詩季織々(しきおりおり)あらすじ

 映画「詩季織々(しきおりおり)」は、劇場版アニメ「君の名は。」「秒速5センチメートル」などの新海誠監督作品で知られるアニメ制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム」の新作アニメ。「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の三つの短編からなる。

 「陽だまりの朝食」は中国のイシャオシンさん、「小さなファッションショー」はCGチーフとして新海作品に関わってきた竹内良貴さん、「上海恋」は中国のリ・ハオリンさんが監督を務める。ハオリンさんは、約10年前に「秒速5センチメートル」を見て以来、新海監督に憧れており、CWFにオファーを送り続けたことにより同プロジェクトが始動したという。「詩季織々」の総監督はハオリンさんが務める。

詩季織々(しきおりおり)公開日

2018年8月4日公開

坂泰斗&大塚剛央、「詩季織々」初日に中国語であいさつ 2人の“仲良しエピソード”も

劇場版アニメ「詩季織々」の初日舞台あいさつに登場した(左から)リ・ハオリン監督、竹内良貴監督、坂泰斗さん、大塚剛央さん、ビッケブランカさん
劇場版アニメ「詩季織々」の初日舞台あいさつに登場した(左から)リ・ハオリン監督、竹内良貴監督、坂泰斗さん、大塚剛央さん、ビッケブランカさん

 声優の坂泰斗さんと大塚剛央さんが8月4日、東京都内で行われた劇場版アニメ「詩季織々(しきおりおり)」の初日舞台あいさつに登場。本作は中国を舞台とした作品で、2人は中国語であいさつすると、同席した中国のリ・ハオリン監督は、2人のあいさつを聞いて「さすがに声優ということで、発音が上手ですね」と褒めていた。

 「詩季織々」は、劇場版アニメ「君の名は。」「秒速5センチメートル」などの新海誠監督作品で知られるアニメ制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム」の新作で、中国の3都市を舞台にした、「陽だまりの朝食」(イシャオシン監督)、「小さなファッションショー」(竹内良貴監督)、「上海恋」(リ監督)の三つの短編からなるオリジナルアニメ。

 本作で初めて主要キャラクターを担当したという坂さんと大塚さん。坂さんは「オーディションの原稿をいただいた時から、映像はなくてもきれいに感じる描写があって、この作品に出られるのは光栄なことです」と語り、大塚さんは「オーディションの時から大きな作品になると思い、出たいと思っていたので、こうやってお披露目できて本当に光栄です」と感激していた。

 2人は意気投合し、プライベートでも会う仲だといい、坂さんは「一緒に(作品でも登場する)汁ビーフンを食べに行こうとなったんですけど、湖南省の料理って四川料理よりも辛くって……」と話すと、大塚さんも「辛かったねぇ…」と同意し、「錦糸町の方で、この作品とコラボした汁ビーフンを、レシピもそのままに作ってくださるお店があるので、そっちの方にも行きたいねって話しています」と仲良しエピソードを披露していた。舞台あいさつには竹内監督、主題歌「WALK」を歌うビッケブランカさんも登場した。

詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)

<特集>「詩季織々」コミックス・ウェーブ・フィルムを訪問 キャラクターの心情まで表現する背景のこだわり

コミックス・ウェーブ・フィルムの新作アニメ「詩季織々」の一編「上海恋」の一場面 (C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
コミックス・ウェーブ・フィルムの新作アニメ「詩季織々」の一編「上海恋」の一場面 (C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

 劇場版アニメ「君の名は。」「秒速5センチメートル」などの新海誠監督作品で知られるアニメ制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム」の新作アニメ「詩季織々(しきおりおり)」が、8月4日に公開される。その制作現場・市ケ谷スタジオを訪問した。ここでは同社の強みでもある背景を手がけている。プロデューサーの堀雄太さん、美術監督の渡邉丞さん、小原まりこさん、友澤優帆さんに、背景へのこだわりを聞いた。

 ◇背景美術を生かすためのこだわり

 「詩季織々」は、「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の三つの短編からなる。「陽だまりの朝食」は中国のイシャオシン(易小星)さん、「小さなファッションショー」はCGチーフとして新海監督作品に長年関わってきた竹内良貴さん、「上海恋」は中国のリ・ハオリン(李豪凌)さんが監督を務める。

 ハオリンさんは、約10年前に「秒速5センチメートル」を見て以来、新海監督に憧れ、コミックス・ウェーブ・フィルムに熱烈なオファーを送り続けたことで同プロジェクトが始動した。3編はそれぞれ中国の3都市が舞台。中国の暮らしの基礎となるという「衣食住行」をテーマにした青春アンソロジーが描かれる。

 今回訪れたスタジオには、背景などを担当する美術部とCG部がある。幾つものディスプレーを開きながら、スタッフが真剣に作業していた。

 プロデューサーの堀さんは、同社の特徴として「社内に美術部があるのが特徴であり強み」と話す。通常のテレビアニメの場合は、レイアウトの段階でキャラクターの部屋や背景などに何を配置するかが決まっているが、同社の場合は「美術部がいろいろなものを足すことがある。『君の名は。』でもそうですが、あるシーンを特定の方にお願いして、その方の個性を背景で出していただく」と堀さんは語る。

 アニメではキャラクターが主役とのイメージが強いが、堀さんは「弊社では、キャラクターがあって背景が決まるのではなく、どちらかというと、『この背景があるからこそ、こういうキャラクターが乗るんじゃないか』という形でやっています」と制作のこだわりを明かした。

 ◇キャラクターの心情、時間軸を背景で表現

 中国・上海を舞台とした「上海恋」の美術監督を務めたのが、「君の名は。」など多くの新海監督の美術を手がけた渡邉さんだ。ビル群など構造物が多い上海が舞台ということで、細かい作業を得意とする渡邉さんにオファーがかかったという。

 渡邉さんは、実際にロケハンで上海の街を訪れた際は、「スケールが大きい」という印象を受けたという。「日本の建物で使うような、コンクリートや鉄筋を使った建物だが、規模が違うという印象を強く受けました。(劇中に登場する)石庫門は日本の下町よりも、ごちゃごちゃ感というか、もっと情報を凝縮したような印象を受けました」と振り返る。日本と比べると建物の配置や雰囲気も違うため、制作では「考える時間が長くなってしまった」という。

 渡邉さんが上海の街を描いたボードをハオリン監督に見せた際は、「きれい過ぎる」と言われたそうだが、渡邉さんは「情報量を増やすより、キレイに見せる」ことにこだわった。「我々が描くのはアニメの世界なので、やっぱり美しく見せたい」という思いが強かったといい、空を描く際も、実際には無い大きな雲を描いたという。

 「上海恋」は、キャラクターたちの子供時代と大人になった現代という時の経過が描かれる作品だ。背景を描く上で渡邉さんは時間軸にこだわり、「大人になった世界を若干彩度を低めにして、ちょっとおとなしい色使いにした。一方、子供の頃をキラキラさせた」という。「子供って大人になることはできても、大人は子供に戻ることはできないので」といい、子供時代を「淡い思い出」として振り返る、キャラクターの心情も背景に反映させている。

 渡邉さんは、作中でキャラクターのすれ違いが描かれているところに新海監督とハオリン監督との共通点を感じるという。「新海監督の作品を見ると、夕焼けとか夕暮れ時に2人の別れや出会いといった物語の大事なポイントが関わってくる。夕焼けへのこだわりは、ハオリン監督も『時間の流れを大事にしたい』とおっしゃっていたので、できるだけ画面で表現できるようにした」と語った。

 ◇キャラクターの特徴を表現する背景

 「小さなファッションショー」の美術監督を務めた小原さん、友澤さん。中国・広州を舞台にした、人気モデルの姉と服飾専門学校に通う妹の物語。小原さんと友澤さんは「言の葉の庭」の制作時に学生アルバイトとして関わった。その後、「コミックス・ウェーブ・フィルム」に入社。共に今回が初の美術監督だ。

 姉の部屋の背景を担当したという友澤さんは「自分にも姉がいて、『姉だったら部屋にこういうものを置くかもしれない』と想像して描いていった」と自身の経験も基にして背景を作っていったという。ファッションの最先端を行くモデルの部屋ということで、「今のオシャレな女の子はどんなものを置くんだろうと、雑誌を見たり、雑貨屋さんに足を運んだりして、アロマやオイル標本を部屋に描きました」と、研究を重ねながら、キャラクターに合う部屋を表現していった。

 小原さんと友澤さんもロケハンで広州の街を訪れ、「洗練されたリゾート地」という印象を持ったという。その印象をアニメで表現する上で「キャラクターが配置された時に邪魔になるものは取ったり、そのまま描くと寂しくなってしまう時は実際に無いものを足したりしました」と話す。

 「(竹内)監督に『このシーンはすごくキラキラした印象』と指示を受けた時は、現実には無い明るさという鮮やかさを出して、あざと過ぎず美しく見える絵を模索した」とこだわりを明かした。

 「コミックス・ウェーブ・フィルム」作品を形作る上で大きな役割を果たす背景。「詩季織々」では、繊細で写実的でありながら、アニメだからこそ表現できる美しさにこだわった背景にも注目したい。

詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)
詩季織々(しきおりおり)

<動画>「詩季織々」本予告が公開 主題歌はビッケブランカ コミックス・ウェーブ・フィルム新作アニメ

詩季織々(しきおりおり)
出典:YouTube

 劇場版アニメ「君の名は。」「秒速5センチメートル」などの新海誠監督作品で知られるアニメ制作会社コミックス・ウェーブ・フィルムの新作劇場版アニメ「詩季織々(しきおりおり)」(リ・ハオリン、イシャオシン、竹内良貴監督、8月4日公開)の本予告が5月25日、公開された。シンガー・ソングライターのビッケブランカが主題歌「WALK」を担当することも分かった。

 「詩季織々」は、「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の三つの短編からなり、本予告では、主題歌「WALK」が流れ、それぞれの短編のキャラクターが登場する。

 ◇ビッケブランカのコメント

 「君の名は。」を制作した コミックス・ウェーブ・フィルムの最新作ということで、制作の方々の熱意を強く感じ、より一層気合が入りました。映像を通して音楽を作り上げるまで、世界観を構築していくことはたやすかったし、三つのストーリーが共通して伝えたいことを、僕はただ音に変えただけです。まさにこの作品自身がペンをとって書いた歌、と言えます。携われて光栄でした。

劇場版アニメ「詩季織々」のビジュアル(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
劇場版アニメ「詩季織々」のビジュアル(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

坂泰斗、寿美菜子、白石晴香、安元洋貴らが出演 「詩季織々」声優キャスト発表

劇場版アニメ「詩季織々」に出演する声優陣とキャラクター(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
劇場版アニメ「詩季織々」に出演する声優陣とキャラクター(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

 劇場版アニメ「君の名は。」「秒速5センチメートル」などの新海誠監督作品で知られるアニメ制作会社コミックス・ウェーブ・フィルムの新作劇場版アニメ「詩季織々(しきおりおり)」(リ・ハオリン、イシャオシン、竹内良貴監督、今夏公開)に声優として坂泰斗さん、寿美菜子さん、白石晴香さん、安元洋貴さんらが出演することが4月26日、明らかになった。

 「詩季織々」は、「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の三つの短編からなり、坂さんは、イシャオシン監督の自身の思い出を詩的に描いた「陽だまりの朝食」で、主人公の青年時代を演じる。坂さんは2017年に本格的にキャリアをスタートしたばかりで、主演に抜てきされた。

 姉妹の絆を描く「小さなファッションショー」では、寿さんが姉、白石さんが妹をそれぞれ演じ、安元さんはモデルである姉のマネジャー役として出演する。淡い初恋を描く「上海恋」では、大塚剛央さんが主人公、長谷川育美さんが主人公の初恋相手の声優を務める。

 ◇坂泰斗さんのコメント

 僕自身がとてもおばあちゃんっ子なので、シャオミン(主人公)のおばあちゃんに対する気持ちにとても共感しました。また、いつの間にか忘れかけていた思い出に、再び目を向ける機会をくれた作品だなと感じています。全ての人に、日々を過ごすうちに頭の隅っこに押しやられてしまった、幼い頃のたくさんの思い出があると思います。この作品を見て、その思い出たちにもう一度目を向けていただければと思います。

 ◇寿美菜子さんのコメント

 私が演じさせてもらったイリンは、強気で本当に真っすぐな人。日常から荒ぶったテンションが欲しいとディレクションをいただき、パワフルに演じさせてもらいました。その分イリンの熱が伝わればうれしいです。きっと見終わった後、大事な人に会いたくなる、そんな温かな作品です。お楽しみください。

 ◇白石晴香さんのコメント

 姉のイリンとぶつかりながらも、一緒に乗り越えて成長していくルルを演じて、私自身勇気をもらい、すごく温かい気持ちになりました。きっと何か新しいことを始めたくなるようなすがすがしい気持ちになれますので、ぜひご覧ください! 皆さんの一歩踏み出す勇気のお手伝いができればと思います。

 ◇安元洋貴さんのコメント

 キャラクターとしてはとても濃い人物でしたが、なぜか爽やかでもありました。そんなバランスのキャラクターが生き生きできるステキな空間を楽しんでください。僕個人は、収録後、姉に会いたくなり、妹が欲しくなりました(笑い)。

 ◇大塚剛央さんのコメント

 リモ(主人公)は、ちょっとプライドが高かったり好きな子に素直になれなかったり、本当に年相応の少年なのですが、あるきっかけもあって、大人になるにつれて環境とともに変わっていく心の動きが、もどかしくもあり、演じていてとても楽しかったです。変化していく街並みや、リモたちの関係に寂しさや懐かしさ、いろいろなことを感じていただけると思います。ぜひたくさんの方に見ていただけたらうれしいです。

 ◇長谷川育美さんのコメント

 アニメで主要キャラを担当させていただくのが初めてで緊張しましたが、(自身が演じる)シャオユの揺れる気持ちを大切に演じさせていただきました。正直気付いたら録(と)り終えていた感覚なので、公開がドキドキです……! 「上海恋」は変わっていく街と初恋を描いた切なくも温かいすてきな作品です。国や時代が違えど、きっと心に残るものがあると思います。キレイな映像と共にお楽しみください。

(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

「詩季織々」劇場版アニメの特報&ビジュアル公開 「君の名は。」のコミックス・ウェーブ・フィルム新作

詩季織々(しきおりおり)
出典:YouTube

 劇場版アニメ「君の名は。」「秒速5センチメートル」などの新海誠監督作品で知られるアニメ制作会社コミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)の新作劇場版アニメ「詩季織々(しきおりおり)」(リ・ハオリン、イシャオシン、竹内良貴監督、今夏公開)のビジュアルと特報が3月22日、公開された。アニメは中国の三都市を舞台にした三つの短編が描かれ、特報には各ストーリーの重要なシーンが収められているという。

 「詩季織々」は、「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の三つの短編からなる。「陽だまりの朝食」は中国のイシャオシンさん、「小さなファッションショー」はCGチーフとして新海作品に関わってきた竹内良貴さん、「上海恋」は中国のリ・ハオリンさんがメガホンをとる。総監督はリ・ハオリンさんが務める。

 「陽だまりの朝食」は“食”がテーマ。イシャオシン監督の出身地・湖南省の牧歌的な美しい風景に、名物・三鮮米粉(さんせんビーフン)と祖母との思い出が描かれる。「小さなファッションショー」は“衣”をテーマに、都市・広州で、幼い頃の思い出を抱え懸命に生きる姉妹の姿が描かれる。「上海恋」は“住”がテーマで、新海監督の「秒速5センチメートル」のオマージュ作。ハオリン監督の故郷である上海の石庫門(せきこもん)を舞台に、少年と少女の青春模様が描かれる。

劇場版アニメ「詩季織々」の「小さなファッションショー」のビジュアル (C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
劇場版アニメ「詩季織々」の「小さなファッションショー」のビジュアル (C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

「君の名は。」の制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム」の新作が今夏公開 中国舞台の青春アンソロジー

コミックス・ウェーブ・フィルムの新作アニメ「詩季織々」のビジュアル (C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
コミックス・ウェーブ・フィルムの新作アニメ「詩季織々」のビジュアル (C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

 劇場版アニメ「君の名は。」「秒速5センチメートル」などの新海誠監督作品で知られるアニメ制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム」(CWF)の新作アニメ「詩季織々(しきおりおり)」が、今年夏に公開されることが2月27日、分かった。中国の3都市を舞台にした、青春アンソロジーが描かれる。

 「詩季織々」は、「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の三つの短編からなる。「陽だまりの朝食」は中国のイシャオシンさん、「小さなファッションショー」はCGチーフとして新海作品に関わってきた竹内良貴さん、「上海恋」は中国のリ・ハオリンさんが監督を務める。ハオリンさんは、約10年前に「秒速5センチメートル」を見て以来、新海監督に憧れており、CWFにオファーを送り続けたことにより同プロジェクトが始動したという。「詩季織々」の総監督はハオリンさんが務める。

 以下、各監督のコメント

 ◇リ・ハオリンさん

 人の一生は一瞬で過ぎ去り、人は何かを忘れ、誰かと別れ、離れていってしまう。そんなはかなく消えゆくものを、美しい映像としてずっと残したいと思いました。舞台となる上海の石庫門は、1980年代に生まれた私たちの世代には“実家”のような存在です。狭い中で、家族の距離は近く、温かい。しかし、時代とともに、人がいなくなり、石庫門は徐々に取り壊されています。幼少期、いつまでもその家に家族一緒に暮らしていくと思っていたのに、いつしか離れ離れに、そして永遠に別れることになる。そんな“実家”への感情は“初恋”に似ていると思いました。「上海恋」ではアニメーションという言葉を通して、それらの感情を皆様にお届けできれば幸いです。

 ◇竹内良貴さん

 この作品を作るにあたり、中国の広州の街中を歩き回りました。近代的な真新しいビルが建ち並び、かと思えば昔ながらの町の風景もそこかしこに息づき、それらがものすごい速さで変化していくという、まさに時代の変化を絵に表したかのような光景がそこにはありました。そこで暮らす人々はどのような思いを抱いて生活しているのでしょうか。さまざまな人たちがいると思います。幸せな人、つらい人、未来に希望を抱く人、あるいは流されて生きている人もいるかもしれません。いろいろと想像することができると思います。この僕の作品は服をキーにして姉妹の関係性の変化を描いていますが、それを通して何か感じ取れるものが見終わった後に残ってくれれば幸いです。

 ◇イシャオシンさん

 これまで実写作品を手掛けてきた私にとって、初のアニメーション監督作品です。原作は、私が6年前に書いた短文です。当時の私は田舎から北京に来たばかりで、頼れる人も、友も、仕事の目標もありませんでした。ある寒い冬の夜、あまりの寂しさから、故郷を思い、祖母や家族との懐かしの味とその思い出を物語にしました。その作品は共感を呼び、映画化の提案も多くいただきましたが、今回、縁あってこの企画のお話をいただいた時に、この原作でアニメに初挑戦しようと決めました。唯一残念なことは、祖母に捧げた作品だったのですが、完成する2カ月前に祖母が亡くなり、その目で見てもらえなかったことです。ただ、天国にいる祖母も、ほほ笑んでくれると信じています。

(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
6

/6

目次