恋は雨上がりのように(実写映画)

  • スタッフ:
    原作:眉月じゅん「恋は雨上がりのように」(小学館)、監督:永井 聡、脚本:坂口理子
  • キャスト:
    小松菜奈、大泉 洋
  • 公開日:
    2018年5月25日公開
UPDATE

恋は雨上がりのように(実写映画)あらすじ

 映画「恋は雨上がりのように」は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の眉月さんのマンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきらと、あきらのアルバイト先のファミリーレストラン店長の中年男性・近藤正己との恋を描いている。

スタッフ

原作:眉月じゅん「恋は雨上がりのように」(小学館)、監督:永井 聡、脚本:坂口理子

恋は雨上がりのように(実写映画)キャスト

小松菜奈、大泉 洋

恋は雨上がりのように(実写映画)公開日

2018年5月25日公開

小松菜奈、数学の先生に“年の差”片思い経験 「中学生の私にはすごく刺激的」 <初日舞台あいさつ>

映画「恋は雨上がりのように」の初日舞台あいさつに登場した小松菜奈さん
映画「恋は雨上がりのように」の初日舞台あいさつに登場した小松菜奈さん

 女優の小松菜奈さんと俳優の大泉洋さんが5月25日、東京都内で開かれたダブル主演映画「恋は雨上がりのように」(永井聡監督)の初日舞台あいさつに登場。作品にちなんで自身の片思いについて聞かれた小松さんは「中学生のときに数学の先生が好きでした。その先生は、“S”の中にも優しさがあって、中学生の私にはすごく刺激的で。多分私も刺激を求めていた」と話し、大泉さんを大笑いさせていた。

 小松さんは「恋愛というより、すてきだなという感じでした。たぶん35歳ぐらいでした」と振り返った。最後に「でも何もないですよ。ピュアな感じの恋でした」と念押しすると、大泉さんは「わかってるよ!」と突っ込んでいた。

 舞台あいさつには、清野菜名さん、磯村勇斗さん、葉山奨之さん、松本穂香さん、山本舞香さん、永井監督も出席。イベントの最後には大泉さんが小松さんにサプライズで花束をプレゼント。驚いた小松さんは「こんなことあるんですか。聞いてないです」と喜んでいた。

 「恋は雨上がりのように」は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載した眉月じゅんさんの同名マンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきら(小松さん)と、あきらのアルバイト先のファミリーレストランの店長・近藤正己(大泉さん)との恋模様を描いている。

恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)

<映画レビュー>「恋は雨上がりのように」小松菜奈と大泉洋が繰り広げる年の差カップルの切なくも優しい恋 5月25日公開

映画「恋は雨上がりのように」の一場面 (C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
映画「恋は雨上がりのように」の一場面 (C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館

 女優の小松菜奈さんと俳優の大泉洋さんが、切なくも優しい恋愛模様を繰り広げる「恋は雨上がりのように」が5月25日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。女子高生と中年男性の恋と聞けば、大方の人が心中穏やかでないのは無理からぬこと。でも今作は、切ないけれど爽やかで、男女問わず共感を得られる内容に仕上がっている。物語の良さもさることながら、小松さんと大泉さんの好演が光る。

 マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載され、テレビアニメ化もされた眉月じゅんさんのマンガを、「世界から猫が消えたなら」(2016年)や「帝一の國」(17年)などで知られる永井聡監督が映画化した。

 高校2年生の橘あきら(小松さん)は、アルバイト先のファミリーレストランの店長、近藤正己(大泉さん)にひそかに思いを寄せている。彼女の思いを知るよしもない45歳のバツイチ子持ちの近藤。ある時、あきらがこらえ切れず、自分の思いを近藤に伝える。近藤はあきらの思いを受け止めることができず……というストーリー。清野菜名さん、磯村勇斗さん、葉山奨之さん、松本穂香さん、濱田マリさん、戸次重幸さん、吉田羊さんらも出演している。

 アキレス腱のけがで陸上の夢を断たれたものの、走るのは得意なあきら。彼女が滑走する、若さ漲(みなぎ)る姿は見ていてすがすがしい。普段のまどろんだ目が、ここぞというときにきらめいたり、愛らしくなったり。近藤への態度と、磯村さん演じるイケメンのアルバイト大学生、加瀬亮介に対する態度とのギャップが楽しい。そんなあきらに小松さんはぴったり合っていた。

 かたや大泉さんは、オヤジくささ全開だ。パソコンの前に座るとき、「よっこらしょ」とつぶやいたり、老眼鏡らしきものをかけたり。あきらに思いを告白されたときのうろたえぶりや、松本さん演じるアルバイトの高校生、西田ユイから「臭い」と言われた時の落ち込みようは、気の毒ながら笑えた。戸次さん演じる、大学時代の同級生、九条ちひろと酒をくみ交わすシーンは、演劇ユニット「TEAM NACS」の仲間だけに、感慨深いものがあった。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
恋は雨上がりのように(実写映画)
出典:YouTube

小松菜奈、走るのは子供の証拠? 大泉洋のものまねに“抗議” <限定試写会>

映画「恋は雨上がりのように」の限定試写会に登場した小松菜奈さん
映画「恋は雨上がりのように」の限定試写会に登場した小松菜奈さん

 女優の小松菜奈さんと俳優の大泉洋さんが5月17日、東京都内で開かれたダブル主演映画「恋は雨上がりのように」(永井聡監督、25日公開)の限定試写会に登場。劇中で28歳差の恋模様を演じる2人は、実年齢でも23歳の年の差があることから「年の差」がテーマになった。小松さんに子供っぽさを感じることがあるかという質問に、大泉さんは「意味もなく走るところ。この子はテンションが上がると走る。撮影で砂浜についた瞬間から『あはははは!』(と走った)」と答え、小松さんの走るまねをすると観客から笑いが起こった。小松さんは慌てて「そんなんじゃないです」と“抗議”していた。

 「相手に子供っぽさを感じることがあるか」という質問に、大泉さんは小松さんが撮影現場に到着すると、すぐ走っていたことを明かし「(走るのは)これは子供としかいいようがない。大人は(疲れるから)絶対に意味なく走らない、走りたくないんですもん」と力説。小松さんは「(走った覚えは)ありますね。でもあんなふうには走りません」と懸命に、大泉さんのものまねを否定していた。

 続いて「年の差で互いの体力差を感じるか」と聞かれ、小松さんは「イエス」と答え、大泉さんに「結構ぼやくじゃないですか? 『疲れた』とは言わないですが、顔が疲れていますよね」と指摘。今度は大泉さんが「(確かに)ぼやきますね。(顔に出るのは)一番痛々しいパターン」と答えて、“全面降伏”していた。 試写会には、映画にちなんで年齢の差が10歳以上ある夫婦やカップルなどが招待された。

 「恋は雨上がりのように」は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載していた眉月じゅんさんの同名マンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきら(小松さん)と、あきらのアルバイト先のファミリーレストランの店長・近藤正己(大泉さん)との恋模様を描いている。

恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)
恋は雨上がりのように(実写映画)

<動画>小松菜奈が全力疾走! 主題歌「フロントメモリー」のMV公開

恋は雨上がりのように(実写映画)
出典:YouTube

 小松菜奈さんと大泉洋さんがダブル主演する映画「恋は雨上がりのように」(永井聡監督、2018年5月25日公開)の主題歌「フロントメモリー」のミュージックビデオ(MV)が5月10日、公開された。MVでは、元陸上部員の主人公役の小松さんが、疾走感あふれる楽曲にのって、さっそうと走る姿をはじめ、小松さんと大泉さんのシーンなど映画本編の映像が公開されている。

 「恋は雨上がりのように」は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の眉月じゅんさんの同名マンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきら(小松さん)と、あきらのアルバイト先のファミリーレストランの店長・近藤正己(大泉さん)との恋模様を描いている。清野菜名さん、磯村勇斗さん、葉山奨之さん、松本穂香さん、山本舞香さん、濱田マリさん、戸次重幸さん、吉田羊さんらも出演している。

 主題歌は、人気バンド「神聖かまってちゃん」の曲「フロントメモリー」を歌手の鈴木瑛美子さんがカバー、音楽プロデューサーの亀田誠治さんがアレンジした。公開されたMVでは、あきらが45歳の店長に片思いを募らせていく様子が丁寧に描かれているほか、雨とともにあきらの挫折が語られるシーンや、感情表現が下手なあきらがふとしたきっかけで激情をぶつけるシーンなどがおさめらている。

 MVの公開にあわせて、11日から先行配信する主題歌のジャケット写真も公開された。原作者の眉月さんが、風の駆け抜ける学校のベランダであきらが「フロントメモリー」を聴いているイメージで書き下ろしたといい、眉月さんは「大好きな曲のジャケットを描けるなんてとってもとってもうれしいです」とコメント。MVについては、「連載を終え、アニメも映画も完成し、まるで恋雨の集大成のようなMVだと思いました。 携わってくださったすべての方に心より感謝いたします! 神聖かまってちゃんは天才」と語っている。

(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館

実写映画「恋は雨上がりのように」が横浜市とコラボ 赤レンガ倉庫などで“恋雨傘”を無料レンタル

映画「恋は雨上がりのように」でダブル主演する小松菜奈さん(左)と大泉洋さん (C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
映画「恋は雨上がりのように」でダブル主演する小松菜奈さん(左)と大泉洋さん (C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館

 小松菜奈さんと大泉洋さんがダブル主演する映画「恋は雨上がりのように」(永井聡監督、2018年5月25日公開)と舞台である横浜市がコラボした周遊キャンペーン「恋雨 横浜デートキャンペーン」が実施されることが、分かった。横浜赤レンガ倉庫やランドマークプラザなど10カ所でオリジナル傘「恋雨傘」が無料でレンタルでき、返却の際にはオリジナルポストカードがもらえる企画「『恋雨』傘シェアプロジェクト」など実施する。期間は5月11日~6月30日。

 同キャンペーンでは、「『恋雨』傘シェアプロジェクト」のほか、「恋雨横浜デートマップ」を市内観光案内所などで配布。また、指定の場所で撮影した写真を「#恋雨横浜デート」を付けてSNSに投稿するとオリジナルマスキングテープや小松さんのサイン入りポスターが抽選で当たる企画も実施する。

 「恋は雨上がりのように」は、眉月じゅんさんの同名マンガが原作。アキレス腱のケガのために走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきら(小松さん)と、あきらのアルバイト先のファミリーレストランの店長・近藤正己(大泉さん)との恋模様を描く。

 小松さんは「本編の撮影でもお世話になり、先日テレビの企画で大泉さんとデートさせていただいた横浜は私も大好きな場所です。今回“傘シェアリング”という横浜市さんとしても初の試みで映画を応援してくださるということでうれしいです。私も“恋雨傘”をさして雨の日に横浜の街を散歩したいです。皆さんぜひ“傘シェア”してください」とアピールしている。

 原作者の眉月さんは「“恋雨”の舞台となっている横浜市さんが作品を応援していただけるということでうれしいです。“傘シェアリング”面白いですね! “恋雨”傘を持って、横浜の街も映画も一緒に堪能してください」とコメントを寄せている。

(C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館

主題歌入りの映画「恋は雨上がりのように」特報映像公開 亀田誠治プロデュースで鈴木瑛美子が「フロントメモリー」をバー

恋は雨上がりのように(実写映画)
出典:YouTube

 小松菜奈さんと大泉洋さんがダブル主演する映画「恋は雨上がりのように」(永井聡監督、5月25日公開)の主題歌入り特報映像が4月4日、公開された。主題歌は人気バンド「神聖かまってちゃん」の曲「フロントメモリー」を歌手の鈴木瑛美子さんがカバー、音楽プロデューサーの亀田誠治さんがアレンジした。

 鈴木さんは、2016年に「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」のカラオケ部門で現役女子高生としてアマチュア枠を勝ち抜き、話題になった。「フロントメモリー」は、映画の原作マンガを手掛けた眉月じゅんさんが、作品を執筆するにあたり着想を得た“テーマソング”だという。

 特報映像は、主題歌をバックに、小松さんが演じる17歳の女子高生・あきらが、大泉さんが演じる45歳の店長に告白の返事を詰め寄るシーン、台風で店長が飛ばされる様子など作品のコミカルな側面も楽しめる。13日から全国の映画館で順次上映される予定。

 「恋は雨上がりのように」は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の眉月じゅんさんの同名マンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきら(小松さん)と、あきらのアルバイト先のファミリーレストランの店長・近藤正己(大泉さん)との恋模様を描いている。

「恋は雨上がりのように」の主題歌を担当する歌手の鈴木瑛美子さん(右)とプロデューサーの亀田誠治さん
「恋は雨上がりのように」の主題歌を担当する歌手の鈴木瑛美子さん(右)とプロデューサーの亀田誠治さん
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館

映画「恋は雨上がりのように」予告編公開 小松菜奈と大泉洋の切なすぎる“年の差”恋模様

恋は雨上がりのように(実写映画)
出典:YouTube

 小松菜奈さんと大泉洋さんのダブル主演する映画「恋は雨上がりのように」(永井聡監督、5月25日公開)の予告映像が3月10日、公開された。映像には、17歳の女子高生・あきら(小松さん)が、45歳のおじさん店長(大泉さん)に片思いをした理由が明かされている。

 約1分半の映像では、雨にぬれたあきらに店長が優しく声をかけて傘を差し出すシーンやあきらが店長に「店長のこと、好きです」と告白するものの店長は「ありがとう。嫌われていると思ってたよ」と答える場面、あきらのライバル・みずき(山本舞香さん)が“壁ドン”であきらを責めるシーン、あきらがセパレートのユニホームでトラックを駆け抜ける場面、あきらが教室で涙を流すシーンも収められている。予告映像は10日から全国の映画館で順次公開される。

 「恋は雨上がりのように」は、小学館のマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の眉月じゅんさんの同名マンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきらと、あきらのアルバイト先のファミリーレストランの店長・近藤正己との恋模様を描いている。2018年1月からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でテレビアニメも放送されている。

映画「恋は雨上がりのように」の予告映像 (C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
映画「恋は雨上がりのように」の予告映像 (C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
映画「恋は雨上がりのように」の予告映像 (C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館
映画「恋は雨上がりのように」の予告映像 (C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館

「恋は雨上がりのように」実写映画版に清野菜名&磯村勇斗 戸次重幸も 特報映像も公開

映画「恋は雨上がりのように」の出演者
映画「恋は雨上がりのように」の出演者

 女優の清野菜名さんが、小松菜奈さんと大泉洋さんがダブル主演する映画「恋は雨上がりのように」(永井聡監督)に出演することが明らかになった。さらにNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で人気を博した磯村勇斗さん、大泉さんと同じTEAM NACSの戸次重幸さんの出演も発表された。

 「恋は雨上がりのように」は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の眉月じゅんさんの同名マンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきら(小松さん)と、あきらのアルバイト先のファミリーレストラン店長の中年男性・近藤正己(大泉さん)との恋を描いている。2018年1月からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でテレビアニメも放送されている。

 清野さんは、あきらの親友で陸上部のキャプテン・喜屋武はるか役で、磯村さんは、あきらのバイト先のファミリーレストランで働く大学生の加瀬亮介役。戸次さんは、近藤の旧友で人気作家の九条ちひろを演じる。このほか、葉山奨之さん、松本穂香さん、山本舞香さん、濱田マリさん、吉田羊さんの出演も発表された。

 「恋は雨上がりのように」は、5月25日から全国東宝系で公開される。

恋は雨上がりのように(実写映画)
出典:YouTube

眉月じゅんの人気恋愛マンガ「恋は雨上がりのように」 小松菜奈×大泉洋で実写映画化

映画「恋は雨上がりのように」でダブル主演を務める小松菜奈さん(左)と大泉洋さん (C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会(C)2014 眉月じゅん/小学館
映画「恋は雨上がりのように」でダブル主演を務める小松菜奈さん(左)と大泉洋さん (C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会(C)2014 眉月じゅん/小学館

 眉月じゅんさんの人気恋愛マンガ「恋は雨上がりのように」が実写映画化され、女優の小松菜奈さんと俳優の大泉洋さんがダブル主演することが11月15日、明らかになった。小松さんは女子高生の橘あきらを演じ、大泉さんがあきらに恋をされる28歳年上のさえないファミレス店長・近藤正己役を務める。小松さんと大泉さんは今回が初共演。映画は2018年5月公開を予定している。

 監督を「世界から猫が消えたなら」(16年)、「帝一の國」(17年)の永井聡監督、脚本を「メアリと魔女の花」(17年)の坂口理子さんが手掛けることも発表された。原作者の眉月さんは「脚本が既にキラキラと輝いて見えました。しかも店長役にあの御存知大泉洋大先生とあればもう! 小松菜奈ちゃんのスカートがどれだけ短いのかも気になるところです。演者の方々はもちろん、永井監督のチャーミングさあふるる楽しい映画になるのだろうと今からワクワクしております!」と期待を寄せている。

 「恋は雨上がりのように」は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の眉月さんのマンガが原作。ある事件をきっかけに、走ることを諦めた元陸上部エースの女子高生・橘あきらと、あきらのアルバイト先のファミリーレストラン店長の中年男性・近藤正己との恋を描いている。2018年1月からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でテレビアニメがスタートする。

 原作について「人を好きになるって理屈じゃないなって純粋に思えたマンガに出会うことが出来ました」と明かす小松さんは、「最初は女子高生とおじさんの恋愛の話かなって思いましたが、読み進めていくと2人の成長物語のように思います。微笑ましく、ちょっぴり泣けたり、大切な想いだったり、人を好きになる事だったり読んでいてなんとなく背中を押してくれる感じがしました。素直に伝えるって難しいことだけど、私が演じるあきらとして素直にまっすぐ伝えたいです」と話している。

 一方、大泉さんは「最初にこの作品のオファーをいただいたときに『女子高生が中年のファミレス店長に恋をする話です』と聞いて、ついにそういう役が来たかと胸の高鳴りを抑えられませんでしたが、原作を読ませていただいて、“自他共にみとめるあえない男”だと分かり『ですよね!』と妙に納得したものでございました」とコメント。

 さらに「あきらの純粋過ぎる思いに、はじめは戸惑う近藤ですが、次第にその思いにどう応えていくのか、彼なりに必死に向き合っていく。そんな頼りないけど、どこか憎めない近藤役を精いっぱい演じたいと思っております。2人の噛み合わない、もどかしいけれども可愛らしいかけあいを小松さんと一緒に作っていければと思います」と意気込んでいる。

(C)2014 眉月じゅん/小学館
(C)2014 眉月じゅん/小学館
9

/9

目次