焼肉ドラゴン

焼肉ドラゴンあらすじ

 映画「焼肉ドラゴン」は、2008年に、日本の新国立劇場と韓国のソウル・アート・センターがコラボレーションして製作し、数々の演劇賞を受賞した舞台「焼肉ドラゴン」が原作。舞台は鄭義信さんが作・演出を手がけ、映画版でも鄭さんが監督を務める。鄭さんが映画の監督をするのは今回が初めて。

 映画「焼肉ドラゴン」は、万国博覧会が催された1970(昭和45)年の関西の地方都市が舞台。小さな焼き肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子さん)、梨花(井上真央さん)、美花(桜庭ななみさん)の3姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。龍吉は「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる」が口癖で、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったりしており、店はいつも、静花の幼馴染・哲男(大泉洋さん)ら騒がしい常連客たちで賑わっていた。しかし強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてきて……という内容。

スタッフ

監督:鄭義信

焼肉ドラゴンキャスト

真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋

公開日

2018年6月22日公開

ニュース

焼肉ドラゴン

大泉洋、酔っ払って本当の“一人相撲” 井上真央は動画アップを予告? <初日舞台あいさつ>

 俳優の大泉洋さんと女優の井上真央さんが6月22日、東京都内で行われた映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信=チョン・ウィシン=監督)の初日舞台あいさつに登場。大泉さんは映画で共演した韓国人俳優キム・サンホさんと再会した際、酔っ払って「相撲をとった」と豪語したが、その場にいた井上さんは「(大泉さんは)相撲をとったと思っているかもしれないですけど、相手にもされてなかった。アボジ(キムさん)は全く見てなかった」と明かし、大泉さんの“一人相撲”だったことが判明。大泉さんは「日韓(相撲)対決は実現してないの? オレは韓国の皆さんにジャパニーズ・スモウを伝えたかったのに、お前(井上さん)が笑っていただけ?」と嘆いた。

続きを読む
焼肉ドラゴン

<映画レビュー>「焼肉ドラゴン」真木よう子、井上真央、桜庭ななみの演技合戦が見もの 70年代の一家の絆を描く 6月22日公開

 映画「血と骨」(2004年)の脚本担当などで知られる劇作家・演出家の鄭義信さんの初長編監督作「焼肉ドラゴン」が6月22日、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。1970年代、高度経済成長と大阪万博に沸く関西のとある地方都市を舞台に、小さな焼き肉店「焼肉ドラゴン」を営む一家の絆を濃密に描いた。真木よう子さん、井上真央さん、桜庭ななみさんが3姉妹を演じ、長女の幼なじみ・哲男を大泉洋さんが演じるなど、人気・実力俳優陣が顔をそろえた。

続きを読む
焼肉ドラゴン

真木よう子、桜庭ななみに“ミミズ味”のビーンズ食べさせられ… 「可愛いから許しちゃう!」 <舞台あいさつ>

 女優の真木よう子さん、井上真央さん、桜庭ななみさんが6月6日、名古屋市内で映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信=チョン・ウィシン=監督、22日公開)の舞台あいさつを行った。3人は同作で三姉妹を演じており、末っ子役の桜庭さんは、長女役の真木さんに“おいしくないジェリービーンズ”を食べさせたと告白。真木さんは「食べさせられた!」と言いながらも、「可愛いから許しちゃう」とデレデレの様子だった。

続きを読む
焼肉ドラゴン

真木よう子「考えてもしょうがない…」 前向きに生きる秘訣は“笑うこと” <完成披露試写会イベント>

 女優の真木よう子さんが4月9日、東京都内で開かれた映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、2018年6月22日公開)の完成披露試写会イベントに登場。今年の1月中旬に所属事務所とのマネジメント契約が終了しており、久々の公の場となった真木さんは「明日を前向きに生きる秘訣(ひけつ)」について質問されると、「笑う事」と書いたボードを掲げ、「いろいろなことがあるかもしれないけれど考えてもしょうがない。笑っとけ」と語った。

続きを読む
焼肉ドラゴン

真木よう子、井上真央、桜庭ななみと映画「焼肉ドラゴン」で3姉妹に 大泉洋も出演

 女優の真木よう子さん、井上真央さん、桜庭ななみさん、大泉洋さんが、今年の初夏に公開される映画「焼肉ドラゴン」に出演することが1月17日、明らかになった。真木さん、井上さん、桜庭さんは3姉妹役を、大泉さんは姉妹の幼なじみ役を演じる。

続きを読む