映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱

UPDATE

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱あらすじ

 映画「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」は「クレヨンしんちゃん」の劇場版26作目で、春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、“しんちゃん”こと野原しんのすけらの活躍を描く。マサオの誘いで伝説のカンフー「ぷにぷに拳」を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガールの玉蘭とともに修業に励んでいた。一方、アイヤ―タウンでは一度食べるとやみつきになり、凶暴化してしまうラーメン「ブラックパンダラーメン」が大流行。パニックになったアイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる……というストーリー。

スタッフ

監督:高橋渉

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱キャスト

ゲスト声優:ANZEN漫才、関根勤

主題歌

ももいろクローバーZ「笑一笑~シャオイーシャオ!」

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱公開日

2018年4月13日公開

ANZEN漫才みやぞん&あらぽん、アニメ声優初挑戦のエピソード明かす 現在の充実ぶりや熱いコンビ愛も赤裸々に

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」でミヤ・ゾン役の声を務めるみやぞんさん(左)とブラックパンダラーメンを食べて凶暴化してしまう客を演じるあらぽんさん
「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」でミヤ・ゾン役の声を務めるみやぞんさん(左)とブラックパンダラーメンを食べて凶暴化してしまう客を演じるあらぽんさん

 お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんさんとあらぽんさんがゲスト声優として出演する人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱」(高橋渉監督)が、2018年4月13日から公開されている。2人はアニメ声優初挑戦。みやぞんさんは悪の組織ブラックパンダラーメンの刺客ミヤ・ゾン、あらぽんさんはブラックパンダラーメンを食べて凶暴化してしまう客の声を担当。みやぞんさんとあらぽんさんに、アニメ声優に挑戦した感想や収録エピソード、そして大活躍中の現状などについて聞いた。

 ◇アニメ声優初挑戦は「難しかった」 しんちゃんとの意外な共通点とは…

 「爆盛!カンフーボーイズ」は劇場版26作目。春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、しんちゃんこと野原しんのすけらの活躍を描いている。マサオの誘いで伝説のカンフー・ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガール、玉蘭(たま・らん)と修業に励んでいた。アイヤータウンでは、一度食べるとやみつきになり、凶暴化してしまう「ブラックパンダラーメン」が大流行。パニックになったアイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる……というストーリー。

 2人はアニメ声優初挑戦。みやぞんさんは「子供の時に見ていたクレヨンしんちゃんの映画に自分たちがそのままのキャラクターとして出るというのは、信じられないような感じなんですよね」と心境を明かし、「本当にうれしいことです。僕らの夢は、(自分たちが)アニメとして出るということだったので、それがかなった」と喜ぶ。

 初挑戦の手応えを聞かれると、「難しかったですね」とあらぽんさん。「僕は、役で凶暴化しなきゃいけなくて。叫んだりすることが多かったんですけど、普段叫ぶことってない。台本を見ても、イントネーションが分からなくて……。途中で『フリースタイルで』となりましたが、(自分の)フリースタイルのレパートリーが少ないなと思った。もっと集めておけばよかったな」と苦労を語る。

 みやぞんさんも「難しいですよね。(キャラクターは)僕なんですけど、僕じゃないような感じがして……なぜ自分が(作中の)自分に合わせるんだ、という(笑い)」と同意しつつ、「でも、すごく楽しくやれたんじゃないかな。もっとやりたくなりました」と顔をほころばせ、「もし次回作があれば、しんちゃんの吹き替えをやってみたいです」とおどける。

 みやぞんさんが演じるのは、“ギター拳法”というカンフースタイルを繰り出しながらオリジナルソングを熱唱する拳法家のミヤ・ゾン。アフレコ前の準備について、みやぞんさんは「小学校、中学校はジャッキー・チェンに青春を費やしておりましたので、カンフーの極意みたいなものは知らないうちに身に着いている、ということで」とユーモアたっぷりに語る。

 一方、ブラックパンダラーメンを食べて凶暴化してしまう客を演じるあらぽんさんは「僕はアフレコをやりながら、檻(おり)を想像していました。これがないと叫び声出ないだろうなと」と独自の発想を明かす。

 「子供が声を聞いたときに、僕だって分かるようにはしたかったですね」とみやぞんさん。「普段しゃべっているような感じでできたんじゃないかな。片言にならずに、“せりふせりふ”していないんじゃないかな、と思うんですけど。それは見てのお楽しみで」と手応えを明かして、にやり。あらぽんさんは「太っている人のしゃべり方って特徴があるので、アフレコではなるべく“口を太らせ”ました。具体的には、内側のほっぺを食べちゃいます。そうしたら太るんですよ」と語る。

 そんな2人の、しんちゃんとの共通点は? みやぞんさんは「しんちゃんは、自分の思ったことに従って勝手に行動しますもんね、そこが似ている気がします。僕も、思ったら行動に出ちゃう」と自らと重ね合わせる。あらぽんさんは「しんちゃんのポジティブさが似ているかな、と。僕らも、あまりマイナスなところってなくて。売れていない、テレビに出る前も、自信だけは常にあったり」と語る。

 ◇「すべてがかない過ぎて怖い」と充実の今  熱いコンビ愛も赤裸々に

 アフレコで、普段の芸が生きることはあったのだろうか。聞くと、みやぞんさんは「埼玉に立ち飲み屋さんがあって、そこで(以前)ギターの流しをやっていて。それが今、こういう形で生きているなと思いました。ありがたいなと。ギターも即興みたいな感じでやっているので、それがアニメ化されて、やってきて良かったなという感じがします」と感慨深げに語る。

 ANZEN漫才といえば「アニキが怒るぞ!」のネタ。あらぽんさんは「急にガッと切れるっていうネタなんですけど、それがめちゃくちゃ生きてましたね。(アフレコでも)ヨーイドン、でガッとなる(怒る)わけですから。『あ、アニキやっていてよかったな』と……」と笑う。

 大活躍中のANZEN漫才。現状をどう見ているのか。昨年、約13年間交際していたという一般女性と結婚したあらぽんさんは「僕は新婚なんで、すごく充実し過ぎて怖いぐらいですね。全てがかないすぎて怖いぐらいです。それぐらい楽しくやれていますね」と充実ぶりを明かしてにっこり。みやぞんさんも「忙しいんですけど、目の前のものを一生懸命やる、という感じでやっております。目の前のものに感謝しながら、一生懸命やるという状況です」と多忙さを語る。

 最後に、2人はお互いにどんな存在なのか。あらぽんさんは「みやぞんは、僕が持っていないものを持っている人という感じ。その感覚がずっとあります。お笑いに誘ったのも、何もしていないのに人がみやぞんのまわりに集まっているのを見て、『これがないと、たぶんこういう(お笑いの)舞台には立てないだろうな』と思って、誘ったのが最初なので」とみやぞんさんへの思いを吐露。

 みやぞんさんも「僕はどんな時でも、あらぽんだけかなと思っています。どんな時でも注意してくれたり見捨てないのはあらぽんだけかなと。いつも一ファンでいてくれるし、僕も一ファンというか、そういう感じだと思っています」と熱いコンビ愛を語ってくれた。

 <プロフィル>

 みやぞんさん(本名・宮園大耕、1985年4月生まれ)とあらぽんさん(本名・荒木祐、85年10月生まれ)による東京都出身のお笑いコンビ。2009年11月にコンビを結成。主に歌ネタを得意とし、バラエティー番組などで活躍中。

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
出典:YouTube

ももクロ百田夏菜子、“画伯”ぶり発揮で嘆き しんちゃんからも突っ込まれ… <公開記念舞台あいさつ>

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」の公開記念舞台あいさつに登場した百田夏菜子さん
人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」の公開記念舞台あいさつに登場した百田夏菜子さん

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)が4月14日、東京都内で行われた人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」(高橋渉監督)の公開記念舞台あいさつに登場。それぞれが今“やみつき”なもののイラストを描く企画が行われ、MCから「では、百田画伯」と促されたメンバーの百田夏菜子さんは、耳とイヤリングの絵を披露したものの、絵を見た主人公の野原しんのすけから「ゴマ?」と突っ込まれ、「これはイヤリングです。この絵が世の中に出ると思うと……」と苦笑しながら自らの画力の低さを嘆いていた。

 舞台あいさつでは、母親が“みさえ”にそっくりだという同グループの高城れにさんが「みさえさんとお母さんは骨格が似てるの。声も似てるし、しゃべり方のトーンもそっくりなの」と説明すると、しんのすけは「なんて不幸なおうちに生まれたんだ……」と嘆き、笑いを誘う場面も。高城さんはその後も「おら野原しんのすけだぞー」と物まねを披露し、会場を盛り上げていた。

 「爆盛!カンフーボーイズ」は劇場版26作目で、春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、しんのすけらの活躍を描く。マサオの誘いで伝説のカンフー「ぷにぷに拳」を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガールの玉蘭とともに修業に励んでいた。一方、アイヤ―タウンでは一度食べるとやみつきになり、凶暴化してしまうラーメン「ブラックパンダラーメン」が大流行。パニックになったアイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる……というストーリー。

 「ももいろクローバーZ」は同作の主題歌と劇中歌のほか、作中に登場するアイドルグループ「くろぐろクローバーZ」のキャラクターの声優も担当している。舞台あいさつにはももクロのメンバーのほか、関根勤さん、声優の矢島晶子さん、ならはしみきさん、森川智之さん、高橋監督らが出席した。

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱

<映画レビュー>「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱」痛快なカンフーアクションに注目 マサオとの友情シーンも 4月13日公開

劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱」のビジュアル (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱」のビジュアル (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱」(高橋渉監督)が2018年4月13日から、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。恐ろしいラーメンから春日部の街を守るためにしんのすけたちが奮闘する……という内容。敵と戦う“カンフー”アクションが見どころ。「カスカベ防衛隊」メンバーの友情も描かれている。

 劇場版26作目。春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、マサオの誘いで伝説のカンフー・ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガールの玉蘭(たま・らん)と共に修業に励んでいた。アイヤータウンでは、一度食べるとやみつきになり、凶暴化してしまうラーメン「ブラックパンダラーメン」が大流行。パニックになったアイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる……というストーリー。

 キャッチコピーが「アクション大盛り、友情濃いめ!!」。予告でも描かれている通り、カンフーを駆使して動きまくるしんのすけらカスカベ防衛隊と敵組織との、キレのある派手なアクションが見どころの一つ。マサオを軸とした、しんのすけと仲間との涙を誘う友情シーンも注目したいポイントだ。

 ゲスト声優としてお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんさんとあらぽんさん、タレントの関根勤さんが出演。みやぞんさんは“ギター拳法”の使い手で、オリジナルソングを熱唱するミヤ・ゾン役、あらぽんさんはブラックパンダラーメンを食べて凶暴化する客を演じている。2人はアニメ声優初挑戦。ギター流しをしていたというみやぞんさんと、「アニキが怒るぞ!」という突然怒り出すネタを得意としているあらぽんさんの、自身の経験を存分に生かした声の演技も見どころだ。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
出典:YouTube

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」の声優に水島裕、置鮎龍太郎、真殿光昭ら

劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で声優を務める(上段左から)置鮎龍太郎さん、水島裕さん、真殿光昭さん、(下段左から)勝杏里さん、廣田行生さん(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で声優を務める(上段左から)置鮎龍太郎さん、水島裕さん、真殿光昭さん、(下段左から)勝杏里さん、廣田行生さん(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」(高橋渉監督、4月13日公開)に、声優の水島裕さんや、置鮎龍太郎さん、真殿光昭さん、廣田行生さん、勝杏里さんが出演することが3月28日、明らかになった。

 香港のアクション俳優、サモ・ハン・キンポーの吹き替えなどで知られる水島さんは、同作では伝説のカンフー“ぷにぷに拳”の最終奥義の鍵を握る精霊「ぷにぷにの精」を演じる。置鮎さんは悪の組織ブラックパンダラーメンの刺客のヌン役、真殿さんは同組織の刺客、チャック役で、2人で悪役コンビを担当する。廣田さんはブラックパンダラーメンの大ボス、ドン・パンパン、勝さんは地上げ屋の声優をそれぞれ務める。

 「爆盛!カンフーボーイズ」は劇場版26作目。春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、“しんちゃん”こと野原しんのすけらの活躍を描く。マサオの誘いで伝説のカンフー・ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガール玉蘭と共に修業に励んでいた。一方、アイヤ―タウンでは一度食べるとやみつきになり、凶暴化してしまうラーメン“ブラックパンダラーメン”が大流行。パニックになったアイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる……というストーリー。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」の新予告とポスタービジュアル公開 マサオが世界を救う!?

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱
出典:YouTube

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版アニメの新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」(高橋渉監督、4月13日公開)の新予告編とポスタービジュアルが3月2日、公開された。

 「爆盛!カンフーボーイズ」は劇場版26作目。春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、“しんちゃん”こと野原しんのすけらの活躍を描く。マサオの誘いで伝説のカンフー・ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガール、玉蘭(たま・らん)と共に修業に励んでいた。一方、アイヤータウンでは一度食べるとやみつきになり、凶暴化してしまうラーメン「ブラックパンダラーメン」が大流行。パニックになったアイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる……というストーリー。

 新予告のナレーションは、声優の立木文彦さんが担当しており「今年がマサオが世界を救う!?」というキャッチコピーのもと、しんのすけらカスカベ防衛隊がカンフー修業する様子などが描かれている。ゲスト声優のお笑い芸人の関根勤さんやお笑いコンビ「ANZEN漫才」の2人が声を担当するキャラクターも登場。アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」が歌う主題歌「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」も聴くことができる。

 ポスタービジュアルには、しんのすけらカスカベ防衛隊がカンフーポーズを決め、ひろし率いる野原家は必殺の足臭靴下ヌンチャクを振り回している姿などがあしらわれ、「アクション大盛り 友情濃いめ!!」というキャッチコピーが添えられている。

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」のポスタービジュアル (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」のポスタービジュアル (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

ANZEN漫才が「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」でアニメ声優初挑戦 関根勤も

劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」にゲスト声優として出演する(左から)「ANZEN漫才」のあらぽんさん、みやぞんさん、関根勤さん(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」にゲスト声優として出演する(左から)「ANZEN漫才」のあらぽんさん、みやぞんさん、関根勤さん(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」(高橋渉監督、2018年4月13日公開)に、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんさんとあらぽんさん、タレントの関根勤さんがゲスト声優として出演することが2月16日、明らかになった。ANZEN漫才の2人はアニメ声優初挑戦。

 「爆盛!カンフーボーイズ」は劇場版26作目。春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、“しんちゃん”こと野原しんのすけらの活躍を描く。マサオの誘いで伝説のカンフー・ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガール、玉蘭(たま・らん)と共に修業に励んでいた。一方、アイヤータウンでは一度食べるとやみつきになり、凶暴化してしまうラーメン「ブラックパンダラーメン」が大流行。パニックになったアイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる……というストーリー。

 みやぞんさんは悪の組織ブラックパンダラーメンの刺客ミヤ・ゾン、あらぽんさんはブラックパンダラーメンを食べて凶暴化してしまう客、関根さんはカスカベ防衛隊に“ぷにぷに拳”を教える師匠の声優をそれぞれ担当する。

 みやぞんさんは「マネジャーから映画の声優決まったよ、と聞かされた時のリアルなリアクションなんですが、『え?…』リアルこれです! 一瞬パニックです(笑い)」と出演が決まった時のことを振り返り、「ただ、僕らの中で、芸能界に入ったときの目標の一つに、こうしてアニメの中で僕らが描かれるっていうのがあったので、それがかなったんだなと。恵まれてるんです、我々本当に。ありがたいと思っております」と喜んでいる。

 あらぽんさんは「僕らは小学校のころから見ていたので、『しんちゃん』と軽々しく言ってますけど、芸歴ではしんちゃんの方が上なので、僕はもう『クレヨンさん』と呼びたいです。だから、芸能界のルールとしてあいさつは『クレヨンさん、おはようございます!』って言うべきで、先輩と共演できる、それくらいの気持ちではあります」と言い、関根さんは「オファーをもらったとき、家族にも伝えたんですが、それはもう喜んでくれました。娘の麻里も喜んでくれて、孫も『見に行く、見に行く』と言ってますから、完成したら家族で見にいきたいと思います」とそれぞれコメントしている。

 テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系、金曜午後7時30分)本編にもANZEN漫才と関根さんが登場することも決定した。ANZEN漫才は16日の放送回に、関根さんは23日の放送回に出演する予定で、みやぞんさんは即興曲「しんちゃんに捧げる歌」を披露する。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

ももクロ、4人体制で劇場版「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」の主題歌担当 声優でも出演

劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」の主題歌を担当する「ももいろクローバーZ」 (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」の主題歌を担当する「ももいろクローバーZ」 (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

 メンバーの有安杏果さんが卒業して4人体制となったアイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)が、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」(高橋渉監督、4月13日公開)の主題歌と劇中歌を担当することが1月26日、明らかになった。メンバー全員が声優として出演もする。

 主題歌のタイトルは「笑一笑~シャオイーシャオ!」で、4月11日に発売される。ももクロは、主題歌について「(タイトルは)中国語で『笑おう』とか『笑って!』という意味で、笑顔の大切さを歌った曲です。遠く離れていても笑顔でつながっていようとか、笑顔で皆がパッと明るくなるというメッセージも込められていて、聴くだけでも笑顔になれる曲になっています」とアピール。「私たち、ももいろクローバーZが4人体制になって、今回こうしてしんちゃんのお仕事をやらせていただくことになりました。あのしんちゃんとのコラボレーションということで、ドキドキとワクワクが止まりません。皆さんぜひ楽しみにしていてください!」とコメントを寄せている。

 同グループは、映画に登場するアイドルグループ「くろぐろクローバーZ」の声優も担当。くろぐろクローバーZは、野原しんのすけたちカスカベ防衛隊が立ち向かう謎のラーメン「ブラックパンダラーメン」の広告塔で、イメージソングを劇中で披露する。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

潘めぐみ、「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」に出演 カンフーガール役に

劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で潘めぐみさんが声優を務める玉蘭のビジュアル(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で潘めぐみさんが声優を務める玉蘭のビジュアル(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

 声優の潘めぐみさんが、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」(高橋渉監督、2018年4月13日公開)に出演することが12月1日、分かった。潘さんはヒロインのカンフーガール・玉蘭(たま・らん)の声優を担当する。

 潘さんは「幼い頃から、私の元気の源、心の栄養でした。気がつけば、おしりで歩く練習をしていた幼少期。いつもそばで笑顔をくれた、感動をくれた、しんちゃんたちと一緒に、こうして共演させていただけるなんて、夢のようです」と出演を喜び、「本作にて演じさせていただく、玉蘭(たま・らん)。名前の響きからして、気になる彼女ですが、とても可愛らしく、正義感の強い女の子です。心技体すべてをかけて、全力で挑ませていただきます」と意気込んでいる。

 また、併せてティザービジュアルも公開された。ティザービジュアルは、しんのすけらカスカベ防衛隊が、夕日をバックにりりしい表情を浮かべる姿に「アクション大盛り 友情濃いめ」というキャッチコピーが添えられている。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

「クレヨンしんちゃん」劇場版新作は“カンフー” 「爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」18年GW公開

劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」のビジュアル (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」のビジュアル (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)の26作目の劇場版が、2018年のゴールデンウイークに公開されることが10月13日、明らかになった。新作のタイトルは「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で、春日部の中華街「アイヤータウン」を舞台に、“しんちゃん”ことしんのすけらの活躍を描く、カンフーアクション作になるという。

 「クレヨンしんちゃん」は、「週刊漫画アクション」(双葉社)などで連載されていた臼井儀人さんの人気マンガ。“きれいなおねえさん”が大好きなおませな幼稚園児のしんのすけが、大人たちを巻き込みながらさまざまな騒動を巻き起こす姿が描かれ、テレビアニメは1992年にスタート。現在は金曜午後7時半に放送されている。

 劇場版新作の監督は16年公開の「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」などを手掛けてきた高橋渉さん。脚本は15年公開の「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」などのうえのきみこさんが担当する。特別映像も公開され、「秘拳伝承」「悶々(もんもん)美人」「柔和功夫(にゅうわかんふー)」のテロップとともにしんのすけが“ノースタント”でカンフーに挑んでいる姿が映し出されている。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
9

/9

目次