はないんですか」と質問攻めする場面があったという。

 広瀬さんらは、2日間で、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ(名古屋市港区)を含む四つの劇場で計7回、約3300人の観客に向けて舞台あいさつを行った。同劇場で、広瀬さんは「こんなに長い間、ずっと近くに『ちはやふる』が存在し続けていたのに、今日が最後の舞台あいさつです。これからも『ちはやふる』のメンバーはすぐ近くに存在し続けてくれていると思うので、今は寂しいような、寂しくないような不思議な気持ちです」と“卒業”を締めくくった。

 「ちはやふる」は、末次由紀さんが2007年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中のマンガが原作。主人公・綾瀬千早(広瀬さん)が、転校生の綿谷新(新田さん)との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め、幼なじみの真島太一(野村さん)らとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている。映画は16年3~4月に「上の句」「下の句」の2部作で公開された。

 「ちはやふる -結び-」は映画3作目で完結編となる。「下の句」で描かれた全国大会から2年後を舞台に、3年生になった千早たちは、高校生最後の全国大会へ向けて動き出す。一方、故郷へ戻っていった新は、千早たちと全国大会で戦うためにかるた部の創設に奔走していた。そんなころ、千早たちの瑞沢高校かるた部の部長の太一の姿が見えなくなり……というストーリー。

 映画は、今月17日公開され、24日までに観客動員約57万人、興行収入は6億8000万円を突破している。

ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-

広瀬すず、映画「ちはやふる」シリーズ完結に感慨 「3年間の全てをかけた」 <「ちはやふる -結び-」初日舞台あいさつ>

映画「ちはやふる -結び-」の初日舞台あいさつに登場した広瀬すずさん
映画「ちはやふる -結び-」の初日舞台あいさつに登場した広瀬すずさん

 女優の広瀬すずさんが3月17日、東京都内で行われた主演映画「ちはやふる -結び-」(小泉徳宏監督)の初日舞台あいさつに登場。シリーズ3作の完結編となる同作について広瀬さんは「(第1作は)私の初主演映画なので、宝物のような作品。この3年間の私たちの全てをかけたつもりです」としみじみと語り、「1人でも多くの方に届いてほしい」とアピールした。

 舞台あいさつには野村周平さん、新田真剣佑さん、上白石萌音さん、矢本悠馬さん、森永悠希さん、優希美青さん、佐野勇斗さん、清原果耶さん、松岡茉優さん、賀来賢人さん、小泉監督も登場。共演メンバーについて、広瀬さんは「すてきな仲間に出会えたなと思います」「私は人に相談するタイプじゃないんですが、仕事以外の話を相談するぐらい、友達を通り越して、家族。それと同じ感覚になる」と明かした。

 舞台あいさつの最後には、小泉監督から広瀬さんにシリーズからの“卒業証書”を授与するサプライズも。小泉監督が「あなたはレジェンド女優になっていくと思う。心配なのは、ひっくり返るような才能を持っていて、そこそこまでで良いところまで走れてしまう。(才能だけでは)いつか壁にぶつかるかもしれないけれど、そんなときはこの作品を見てほしいと思う」と呼びかけると、広瀬さんは笑いながら“卒業証書”を受け取り、監督と抱擁していた。

 「ちはやふる」は、末次由紀さんが2007年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中のマンガが原作。主人公・綾瀬千早が、転校生の綿谷新との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め、幼なじみの真島太一らとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている。映画は16年3~4月に「上の句」「下の句」の2部作で公開された。

 映画シリーズの3作目で完結編の「ちはやふる -結び-」は、「下の句」で描かれた全国大会から2年後が舞台。3年生になった千早たちは、高校生最後の全国大会へ向けて動き出す。一方、故郷へ戻っていった幼なじみの新は、千早たちと全国大会で戦うためにかるた部の創設に奔走(ほんそう)していたが、千早たちの瑞沢高校かるた部に思いがけないトラブルが起き……というストーリー。

ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-

<映画レビュー>「ちはやふる -結び-」広瀬すず、野村周平、真剣佑らが再集結 完結編は最後の夏に懸けるかるたの青春描く

映画「ちはやふる -結び-」の一場面 (C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
映画「ちはやふる -結び-」の一場面 (C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

 女優の広瀬すずさんの主演で競技かるたを題材にしたマンガが原作の映画の完結編「ちはやふる -結び-」(小泉徳宏監督)が、3月17日からTOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)ほかで公開。シリーズの3作目にして完結編となり、近江神宮(滋賀県大津市)での高校最後の全国大会に挑む千早たちの青春が2時間8分にぎゅっと詰まっている。

 「ちはやふる」は、末次由紀さんが2007年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載している人気マンガが原作。主人公・綾瀬千早が、転校生の綿谷新との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め、幼なじみの真島太一らかるた部の個性的なメンバーたちとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている。映画は16年3~4月に「上の句」「下の句」の2部作で公開された。

 「ちはやふる -結び-」は、映画「下の句」で描かれた都立瑞沢高校競技かるた部の1年生・綾瀬千早(広瀬さん)がクイーン・若宮詩暢(松岡茉優さん)と壮絶な戦いを繰り広げた全国大会から2年後が舞台。3年生になった千早たちは、高校最後の全国大会へ向けて動き出す。一方、故郷へ戻っていった幼なじみの新(新田真剣佑さん)は、千早たちと全国大会で戦うためにかるた部の創設に奔走していた。そんな中、瑞沢高校かるた部に激震が走る。太一(野村周平さん)が突然部活に来なくなり……という展開。

 広瀬さん、野村さん、新田さんら前作のキャストやスタッフが再結集し、新たに、瑞沢高校かるた部の新入生・花野菫役にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演した優希美青(みお)さん、同じく新入生の筑波秋博役に映画「ミックス。」の佐野勇斗さん、映画オリジナルキャラクターとなる千早のライバル・我妻伊織役に映画「3月のライオン」の清原果耶さん、史上最強の名人・周防久志役に映画「斉木楠雄のΨ難」の賀来賢人さんが出演する。主題歌は「上の句」「下の句」と同じく3人組ユニット「Perfume」の「無限未来」が採用されている。

 物語はもちろん千早が主人公だが、「-結び-」は高校3年生になった太一が「自分にとってかるたとは?」という大命題に悩み、苦しみ、答えを見つけるまでを描いている。全国大会で新のチームを対決するクライマックスは、手に汗握る展開で、思わず前のめりでスクリーンにくぎ付けになった。

 高校時代は一度しかない。そして、部活に本気で青春を懸けるのも多くの人が高校時代で最後だろう。今回の「-結び-」にはそんな最後の青春に懸ける千早や太一、新らの“本気”が詰まっている。せりふに金言も多く、心のメモがいっぱいになった。高校生は二度とない青春を悔いのないように、もう卒業した大人は過ぎ去った青春を懐かしむように、キラキラしていた時代に思いをはせたい。新キャラがいい味を出していて、とくに最強の名人、周防を演じた賀来さんの“怪演”は、多いに楽しませてもらった。(細田尚子/MANTAN)

(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
ちはやふる -結び-
出典:YouTube

広瀬すず、Perfumeから映画主題歌のダンス伝授 “かるた部”3人であいさつも <「ちはやふる -結び-」試写会イベント>

映画「ちはやふる -結び-」の試写会イベントに登場した広瀬すずさん(左から3人目)
映画「ちはやふる -結び-」の試写会イベントに登場した広瀬すずさん(左から3人目)

 女優の広瀬すずさんが3月6日、東京都内で行われた主演映画「ちはやふる -結び-」(小泉徳宏監督、17日公開)の試写会イベントに上白石萌音さん、優希美青さんとともに出席。この日は、映画の主題歌を担当した3人組ユニット「Perfume(パフューム)」も登場し、Perfumeの3人が、「かしゆかです」「あ~ちゃんです」「のっちです」「3人合わせて Perfumeです」とおなじみのあいさつをすると、広瀬さんらも「すずです」「萌音です」「美青です」「3人合わせて瑞沢かるた部です」とPerfumeをまねてあいさつし、会場を盛り上げた。

 イベントでは、Perfumeが担当する主題歌の「無限未来」のダンスについても話がおよび、あ~ちゃんは「コンテンポラリーな動きもありながら、ジャズなダンスです」と解説し、広瀬さん、上白石さん、優希さんの3人にダンスをレクチャー。あ~ちゃんは右手で目の前を覆うポーズから、そのまま右手を振り上げる動きを実演し、「お先真っ暗だけど、切り開くっていうポーズです」と説明すると、6人でそのダンスを披露した。

 「ちはやふる -結び-」はシリーズの3作目にして完結編。広瀬さんは「この3年間、『ちはやふる』のことで頭が常にいっぱいになっていて、いっぱいになっていたものを毎日1日かけて出していく作業が終わって、今は逆に空っぽになっているんじゃないかなって思うんですけど……それが気持ち良くて、思い残すことがないです。瑞沢高校かるた部だったり、『ちはやふる』の思いを受け取ってもらったらうれしいです」とアピールしていた。

ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-

広瀬すず、新田真剣佑を選ぶ 野村周平は「イケメン好きかよ」とぼやき… <「ちはやふる -結び-」完成披露試写会>

映画「ちはやふる -結び-」の完成披露試写会に登場した広瀬すずさん
映画「ちはやふる -結び-」の完成披露試写会に登場した広瀬すずさん

 女優の広瀬すずさんが2月20日、東京都内で行われた主演映画「ちはやふる -結び-」(小泉徳宏監督、3月17日公開)の完成披露試写会に、野村周平さん、新田真剣佑さんらと登場。広瀬さん演じる主人公の綾瀬千早のような“夢中になっている女の子”を「振り向かせるには?」という質問があり、新田さんが「何かに向かって頑張っているなら、達成されるまで応援したいし、待つよ」と答えると、野村さんは「今すぐにでもいきます、強引に。(女の子と)一緒に頑張ります」と自信たっぷりに回答。司会者から「どちらが魅力的?」と聞かれた広瀬さんは「待ってほしいです」と新田さんの答えを選び、野村さんは「何だよ、イケメン好きかよ……」とぼやいていた。

 この日のイベントには、共演の上白石萌音さん、矢本悠馬さん、森永悠希さん、優希美青さん、佐野勇斗さん、清原果耶さん、松岡茉優さん、賀来賢人さん、小泉監督も出席。全員がはかま姿で登場した。

 広瀬さんは「続編の発表から、こんな完成披露というすてきなステージを迎えられる日を想像できなくて、2年ぶりに皆さんにお会いできることが幸せです」と感激していた。

ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-

「ちはやふる -結び-」主題歌でPerfumeと再タッグ 末次由紀描き下ろしイラストも公開

「ちはやふる -結び-」主題歌を担当するPerfumeと主演の広瀬すずさん(左)と末次由紀さん描き下ろしのイラスト (C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
「ちはやふる -結び-」主題歌を担当するPerfumeと主演の広瀬すずさん(左)と末次由紀さん描き下ろしのイラスト (C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

 女優の広瀬すずさん主演で2016年に2部作で公開された映画「ちはやふる」の完結編「ちはやふる -結び-」(小泉徳宏監督、18年3月17日公開)の主題歌を、3人組ユニット「Perfume(パフューム)」が担当することが12月18日、明らかになった。Perfumeは、前2部作「上の句」「下の句」に続く起用で、今作の主題歌は書き下ろしの新曲「無限未来」。2年ぶりの再タッグを記念し、広瀬さん演じる主人公の綾瀬千早とPerfumeが顔を寄せ合った姿を原作者の末次由紀さんが描き下ろしたイラストも公開された。

 「ちはやふる」との再タッグについて、Perfumeの“あ~ちゃん”こと西脇綾香さんは「次回作をいちファンとして楽しみにしていたので『次回も主題歌を』と言っていただいたときには、大好きな作品なので、本当にうれしかったです」と喜び、イラストについてもPerfumeの3人は「絵の中で千早ちゃんに会えました! 夢のコラボ! 末次先生ありがとうございます」と感謝している。

 主題歌「無限未来」は、千早たちの高校最後の夏を描くことから、小泉監督から「同じ花は二度と咲かないように、二度と戻ってくることはない“この一瞬”を表現した音楽を作ってほしい」というリクエストがあり、それに応える形で書き下ろされた。卒業が迫る主人公たちの思いを連想させる歌詞や、競技かるたの動きを思わせるフレーズもあり、完結編となる本作にふさわしい一曲になっているという。

 広瀬さんは「映画を見た後にエンディングで私も初めて聴いて、なんてステキなんだろうと思いました。聴いた瞬間に一気に涙が出てきて『ちはやふる』の色や繊細さが主題歌から感じられて、感無量でした」と明かし、「まさに最終章というしっとりした音たちに急に心が寂しくなって、でも光ってる何か一本の糸のようなものでつながっていて、切っても切っても切れることはないだろうなという太さというか。大好きな一曲になりました」と感想を語っている。

(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
ちはやふる -結び-
出典:YouTube

「ちはやふる」実写完結編「-結び-」特報公開 広瀬すずの桜舞うポスターも

ちはやふる -結び-
出典:YouTube

 女優の広瀬すずさん主演で2016年に2部作で公開された映画「ちはやふる」の完結編「ちはやふる -結び-」(小泉徳宏監督)の特報映像が10月20日、公開された。また、映画が2018年3月17日に公開されることも発表された。

 約30秒の特報映像には、広瀬さん演じる主人公の綾瀬千早と真島太一(野村周平さん)、綿谷新(わたや・あらた/新田真剣佑さん)の3人の幼なじみや、「若宮クイーン」こと若宮詩暢(わかみや・しのぶ/松岡茉優さん)らが登場。太一の「俺、お前のためにかるたやってた」というせりふから始まり、最後には「もうこれ以上、やれない」と言い残して、千早のもとを去る太一の姿などが収録されている。

 特報には、今作から初登場する瑞沢高校競技かるた部の新入部員・菫(すみれ/優希美青さん)や筑波(佐野勇斗さん)、映画オリジナルキャラクターとなる新の後輩で準クイーンの伊織(清原果耶さん)、史上最強の名人・周防(賀来賢人さん)も登場している。

 また、ポスタービジュアルも公開された。桜の花びらが舞う中で、千早が前を見つめる姿が収められており、「それぞれの未来へーー」というキャッチコピーが添えられている。

映画「ちはやふる -結び-」のポスタービジュアル (C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
映画「ちはやふる -結び-」のポスタービジュアル (C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

新田真剣佑、改名理由を明かす「初心忘るべからず」 11キロ減の“肉体再改造”も

近江神宮で出演映画「ちはやふる-結び-」を撮影中の新田真剣佑さん
近江神宮で出演映画「ちはやふる-結び-」を撮影中の新田真剣佑さん

 改名して名字がついた新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)さんが6月13日、広瀬すずさんの主演映画「ちはやふる-結び-」(小泉徳宏監督、2018年公開予定)を撮影中の近江神宮(滋賀県大津市)で取材に応じた。新田さんは名字の由来を「ちはやふる」の役名・綿谷新(わたや・あらた)から取ったことを明かし、「使っていいですかと(原作の)末次先生に確認した。(前作は)日本に来てすぐの作品で経験も浅かったですし、芝居を志すきっかけになった作品なので新(あらた)を使わせていただきました。“初心忘るべからず”ですね」と話した。

 また、新田さんは米映画「パシフィック・リム2」(18年公開予定)に出演するため、役作りで体重を16キロ増量し、髪も短くしていたというが、今作で新を演じるにあたって、「髪が短い新はあり得ないと(伸ばした)。体形も筋肉ムキムキでは新ではないので1カ月で8キロ、全部で11キロは落とした」と新を再び演じるに当たって並々ならぬ意気込みで臨んでいることを明かした。

 前作に引き続き監督と脚本を担当する小泉監督は、新田さんについて「以前にも増してストイックになった。『ちはやふる』以外の映画には出ません、なんて言わなければいいなと。初心に帰るのは大事だけどこの作品に縛られないでほしいな」とアドバイス。同席した真島太一役の野村周平さんに対しては「野村は(初心を)思い出した方がいい」と逆に苦言を呈すと、野村さんは「俺、最初はPV(プロモーションビデオ)に出たから“野村PV周平”にしよう」とジョークで返していた。

 「ちはやふる」は、末次由紀さんが07年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載している人気マンガが原作。主人公・綾瀬千早(広瀬さん)が、転校生の新(新田さん)との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め、幼なじみの太一(野村さん)らかるた部の個性的なメンバーたちとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている。映画は16年3~4月に「上の句」「下の句」の2部作で公開された。

 続編となる完結編は、「下の句」で描かれた全国大会から2年後が舞台。3年生になった千早たちは、高校生最後の全国大会へ向けて動き出す。一方、故郷へ戻っていった幼なじみの新は、千早たちと全国大会で戦うためにかるた部の創設に奔走していた。そんな中、瑞沢高校かるた部に思いがけないトラブルが起き……というストーリー。

 女優の優希美青さんや清原果耶さん、俳優の佐野勇斗さん、賀来賢人さんが今作から新キャストとして出演。優希さんが演じるのは、広瀬さん演じる千早が所属する瑞沢高校の競技かるた部に入部した恋愛体質の新入生・花野菫で、佐野さんは同じく新入生の筑波秋博役。清原さんは映画オリジナルキャラクターで、千早のライバルで現役準クイーン・我妻伊織を、賀来さんは史上最強の名人・周防久志を演じる。映画は5月7日に撮影に入り、6月末にクランクアップ予定。公開は18年を予定している。

「ちはやふる-結び-」映画完結編を“かるたの甲子園”で撮影 広瀬すず「楽しみすぎて眠れなかった」

近江神宮で映画「ちはやふる-結び-」を撮影中の(前列左から)小泉徳宏監督、矢本悠馬さん、新田真剣佑さん、広瀬すずさん、野村周平さん、上白石萌音さん、森永悠希さん、(後列左から)清原果耶さん、賀来賢人さん、優希美青さん、佐野勇斗さん
近江神宮で映画「ちはやふる-結び-」を撮影中の(前列左から)小泉徳宏監督、矢本悠馬さん、新田真剣佑さん、広瀬すずさん、野村周平さん、上白石萌音さん、森永悠希さん、(後列左から)清原果耶さん、賀来賢人さん、優希美青さん、佐野勇斗さん

 競技かるたを題材にした映画「ちはやふる」の完結編となる「ちはやふる-結び-」(小泉徳宏監督、2018年公開)を撮影中の“かるたの甲子園”近江神宮(滋賀県大津市)で6月13日、主演の広瀬すずさんと野村周平さん、新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)さん、小泉監督らが取材に応じた。広瀬さんは昨年4月、「ちはやふる-下の句-」の初日舞台あいさつで続編が作られることがサプライズ発表されると、その場にへたり込んで感涙。そのときのことを振り返って「うれしくて涙が止まらなくて。人生最大のうれし泣きでした。あれは本当だったんだなと(撮影が始まった)今、やっと実感できています」と話し、今作のクランクイン前日も「楽しみすぎて眠れなかった」と心待ちにしていたという。

 主人公・綾瀬千早にかるたの魅力を教えた綿谷新(わたや・あらた)役の新田さんは「『ちはやふる』は自分の中でとても大きな作品だったので、綿谷新をまたできるんだ、みんなでかるたを取れるんだと思ったらうれしかった」と話した。一方、幼なじみの真島太一を演じる野村さんは「絶望しましたね。またかるたの特訓をしなきゃいけないと思うと……」とうそぶきつつ、「みんなと一緒にまた作品をやれるのはうれしい」と喜びを語った。

 「ちはやふる」は、末次由紀さんが07年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載している人気マンガが原作。主人公・千早(広瀬さん)が、転校生の新(あらた、新田さん)との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め、幼なじみの太一(野村さん)らかるた部の個性的なメンバーたちとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている。映画は16年3~4月に「上の句」「下の句」の2部作で公開された。

 続編となる完結編は、「下の句」で描かれた全国大会から2年後が舞台。3年生になった千早たちは、高校生最後の全国大会へ向けて動き出す。一方、故郷へ戻っていった幼なじみの新は、千早たちと全国大会で戦うためにかるた部の創設に奔走(ほんそう)していた。そんな中、瑞沢高校かるた部に思いがけないトラブルが起き……というストーリー。

ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-
ちはやふる -結び-

「ちはやふる」続編に優希美青、清原果耶、佐野勇斗らが出演 タイトルは「ちはやふる-結び-」に

映画「ちはやふる-結び-」に出演する(左から)優希美青さん、佐野勇斗さん、清原果耶さん、賀来賢人さん (C)2018映画「ちはやふる」製作委員会(C)末次由紀/講談社
映画「ちはやふる-結び-」に出演する(左から)優希美青さん、佐野勇斗さん、清原果耶さん、賀来賢人さん (C)2018映画「ちはやふる」製作委員会(C)末次由紀/講談社

 女優の広瀬すずさん主演で2016年に2部作で公開された映画「ちはやふる」の続編に、女優の優希美青さんや清原果耶さん、俳優の佐野勇斗さん、賀来賢人さんらが出演することが4月26日、明らかになった。また、続編のタイトルが「ちはやふる-結び-」に決定したことも分かった。

 優希さんが演じるのは、広瀬さん演じる綾瀬千早が所属する瑞沢高校の競技かるた部に入部した恋愛体質の新入生・花野菫で、佐野さんは同じく新入生の筑波秋博役で出演。清原さんは映画オリジナルキャラクターで、千早のライバルで現役準クイーン・我妻伊織を、賀来さんは史上最強の名人・周防久志を演じる。

 優希さんは「続編から参加させていただくということで不安もありますが、早くキャストやスタッフのみなさんの輪の中に入り込めるよう菫ちゃんらしく元気いっぱい作品に挑みます!」と意気込んでいる。佐野さんは「競技かるたを体験するのは今回が初めてなのですが、僕が想像していたよりはるかに奥が深く、集中力、体力が必要なものなのだなと、とても驚きました」とコメントしている。

 「ちはやふる」は、末次さんが2007年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載している人気マンガが原作。主人公・千早が、転校生の新(あらた)との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め、幼なじみの太一らかるた部の個性的なメンバーたちとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている。映画は16年3~4月に「上の句」「下の句」の2部作で公開された。

 続編は、「下の句」で描かれた全国大会から2年後が舞台。3年生になった千早たちは、高校生最後の全国大会へ向けて動き出す。一方、故郷へ戻っていった幼なじみの新(真剣佑さん)は、千早たちと全国大会で戦うためにかるた部の創設に奔走(ほんそう)していた。そんな中、瑞沢高校かるた部に思いがけないトラブルが起き……というストーリー。18年公開。

(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会(C)末次由紀/講談社
(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会(C)末次由紀/講談社
10

/10

目次