食べる女 ニュース

沢尻エリカ、初共演・ユースケの“女子力”に驚く 「私も一応、女優やってるんですけど…」 <公開記念舞台あいさつ>

映画「食べる女」の公記念舞台あいさつに登場した沢尻エリカさん
映画「食べる女」の公記念舞台あいさつに登場した沢尻エリカさん

 女優の沢尻エリカさんが9月22日、東京都内で行われた映画「食べる女」(生野慈朗監督)の公開記念舞台あいさつに登場。沢尻さんは初共演となったユースケ・サンタマリアさんの印象を「全然『初めまして』な感覚がなくて、気さくに話しかけていただいた」とにっこり。またユースケさんの趣味が「美容」であることを明かすと、「休憩中もずっと美容の話をしていて。『あの美容器具、知っている?』とか『あれすごいよね』って。私も一応、女優やっているんですけど(笑い)、『なんでそれ知っているんですか?』っていうくらい、詳しくて」と、その“女子力”に驚いていた。

 さらに沢尻さんは「ちょうど2人のからみのシーン前に、ちょっと“やってきた”みたいで、顔を(笑い)。『上がっている、顔!』っていうくらい気合入れてきて。相当、面白かったです」と振り返っていた。

 舞台あいさつには主演の小泉今日子さん、前田敦子さん、広瀬アリスさん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、壇蜜さん、鈴木京香さんと共に登場した。

 映画は、筒井ともみさんの「食べる女」(新潮文庫)と「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が原作。筒井さんが脚本を手がけ、年齢、職業、価値観が異なるさまざまな8人の女性たちの日常を通して、「食」と「性」の本来のあり方を描く。

前田敦子、“満たされている”と感じるのは「大好きな人と…」 幸せそうな笑顔見せ <公開記念舞台あいさつ>

映画「食べる女」の公開記念舞台あいさつに登場した前田敦子さん
映画「食べる女」の公開記念舞台あいさつに登場した前田敦子さん

 女優の前田敦子さんが9月22日、東京都内で行われた映画「食べる女」(生野慈朗監督)の公開記念舞台あいさつに登場。俳優の勝地涼さんと結婚したばかりの前田さんは、「幸せだな、満たされているなと感じるときはどんなとき?」を聞かれ、「大好きな人、大切な人とおいしいものを食べるのが一番ですかね」と笑顔で答えた。

 またタイトルにちなみ、自分は「●●な女」なのかを聞かれた前田さんは、「猫といる女」とフリップで回答。「最近、何をしているのか考えてみると、猫といる時間が一番、長いんですよね。だから目の前にいると『私かな?』って思うことがよくある。お母さんも14匹、猫を飼っていて。だから私とお母さんは『猫女』ですね」と話していた。

 舞台あいさつには主演の小泉今日子さん、沢尻エリカさん、広瀬アリスさん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、壇蜜さん、鈴木京香さんと共に登場した。

 映画は、筒井ともみさんの「食べる女」(新潮文庫)と「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が原作。筒井さんが脚本を手がけ、年齢、職業、価値観が異なるさまざまな8人の女性たちの日常を通して、「食」と「性」の本来のあり方を描く。

<映画レビュー>「食べる女」キョンキョン、沢尻、京香ら豪華女優陣が女性の本音をパワフルに演じる 9月21日公開

映画「食べる女」の場面写真 (C)2018「食べる女」倶楽部
映画「食べる女」の場面写真 (C)2018「食べる女」倶楽部

 小泉今日子さん主演の映画「食べる女」(生野慈朗監督)が、9月21日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開。広瀬アリスさん、沢尻エリカさん、前田敦子さん、山田優さん、壇蜜さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木京香さんら主役級の豪華女優陣が集結。年齢も職業も違う8人の女たちの本音を、「食」と「性」を通してパワフルに描き出している。女性への応援歌のような群像劇だ。

 筒井ともみさんの「食べる女」(新潮文庫)と「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が原作。筒井さんは脚本も手がけた。雑文筆家のトン子こと敦子(小泉さん)の古書店「モチの家」に女たちが集まった。トン子の幼なじみで、ごはんや「道草」の女将・美冬(鈴木さん)、トン子の担当編集者・ドドこと圭子(沢尻さん)、ドドの飲み仲間で制作会社の多実子(前田さん)。料理を囲んで、恋愛事情を赤裸々に語り合う。やがてそれぞれの日々に、新しい出会いが生まれていき……というストーリー。

 女たちの周辺の男性たちには、ユースケ・サンタマリアさん、池内博之さん、勝地涼さん、小池徹平さん、間宮祥太朗さんらさまざまなタイプの面々が扮し、時に女性を振り回したり、女性の前で取り乱したりと、笑いを誘うシーンを担っている。

 女性の本音のドラマが、まったりとした日常と共に展開されていく。年代も職業もさまざま。小学生女児も登場する。皆、自分の幸せを模索。「食」と「性」に対して、素直に自分の欲望を満たし、悩みながら進み続ける女性たち。女優たちがおいしいものを頬張り、しゃべる姿がパワフルだ。孤独を味方にできる熟女を演じる小泉さん、鈴木さんがカッコいい。自分で料理を作ることの大切さも描かれる。料理をしない主婦が、夫の裏切りから一念発起して強くなっていく姿をフォックスさんが熱演し、鮮烈な印象を残している。

 太刀魚のムニエル、手羽先、ポテトサラダ……登場する料理は50点以上。おいしそうな料理の数々を担当したのは、クッキング・スタイリストの深沢えり子さんのチームだ。脚本の筒井さんのアイデアも取り入れ、簡単で色も美しい料理が映画を彩る。モチの家も見どころ。井戸や縁側、物干しざおがある古き良き日本の家。物が雑多に置いてあり、そこを飼い猫が器用に歩き回る姿がほほ笑ましい。(キョーコ/フリーライター)

(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
(C)2018「食べる女」倶楽部
出典:YouTube

小泉今日子、自らの“不勉強”を後悔 「後々、苦労する…」 <完成披露舞台あいさつ>

映画「食べる女」の完成披露舞台あいさつに登場した小泉今日子さん
映画「食べる女」の完成披露舞台あいさつに登場した小泉今日子さん

 女優の小泉今日子さんが8月30日、東京都内で開かれた主演映画「食べる女」(生野慈朗監督、2018年9月21日公開)の完成披露舞台あいさつに登場。事前に募集した「女性のお悩み」をキャストに質問するコーナーで、高校1年生から「高校生のうちにやっておいた方が良いこと」を聞かれた小泉さんは「ずばり勉強です」と回答。「私は高校をすぐにやめてしまって、歌手活動を始めたんですが、後悔したのは勉強をちゃんとしなかったこと。後々、苦労するんです」と語った。

 続けて、小泉さんは「(知識をつけるため)たくさん本を読んだり、知らない字を辞書で意味を調べたり、人より手間が多くなるんですね。高校生のときは勉強するのが一番良いと思います」とかみしめるように語った。客席から「頑張ります!」と声が上がると、小泉さんは「頑張って」と笑顔でエールを送っていた。

 舞台あいさつには、沢尻エリカさん、前田敦子さん、広瀬アリスさん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木京香さん、原作者の筒井ともみさん、生野監督も出席した。小泉さんとの共演の感想を聞かれた沢尻さんは「作品(出演のオファー)を受けたきっかけはキョンキョン。現場がこんなに楽しいことはないです。女子会をしているようなテンションでした」とにっこり。

 前田さんも「キョンさんにお会いしたくて。いつか近くで拝見したいと憧れていたし、(撮影中は)幸せでした。撮影してないときも(小泉さんを)探している自分がいました。ただのファンですね」と終始笑顔で、小泉さんは「こんなところでそんな質問をしたらほめるしかない。気を使わせて申し訳ない」と笑顔で頭を下げていた。

 映画は筒井さんの「食べる女」(新潮文庫)と「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が原作。筒井さんが脚本を手がけ、年齢、職業、価値観が異なるさまざまな8人の女性たちの日常を通して、「食」と「性」の本来のあり方を描く。

広瀬アリス、1人カラオケで10時間 「大声を出すとスッキリする」 <完成披露舞台あいさつ>

映画「食べる女」の完成披露舞台あいさつに登場した広瀬アリスさん
映画「食べる女」の完成披露舞台あいさつに登場した広瀬アリスさん

 女優の広瀬アリスさんが8月30日、東京都内で開かれた小泉今日子さん主演の映画「食べる女」(生野慈朗監督、2018年9月21日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。「心が元気になりたいときは、何をしたい? 何を食べる?」と質問された広瀬さんは「肉ですね」と即答し、「最近分かったのは、大声を出すとスッキリするんです。1人で10時間ぐらいカラオケに行ったりするので……」と告白。共演の沢尻エリカさんは「マジで!」と驚いていた。

 舞台あいさつには、小泉さん、沢尻さん、前田敦子さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木京香さん、原作者の筒井ともみさん、生野監督も出席した。コーナーでは「夏のヒットフードを教えて」という質問もあり、広瀬さんは「夏ではないけれど、ヨーグルトばかり食べている。おからパウダーをかけて……。ダイエットですね。ダイエットのことばかり考えているので」と明かしていた。

 映画は筒井さんの「食べる女」(新潮文庫)と「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が原作。筒井さんが脚本を手がけ、年齢、職業、価値観が異なるさまざまな8人の女性たちの日常を通して、「食」と「性」の本来のあり方を描く。広瀬さんは古着店の店員・本津あかりを演じた。

<動画>小泉今日子、前田敦子ら出演の映画「食べる女」ポスタービジュアル公開 撮影現場を語る動画も

映画「食べる女」のポスタービジュアル (C)2018「食べる女」倶楽部
映画「食べる女」のポスタービジュアル (C)2018「食べる女」倶楽部

 女優の小泉今日子さんが主演する映画「食べる女」(生野慈朗監督、2018年9月21日公開)のポスタービジュアルが8月7日、公開された。ビジュアルには、小泉さんのほか、前田敦子さん、沢尻エリカさん、広瀬アリスさん、山田優さん、壇蜜さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木京香さんの豪華女優陣が、それぞれに卵かけご飯を食べる姿が収められている。また、小泉さん、沢尻さん、鈴木さんが撮影現場や“食”について語るコメント動画も公開された。

 動画では、小泉さんが食について「若い頃より断然食べることは楽しくなってきています。今のほうが食べることが好き!」とコメント。沢尻さんは、撮影現場の雰囲気を「とてもよかったです! 特にみんなで集まって食事をするシーンは、みんな友達なんじゃないかというぐらい自然で、今までに味わったことがないような現場でとても楽しかったです」と明かした。鈴木さんは、劇中に登場する料理について「映画を見てくださった方にはすぐまねしてもらえる料理ばかりだと思います」と語っている。

 映画は筒井ともみさんの「食べる女」(新潮文庫)、「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が原作。筒井さんが脚本を手がけ、年齢、職業、価値観が異なるさまざまな8人の女性たちの日常を通して、「食」と「性」の本来のあり方を描く。ユースケ・サンタマリアさん、池内博之さん、勝地涼さん、小池徹平さん、間宮祥太朗さんらも出演する。

出典:YouTube

小泉今日子主演の映画「食べる女」、男性キャスト解禁 ユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗、小池徹平ら

映画「食べる女」の相関図
映画「食べる女」の相関図

 女優の小泉今日子さんが主演する映画「食べる女」(生野慈朗監督)の追加キャストが発表され、ユースケ・サンタマリアさん、池内博之さん、勝地涼さん、小池徹平さん、笠原秀幸さん、間宮祥太朗さん、遠藤史也さん、ロックバンド「ORANGE RANGE(オレンジレンジ)」のRYOさん、ロックバンド「頭脳警察」のPANTAさん、眞木蔵人さんが出演することが3月22日、明らかになった。また、男性キャストの役どころが描かれた相関図も公開された。

 映画は筒井ともみさんの「食べる女」(新潮文庫)、「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が原作。筒井さんが脚本を手がけ、年齢、職業、価値観が異なるさまざまな8人の女性たちの日常を通して、「食」と「性」の本来のあり方が描かれる。料理をこよなく愛す敦子(小泉さん)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、通称・ドドこと編集者の圭子(沢尻エリカさん)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男など寄せ付けまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女は、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ(ユースケさん)と、教習所の食堂でひょんなことから顔見知りに。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは“料理”だった……という内容。映画は9月下旬公開予定。

小泉今日子、主演映画「食べる女」に沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、鈴木京香ら豪華女優陣

映画「食べる女」に出演する(上段左から)小泉今日子さん、沢尻エリカさん、前田敦子さん、広瀬アリスさん。同じく出演者の(下段左から)山田優さん、壇蜜さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木京香さん
映画「食べる女」に出演する(上段左から)小泉今日子さん、沢尻エリカさん、前田敦子さん、広瀬アリスさん。同じく出演者の(下段左から)山田優さん、壇蜜さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木京香さん

 筒井ともみさんの「食べる女」(新潮文庫)、「続・食べる女」(アクセスパブリッシング)が映画化されることになり、女優の小泉今日子さんが主演を務めることが1月30日、明らかになった。女優の沢尻エリカさん、前田敦子さん、広瀬アリスさん、鈴木京香さん、山田優さん、壇蜜さん、シャーロット・ケイト・フォックスさんがメインキャストとして出演する。

 映画「食べる女」は、原作者の筒井さんが脚本を手がけ、年齢、職業、価値観が異なるさまざまな8人の女性たちの日常を通して、「食」と「性」の本来のあり方が描かれる。筒井さんは、映像化するなら「センセイの鞄」(2003年、筒井さん脚本、久世光彦監督)で作品を共にした「小泉今日子しかいない!」と考えていたという。映画「手紙」(03年)などの生野慈朗さんが監督を務める。

 小泉さんが演じるのは、原作にはないオリジナルキャラクターの餅月敦子(トン子)。小泉さんは「『分からない』ということを今日の結論にできるのは女だけなのかもしれません。『分からない』けど、おなかが空いた。『分からない』から、とりあえずおいしいゴハンを食べちゃおう。そんな女たちが映画の中で生き生きと食べています。たくましく生きています。筒井ともみさんが時間をかけて下ごしらえをしたこの作品に参加できて光栄です」とコメントを寄せている。映画は9月下旬公開予定。