映画 おかあさんといっしょ

映画 おかあさんといっしょあらすじ

 映画「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」は、「歌のお兄さん」の花田ゆういちろうさん、「歌のお姉さん」の小野あつこさん、「体操のお兄さん」の小林よしひささん、「パント!のお姉さん」の上原りささんらがスタジオを飛び出して、さまざまな場所へと冒険に出発。さらに、人形劇「ガラピコぷ~」は初めてオリジナルアニメ化され、ウサギのチョロミー、オオカミのムームー、ロボットのガラピコがいつもの「しずく星」を飛び出し、初めて訪れる星で大冒険を繰り広げる。

 「おかあさんといっしょ」は、低年齢児の情緒や表現、言葉、体などの発達を助けることを狙いとした番組で1959年10月にスタートした。90年に「おかあさんといっしょ」内で放送されていた人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ「海だ!船だ!にこにこ、ぷん」として公開されたが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される1本の映画としては、今回が初の映画化となる。

映画 おかあさんといっしょキャスト

花田ゆういちろう▽小野あつこ▽小林よしひさ▽上原りさ

公開日

2018年9月7日公開

ニュース

映画 おかあさんといっしょ

「おかあさんといっしょ」が初の映画化 「はじめての大冒険」9月公開 「ガラピコぷ~」もアニメに!

 今年で60年目を迎えるNHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」が初めて映画化され、「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」のタイトルで9月7日に全国で劇場公開されることが2月15日、明らかになった。実写とアニメ、歌や体操、踊り、ゲームが盛り込まれた体験型のファミリー向け映画になるという。

続きを読む