ジオストーム

ジオストームあらすじ

 「ジオストーム」は、天候を操る気象コントロール衛星の暴走が引き起こす「超異常気象」を描くアクション作品。世界中が度重なる自然災害に悩まされている中、全世界の天候を制御する気象コントロール衛星が開発され、世界の天候は完璧に管理されていた。ところが、ある日、衛星が暴走を始め、災害が勃発。科学技術者のジェイク・ローソン(ジェラルド・バトラーさん)が仲間とともに地球の危機に立ち向かう……というストーリー。

 日本語吹き替え版で、お笑い芸人のブルゾンちえみさんが声優に初挑戦する。ブルゾンさんが担当するのは、女性シークレット・サービス・エージェントのサラ(アビー・コーニッシュさん)で、美貌の持ち主でありながら緊急事態には男性顔負けの銃さばきやカーチェイスを見せる“スーパーキャリアウーマン”という。

 俳優の上川隆也さん、山本耕史さんも声優を務める。上川さんは優秀な科学者で気象コントロール衛星の開発者・ジェイク・ローソン、山本さんはジェイクの弟で国務省職員のマックス(ジム・スタージェスさん)をそれぞれ担当する。

スタッフ

監督:ディーン・デブリン

公開日

2018年1月19日公開

ニュース

ジオストーム

<インタビュー>ブルゾンちえみ、声優初挑戦で「悔しくて仕方なかった」 上川隆也、山本耕史と映画「ジオストーム」吹き替え秘話

 俳優の上川隆也さん、山本耕史さん、お笑い芸人のブルゾンちえみさんが日本語吹き替え版で声優を務めている映画「ジオストーム」(ディーン・デブリン監督)が1月19日から公開。上川さんは洋画の吹き替え声優は初めてで、ブルゾンさんは今作が声優初挑戦。日本語吹き替え版では、上川さんが主人公のジェイク・ローソン(ジェラルド・バトラーさん)、山本さんがジェイクの弟のマックス(ジム・スタージェスさん)、ブルゾンさんが女性シークレットサービス・エージェントのサラ(アビー・コーニッシュさん)の声を担当している。3人に、吹き替え版の声優を務めた感想や収録エピソードなどを聞いた。

続きを読む
ジオストーム

<映画みどころ紹介>「ジオストーム」巨大災害を臨場感あふれる3D映像で描く 兄弟の絆など人間ドラマにも注目

 気象コントロール衛星の暴走が引き起こす「超異常気象」を描いた映画「ジオストーム」が1月19日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほかで公開。「インデペンデンス・デイ」で製作・脚本を担当したディーン・デブリンさんが監督を務めるディザスタームービーで、臨場感あふれる巨大災害の3D映像はもちろん、兄弟の絆(きずな)を中心とする人間ドラマも見どころだ。

続きを読む
ジオストーム

ブルゾンちえみ、上川隆也&山本耕史を従え“With G" 「ここから見える景色は格別」とご満悦

 お笑い芸人のブルゾンちえみさんが1月9日、東京都内で行われた映画「ジオストーム」(ディーン・デブリン監督、19日公開)のジャパンプレミアに吹き替え版で声を担当する俳優の上川隆也さん、山本耕史さんと出席。イベントでは、普段は“With B”ことお笑いコンビ「ブリリアン」の2人を後ろに従えているブルゾンさんが、自身の右に上川さん、左に山本さんを立たせ“With G(ジオストームのG)"を作り、「縁起がいい感じがしますね」とにっこり。ブルゾンさんは「2018年は“With G”でやらせていただいていいですか? ここから見える景色は格別です」と満足気な表情を浮かべていた。

続きを読む
ジオストーム

ブルゾンちえみ、スーパーキャリアウーマン役で声優初挑戦 映画「ジオストーム」日本語吹き替え版で

 お笑い芸人のブルゾンちえみさんが、アクション映画「ジオストーム」(ディーン・デブリン監督、2018年1月19日公開)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦することが11月7日、分かった。ブルゾンさんが担当するのは、女性シークレット・サービス・エージェントのサラ(アビー・コーニッシュさん)で、美貌の持ち主でありながら緊急事態には男性顔負けの銃さばきやカーチェイスを見せる“スーパーキャリアウーマン”という。

続きを読む