巫女っちゃけん。

  • スタッフ:
    監督:グ・スーヨン
  • キャスト:
    広瀬アリス▽リリー・フランキー▽飯島直子▽MEGUMI
  • 公開日:
    2018年2月3日公開
    福岡は20年1月20日から先行公開
UPDATE

巫女っちゃけん。あらすじ

 映画「巫女っちゃけん。」は、就職活動中で巫女のバイトをしている主人公・しわす(広瀬アリスさん)が、ボヤ騒ぎやさい銭泥棒など神社のトラブルをきっかけに知り合った5歳の少年・健太(山口太幹くん)の世話を通じて、成長していく姿を描く。夕日が海と参道に一直線に照らす「光の道」として有名な宮地嶽神社(福岡県福津市)でロケを行った。神社の宮司でしわすの父親役でリリー・フランキーさん、母親役で飯島直子さん、健太の母親役でMEGUMIさんらが出演する。

スタッフ

監督:グ・スーヨン

巫女っちゃけん。キャスト

広瀬アリス▽リリー・フランキー▽飯島直子▽MEGUMI

巫女っちゃけん。公開日

2018年2月3日公開
福岡は20年1月20日から先行公開

<映画紹介>「巫女っちゃけん。」広瀬アリスに驚がく! やる気ゼロでがさつな巫女を熱演

映画「巫女っちゃけん。」の一場面 (C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
映画「巫女っちゃけん。」の一場面 (C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会

 女優の広瀬アリスさんの主演映画「巫女っちゃけん。」(グ・スーヨン監督)が2月3日から新宿武蔵野館(東京都新宿区)ほかで公開される。就活中で巫女のアルバイトをしているヒロインが、神社でのトラブルをきっかけに知り合った5歳の少年の世話を通じて成長していく姿を描く。

 就職活動中のしわす(広瀬さん)は、父(リリー・フランキーさん)が宮司の神社でバイト中。幼い頃に母(飯島直子さん)が家出したことがトラウマで、何かと父に反発していた。

 ある日、ボヤ騒ぎやさい銭泥棒、食べ物の盗難など神社でトラブルが相次ぎ、しわすが夜中に境内を見回っていると、社殿に隠れていた5歳の少年・健太(山口太幹君)を発見。何も話さない健太を神社で預かることになり、しわすは嫌々ながらも世話係をすることになり……というストーリー。

 玄界灘へ続く参道「光の道」で話題を集めた福岡県福津市の宮地嶽(みやじだけ)神社で撮影された。美しい景色も楽しめるが、何よりも広瀬さんのダメ女ぶりに驚かされる。これまでも映画やドラマでキャバクラ嬢やギャルメーク、「仮面ライダー」シリーズの劇場版では電波人間を演じるなど、個性的なキャラクターを演じてきた。今作は、どの役も上回る強烈なキャラで楽しませてくれる。話し方は乱暴で態度も悪く、健太の母美和役のMEGUMIさんとの乱闘シーンは、壮絶なのに思わず笑ってしまうほど。何かとモヤモヤしている人は、きっと勇気をもらえるだろう。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
巫女っちゃけん。
出典:YouTube

広瀬アリス、ババア、ブス!…暴言連発で「がさつですね」 監督から“放置プレー”も?

主演映画「巫女っちゃけん。」の舞台あいさつに出席した広瀬アリスさん
主演映画「巫女っちゃけん。」の舞台あいさつに出席した広瀬アリスさん

 女優の広瀬アリスさんが10月29日、東京都内で行われた主演映画「巫女(みこ)っちゃけん。」(グ・スーヨン監督)の舞台あいさつに出席。劇中で共演者に対して、暴言を連発している広瀬さんは「がさつですね。一言でいうと、ひどいなって」と苦笑い。「(役が)自由すぎて、MEGUMIさんに『ババア!』と言い、紗和ちゃん(仁村紗和さん)に『ブス!』と言い、ひどいこといろいろと言っちゃったので……、すみません」と平謝りしていた。

 映画は、就職活動中で巫女のバイトをしている主人公・しわす(広瀬さん)が、ボヤ騒ぎやさい銭泥棒など神社のトラブルをきっかけに知り合った5歳の少年・健太(山口太幹くん)の世話を通じて、成長していく姿を描く。夕日が海と参道に一直線に照らす「光の道」として有名な宮地嶽神社(福岡県福津市)でロケを行った。神社の宮司でしわすの父親役でリリー・フランキーさん、母親役で飯島直子さん、健太の母親役でMEGUMIさんらが出演し、2018年2月3日に公開。ロケ地の福岡は同年1月20日から先行公開される。

 グ・スーヨン監督は広瀬さんについて「勘がいい役者さんの最たるもの」と絶賛。“自由すぎる演技”については「すごくくみ取ってやってくれて、こういうの何て言うんですかね。放置プレーですか」と話し、会場の笑いを誘った。また、この日は主題歌を担当したルーマニア出身の歌手アレクサンドラ・スタンさんも登場し、広瀬さんは「本物だ!」と喜んでいた。

巫女っちゃけん。
巫女っちゃけん。
巫女っちゃけん。
巫女っちゃけん。
巫女っちゃけん。
巫女っちゃけん。
巫女っちゃけん。
出典:YouTube

広瀬アリス、ポスターに巫女姿で登場 18年2月公開の主演映画「巫女っちゃけん。」

映画「巫女っちゃけん。」のポスタービジュアル (C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
映画「巫女っちゃけん。」のポスタービジュアル (C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会

 女優の広瀬アリスさんの主演映画「巫女っちゃけん。」(グ・スーヨン監督)のポスタービジュアルが9月14日、公開された。ポスターには、巫女(みこ)姿の主人公のしわす(広瀬さん)が腕を組み、その脇にビニール袋を頭からかぶる5歳の少年・健太(山口太幹くん)が並んでいる画像があしらわれている。合わせて公開日が2018年2月3日に決定した。ロケ地の福岡は同年1月20日から先行公開。

 映画は、就活中で巫女のバイトをしている主人公・しわすが、ボヤ騒ぎやさい銭泥棒など神社のトラブルに巻き込まれてしまう。夜の見回り中に、社殿にいた健太を捕まえるが、健太は一向に口を聞かない。健太の世話を通じて、しわすの成長を描くというストーリー。夕陽が海と参道に一直線に照らす「光の道」として有名な宮地嶽神社(福岡県福津市)でロケを行った。

 広瀬さんは撮影にあたり、巫女の所作や舞いなどを練習したといい、「巫女の装束も自分1人で着られるようになり、髪も皆で並んで前の人の髪を結んだりすることも習い、濃厚な時間を過ごさせていただきました。ただ本編での私(しわす)は、今まで習ったことは一切しないでくださいと言われました(笑い)」とコメントしている。

 神社の宮司でしわすの父親役にリリー・フランキーさん、母親役に飯島直子さん、健太の母親役にMEGUMIさんらが出演する。

(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
(C)2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
3

/3

目次