孤狼の血

  • スタッフ:
    監督:白石和彌
  • キャスト:
    役所広司▽松坂桃李▽真木よう子▽石橋蓮司▽滝藤賢一▽田口トモロヲ▽中村獅童▽ピエール瀧▽阿部純子▽竹野内豊▽江口洋介
  • 公開日:
    2018年5月12日公開
UPDATE

孤狼の血あらすじ

 映画「孤狼の血」は、柚月裕子さんの同名小説が原作。俳優の役所広司さんが主演を務める、「凶悪」(2013年)や「日本で一番悪い奴ら」(2016年)などで知られる白石和彌監督がメガホンを取る。暴力団対策法成立以前の広島県呉原市を舞台に、暴力団系列の金融会社社員の失踪事件を捜査する警察と暴力団組織間の激しい抗争を描く。

スタッフ

監督:白石和彌

孤狼の血キャスト

役所広司▽松坂桃李▽真木よう子▽石橋蓮司▽滝藤賢一▽田口トモロヲ▽中村獅童▽ピエール瀧▽阿部純子▽竹野内豊▽江口洋介

孤狼の血公開日

2018年5月12日公開

映画「孤狼の血」続編の製作が決定 役所広司「第1作をはるかに超えるいい作品を期待」

映画「孤狼の血」に出演した松坂桃李さん(左)と役所広司さん(C)2018「孤狼の血」製作委員会
映画「孤狼の血」に出演した松坂桃李さん(左)と役所広司さん(C)2018「孤狼の血」製作委員会

 俳優の役所広司さん主演で、柚月裕子さんの小説を実写化した映画「孤狼(ころう)の血」(白石和彌監督)の続編が製作されることが5月25日、明らかになった。

 「孤狼の血」は、柚月さんの同名小説(角川文庫)が原作。暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、新人刑事・日岡秀一が、暴力団との癒着がうわさされる刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当することになる……というストーリー。役所さんが大上、松坂桃李さんが日岡を演じるほか、真木よう子さん、中村獅童さん、竹野内豊さん、江口洋介さんらが出演し、12日から公開中。

 続編は、原作小説の続編でもある、柚月さんの小説「凶犬の眼」(KADOKAWA)がベースとなる。現在、撮影スタッフ・キャストの調整に入っており、前作と続編の配給を手掛ける東映は、前作のスタッフ・キャストの続投を熱望しているという。

 役所さん、柚月さん、東映の代表取締役社長・多田憲之さんのコメントは以下の通り。

 ◇役所広司さんのコメント

 続編は、第1作をはるかに超えるいい作品を期待しています。今後、いろんな監督、脚本家、俳優たちがこのジャンルの映画で魅力が発揮される時代が来ると日本映画に活気が出るのではないでしょうか?

 ◇柚月裕子さんのコメント

 「荒磯に波」の東映△マークを見るだけで、心が震えました。続編は望外の喜びです。持てる力すべてをつぎ込んでくださった東映とスタッフ、劇場に足を運んでいただいた観客の皆様には、感謝の言葉しかありません。あの狂熱と恍惚(こうこつ)を、再び期待しております。

 ◇東映株式会社代表取締役社長・多田憲之さんのコメント

 「孤狼の血」は東映らしい作品となりました。このジャンルの映画を続けていかなくてはならないと思い、続編の決定をいたします。

(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会

役所広司、松坂桃李をべた褒め 「素晴らしい俳優」「目力が頼もしい」<初日舞台あいさつ>

映画「孤狼の血」の初日舞台あいさつに登場した役所広司さん(左)と松坂桃李さん
映画「孤狼の血」の初日舞台あいさつに登場した役所広司さん(左)と松坂桃李さん

 俳優の役所広司さんが5月12日、東京都内で開かれた主演映画「孤狼(ころう)の血」(白石和彌監督)の初日舞台あいさつに、共演の松坂桃李さんらと登場。劇中でバディーを組んだ松坂さんの印象について、役所さんは「繊細に自分の役をラストシーンまで積み重ねていく、ちゃんとしたプランを持っている素晴らしい俳優さんだと思っています」と絶賛。さらに「真っすぐな松坂君の目の力が共演者として、頼もしい」とべた褒めで、「恐れ多いです……」と松坂さんを恐縮させていた。

 松坂さんは、役所さんについて「バディーという関係性もあって、勝手ながら親のような、師匠のような、大先輩のような、いろんなものが混ざって……。最終的に感じたのは、(役所さんが)大きく分厚く、そして遠いな、と……」と尊敬の念を込め、「この時間は、かけがえのない時間でした」と共演の感想を語った。

 「孤狼の血」は、暴力団対策法成立前の広島の架空の都市・呉原市を舞台に、暴力団系列の金融会社社員の失踪事件を捜査する警察と暴力団組織間の激しい抗争を描いた作品。

 舞台あいさつには、真木よう子さん、中村倫也さん、音尾琢真さん、阿部純子さん、ピエール瀧さん、江口洋介さんと、原作者の柚月裕子さん、白石監督も出席。俳優生活40周年の役所さんは、「ぎりぎり体力がもったかな、というような作品に40年目に出会えて、とても幸せでした」と語った。

孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血

<動画>松坂桃李、役所広司と刑事役でバディー「宝物です」 <完成披露試写会>

孤狼の血
出典:YouTube

 俳優の松坂桃李さんが4月25日、東京都内で開かれた映画「孤狼(ころう)の血」(白石和彌監督、2018年5月12日公開)の完成披露試写会に登場。役所広司さんが演じる刑事の大上章吾とコンビを組む同じく刑事の日岡秀一を演じた松坂さんは「刑事の役というより、役所さんとバディーを組ませていただいたのが宝。濃厚な関係性の中でやらせてもらったのが宝物です」としみじみ振り返った。

 試写会には、役所さん、真木よう子さん、中村倫也さん、音尾琢真さん、阿部純子さん、竹野内豊さん、伊吹吾郎さん、ピエール瀧さん、江口洋介さん、原作者の柚月裕子さん、白石監督も出席した。役所さんは「(松坂さんとは)映画では2度目の共演になります。ほとんど一緒のシーンが多かったのですが、楽しい俳優さんでした」と笑顔で語った。

 「孤狼の血」は、暴力団対策法が成立前の広島の架空の都市・呉原市を舞台に、暴力団系列の金融会社社員の失踪(しっそう)事件を捜査する警察と暴力団組織間の激しい抗争を描く。

 伊吹さんは「(暴力団の抗争を描いた1973年公開の)『仁義なき戦い』は、(緩やかだった)あの時代だからできた作品。今の時代で企画したスタッフは本当大変だったと思う」と労をねぎらった。役所さんは「見ていただければ楽しんでいただける映画。監督から『元気のある日本映画を作りたい』と言われて頑張りました。(江口さんや竹野内さんらが演じた)ヤクザ関係者は、普段ちゃんと社会人をしていますが、根が不良ですからね」とジョークを交えて観客の笑いを誘った。

孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血

<動画>役所広司主演の映画「孤狼の血」がまさかのアニメ化!?

孤狼の血
出典:YouTube

 俳優の役所広司さんが主演の映画「孤狼の血」(白石和彌監督、2018年5月12日公開)のアイコンキャラクターの孤呉狼(こごろう)がアニメ化されたことが4月16日、明らかになった。暴力団組織の抗争を描いた映画だが、アニメはオオカミの顔をした見た目が怖い孤呉狼が、おばあさんを助けるなど意外な一面を見せるシュールな内容となっている。

 第1回がYouTubeなどで公開中で、第2回以降は毎週月曜に公開予定。第2回には、孤呉狼を「アニキ」と呼んで尊敬している加藤くんも登場する。

 「孤狼の血」は、柚月裕子さんの同名小説が原作。暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、新人刑事・日岡秀一が、暴力団との癒着がうわさされる刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当することになる……というストーリー、役所さんが大上、松坂桃李さんが日岡を演じるほか、真木よう子さんや音尾琢真さん、駿河太郎さん、中村倫也さん、阿部純子さんらが出演する。

阿部純子、朝ドラ女優が映画「孤狼の血」に出演 若頭役に竹野内豊も

映画「孤狼の血」に出演する阿部純子さん (C)2018「孤狼の血」製作委員会
映画「孤狼の血」に出演する阿部純子さん (C)2018「孤狼の血」製作委員会

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に主人公の親友役で出演した女優の阿部純子さんが、映画「孤狼(ころう)の血」(白石和彌監督)に出演することが10月4日、明らかになった。柚月裕子さんの小説を俳優の役所広司さん主演で実写化する作品で、阿部さんは、松坂桃李さん扮(ふん)する新人刑事・日岡秀一を手当てし、親交を深めていく薬局の店員・桃子を演じる。原作にはない映画オリジナルのキャラクターで、ミステリアスな存在になるという。

 阿部さんは、「撮影では白石監督や尊敬する役者さんたちにたくさん支えていただきました。作品の猛々(たけだけ)しさとは打って変わって、現場は和やかな雰囲気だったので、とても演じやすかったです」と言い、「唯一苦労したところは、広島の呉弁でのせりふです。微妙なイントネーションの違いなどがあり、時間を見つけては方言指導の方と練習しました。そのかいもあって、作品で当時の呉がよみがえったのではないかな、と思っています」と手応えを語っている。

 また映画には、俳優の竹野内豊さんが、暴力団「加古村組」の若頭・野崎康介役で出演。竹野内さんが演じるのは、江口洋介さん扮する「尾谷組」の若頭・一之瀬守孝と敵対する役どころで、劇中ではド派手な衣装とパーマ頭で登場し、呉弁での演技を披露するという。

(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会

中村獅童、「日本で一番悪い奴ら」監督作に再び 「孤狼の血」にピエール瀧ら常連続々

映画「孤狼の血」に出演する(左上から時計回りに)中村獅童さん、ピエール瀧さん、中村倫也さん、音尾琢真さん
映画「孤狼の血」に出演する(左上から時計回りに)中村獅童さん、ピエール瀧さん、中村倫也さん、音尾琢真さん

 歌舞伎俳優の中村獅童さんが、「凶悪」(2013年)や「日本で一番悪い奴ら」(16年)などで知られる白石和彌監督の最新作「孤狼の血」に出演することが2月6日、明らかになった。獅童さんは「日本で一番悪い奴ら」に続く、白石監督作への出演で、ヤクザとの癒着がうわさされる刑事・大上章吾(役所広司さん)についてかぎ回る安芸新聞の記者・高坂隆文を演じる。

 映画には獅童さんのほかにも白石監督作の“常連”の出演が決定。「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」に出演しているピエール瀧さんが、全日本祖國救済同盟の代表で大上とは旧知の仲である瀧井銀次を演じ、一之瀬守孝(江口洋介さん)が若頭を務める尾谷組の構成員・永川恭二役で中村倫也さん、尾谷組と敵対する加古村組の構成員・吉田滋役で音尾琢真さん(共に「日本で一番悪い奴ら」に出演)も登場する。また今作が、2018年5月12日に公開されることも発表された。

 獅童さんは「監督、またやっちゃいましたね! ウン、こうなったらとことんやっちゃいましょう!!」とコメントを寄せ、瀧さんも「白石組にまた参加できてうれしいです。『孤狼の血』は、脚本を読んで胸を打たれ、少しでもお役に立てたらと思えた作品でした。 撮影スケジュールがタイトで、1週間で東京と呉(広島県)を5往復してお尻が擦りむけましたが、それもいい思い出です」とコメントしている。

孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血

<映画「孤狼の血」撮影現場リポート>役所広司、松坂桃李、江口洋介らが熱量&迫力全開で激突!

映画「孤狼の血」の撮影現場での松坂桃李さん(左はし)、役所広司さん(中央)、江口洋介さん(左はし)
映画「孤狼の血」の撮影現場での松坂桃李さん(左はし)、役所広司さん(中央)、江口洋介さん(左はし)

 俳優の役所広司さんが主演を務め、柚月裕子さんの小説を実写化する映画「孤狼(ころう)の血」(白石和彌監督)の撮影現場が、このほど公開された。ヤクザとの癒着がうわさされる刑事・大上役の役所さんは現場で取材に応じ、「楽しかったです。白石監督も終盤に差し掛かるにつれて(撮影が)粘り強くなってきて、現場が深夜までかかる日も増えましたけど、ずっといい雰囲気だった」と振り返り、「俳優、スタッフ全員が『これはいい映画になる』という手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか」と充実感をにじませた。

 撮影は大上と、松坂桃李さん扮(ふん)する捜査2課の新人刑事・日岡、尾谷組の若頭・一之瀬役の江口洋介さんらが、真木よう子さん演じる高木里佳子がママを務めるクラブ「リコ」を訪れ、ひと悶着(もんちゃく)を起こすシーンの撮影が公開された。広島県呉市内にあるレトロさを漂わせる店舗内を借り切って組まれたセットは、テーブルや椅子、バーカウンターなど、作品の世界観や“昭和”の空気感を細部に至るまで丁寧に作り込んでいた。

 スタッフやエキストラなどが店舗内に所狭しと詰める中、軽妙な広島弁でやり取りをする役所さんと松坂さん。その横には物静かながらもギラギラとした鋭い眼光が印象的な江口さんが控える。そこに和装の真木さんが登場し、華やいだのもつかの間、敵対する組織の組長・五十子役の石橋蓮司さんが現れると場の緊迫感が一気に上がり、熱のこもった演技が繰り広げられた。

 撮影後、取材に応じた松坂さんは「これまでなかなか体験することのなかった“攻めた現場”で、その日の現場がどういう感じで進むのか、想像のつかない日々でした」と胸の内を明かした。今作が2度目となる白石監督について「前作よりもがっつりご一緒することができ、『やっぱり変態だなあ』と思いました(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに話し、「そんな白石監督の“攻める”感じが大好きなので、非常に充実した撮影となりました」と手応えを語る。

 クラブ「リコ」での撮影について、江口さんは「ここから戦いが始まるかのような、少しでも引いたら負けという緊迫感がありました」と話す、「完成が楽しみな現場となりました。シーンすべてが刺激的で“台本を超えている”という手応えを感じていましたし、すべてのシーンがつながったら、『仁義なき戦い』とはまた違った魅力を持ついい作品になると思います」と自信をのぞかせる。そして、「混乱した時代の中で、自分の精神を貫き通す男たちの生きざまがどう届くのか、今から興味深く思います」と思いをはせた。

 「孤狼の血」は、暴力団対策法成立以前の広島・呉原市を舞台に、暴力団系列の金融会社社員の失踪(しっそう)事件を捜査する警察と暴力団組織間の激しい抗争を描く。役所さん、松坂さん、江口さん、真木さん、石橋さんのほか、滝藤賢一さん、田口トモロヲさんらも出演している。映画は2018年春公開。(遠藤政樹/フリーライター)

孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
孤狼の血
7

/7

目次