あの日のオルガン あらすじ

あの日のオルガンあらすじ

 映画「あの日のオルガン」は、女優の戸田恵梨香さんと大原櫻子がダブル主演を務める。映画は、第2次世界大戦末期の日本が舞台。警報が鳴っては防空壕に避難する生活が続く1944年、東京都品川区の戸越保育所では、保母たちが保育所の疎開を模索していた。まだ幼い園児たちを手放す不安、迫りくる空襲から子供たちだけでも助けたい、と意見の分かれる親たちを保母たちが必死に説得する中、埼玉に受け入れ先の寺が見つかる。荒れ寺での疎開生活をスタートした若い保母たちと幼い園児たちを待っていたのは、毎日わき出てくる問題との戦いの日々。保母たちは子供たちと向き合い、毎日ひたむきに励まし合いながら奮闘していたが、そんな彼女たちにも空襲の影が迫る……というストーリー。「ひまわりと子犬の7日間」の平松恵美子監督がメガホンをとる。

「あの日のオルガン」のあらすじは