ジュラシック・ワールド/炎の王国 ニュース

<映画レビュー>「ジュラシック・ワールド/炎の王国」人気シリーズ最新作 恐竜たち絶滅の危機!  最凶最悪の恐竜も登場 7月13日公開

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の一場面 (C)Universal Pictures
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の一場面 (C)Universal Pictures

 人間と恐竜が死闘を繰り広げる人気シリーズ5作目となる最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督)が7月13日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開。前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)の3年後から始まる今作には、シリーズ最多の恐竜たちが登場。おなじみのT-レックスはもちろん、前作のビラン(悪役)、インドミナス・レックス以上の破壊力を持つ新種の恐竜が、人々を恐怖に陥れていく。

 イスラ・ヌブラル島のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」が恐竜たちに破壊されて3年。パークは閉鎖され、恐竜たちだけが生息する野生の島と化していた。島の火山が活動を再開、恐竜たちに絶滅の危機が訪れる。このまま見殺しにするか、救出するか。専門家の意見が分かれる中、オーウェン(クリス・プラットさん)とクレア(ブライス・ダラス・ハワードさん)は、恐竜たちを救い出そうと島に向かう……というストーリー。

 プラットさん、ハワードさんが前作に引き続き出演するほか、インドミナス・レックスの生みの親、ウー博士(B・D・ウォンさん)や、「ジュラシック・パーク」(1993年)から続くこのシリーズの顔ともいうべきイアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラムさん)が姿を見せる。前作で監督を務めたコリン・トレボロウさんはスティーブン・スピルバーグさんと製作総指揮に回り、脚本を担当。「永遠のこどもたち」(07年)や「怪物はささやく」(16年)のバヨナ監督がメガホンを握った。

 前半は、島を舞台にしたアクションアドベンチャー。後半は、ゴシック調の大邸宅で繰り広げられるサスペンス劇の装いで、メリハリのある展開を楽しめる。大邸宅で暮らす少女メイジー(イザベラ・サーモンさん)が、物語の進行と共に存在感を強めていくのも特徴的だ。なぜ大邸宅が舞台かは、映画を見てのお楽しみ。

 前作のインドミナス・レックス以上の凶暴性と知性を持つ新種のインドラプトルが、最凶最悪のスーパービランぶりを発揮している。前作でオーウェンと強い結び付きを見せていたヴェロキラプトルの「ブルー」が、どんな行動に出るのかも見どころだ。(りんたいこ/フリーライター)

(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures

<インタビュー>石川由依、人気声優が「ジュラシック・ワールド/炎の王国」で吹き替え挑戦 「息遣いが合った時に達成感」

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の日本語吹き替え版で獣医のジア(ダニエラ・ピネダさん)の声優を務める石川由依さん
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の日本語吹き替え版で獣医のジア(ダニエラ・ピネダさん)の声優を務める石川由依さん

 人気映画「ジュラシック」シリーズの最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、2018年7月13日公開)の日本語吹き替え版で、獣医のジア(ダニエラ・ピネダさん)の声優を務める石川由依さん。アニメ「進撃の巨人」でミカサ・アッカーマンを演じていることでも知られる人気声優だ。「挑戦でした」「息遣いが合った時は達成感がありました」というアフレコについて聞いた。

 ◇自分とは真逆の気の強い役 臨場感が伝わるように

 前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したジュラシック・ワールドがあるイスラ・ヌブラル島が舞台。火山大噴火の予兆があり、危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すかの究極の選択を迫られる。前作に引き続き、玉木宏さんが恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラットさん)、木村佳乃さんがテーマパークの元運営責任者クレア(ブライス・ダラス・ハワードさん)の吹き替えを担当する。

 「吹き替え自体、そんなに経験が無い」という石川さん。大作への出演が決まったことについて「吹き替えに挑戦していきたいという気持ちはずっとありました。いきなりの大作なので、びっくりしました。うれしいのはもちろんですが、驚きが大きかった。プレッシャーもありますし」と話す。

 ジアは気が強い行動派だ。「思ったことをガンガン言う。私は引っ込み思案で優柔不断なので、真逆ですね。アニメの声優では、戦闘能力が高いキャラクターを演じさせていただく機会がありましたが、その時は、どこか少女らしさを残していたり、乱雑な言葉遣いではありませんでした。ジアは同僚にも命令口調だったりします。これまで演じたことがないようなキャラクターで、挑戦でした。ハキハキしていて、弱さが出ないように、臨場感が伝わるように頑張りました」

 ◇今後はミュージカルに挑戦したい!

 アフレコで苦労したのは息遣いだった。「常に逃げていたり、緊迫したりするシーンが多いので、原音を聴きながら、ジアに寄り添い、その場に一緒にいるように意識しました」と語る。アフレコでは苦労もあったようだが「息遣いが合った時は達成感がありましたね。すごく楽しかった」と喜ぶ。

 「今後もチャンスがあれば、吹き替えをやってみたいですね。ミュージカル映画やキャラクターとして歌うことが好きなので、挑戦してみたい。難しそうですが」と意欲を燃やす。石川さんは「進撃の巨人」などさまざまなアニメでも活躍中で、アニメ声優として挑戦してみたいことを「子供から大人まで楽しめる作品に出演していきたいですね。いつか『子供の時に見てました!』と言われることが夢です。欲張りですね(笑い)」と話す。夢に向かって突き進む石川さんの今後の活躍はますます注目を集めそうだ。

(C)Universal Pictures(C)Jaimie Trueblood
(C)Universal Pictures(C)Jaimie Trueblood
(C)Universal Pictures(C)Jaimie Trueblood
(C)Universal Pictures(C)Jaimie Trueblood

石川由依、「ジュラシック・ワールド」最新作の吹き替えに 「すごくうれしい」 <緊急レポート会見>

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のイベントに出席した石川由依さん
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のイベントに出席した石川由依さん

 声優の石川由依さんが5月28日、東京都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、7月13日公開)のイベントに出席。同作で“恐竜獣医”のジアの吹き替えを担当する石川さんは「前作を映画館で見ていて、その時は、まさか次回作に出演させていただけるとは思ってもいませんでした。すごくうれしいです。精いっぱい頑張って演じさせていただきたいと思います」と意気込んだ。

 イベントは、「映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』緊急レポート会見」と題して行われ、石川さんのほか、玉木宏さんが恐竜行動学のエキスパートのオーウェン、木村佳乃さんがテーマパークの運営責任者だったクレア、満島真之介さんがフランクリン、住田萌乃さんがメイジーの吹き替えをそれぞれ務めることが発表され、玉木さんらも出席した。

 映画は、前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが戦い、崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島が舞台。島では火山の大噴火の予兆が捉えられ、迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、オーウェン(クリス・プラットさん)はクレア(ブライス・ダラス・ハワードさん)と共に島に向かうが、火山は大噴火を起こし……というストーリー。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」前作に続き玉木宏、木村佳乃が吹き替え続投 満島真之介、石川由依も出演 <緊急レポート会見>

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のイベントに出席した玉木宏さん(左)と木村佳乃さん
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のイベントに出席した玉木宏さん(左)と木村佳乃さん

 人気映画「ジュラシック」シリーズの最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、7月13日公開)の日本語吹き替え版に玉木宏さん、木村佳乃さんが出演することが5月28日、明らかになった。同日、東京都内で行われた「映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』緊急レポート会見」で発表され、2015年に公開された映画「ジュラシック・ワールド」に続き、玉木さんは恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラットさん)、木村さんはテーマパークの運営責任者、クレア(ブライス・ダラス・ハワードさん)の吹き替えを担当する。

 玉木さんと木村さんのほか、俳優の満島真之介さん、声優の石川由依さん、子役の住田萌乃さんが出演することも発表され、満島さんはフランクリン、石川さんはジア、住田さんはメイジーといった、新しいキャラクターをそれぞれ演じる。

 前作から3年たっての新作の吹き替え版に挑戦する木村さんは「3年間の変化」を聞かれ「前作は30代の最後だった。衰える一方です。はあー……」と大きくため息をつきながら「スマホをこうやって(遠ざけて)見たり。老化現象が……」と苦笑い。新作の収録については「(クレアは)うめき声、あえぎ声、悲鳴など、前回はのどを潰したので、今回はのどを潰さないようにしたい」と意気込んでいた。

 映画は、前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが戦い、崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島が舞台。島は火山の大噴火の予兆が捉えられ、迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、オーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアと共に島に向かうが、火山は大噴火を起こし……というストーリー。