虹色デイズ 動画

GENERATIONS佐野玲於、中川大志らとイケメン制服姿を披露 映画「虹色デイズ」特報公開

出典:YouTube

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さん、俳優の中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんの4人による主演で2018年夏に実写映画化される「虹色デイズ」(飯塚健監督)の特報が12月12日、公開された。佐野さんら演じるイケメン男子高校生4人の友情と恋を描く青春物語で、特報映像ではプールに勢いよく飛び込む姿など、4人の青春感あふれる姿が映し出されている。また、4人のブレザー制服姿のビジュアルも披露された。

 解禁された特報映像は約38秒で、11月下旬にクランクアップしたばかりの“撮れたて”本編映像で制作。彼らの毎日が友情や恋によって日々変化していくことを予感させる構成となっており、最後はプールでびしょ濡れになって楽しむ4人の姿ともに「俺の恋はいつ始まるんだろうな……」というナレーションで締めくくられている。

 また、ビジュアルは、紺のブレザーにえんじ色のネクタイ、黒のパンツをベースに、各キャラの個性が出る着崩しや小物を身にまとった制服姿が写されている。4人は撮影の合間や休憩中も楽しく会話したり、ふざけ合ったりするほどの仲の良さで、お互いに積極的に顔を近づけ密着度を高め合っていたという。

 「虹色デイズ」は少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんのマンガで、少女マンガながら男子高校生4人が主人公という異色の作品。佐野さんはピュアで元気な愛されキャラ・なっちゃん(羽柴夏樹)、中川さんはチャラくて女好きなモテ男・まっつん(松永智也)、高杉さんは秀才で超マイペースなオタク・つよぽん(直江剛)、横浜さんはいつもニコニコしているが実は“ドS”の恵ちゃん(片倉恵一)をそれぞれ演じる。なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんの4人は性格も趣味もまったく違うのに、いつも一緒の仲良し男子高校生。“バカでお騒がせ”な楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手ななっちゃんが同級生の杏奈に片思いしたことで、4人の日常に変化が表れ……というストーリー。

 また、映画が2018年7月に公開されることも発表された。

2018年7月に公開される映画「虹色デイズ」のビジュアル(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
2018年7月に公開される映画「虹色デイズ」のビジュアル(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

「虹色デイズ」ED曲を降谷建志が書き下ろし 最新予告映像も解禁

出典:YouTube

 イケメン男子高校生4人の友情と恋を描く映画「虹色デイズ」(飯塚健監督)のエンディングテーマを、人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」の“kj”こと降谷建志さんが書き下ろしたことが3月14日、明らかになった。ソロ名義の新曲「ワンダーラスト」で、降谷さんは「この映画と出合わなければ決して生まれることのない、選ぶことのない旋律や言葉」が入っているといい、「(映画を)見る人の劇場を出るまでの歩調が、ほんの少し軽やかになれば幸いです」と語っている。

 加えて、オープニングテーマに採用されたロックバンド「フジファブリック」の「虹」も収録した最新予告編映像も同日、公開された。ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さん、俳優の中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんの主演4人に加え、女優の吉川愛さん、恒松祐里さん、堀田真由さん、女性ダンス&ボーカルグループ「E-girls(イーガールズ)」の坂東希さんも登場し、それぞれ恋や将来に悩む姿などが描かれている。

 「虹色デイズ」は、少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんのマンガが原作。佐野さんがピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(羽柴夏樹)、中川さんがチャラくて女好きなモテ男のまっつん(松永智也)、高杉さんが秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(直江剛)、横浜さんがいつもニコニコしているが実は“ドS”の恵ちゃん(片倉恵一)をそれぞれ演じる。

 なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんの4人は性格も趣味もまったく違うのに、いつも一緒にいる仲良し男子高校生。“バカでお騒がせ”な楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手ななっちゃんが同級生の小早川杏奈に片思いしたことで、4人の日常に変化が起こる……というストーリー。

 吉川さんが杏奈役を務め、恒松さんが杏奈の親友で大の男嫌い&毒舌のまり(筒井まり)役、堀田さんがつよぽんの彼女でコスプレ好きの女子高生ゆきりん(浅井幸子)役、坂東さんは、男子4人のクラスメートでバレー部の活発女子の千葉ちゃん(千葉黎子)役で出演。映画は7月6日に公開される。

映画「虹色デイズ」のポスタービジュアル (C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
映画「虹色デイズ」のポスタービジュアル (C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

<動画>降谷建志、映画「虹色デイズ」とコラボ 「ワンダーラスト」のMV公開

出典:YouTube

 人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」の降谷建志さんが書き下ろした「ワンダーラスト」と、映画「虹色デイズ」(飯塚健監督、7月6日公開)がコラボしたミュージックビデオ(MV)が6月28日、公開された。映画のエンディングテーマである楽曲に乗せて、ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さんらが演じるイケメン男子高校生4人の青春の日々が映し出されている。また、映画本編にはない未公開シーンも収録されている。

 「虹色デイズ」は、少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんのマンガが原作。なっちゃん(佐野さん)、まっつん(中川大志さん)、つよぽん(高杉真宙さん)、恵ちゃん(横浜流星さん)の4人は性格も趣味もまったく違うのに、いつも一緒にいる仲良し男子高校生。“バカでお騒がせ”な楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手ななっちゃんが、同級生に片思いをしたことで、4人の日常に変化が起こる……というストーリー。

 公開されたMVでは、なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんそれぞれが恋にぶつかり、真剣なまなざしを見せるシーンから始まり、4人が勢いよくプールに飛び込む場面や、つよぽんの家での勉強会、夏祭りでのデートなど、男子たちの青春の日々が描かれている。男子目線で恋が語られる一方で、杏奈(吉川愛さん)が、なっちゃんと千葉ちゃん(坂東希さん)が仲良くしている姿を見て複雑な気持ちになるシーンや、まり(恒松祐里さん)が自分の気持ちに素直になれずに涙を浮かべる場面など、女子目線の恋も映し出されている。さらに、男子たちの恋のお相手とのキス寸前のドキドキシーンも収められている。

<動画>佐野玲於がチャリで疾走、転んでびしょ濡れに… 「虹色デイズ」本編冒頭映像が解禁

出典:YouTube

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さん、俳優の中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんの4人が主演する映画「虹色デイズ」(飯塚健監督、2018年7月6日公開)の本編冒頭映像が7月5日、公開された。佐野さん演じるなっちゃん、中川さん演じるまっつん、高杉さん演じるつよぽん、横浜さん演じる恵ちゃんの男子高校生4人組が制服姿でプールに浮かぶ姿や、なっちゃんが自転車で疾走する姿が映し出される。

 「虹色デイズ」は、少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんのマンガが原作。佐野さんがピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(羽柴夏樹)、中川さんがチャラくて女好きなモテ男のまっつん(松永智也)、高杉さんが秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(直江剛)、横浜さんがいつもニコニコしているが実は“ドS”の恵ちゃん(片倉恵一)をそれぞれ演じる。

 なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんの4人は性格も趣味もまったく違うのに、いつも一緒にいる仲良し男子高校生。“バカでお騒がせ”な楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手ななっちゃんが、同級生の小早川杏奈(吉川愛さん)に片思いしたことで、4人の日常に変化が起こる……というストーリー。

 映像は、プールに浮かぶ4人が「17の特権」についてつぶやく場面から始まり、その後、自転車で疾走するなっちゃんの姿や、なっちゃんが思いを寄せる杏奈が電車通学する様子が映し出される。なっちゃんは杏奈と一緒に登校するために、毎日偶然を装って駅で杏奈を待ち伏せするが、この日は転んで水たまりに突っ込んでしまい、びしょ濡れの状態で駅にたどり着く……という場面が収められている。また、ロックバンド「フジファブリック」が歌う挿入歌「虹」も流れる。

映画「虹色デイズ」本編冒頭映像の場面写真(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
映画「虹色デイズ」本編冒頭映像の場面写真(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

女子と戯れる中川大志 迫真のけんかシーンも 「虹色デイズ」メーキング映像公開

出典:YouTube

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さん、俳優の中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんの4人が主演する映画「虹色デイズ」(飯塚健監督)のメーキング映像が7月13日、公開された。映像には、中川大志さん演じるまっつん(松永智也)がクラスの女子と写真を撮るシーンや、まっつんら仲良し4人が険悪なムードになるけんかのメーキングシーンが収められている。

 メーキング映像では、滝藤賢一さん演じる強面(こわもて)の田渕先生がまっつんらの制服の乱れを厳しく指導する場面の撮影で、飯塚監督がこまやかに演技指導をしている様子や、佐野さん、中川さん、高杉さん、横浜さんがそれぞれ迫真の演技を見せる仲良し4人のけんかのシーン、佐野さんが飯塚監督に自転車の乗り方を指導される場面などが収録されている。

 「虹色デイズ」は、少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんのマンガが原作。佐野さんがピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(羽柴夏樹)、中川さんがチャラくて女好きなモテ男のまっつん、高杉さんが秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(直江剛)、横浜さんがいつもニコニコしているが実は“ドS”の恵ちゃん(片倉恵一)をそれぞれ演じている。

 なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんの4人は性格も趣味もまったく違うのに、いつも一緒にいる仲良し男子高校生。“バカでお騒がせ”な楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手ななっちゃんが、同級生の小早川杏奈(吉川愛さん)に片思いしたことで、4人の日常に変化が起こる……というストーリー。

映画「虹色デイズ」に出演した(左から)高杉真宙さん、中川大志さん、滝藤賢一さん、横浜流星さん、佐野玲於さん (C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
映画「虹色デイズ」に出演した(左から)高杉真宙さん、中川大志さん、滝藤賢一さん、横浜流星さん、佐野玲於さん (C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社