億男

  • スタッフ:
    原作:川村元気「億男」(マガジンハウス)▽監督:大友啓史▽脚本:渡部辰城
  • キャスト:
    佐藤健▽高橋一生▽藤原竜也▽北村一輝▽沢尻エリカ▽池田エライザ
  • 公開日:
    2018年10月19日公開
UPDATE

億男あらすじ

 映画「億男」は、俳優の佐藤健さんが、約4年ぶりに大友啓史監督と“タッグ”を組み、主演を務める。2018年10月19日公開。「ハゲタカ」や、佐藤さん主演の「るろうに剣心」シリーズで知られる大友監督の最新作で、映画プロデューサーや小説家などで活躍する川村元気さんの小説が原作。主人公が、金を巡って、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問われ、その答えを探しだす姿を描く。脚本は人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの開発を手掛けた渡部辰城さんが担当する。
 兄が3000万円の借金を残して失踪し、昼は図書館司書、夜はパン工場で勤務して借金を返済する一男(佐藤さん)に、妻は愛想を尽かし、娘と一緒に家を出てしまう。そんな一男に、3億円の宝くじが当たる。一男は借金返済と家族の絆の修復を目指すが、宝くじの高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を見て、大学時代の親友で、億万長者の九十九(高橋一生さん)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と豪遊で酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた……というストーリー。

スタッフ

原作:川村元気「億男」(マガジンハウス)▽監督:大友啓史▽脚本:渡部辰城

億男キャスト

佐藤健▽高橋一生▽藤原竜也▽北村一輝▽沢尻エリカ▽池田エライザ

主題歌

UMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)「話がしたいよ」

億男公開日

2018年10月19日公開

佐藤健、「半分、青い。」「ぎぼむす」の演じ分け 高評価も「棚からぼた餅」 <完成披露試写会>

映画「億男(おくおとこ)」の完成披露試写会に登場した佐藤健さん
映画「億男(おくおとこ)」の完成披露試写会に登場した佐藤健さん

 俳優の佐藤健さんが9月20日、東京都内で行われた主演映画「億男(おくおとこ)」(大友啓史監督、2018年10月19日公開)の完成披露試写会に登場。主人公に3億円の宝くじが当たるという映画内容にちなみ、ラッキーだった出来事を聞かれた佐藤さんは「朝ドラ(半分、青い。)とTBSのドラマ(義母と娘のブルース=ぎぼむす)を同じ時期にやっていたんですけど、役柄が違うっていうだけで謎の評価をされるんですよ」と明かし、「僕からすると当たり前のことですけど、棚からぼた餅。たまたま同じ時期にやっているだけなんですけどね」と語っていた。

 イベントには高橋一生さん、黒木華さん、池田エライザさん、沢尻エリカさん、北村一輝さん、藤原竜也さん、大友監督も参加した。

 映画は、兄が3000万円の借金を残して失踪し、昼は図書館司書、夜はパン工場で勤務して借金を返済する一男(佐藤さん)が主人公。そんな一男に妻は愛想を尽かし、娘と一緒に家を出てしまう。3億円の宝くじが当たった一男は借金返済と家族の絆の修復を目指すが、宝くじの高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を見て、大学時代の親友で、億万長者の九十九(高橋さん)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と豪遊で酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた……というストーリー。

佐藤健、主演映画の共演者に「怪演しすぎ」 高橋一生、北村一輝、藤原竜也が苦笑い <完成披露試写会>

映画「億男(おくおとこ)」の完成披露試写会に登場した佐藤健さん
映画「億男(おくおとこ)」の完成披露試写会に登場した佐藤健さん

 俳優の佐藤健さんが9月20日、東京都内で行われた主演映画「億男(おくおとこ)」(大友啓史監督、2018年10月19日公開)の完成披露試写会に、共演者らと登場。佐藤さんは「出来上がった映画を見てびっくりしたんですけど、怪演されている人が多い。普通、一つの映画に1人ですよ。(怪演)しすぎなんですよ」と、共に登壇した高橋一生さん、北村一輝さん、藤原竜也さんらをちらり。佐藤さんの言葉に、高橋さんらは苦笑いを浮かべていた。

 本作で初共演した高橋さんについて、佐藤さんは「怪演をしているんですよ。すごく難しいキャラクターで、僕がこのキャラクターをやれと言われたらお手上げですけど、ひょうひょうとした顔で成立させていらっしゃるので、衝撃と感動がありました」とコメント。高橋さんは「健君にそんなことを言ってもらえるなんて」と笑顔を見せた。

 また佐藤さんは藤原さんについても「期待して藤原さんのショータイムを見ていたところもあるんですけど、想像以上でしたね。お金を払って、舞台を見に行っているようでした」と絶賛した。イベントには黒木華さん、池田エライザさん、沢尻エリカさん、大友監督も登場した。

 映画は、兄が3000万円の借金を残して失踪し、昼は図書館司書、夜はパン工場で勤務して借金を返済する一男(佐藤さん)が主人公。そんな一男に妻は愛想を尽かし、娘と一緒に家を出てしまう。3億円の宝くじが当たった一男は借金返済と家族の絆の修復を目指すが、宝くじの高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を見て、大学時代の親友で、億万長者の九十九(高橋さん)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と豪遊で酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた……というストーリー。

億男
億男
億男
億男
億男
億男

<動画>「億男」BUMP OF CHICKENの書き下ろし新曲が主題歌に 曲が流れる最新予告映像も

億男
出典:YouTube

 俳優の佐藤健さんが主演を務める映画「億男(おくおとこ)」(大友啓史監督、10月19日公開)の主題歌を4人組バンド「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」が担当することが8月30日、明らかになった。主題歌はBUMP OF CHICKENのボーカルでギターの藤原基央さんが書き下ろした新曲「話がしたいよ」(発売未定)で、同曲が流れる最新予告映像も同映画公式サイトで公開された。

 映画は「ハゲタカ」や「るろうに剣心」シリーズで知られる大友監督の最新作で、映画プロデューサーや小説家として活躍する川村元気さんの小説が原作。主人公が、金を巡って、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問われ、その答えを探しだす姿を描く。

 兄が3000万円の借金を残して失踪し、昼は図書館司書、夜はパン工場で勤務して借金を返済する一男(佐藤さん)に、妻は愛想を尽かし、娘と一緒に家を出てしまう。そんな一男に、3億円の宝くじが当たる。一男は借金返済と家族の絆の修復を目指すが、宝くじの高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を見て、大学時代の親友で、億万長者の九十九(高橋一生さん)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と豪遊で酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた……というストーリー。

 予告映像は、一男が3億円を手にするシーンから始まり、一男の親友・九十九や、藤原竜也さん演じるマネーセミナーの教祖・千住、沢尻エリカさん演じる10億円を隠し持つ主婦・十和子など、さまざまな登場人物が映し出される。

 ◇佐藤健さんのコメント

 まず初心に返りまして、相変わらず良い声だなと思いました(笑い)。ノスタルジックな空気感が、映画『億男』の世界観にとてもマッチしていて、何年も前の友達とのことを思い出すような感覚になれる曲だと思います。エンドロールまで含めて1本の映画になっているので、ぜひ最後まで楽しんでもらいたいです。

 ◇高橋一生さんのコメント

 ずっとBUMP OF CHICKENさんの歌を聴いてきたので、今回の主題歌を聴いたとき、今までのBUMP OF CHICKENの定義がいい意味で解け始め、彼らの新しい側面を見たような気がしました。エンドロールで(曲が)かかった時、一男と九十九という2人の歌だと思える、そしてこの曲をもって映画が完結する、そんな曲に感じました。

 ◇佐藤善宏プロデューサーのコメント

 悩みました。

 お金にまつわる人間の業の深さや煩悩を扱いつつ、新しいお金の価値を探し、本当は身近にある気づきにくい小さな幸せを見つける旅である本作品を、その全ての要素を包み込んで映画を終着させてくれる歌はあるのだろうかと考え抜きました。

 正直に、バンプ藤原さんに悩みを共有しました。

 歌をあげていただいた時に監督と顔を見合わせました。あったね、これだね、とうなずき合いました。

映画「億男」のメインビジュアル(C)2018映画「億男」製作委員会
映画「億男」のメインビジュアル(C)2018映画「億男」製作委員会

佐藤健、主演映画「億男」で高橋一生と初共演 「るろ剣」大友啓史監督と4年ぶりタッグ 2018年10月19日公開

映画「億男」に出演する(上段左から)佐藤健さん、高橋一生さん、(下段左から)沢尻エリカさん、藤原竜也さん、北村一輝さん、池田エライザさん
映画「億男」に出演する(上段左から)佐藤健さん、高橋一生さん、(下段左から)沢尻エリカさん、藤原竜也さん、北村一輝さん、池田エライザさん

 俳優の佐藤健さんが、約4年ぶりに大友啓史監督と“タッグ”を組み、主演を務める映画「億男(おくおとこ)」(10月19日公開)で、俳優の高橋一生さんと初共演することが3月5日、分かった。今年年始に、高橋さんとモロッコで撮影したという佐藤さんは「一生さんの芝居の巧妙さに震えおののいておりますが、なんとか食らいついていきたいと思います」とコメントを寄せている。

 佐藤さんは、借金で家族が離散するも、3億円の宝くじが当たり、人生をやり直そうとするが、親友にお金を持ち逃げされる不運な男・一男(かずお)を演じる。高橋さんは一男の大学時代の親友で、億万長者にもかかわらず、一男の3億円を持って姿を消す男・九十九(つくも)役。藤原竜也さん、北村一輝さん、沢尻エリカさん、池田エライザさんの出演も発表された。

 映画は「ハゲタカ」や、佐藤さん主演の「るろうに剣心」シリーズで知られる大友監督の最新作で、映画プロデューサーや小説家などで活躍する川村元気さんの小説が原作。主人公が、金を巡って、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問われ、その答えを探しだす姿を描く。脚本は人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの開発を手掛けた渡部辰城さんが担当する。

 兄が3000万円の借金を残して失踪し、昼は図書館司書、夜はパン工場で勤務して借金を返済する一男(佐藤さん)に、妻は愛想を尽かし、娘と一緒に家を出てしまう。そんな一男に、3億円の宝くじが当たる。一男は借金返済と家族の絆の修復を目指すが、宝くじの高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を見て、大学時代の親友で、億万長者の九十九(高橋さん)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と豪遊で酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた……というストーリー。

 佐藤さん、高橋さん、大友監督のコメント全文は以下の通り(原文のまま)

 ◇佐藤健さんコメント

 主人公の一男は、どん底の借金生活から一転、宝くじで3億円が当たったことをきっかけに、さまざまな“お金のスペシャリストたち”と出会い、話を聞き、葛藤しながら、正しいお金の使い方を模索していきます。お金に関しての目からうろこが落ちるようなせりふの数々に、僕自身も一男と共に、お金というものに対して人生で初めてこんなにも考えを巡らせました。すでに年始にモロッコでのロケを終えまして、相変わらずの大友組のスケールの大きさと一生さんの芝居の巧妙さに震えおののいておりますが、なんとか食らいついていきたいと思います。くせ者揃いの”お金のスペシャリストたち”のキャスティングにもご期待ください。

 ◇高橋一生さんコメント

 お金があれば幸せなのか、お金がなくとも幸せなのか。世界には多くの人がいて、人の数だけ正解があるように感じます。この度参加させていただきます「億男」の劇中にも、それぞれに答えを求める人間が出てきます。全てを手に入れられるのに全てを諦めているような導きの神のようで、迷える子羊のような九十九という魅力的な人間をこの大友組で作れること、幸せです。共演者の方々、携わるスタッフの方々と共に、お金と幸せを巡る旅を充実させたいと思います。

 ◇大友啓史監督のコメント

 「龍馬伝」から「るろうに剣心」3部作と、濃密な時間を一緒に走ってきた佐藤健君と4年ぶりの現場。しかも、初めての現代劇。既に終えたモロッコ撮影では、お金に振り回される等身大の青年・一男を、ニュートラルに魅力的に演じてくれています。「3月のライオン」に続いての高橋一生さん、今回の九十九役は、彼の豊潤な引出しの中から、ぜいたくに、そして多面的にその魅力を引っ張り出す絶好の役だと思います。お金をめぐる「地獄めぐり」のストーリーに相応しく、一筋縄ではいかない役者たちが揃いました。主人公一男の冒険、僕自身が誰よりも楽しみにしています。ご期待ください。

億男
億男
4

/4

目次