家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。あらすじ

 原作は、「Yahoo!知恵袋」に実際に投稿された質問が基になった異色のコミックエッセー。2010年にK.Kajunsky(ケー・ケーエージュンスカイ)さんが「Yahoo!知恵袋」に「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問を投稿。家に帰る度にさまざまな方法で「死んだふり」をする妻に対してどうしたらいいか、とたずねる奇想天外なその質問が話題となり、翌年には作・K.Kajunskyさん、イラスト・ichida(イチダ)さんでコミックエッセー化。第3巻まで発売され、発行部数は累計15万部を超えている。

スタッフ

監督:李闘士男

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。キャスト

榮倉奈々▽安田顕▽野々すみ花▽大谷亮平

公開日

2018年夏公開

ニュース

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

榮倉奈々、本物のワニ登場に大興奮 まさかの名付け親に <公開記念舞台あいさつ>

 女優の榮倉奈々さんが6月9日、東京都内で開かれた俳優の安田顕さんとのダブル主演映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(李闘士男監督)の公開記念舞台あいさつに登場。榮倉さんが演じる妻・ちえが“ワニ(の置き物)に頭から食べられて”死んだふりをするシーンがあることから、本物のワニが登場した。榮倉さんは「すごい。ずっと目が開いている」と大興奮で、水槽に顔を近づけて食い入るように見ていた。

続きを読む
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

<映画レビュー>「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」榮倉奈々と安田顕が夫婦を好演 笑えてじんわり 6月8日公開

 女優の榮倉奈々さん主演の映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(李闘士男監督)が6月8日から角川シネマ新宿(東京都新宿区)ほか全国で公開。結婚し、「3年目の浮気」ならぬ「3年目の壁」を前に、帰宅すると必ず死んだふりをしている妻と、妻の真意がつかめず戸惑う夫が織りなす、コミカルながらも心温まるラブストーリーだ。妻役の榮倉さんと、夫役の“ヤスケン”さんこと安田顕さんの、ほほ笑ましいやりとりに笑顔をもらえることうけあい。

続きを読む
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

榮倉奈々、安田顕とW主演 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」実写映画化

 「Yahoo!知恵袋」の投稿が発端になったコミックエッセー「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、榮倉奈々さんと安田顕さんのダブル主演で実写映画化することが5月25日、明らかになった。榮倉さんと安田さんは結婚3年目の夫婦役で、榮倉さんは夫が帰ってくると必ず死んだふりをしているという、一風変わった妻を演じる。榮倉さんは「ある夫婦の一風変わったコミュニケーションが優しく描かれている映画になってます」と作品を紹介している。

続きを読む