君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)

  • スタッフ:
    監督・脚本:牛嶋新一郎▽キャラクターデザイン・総作画監督:岡勇一▽美術監督:小川友佳子▽音楽:世武裕子▽アニメーション制作:スタジオヴォルン
  • キャスト:
    高杉真宙▽Lynn▽藤井ゆきよ▽内田雄馬▽三木眞一郎
  • 公開日:
    2018年9月1日に公開
UPDATE

君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)あらすじ

 映画「君の膵臓をたべたい」は、2016年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数が250万部を超える人気小説「君の膵臓をたべたい」が原作の劇場版アニメ。2018年9月1日に公開。
 クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記・共病文庫を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良と一緒に過ごすようになる……というストーリー。
 女優の浜辺美波さんと人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演の実写映画が2017年7月に公開された。

スタッフ

監督・脚本:牛嶋新一郎▽キャラクターデザイン・総作画監督:岡勇一▽美術監督:小川友佳子▽音楽:世武裕子▽アニメーション制作:スタジオヴォルン

君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)キャスト

高杉真宙▽Lynn▽藤井ゆきよ▽内田雄馬▽三木眞一郎

君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)公開日

2018年9月1日に公開

高杉真宙、内田雄馬をお姫様抱っこ <初日舞台あいさつ>

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の初日舞台あいさつで、内田雄馬さんをお姫様抱っこした高杉真宙さん(中央)
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の初日舞台あいさつで、内田雄馬さんをお姫様抱っこした高杉真宙さん(中央)

 俳優の高杉真宙さんが9月1日、東京都内で開かれた劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督)の初日舞台あいさつに登場。同作にちなんだゲームに挑んだ高杉さんは「気になる異性と仲良くなるときのアプローチ方法を言う」と「キャストの誰かをお姫様抱っこ」という2択で後者を選択。同席した内田雄馬さんを相手に選んで、観客の前で内田さんをお姫様抱っこした。

 ゲームは、牛嶋監督がカードを引いて登壇者の中から挑戦者を選び、「真実」と「挑戦」のお題からどちらかを選び実行するというもの。一発目に当たった高杉さんがどちらを選ぶか迷っていると、内田さんが「準備はしているけれど」とアピールして観客の笑いを誘った。高杉さんは「それなら(お姫様抱っこの)『挑戦』しかない。絶対に異性を選ぼうと思っていたのに」と言いながら、内田さんを抱きかかえた。

 男性同士のお姫様抱っこの後で、内田さんは「(観客は)『何を見せられたのかと思った』と思う」とポツリ。高杉さんは笑いながら「いい力強さを感じました」と感想を語った。舞台あいさつには、Lynn(リン)さん、藤井ゆきよさん、和久井映見さんも出席した。

 「君の膵臓をたべたい」は、住野よるさんの同名小説(双葉社)が原作で、2016年の本屋大賞で2位にランクインした。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いた闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良との距離を縮め、一緒に過ごすようになる……というストーリー。

高杉真宙、初声優作舞台あいさつで涙 「大好きな作品になりました」 <初日舞台あいさつ>

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の初日舞台あいさつで、目に涙を浮かべる高杉真宙さん
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の初日舞台あいさつで、目に涙を浮かべる高杉真宙さん

 俳優の高杉真宙さんが9月1日、東京都内で開かれた劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督)の初日舞台あいさつに登場。同作のインタビューで声優の仕事は「一つの夢だった」というなどアニメ好きで知られ、今回主人公の“僕”役で初の声優に挑んだ高杉さんは、「この作品に関わることができて良かった。冷静に言っていますが、心の中ではめちゃくちゃ盛り上がっていて……」と心境を明かした。

 最後のあいさつでは、「テンションが上がって、泣きそうになるのを我慢していますが……」と言葉を詰まらせ、目に涙を浮かべた。観客から「頑張れ!」と応援されると、高杉さんは声を震わせながら「大好きな作品になりました。見る人もこの作品を大好きになってくれたらいいなと思います」と話して、拍手を浴びていた。

 この日の舞台あいさつには、Lynn(リン)さん、藤井ゆきよさん、内田雄馬さん、和久井映見さん、牛嶋監督も出席。高杉さんのあいさつに感動して、Lynnさんも涙を浮かべていた。

 「君の膵臓をたべたい」は、住野よるさんの同名小説(双葉社)が原作で、2016年の本屋大賞で2位にランクインした。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いた闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良との距離を縮め、一緒に過ごすようになる……というストーリー。

<映画レビュー>「君の膵臓をたべたい」高杉真宙が声優初挑戦 原作の世界観を美しい絵柄で再現 9月1日公開

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」のビジュアル (C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」のビジュアル (C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

 劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督)が9月1日、新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開。浜辺美波さんと北村匠海さんのダブル主演で2017年に公開された実写映画もヒットした。原作は住野よるさんの小説。俳優の高杉真宙さんが声優初挑戦で主人公の「僕」を、声優のLynn(リン)さんがヒロイン・山内桜良を演じている。自分の殻に閉じこもっていた僕と、膵臓の病気で余命幾ばくもないヒロインが出会い、限られた時間の中で心を通わせていく姿が描かれる。

 クラスで目立たない存在の僕が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良の書いていた文庫型の闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良との距離を縮め、一緒に過ごすようになる……というストーリー。

 声優として、藤井ゆきよさん、内田雄馬さん、福島潤さん、田中敦子さん、三木眞一郎さん、和久井映見さんらが出演する。テレビアニメ「ALL OUT!!」などに参加してきた牛嶋さんの初監督作品で、「うしおととら」などのスタジオヴォルンが制作する。

 他人と関わろうとしない僕の殻を、天真らんまんで明るい桜良がどんどん打ち破っていく。表情がさほど変化しない僕の微妙な心の変化を高杉さんが声で表現している。淡々と話す僕と、弾むように話す桜良との対照的な2人のやりとりに引き込まれていく。

 図書館、海、桜並木と2人が過ごす世界はどれも美しい。桜良が病気と闘っているような場面はあまり描かれないが、その世界の美しさが2人の関係に限りがあるというはかなさを際立たせているようにも感じる。終盤のアニメならではのファンタジーを取り入れた表現にも目を奪われた。心に染み入るような感動を、実写映画とはまた違った形で味わうことができた。(岡本温子/MANTAN)

(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
出典:YouTube

<インタビュー>高杉真宙、アニメ愛ゆえの「あがき」 「キミスイ」で声優初挑戦

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」で声優を務める高杉真宙さん
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」で声優を務める高杉真宙さん

 住野よるさんの小説が原作の劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい(キミスイ)」(牛嶋新一郎監督)が9月1日に公開される。主人公の「僕」の声を演じたのが、声優初挑戦の俳優、高杉真宙さんだ。幼い頃から「アニメとマンガとゲームが大好き」という高杉さんは「声優さんという仕事には僕の夢と理想が詰まっている」と語る。「理想と現実のギャップにあがいた」という高杉さんに、作品への思いや役作りについて聞いた。

 ◇大好きな世界だからこそ感じた「理想と現実のギャップ」

 「君の膵臓をたべたい」は、2016年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数が260万部を超える人気小説。クラスで目立たない存在の「僕」が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良との距離を縮め、一緒に過ごすようになる……というストーリー。女優の浜辺美波さんと人気音楽ユニット「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演した実写映画が、17年7月に公開された。

 アニメやマンガが「大好き」という高杉さんにとって声優の仕事は「一つの夢だった」という。だからこそ、今回「僕」を演じることが決まった時はうれしさがありつつも「自分の趣味を作っている方々の場所に仕事として入るのは、めちゃくちゃ緊張しました」と振り返る。

 実際、アフレコの現場では「理想と現実のギャップ」に葛藤したという。「声優さんがやっているようにナチュラルにアニメと一緒に演技をするのが自分の理想。いろいろなすてきな作品を見てきたからこそ、自分の理想と現実とのギャップが信じられないぐらいあった」と話す。

 高杉さんは、演じる中で「『これは違うな』と感じるのは悔しかった」といい、「声優さんという仕事には自分の理想と夢が詰まっているからこそ、必死に役のことを理解して、何とかあがいて自分の理想に近付けるように演技した」と力を込める。

 ◇実写映画は「あえて見なかった」 現場で生まれた感情を大事に

 高杉さんは、俳優として役作りをする際は、原作と台本を読み込み、キャラクターの特徴などをノートにまとめる作業するといい、それは今回声優として役作りをする上でも同じだったという。ただ、ヒット作ともなった実写映画は「あえて見なかった」と明かす。

 「見たら緊張しそうだなというのもあったのですが、原作にも映画にもたくさんのすてきな評価がある中で、自分はそれとは関係なしにやらないといけないなと。(実写映画の演技に)引っ張られそうというのもあったので見ませんでした。ただ、見た時に(自分の演技が)どう変化していたのかは気になりますけどね」と話す。

 自身の演じた「僕」を「すごく複雑な子で、最初は台本を読んでも小説を読んでも理解できなかった」といい、キャラクターを模索する中で「本当に怖がりな子」という一つの答えにたどり着いた。「人と関わることが怖かったり、自分のことを深く探られるのも、相手を深く探るのも怖い。その怖がりなところが『僕』にとって大事な部分なんだと思ったんです。だからこそ、自分が閉じこもっている殻を破ってくる桜良にひかれていく」と説明する。

 高杉さんは準備を重ねて演技に臨むが、「それよりも現場でできあがった感情を大事にしたい」と常々思っているという。今回声優として演技した現場でも「そういう演技ができたことが楽しかった。いっぱい悩まされましたけど」と笑顔を見せた。

 ◇アフレコ現場で興奮 声優に意欲も「深夜アニメとか…」

 以前からアニメの制作現場に興味があったという高杉さんは、今回実際に制作の裏側を見る機会もあったといい、「自分が知りたかったことが目の前で起きているのは、テンションが上がりました」と興奮気味に語った。

 アフレコ現場では、「他の声優さんがアフレコしている様子を後ろで見る機会もあったんですけど、せりふを言い合っている時に目をつぶればアニメなんですよね。その瞬間が、一番泣きそうになりました。やっぱり声優さんってすごいなと改めて思いました」と目を輝かせる。

 そんな高杉さんに好きなアニメについて聞くと、「最近、『PSYCHO-PASS(サイコパス)』の1期を見返しました。(2019年公開予定の)劇場版もすごく期待しています。『PSYCHO-PASS』は、あの音楽の入り方が本当にキレイで」と語る。エンディングテーマを担当した音楽ユニット「EGOIST(エゴイスト)」が好きという高杉さんは、同ユニットが登場したアニメ「ギルティクラウン」にも触れ、「『ギルティクラウン』も音楽の入り方がいい。音楽がいいアニメって面白いなといつも思っています」と熱く語った。

 「PSYCHO-PASS」の脚本を担当した虚淵玄(うろぶち・げん)さんの作品が好きという高杉さん。自身が出演した特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」は虚淵さんが脚本を担当していて、「現場でお会いして超興奮しました」と声を弾ませていた。

 最後に高杉さんに「今後も声優の仕事をやってみたい?」と聞くと、「ぜひ、やりたいです」と力強く回答。「今回一つ夢がかなって、夢がもっと膨らみましたし、もっとやりたいなと思いました。今度は正義のヒーローとかアニメならではの役をやってみたいですね。それこそ深夜アニメとか……。怒られそうですけど」と笑顔で語った。

 高杉さんが、初挑戦の声優として、芝居に真摯(しんし)に向き合う役者として熱を持って挑んだアニメ版「君の膵臓をたべたい」。アニメならではの「僕」に注目したい。

君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

<動画>「君の膵臓をたべたい」sumikaが歌うOPとのコラボ映像公開 初出しの花火シーンも

君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
出典:YouTube

 劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督、2018年9月1日公開)と、4人組ロックバンド「sumika」が歌う同作のオープニングテーマ(OP)「ファンファーレ」のスペシャルコラボ映像が8月22日、公開された。3分超の映像で、同曲をバックに、牛嶋監督がこだわったという花火のシーンなど初公開の映像が収められている。

 また、sumikaのメンバー4人が声優として同作に出演していることが発表された。演じた役やシーンなどは発表されていない。今月29日に発売される同バンドのシングル「ファンファーレ/春夏秋冬」の初回生産限定盤の付属DVDに、メンバーがアフレコに初挑戦した様子を収めた映像が一部収録される。

 「君の膵臓をたべたい」は、住野よるさんの人気小説が原作。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良と一緒に過ごすようになる……というストーリー。女優の浜辺美波さんと人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演した実写映画が2017年7月に公開された。

 アニメは、俳優の高杉真宙(まひろ)さんが主人公の“僕”、Lynn(リン)さんがヒロイン・桜良の声を担当する。

劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」のワンシーン(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」のワンシーン(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

内田雄馬、夢は世界進出? 「全世界に友達が欲しい」 <完成披露試写会>

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の完成披露試写会に登場した内田雄馬さん
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の完成披露試写会に登場した内田雄馬さん

 声優の内田雄馬さんが7月24日、東京都内で開かれた劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督、2018年9月1日公開)の完成披露試写会に登場。余命の少ないヒロインが精いっぱいに人生を楽しむ作品にちなんで「一生で一度やりたいこと」を聞かれた内田さんは「世界に友達が欲しい。いろいろな所に行って、お芝居をしたり、歌を歌ったりすれば、世界の人と分かり合えるんじゃないかと思っている」と“世界進出”の夢を語っていた。

 内田さんは、世界に友達が欲しい理由について「みんなが幸せになったら良いと思っている。僕は人生が楽しくありたいという目標がある」と力説し、「いろいろやりたいので、いろいろな国に1人ずつ友達が欲しい。イッツ幸せ。俺が幸せ!」とアピールしていた。

 試写会には、主人公の“僕”の声を演じる高杉真宙(まひろ)さん、ヒロイン・桜良役のLynn(リン)さん、桜良の親友・恭子役の藤井ゆきよさん、桜良の母役の和久井映見さん、牛嶋監督、ロックバンド「sumika」も出席した。

 「君の膵臓をたべたい」は、住野よるさんの同名小説(双葉社)が原作で、2016年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数は260万部超。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良との距離を縮め、一緒に過ごすようになる……というストーリー。内田さんは“僕”のクラスの学級委員・隆弘役を演じる。

君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)

高杉真宙「マンガやアニメ、ゲームが大好き」 声優挑戦は「一つの夢だった」 <完成披露試写会>

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の完成披露試写会に登場した高杉真宙さん
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の完成披露試写会に登場した高杉真宙さん

 俳優の高杉真宙(まひろ)さんが7月24日、東京都内で開かれた劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督、2018年9月1日公開)の完成披露試写会に登場。主人公の“僕”役で初の声優に挑んだ高杉さんは「個人的な趣味で、マンガやアニメ、ゲームが大好き。声優は一つの夢だったので、いつかはしたいと思っていた」と感慨深そうに答えていた。

 オファーが来たときの反応を聞かれた高杉さんは「唖然(あぜん)としていました。うれしさや緊張はなく『そうなんですか』と。びっくりしすぎて淡泊な返事でしたが、それぐらい驚いた」と振り返っていた。作品については「客観視できない。ただ自分では評価ができないが、すてきな作品ができたと思っている。どの作品もそうですが、メチャクチャ緊張しています。本当にこの作品に関わることができて幸せと実感しました」と話していた。

 試写会には、ヒロイン・桜良(さくら)役のLynn(リン)さん、桜良の親友・恭子役の藤井ゆきよさん、学級委員・隆弘役の内田雄馬さん、桜良の母役の和久井映見さん、牛嶋監督、ロックバンド「sumika」も出席した。

 「君の膵臓をたべたい」は、住野よるさんの同名小説(双葉社)が原作で、累計発行部数は260万部超。2016年の本屋大賞で2位にランクインした。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いた闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良との距離を縮め、一緒に過ごすようになる……というストーリー。女優の浜辺美波さんと、人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演した実写映画が17年7月に公開された。

君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)

<動画>劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」の桜良の母役に和久井映見 予告編&ポスターも公開

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」に声優として出演する和久井映見さん(左)と和久井さんが演じる桜良の母親のビジュアル (C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」に声優として出演する和久井映見さん(左)と和久井さんが演じる桜良の母親のビジュアル (C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

 女優の和久井映見さんが、住野よるさんの小説が原作の劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督、2018年9月1日公開)で、ヒロイン・桜良の母親の声を担当することが7月16日、明らかになった。和久井さんが劇場版アニメの声優を務めるのは、今回が初めて。

 劇場版のポスタービジュアル、予告編も公開された。ポスタービジュアルには、桜並木の中で背中合わせで立つ主人公の僕と桜良の姿が描かれている。予告編では、お互いに「正反対の性格」と認めている“僕”と桜良が徐々に距離を縮めていく様子や、“僕”が携帯電話を握りしめて泣いているシーンなどが収められている。また、ロックバンド「sumika」が担当する主題歌「春夏秋冬」が初お披露目されている。

 「君の膵臓をたべたい」は、2016年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数が260万部を超える人気小説。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良との距離を縮め、一緒に過ごすようになる……というストーリー。女優の浜辺美波さんと人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演した実写映画が17年7月に公開された。

 アニメは、俳優の高杉真宙(まひろ)さんが主人公の“僕”、Lynn(リン)さんがヒロイン・桜良の声を担当するほか、藤井ゆきよさん、内田雄馬さん、三木眞一郎さんらも声優として出演する。

 和久井さん、制作プロデューサーのコメントは以下の通り。

 ◇和久井さんのコメント

 青春の煌(きら)めきの中、生きること。誰かを思いながら「今を生きる」こと。生ききること。そして、生き続けること。グッと考えさせられ、切なくなりました。参加させていただけてとても幸せです。たくさんの方にご覧いただけますように……。

 ◇制作プロデューサーのコメント

 桜良の母の声に求めていたのは、そのものが感情になるような、心に深く届く声、でした。声だけで“娘の未来の死を包み込む優しさ”、“観客が一緒に泣ける親近感”といった感情が感じられる方を探す中で、自分自身、過去に見た、(NHK連続テレビ小説の)「ひよっこ」の永井愛子役のつらい中でも前を向く温かい芝居や、(同)「ちりとてちん」の和田糸子役の母親の包容力を感じる優しい芝居で感動したことを思い出し、それらを演じられている和久井映見さんが、最も桜良の母にふさわしいと思いオファーさせていただきました。

(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
出典:YouTube

「君の膵臓をたべたい」アニメ版の追加キャストに藤井ゆきよ、内田雄馬、三木眞一郎

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」のビジュアル(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」のビジュアル(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

 住野よるさんの小説が原作の劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(牛嶋新一郎監督、9月1日公開)に声優として藤井ゆきよさん、内田雄馬さん、三木眞一郎さんらが出演することが6月9日、明らかになった。藤井さんはヒロイン・桜良の親友の恭子、内田さんは桜良の元恋人の隆弘、三木さんは主人公の“僕”の父をそれぞれ演じる。また、福島潤さんが僕の友人となるガム君役、田中敦子さんが僕の母役として出演する。

 晴れた青空と桜を背景に楽しそうに談笑する桜良と恭子、一人読書をする僕が描かれた新たなビジュアルも公開された。

 「君の膵臓をたべたい」は、2016年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数が260万部を超える人気小説。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病気を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記「共病文庫」を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良と一緒に過ごすようになる……というストーリー。女優の浜辺美波さんと人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演した実写映画が17年7月に公開された。

 アニメは、俳優の高杉真宙(まひろ)さんが主人公の“僕”、Lynn(リン)さんがヒロイン・桜良の声を担当する。

高杉真宙、劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」で声優初挑戦! ヒロインはLynn

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」で声優に初挑戦する高杉真宙さん(左)と高杉さんが演じる“僕”(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」で声優に初挑戦する高杉真宙さん(左)と高杉さんが演じる“僕”(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

 俳優の高杉真宙(まひろ)さんが、住野よるさんの小説が原作の劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(キミスイ)で声優に初挑戦することが3月16日、明らかになった。高杉さんが主人公の“僕”を演じ、声優のLynn(リン)さんがヒロイン・山内桜良役として出演する。高杉さんは「まずは驚き、その後、うれしさや緊張などがこみ上げてきました。元々マンガやアニメが大好きで、いつか声のお仕事ができたらいいなとずっと思っていたので、こうしてやらせていただけるということが決まり、頑張らなくてはという気持ちがすごく強いです」と意気込んでいる。

 高杉さんは、アフレコについて「台本を読んだり、いただいた資料を見たり、テストアフレコというものをやらせていただいたりしました。テストアフレコをする前までは分からないことも多かったのですが、いろいろ教えていただいて、自分の入ったことのない世界にやっと踏み出した感じがしています。実感もわいてきましたし、もっとしっかりとこのキャラクターのことを理解して演じていきたいなというのもあって、改めてもっと台本を読み込もうと思いました」とコメント。

 ヒロイン役のLynnさんは「本編は高杉さん演じる“僕”とのかけあいが多く、ほぼ二人の会話劇なので、アフレコ現場での空気感を大切にしていきたいです。そして、一言一言丁寧に心をこめて、見てくださる皆さんの心を動かすような作品にできればと思っているので、気持ちをこめて、全力で、楽しく、後悔のないように、一生懸命、桜良として生き抜きたいです」と話している。

 アニメを手がけるプロデューサーは、“僕”について「一見すると人が苦手で暗そうな少年ですが、その実、自分の考えや価値観をしっかり持ち、常に何かと戦っているような少年です。そうしたキャラクター性の表現に求めていた声の艶や質感と共に、作中での“僕”の成長を描くのに、うまさと未完成さを兼ね備えた声の芝居が必要でした」と話し、高杉さんがナレーションを担当したウェブ動画を見て「“僕”の声を見つけた。そう確信しました」と起用を決めたという。

 「君の膵臓をたべたい」は、2016年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数が260万部を超える人気小説。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記・共病文庫を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良と一緒に過ごすようになる……というストーリー。女優の浜辺美波さんと人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演した実写映画が17年7月に公開された。

 アニメは「ALL OUT!!」などに参加してきた牛嶋新一郎さんが監督を務め、「うしおととら」などのスタジオヴォルンが制作する。予告編も公開され、“僕”と桜良が「死ぬまで仲よくしてよ?」「君は本当に死ぬの?」などと語る姿が描かれている。9月1日に公開。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督・脚本:牛嶋新一郎▽キャラクターデザイン・総作画監督:岡勇一▽美術監督:小川友佳子▽音楽:世武裕子▽アニメーション制作:スタジオヴォルン 

(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
君の膵臓をたべたい(劇場版アニメ)
出典:YouTube

劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」が2018年初秋に公開 キービジュアルも公開

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」のキービジュアル(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」のキービジュアル(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

 住野よるさんの小説が原作の劇場版アニメ「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」が、2018年初秋に公開されることが1月15日、明らかになった。主人公の“僕”とヒロインの桜良の二人が桜の中でたたずむ姿を描いたキービジュアルも公開された。

 「君の膵臓をたべたい」は、16年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数が250万部を超える人気小説。クラスで目立たない存在の“僕”が、膵臓の病を患うクラスメートの桜良が書いていた文庫型の闘病日記・共病文庫を病院の待合室で偶然見つけたことから、次第に桜良と一緒に過ごすようになる……というストーリー。女優の浜辺美波さんと人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがダブル主演の実写映画が17年7月に公開された。

 原作者の住野さんは「原作者として映像化に求めていることは大きく二つです。原作を好きでいてくれる方たちに対して誠実なものであることと、作った本人たちが胸を張って面白いんだと言えるものであること。それらをかなえるため、原作者として何度もアニメスタッフさんたちと相談を重ね、 価値観を共有し、原作の持つ意味を保ちながら、新しい『君の膵臓をたべたい』を生み出す準備に加わってきました。現在絵コンテが着々と監督さんの手によって出来上がりつつあります。ぜひ、ご期待いただけたら幸いです」とコメントを寄せている。

11

/11

目次