ジュラシック・ワールド/炎の王国 動画

「ジュラシック」シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」予告映像解禁 来年7月13日に公開決定

出典:YouTube

 人気映画「ジュラシック」シリーズの最新作の邦題が「ジュラシック・ワールド/炎の王国」に決定し、同作の予告映像が12月12日、公開された。また、同作が「ジュラシック」シリーズ誕生25周年の節目となる2018年の7月13日に日本で公開されることも発表された。

 映画は、前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが戦い、崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島が舞台。島では火山の大噴火の予兆が捉えられ、迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアと共に、行動を起こすことを決意。オーウェン、クレアたちは島に向かうが、火山は大噴火を起こし……というストーリー。前作に引き続き、主人公オーウェンをクリス・プラットさん、クレアをブライス・ダラス・ハワードさんが演じる。

 今回公開された予告映像は約2分30秒で、島の火山が噴火して主人公たちや恐竜が逃げる迫力あるシーンなどが収められている。

 映画は「怪物はささやく」のJ・A・バヨナ監督がメガホンをとり、前作で監督だったコリン・トレボロウさん、スティーブン・スピルバーグさんが製作総指揮を務める。

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のティザービジュアル(C)Universal Pictures
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のティザービジュアル(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」日本未公開映像入り特別映像が解禁!マルコム博士の登場シーンも

出典:YouTube

 人気映画「ジュラシック」シリーズの最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、7月13日公開)の日本未公開映像入りの特別映像が2月1日、公開された。特別映像には、監督や出演者らが作品について語る様子や、撮影の裏側が収められている。また、ジェフ・ゴールドブラムさん演じるシリーズの人気キャラクター・マルコム博士が登場するシーンも収められている。

 映画は、前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが戦い、崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島が舞台。島では火山の大噴火の予兆が捉えられ、迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラットさん)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワードさん)と共に、行動を起こすことを決意。オーウェン、クレアたちは島に向かうが、火山は大噴火を起こし……というストーリー。前作で監督だったコリン・トレボロウさん、スティーブン・スピルバーグさんが製作総指揮を務める。

 今回公開された特別映像は約2分45秒。「覚えてる? 恐竜を初めて見た時のこと」というせりふから始まり、島の爆発シーンや、オーウェンが恐竜たちに追われて疾走するシーンなどを収録。また、バヨナ監督の「観客には登場人物たちに共感し、同じように経験を感じてもらいたい」と語る姿や、ハワードさんがバヨナ監督を「彼は人を驚かせる天才よ」と絶賛する様子、プラットさんが「ジェフ・ゴールドブラムの登場には正直驚いたよ」と明かす姿なども収められている。

<動画>“恐竜のオールスター”総出演 日本独占の「ジュラシック・ワールド」最終予告映像が公開

出典:YouTube

 人気映画「ジュラシック」シリーズの最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、2018年7月13日公開)の日本独占の最終予告映像が4月25日、公開された。最終予告映像には、前作で人気を博した「モササウルス」の姿をはじめ、T-レックスや新たな究極のハイブリット恐竜など、“恐竜のオールスター”が総出演する迫力ある映像となっている。

 映画は、前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが戦い、崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島が舞台。島では火山の大噴火の予兆が捉えられ、迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラットさん)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワードさん)と共に島に向かうが、火山は大噴火を起こし……というストーリー。前作で監督だったコリン・トレボロウさん、スティーブン・スピルバーグさんが製作総指揮を務める。

 今回公開された最終予告映像は、火山の大噴火が迫り、絶滅寸前に追い込まれる恐竜たちを救出するため、オーウェンが島へ向かう場面からスタート。無謀な状況の中、心を通わせた恐竜・ブルーと脱出しようとした瞬間、ブルーが何者かに撃たれてしまい……というシーンが収められている。

<動画>新たな“ハイブリッド恐竜”がお目見え! 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」特別映像公開

出典:YouTube

 恐竜が登場する米映画の人気シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、2018年7月13日公開)の特別映像が6月6日、公開された。製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグさん、コリン・トレボロウさんらが見どころなどを説明する映像で、新たに作られた究極のハイブリット恐竜であるインドラプトルの姿も収められている。

 映像では、スピルバーグさんが「25年前に撮ったシリーズ第1作は、単なる恐竜映画じゃなかった。空想科学が“科学”になる瞬間に正面から取り組んだ作品だった」と振り返り、トレボロウさんは「前作は我々が大好きな恐竜映画だ。だが、本作は我々の知識を未来へ推し進める作品だ」と語っている。

 主人公のオーウェン(クリス・プラットさん)と恐竜のブルーが触れ合うシーンも収められており、バヨナ監督は「ブルーが物語の核だ」とコメントしている。

 映画は、前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが戦い、崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島が舞台。島では火山大噴火の危機が迫り、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すかという究極の選択を迫られる。そんな中、オーウェンはクレア(ブライス・ダラス・ハワードさん)と共に島に向かうが、火山は大噴火を起こし……というストーリー。

(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.