ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

  • スタッフ:
    監督:ロン・ハワード
  • キャスト:
    オールデン・エアエンライク▽ウッディ・ハレルソン▽エミリア・クラーク▽ドナルド・グローヴァー
  • 公開日:
    2018年6月29日公開
UPDATE

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーあらすじ

 映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督)は、2018年6月29日公開。ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感を仲間を救ってきたソロの過去を描く。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だった「ミレニアム・ファルコン」をソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

 ソロ役は映画「ヘイル、シーザー!」のオールデン・エアエンライクさんが演じ、「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズを手掛け、「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞で作品賞や監督賞などを受賞したロン・ハワード監督がメガホンを執る。

スタッフ

監督:ロン・ハワード

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーキャスト

オールデン・エアエンライク▽ウッディ・ハレルソン▽エミリア・クラーク▽ドナルド・グローヴァー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー公開日

2018年6月29日公開

<映画レビュー>「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」ソロの若き日を西部劇とロックテイストで描く

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の一場面 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の一場面 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの中でもとりわけ人気の高いキャラクター、ハン・ソロの若き日を描く「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督)が、6月29日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。ハンの生い立ち、名前の由来、チューバッカや愛機ミレニアム・ファルコン号との出会いなど、彼の知られざる過去が明かされていく……。

 銀河帝国が支配を強め暗雲が立ち込める時代。惑星コレリアで生まれ育ったハン(オールデン・エアエンライクさん)に家族はいない。唯一心を許せるのは、共にスラムで育ったキーラ(エミリア・クラークさん)だけだった。今の生活から抜け出したいハンとキーラは、ある日、故郷からの脱出を試みるが……というストーリー。

 ハンを、人生を懸けるだけの価値ある冒険に導くトバイアス・ベケットをウディ・ハレルソンさん、ハンとは浅からぬ因縁を持つことになるランド・カルリジアンをドナルド・グローバーさんが演じている。ランドの相棒の女性型ドロイド「L3-37」も登場する。

 「スター・ウォーズ」シリーズが黒澤明監督の映画からインスピレーションを得ていることは周知の事実だ。来日したハワード監督によると、今回はそこに「スティーブ・マックィーンの『ブリット』(1968年)のような西部劇の匂いがするアメリカンクライム(犯罪)ものと、米国70年代のロックンロール的な感覚、そして初期の『スター・ウォーズ』の要素」をミックスさせたという。その言葉通りの手に汗握るチェイスシーンやワクワクさせられる活劇シーンが目白押しだ。

 正直なところ、映画を見る前はハリソン・フォードさんと似ていないと思ったハン役のエアエンライクさん。しかし、やんちゃな雰囲気や、片方の口角を上げた笑い方、さらに、無鉄砲な行動の数々を見ているうちに、いつしか違和感はなくなっていた。ヨーナス・スオタモさんが演じるチューバッカの、190歳らしい(?)若さあふれる身のこなしも必見。師弟関係は「スター・ウォーズ」シリーズを貫く太い軸の一つ。ハンがベケットから何を学ぶかにも注目だ。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
出典:YouTube

<動画>ハン・ソロの相棒チューバッカのユニーク動画が公開 せりふや演技の練習を…

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
出典:YouTube

 「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりしころを描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)で、ソロの相棒・チューバッカの撮影の裏側を収録した動画が6月20日、公開された。せりふや演技の練習をしているチューバッカの姿や彼の演技を絶賛する共演者たちのインタビューなどを収めたユニークな内容になっている。

 動画では、ソロを演じたオールデン・エアエンライクさんや、謎の美女キーラを演じたエミリア・クラークさんらが、チューバッカについて、冗談交じりでインタビューに応じている。エアエンライクさんは「撮影現場ではいつも彼の演技から学ぼうとしていたんだ。この映画で僕のシーンが全カットされていないか心配だよ。あんなにすごい演技をされたらね。カメラがくぎ付けになるのも当然だ」と告白。クラークさんは「チューバッカにありがとうと言いたいわ。たくさん学ばせてもらったもの。今の私があるのはあなたと共演できたお陰よ」と絶賛している。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。チューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアン(ドナルド・グローバーさん)との遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれている。

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のビジュアル
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のビジュアル

チームしゃちほこ・秋本帆華、6メートルの巨大チューバッカに「テレビ塔持ち上げられそう!」

映画「スター・ウォーズ」シリーズのチューバッカに変身したナナちゃん人形のお披露目式に登場した「チームしゃちほこ」の秋本帆華さん
映画「スター・ウォーズ」シリーズのチューバッカに変身したナナちゃん人形のお披露目式に登場した「チームしゃちほこ」の秋本帆華さん

 名古屋を拠点にするアイドルグループ「チームしゃちほこ」の秋本帆華(ほのか)さんが6月13日、名古屋駅前のシンボル「ナナちゃん人形」が、大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、チューバッカに“変身”したことをPRする、お披露目式に登場した。約6メートルに“巨大化”したチューバッカを目の当たりにした秋本さんは「迫力がすごい! チューバッカは力持ちキャラ。ここまで大きいと(名古屋の)テレビ塔も持ち上げられそう!」と大興奮だった。

 チューバッカは「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの相棒。今回の企画は、ソロを主人公にした映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)の公開を記念して開催中の、名古屋鉄道とのコラボの一環で実施された。秋本さんは名鉄グループのクレジットカード「名鉄ミューズカード」のイメージキャラクターを務めていることから、お披露目式に出席。司会は「9歳からスター・ウォーズファン」というタレントでDJのクリス・グレンさんが、ソロのコスプレ姿で務めた。

 秋本さんは、今回のお披露目式出席を機に「スター・ウォーズ」シリーズと映画「ハン・ソロ」を見たといい、「私のようなライトファンでも楽しめる。悪党との怒濤(どとう)のアクションや、予想できない展開を見てほしい。結末が分かった上でもう一回見たいと思える」と熱く語り、同シリーズに夢中になった様子だった。

 ナナちゃん人形は、身長610センチ、体重600キロの巨大マネキン。1973年に名鉄百貨店前(名古屋市中村区)に設置された。コスチュームは約2週間ごとに着替えており、企業や地域のキャンペーン衣装や、キャラクターのコスチュームを着ることでも知られている。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。チューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

「スター・ウォーズ」人気キャラ・チューバッカが6メートルに巨大化! ナナちゃん人形が“変身”

映画「スター・ウォーズ」シリーズのチューバッカに変身したナナちゃん人形(中央)
映画「スター・ウォーズ」シリーズのチューバッカに変身したナナちゃん人形(中央)

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、チューバッカが約6メートルに“巨大化”し、6月13日、名古屋駅前にお目見えした。名古屋駅前のシンボル「ナナちゃん人形」が同キャラクターに“変身”したもので同日、お披露目式が行われた。6月29日まで展示される。

 ナナちゃん人形は、身長610センチ、体重600キロの巨大マネキン。1973年に名鉄百貨店前(名古屋市中村区)に設置された。コスチュームは約2週間ごとに着替えており、企業や地域のキャンペーン衣装や、キャラクターのコスチュームを着ることでも知られている。

 チューバッカは「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの相棒。関係者によると、今回のコスチュームは、劇中のチューバッカに忠実にデザインされ、特にフェークファーを使用した毛の色や質感にこだわったという。デザインが完成してから約1カ月かけて制作された。

  今回の企画は、ソロを主人公にした映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、29日公開)の公開を記念して開催中の、名古屋鉄道とのコラボの一環で実施。お披露目式には、名古屋を拠点にするアイドルグループ「チームしゃちほこ」の秋本帆華(ほのか)さんらも登場した。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ミキ・昴生、新婚のろけ 奥さんは「レイア姫みたい」 <レッドカーペット・イベント>

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」レッドカーペット・イベントに登場した(右から)昴生さん、亜生さん、チューバッカ
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」レッドカーペット・イベントに登場した(右から)昴生さん、亜生さん、チューバッカ

 お笑いコンビ「ミキ」の昴生(こうせい)さんが6月12日、東京都内で行われた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)のレッドカーペット・イベントに登場。7日に一般女性との結婚を発表したばかりの昴生さんは、会場のファンから「結婚おめでとう!」と声援を受けて「ありがとうございます」と笑顔を見せ、弟の亜生(あせい)さんが「ほんまに奥さんが(チューバッカに)そっくりなんです」というと、「全然! レイア姫みたいな奥さん!」とのろけてみせた。

 昴生さんは「昨日も、奥さんと(スター・ウォーズの)エピソード1を仲良く見てた。可愛いなーこの子はって思った」と、幸せな新婚生活を明かした。一方、同作の日本語吹き替え版にカメオ出演した亜生さんは「お兄ちゃんと2人で(カメオ出演)したいと言ったんですが、スター・ウォーズさん側から『彼の声はスター・ウォーズの世界観を崩す』と言われて、(兄の出演は)なくなりました」と明かして、会場の笑いを誘っていた。

 イベントにはハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクさん、ハワード監督と、ソロの相棒のチューバッカが劇中の190歳の姿で出席。日本人ゲストとして、ミキのほか、同作の日本語吹き替え版に声優としてカメオ出演した俳優で歌手の及川光博さん、宇宙飛行士の野口総一さんも登場した。

 映画は、大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた作品。ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去が明らかになる。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

市川海老蔵、映画「ハン・ソロ」吹き替え版でストームトルーパー役 「大変光栄」

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の会見に登場した市川海老蔵さん(右)
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の会見に登場した市川海老蔵さん(右)

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが6月11日、東京都内で行われた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)の会見に登場。海老蔵さんは同作の日本語吹き替え版に声優としてカメオ出演しており、会見では海老蔵さんが「ハン・ソロとチューバッカが初めて出会う場に立ち会うストームトルーパー役」であることが明かされた。海老蔵さんは「子供のころから好きだった作品に、声で出演させていただいて、わずかな出演ではございますがお声がけいただいたこと、大変光栄に思っています」と喜びを語った。

 会見には海老蔵さん、ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクさん、ハワード監督と、ソロの相棒のチューバッカが劇中の190歳の姿で出席した。エアエンライクさんは、これまで「スター・ウォーズ」シリーズでハン・ソロ役を務めてきたハリソン・フォードさんと、フォードさんのプライベートジェットの格納庫で面会してアドバイスを受けたと明かし、「必要なことはすべて教えてもらった。(でも)内容については一切口外してはいけない、と言われています」と笑顔で明かしていた。

 映画は、大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた作品。ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去が明らかになる。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」市川海老蔵、及川光博らが吹き替え版にカメオ出演

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本語吹き替え版に声優としてカメオ出演する(上段左から)市川海老蔵さん、及川光博さん、(下段左から)ハマ・オカモトさん、「ミキ」の亜生さん、野口総一さん (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本語吹き替え版に声優としてカメオ出演する(上段左から)市川海老蔵さん、及川光博さん、(下段左から)ハマ・オカモトさん、「ミキ」の亜生さん、野口総一さん (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)の日本語吹き替え版に歌舞伎俳優の市川海老蔵さん、俳優で歌手の及川光博さん、宇宙飛行士の野口総一さん、4人組バンド「OKAMOTO’S」のハマ・オカモトさん、お笑いコンビ「ミキ」の亜生さんが、声優としてカメオ出演することが6月6日、分かった。5人は「スター・ウォーズ」シリーズのファンとして知られている。

 「スター・ウォーズ」シリーズでは、これまでも「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に俳優のダニエル・クレイグさん、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」にギャレス・エドワーズ監督やイギリス王室のヘンリー王子と、各界の「スター・ウォーズ」ファンがカメオ出演してきた。

 海老蔵さんは「世界中にファンの多いスター・ウォーズの映画に声優として参加させていただき、大変光栄に思っております。そして何よりもスター・ウォーズ・ファンの皆様に楽しんでいただければ幸いです」とコメント。及川さんは「決まったときは、タイムマシンで過去にさかのぼって8歳の僕に教えてやりたい!と思いました(笑い)。ともあれ興奮と喜びで……なんか若返ってます」と喜びを語っている。

 「スター・ウォーズ」との出会いが宇宙を目指すきっかけとなったという野口さんは「40年以上にわたりSFファン、そして宇宙ファンを魅了してきた『スター・ウォーズ』。今後も全世界、いや全銀河系にその魅力を発信し続けてほしいです!!!」と語り、ハマ・オカモトさんは「“感慨無量”この言葉しか出てきません。僕は幸せ者です」と喜びのコメント。亜生さんは「自分がスター・ウォーズに少しでも携われるのが夢みたいです!! これは一生の思い出です。おじいちゃんになっても自慢したいと思います!!」と喜んでいる。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

新“美女”ドロイドL3‐37の最新ビジュアル公開 毒舌な一面、R2‐D2との意外な共通点も

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場する女性型ドロイドL3‐37 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場する女性型ドロイドL3‐37 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)に登場する女性型ドロイドL3‐37(エルスリー・スリーセブン)の最新ビジュアルが6月1日、公開された。L3‐37が操縦をしている場面や腕を上げている姿などが収められている。

 L3‐37は、同シリーズの新キャラクターで、モデル体形の“美女”ドロイド。走ったり、戦ったり、ミレニアム・ファルコンを操縦したりと身体能力も抜群だという。L3‐37を演じた女優のフィービー・ウォーラー・ブリッジさんは、「(L3‐37は)とても革新的なドロイドなの。最初はR2‐D2のように修理や整備用のドロイドだったんだけど、自分自身をアップデートさせて、いろいろな動きをできるようにしていったのよ」と明かしている。また、意志が強く相棒のランド・カルリジアンには反抗的で、悪気なく思ったことをすぐに言ってしまう毒舌な一面もあるという。

 ハワード監督は「女性型ドロイドのL3‐37はとても重要で革新的なキャラクターなんだ。彼女はドロイドだけど、自分なりの考えを持っていて、強い芯のある個性的なドロイドだよ。頭が良くて面白くて、誰もがL3‐37を好きになると思う。本当に素晴らしいキャラクターなんだ」とコメントしている。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」“新旧”ハン・ソロのツーショット公開 本編新映像も

ハリソン・フォードさん(左)とオールデン・エアエンライクさん(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
ハリソン・フォードさん(左)とオールデン・エアエンライクさん(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)で“若きハン・ソロ”を演じるオールデン・エアエンライクさんと、長年“ハン・ソロ”を演じてきたハリソン・フォードさんのツーショットを収めた写真が5月24日、公開された。背がほとんど変わらない2人がポケットに手を入れる“おそろいポーズ”を取り、まるで親子のような雰囲気を見せている。

 写真は、先日エアエンライクさんがインタビューを受けている際に、フォードさんが急に現れるという“サプライズ”があり、そのときに撮影されたもの。エアエンライクさんは、フォードさんの突然の登場に「オーマイガー!」と言葉を失い、一方のフォードさんは「俺の椅子から降りろ! 俺の人生から出ていけ」と得意のジョークを披露したという。フォードさんはインタビューに応じ、「オールデンは本当に頭が良くて素晴らしいよ。彼がやった“ハン・ソロ”の演技を見て、とても賢いと思った」と絶賛している。

 写真のほか、ハン・ソロとチューバッカ、キーラがミレニアム・ファルコン号で銀河を駆け抜けるシーンを収めた同映画の本編映像も公開された。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
出典:YouTube

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー:ロン・ハワード監督やオールデン・エアエンライクの来日決定 新たな予告映像も解禁

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の来日決定画像 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の来日決定画像 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、6月29日公開)で、ハワード監督や主役のハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクさんらが来日することが5月14日、分かった。今回、初来日となるエアエンライクさんは「日本にはずっと行ってみたかったんだ! 初めての日本にとてもワクワクしているよ! 日本の伝統的な旅館に行ってみたいな」とコメントを寄せている。

 映画で謎の美女・キーラを演じるエミリア・クラークさん、ハン・ソロの相棒・チューバッカの来日も決定した。ハワード監督は2014年以来4年ぶりの来日で、クラークさんはサラ・コナー役で出演した「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(15年)以来3年ぶりの来日となる。

 同時に、若きハン・ソロが悪党になった経緯を、エアエンライクさん、ハワード監督、クラークさん、脚本のローレンス・カスダンさんらが証言する予告映像も解禁された。映像でエアエンライクさんは「この男がどうやってああいう男になったのかを見ることができる。どれもこれも、大きく広がる“ハン・ソロ”の世界の一部なのさ」とコメントしている。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」ワールドプレミアにジョージ・ルーカス登場 ルーク、オビ=ワンらジェダイも

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のワールドプレミアに登場したジョージ・ルーカス監督(中央)(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のワールドプレミアに登場したジョージ・ルーカス監督(中央)(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、6月29日公開)のワールドプレミアが5月10日(現地時間)、米ハリウッドで開催され、シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカス監督がレッドカーペットに登場。集まった多くのファンを熱狂させた。

 イベントには、ハワード監督や主役のハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクさんや謎の美女・キーラ役のエミリア・クラークさんらキャスト陣、ソロの相棒・チューバッカのほか、歴代作品でルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルさん、オビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガーさんらも参加。会場前には400メートルのレッドカーペットが敷かれ、ほぼ実寸大の宇宙船「ミレニアム・ファルコン」も登場した。

 イベントは、ルーカス監督がエアエンライクさんと肩を組んだり、旧友でもあるハワード監督とも談笑するなど、終始和やかな雰囲気で進行。ハワード監督は「この作品は(脚本・制作総指揮の)ローレンス・カスダンが死ぬほど書きたがっていたストーリーなんだ。予想がつかない展開に加えて、派手なアクションやユーモアもあり、ドラマチックな人間関係もある。観客が驚くサプライズ(なシーン)がたくさんあるはずだ」とコメントした。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

チューバッカの年齢が明らかに!「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」US版予告編公開

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
出典:YouTube

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、チューバッカの年齢が190歳だったことが4月9日、明らかになった。同日公開されたハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)のUS版最新予告編で明かされた。

 予告編では、「運転も、操縦も、一発当てるために磨いてきた」と野心あふれる若きソロをはじめ、“悪友”のランド・カルリジアン、ソロとのつながりをにおわせる謎の美女キーラ、女性型ドロイドのL3-37(エルスリー・スリーセブン)といったメインキャラクターたちの活躍が描かれる。

 さらにミレニアム・ファルコンの船内でソロから操縦の経験を尋ねられたチューバッカが190歳であることを告白。「そりゃスゴい」とソロを感心させる軽妙なやりとりも収められている。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。生涯の相棒であるチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場した“悪友”、ランドとの遭遇、ランドの所有物だった「ミレニアム・ファルコン」をソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

(C) 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C) 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C) 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C) 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」日本版ポスタービジュアル&日本版特報が公開 ファルコンの先端が…

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本版ポスタービジュアル(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本版ポスタービジュアル(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、6月29日公開)の日本オリジナルのポスタービジュアルが3月1日、公開された。ハン・ソロと“相棒”のチューバッカが並んで歩き、2人の後ろを宇宙船「ミレニアム・ファルコン」が飛ぶデザインになっている。また、ミレニアム・ファルコンも、初登場した「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」と先端部分の形状が異なっており、今作では同船の歴史も描かれるという。

 同日、日本版特報映像も公開された。映像では、“銀河一のパイロット”を目指す若きハン・ソロやチューバッカ、ソロがレイアの前に恋に落ちた美女キーラ、若きランド・カルリジアンも登場する。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去を描く。生涯の相棒であるチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランドとの遭遇、ランドの所有物だった「ミレニアム・ファルコン」をソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
出典:YouTube

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の映像初公開 ソロが帝国軍で面接?

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
出典:YouTube

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、6月29日公開)の初映像が2月5日、世界で解禁された。若きソロがパイロット志望として、面接を受けている様子などが納められている。

 45秒の映像で、ソロが帝国軍と思われる組織の面接を受け、配属希望先に「パイロット希望だ。銀河一のな」と返答するシーンや、宇宙船「ミレニアム・ファルコン」が高速で飛んでいるシーン、生涯の相棒であるチューバッカとの2ショットなどが収録されている。

 映画は、ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感を仲間を救ってきたソロの過去を描く。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だった「ミレニアム・ファルコン」をソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

 ソロ役は映画「ヘイル、シーザー!」のオールデン・エアエンライクさんが演じ、「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズを手掛け、「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞で作品賞や監督賞などを受賞したロン・ハワード監督がメガホンを執る。

14

/14

目次