パシフィック・リム:アップライジング

  • スタッフ:
    監督:スティーブン・S・デナイト
  • キャスト:
    ジョン・ボイエガ▽スコット・イーストウッド▽菊地凛子▽チャーリー・デイ▽新田真剣佑
  • 公開日:
    2018年4月13日公開
UPDATE

パシフィック・リム:アップライジングあらすじ

 映画「パシフィック・リム:アップライジング」は、2013年に公開された、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画「パシフィック・リム」の続編。
 映画「パシフィック・リム:アップライジング」は、前作で描かれた人類とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す……というストーリー。
 人類のために犠牲となった英雄スタッカー・ペントコスト司令官の息子のジェイク・ペントコスト役をジョン・ボイエガさん、トップクラスのパイロットのネイト・ランバート役をスコット・イーストウッドさん、前作「パシフィック・リム」に出演した森マコ役の菊地凛子さんやニュートン博士役のチャーリー・デイさんらが引き続き登場。また、俳優の新田真剣佑さんも出演する。

スタッフ

監督:スティーブン・S・デナイト

パシフィック・リム:アップライジングキャスト

ジョン・ボイエガ▽スコット・イーストウッド▽菊地凛子▽チャーリー・デイ▽新田真剣佑

パシフィック・リム:アップライジング公開日

2018年4月13日公開

大張正己が続編「パシフィック・リム:アップライジング」のコラボアートを描き下ろし

大張正己さんが描き下ろした映画「パシフィック・リム:アップライジング」のコラボアート (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
大張正己さんが描き下ろした映画「パシフィック・リム:アップライジング」のコラボアート (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 「銀装騎攻オーディアン」などの監督を務めた大張正己さんが描き下ろした人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)のコラボアートが4月13日、公開された。同日、東京都内で開催された初日舞台あいさつで公開されたもので、大張さんは「素晴らしい機会を与えていただいて、日本のアニメーションクリエーターとして光栄です。ありったけのパシ・リムLOVEをこの一枚に込めました!」とコメントを寄せている。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体にイェーガーで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作から数年が経過し平穏が戻った地球が舞台。進化を遂げたKAIJUが再び現れ、東京などの都市を破壊するほか、謎の黒いイェーガー「オブシディアン・フューリー」が出現し、人類を守るはずのイェーガー同士の激しい戦いが繰り広げられる……という展開。

森なな子、早見沙織なら脳内をシンクロさせてもOK? 「優しいから私を受け止めてくれそう」<公開初日舞台あいさつ>

映画「パシフィック・リム:アップライジング」の初日舞台あいさつに登場した(左から)石川界人さん、早見沙織さん、中村悠一さん、森なな子さん
映画「パシフィック・リム:アップライジング」の初日舞台あいさつに登場した(左から)石川界人さん、早見沙織さん、中村悠一さん、森なな子さん

 声優の森なな子さんが4月13日、東京都内で行われた人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の初日舞台あいさつに早見沙織さんらと共に登場。森さんらは同作の日本語吹き替え版の声優を務めた。舞台あいさつで「人型巨大ロボット・イェーガーに乗って世界を救うなら、“ドリフト”してみたい相手は?」と聞かれ、森さんは「(早見)沙織さん」と回答。ドリフトは相手と脳内をシンクロさせる作業で、森さんは「早見さんなら優しいから、私の過去も受け止めてくれそう」と話し、早見さんは「(2人なら)世界を救えそう」と応じていた。

 続けて、森さんは、早見さんとは他の作品で共演した際も「アドリブをリハーサルなしでできる」と明かし、「戦う時もシンクロしやすいはず」と語っていた。舞台あいさつには、日本語吹き替え版の声優を務める中村悠一さん、石川界人さんも登場した。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体にイェーガーで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作から数年が経過し平穏が戻った地球が舞台。進化を遂げたKAIJUが再び現れ、東京などの都市を破壊するほか、謎の黒いイェーガー「オブシディアン・フューリー」が出現し、人類を守るはずのイェーガー同士の激しい戦いを繰り広げる……という展開。

中村悠一、古谷徹と一緒に世界を救いたい「アムロとドリフトしたいんだ」 <公開初日舞台あいさつ>

映画「パシフィック・リム:アップライジング」の初日舞台あいさつに登場した中村悠一さん
映画「パシフィック・リム:アップライジング」の初日舞台あいさつに登場した中村悠一さん

 声優の中村悠一さんが4月13日、東京都内で行われた人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の初日舞台あいさつに登場した。同作の日本語吹き替え版の声優を担当する中村さんは、「人型巨大ロボット・イェーガーに乗って世界を救うなら、“ドリフト”してみたい相手は?」と聞かれ、「僕は古谷徹さん。僕たちの世代のヒーローは古谷さんですから。(『機動戦士ガンダム』シリーズで古谷さんが演じた)アムロとドリフトしたいんだよ」と前作でも吹き替え版の声優を務めた古谷さんの名前を挙げて、願望を語った。

 舞台あいさつには、日本語吹き替え版の声優を務める早見沙織さん、森なな子さん、石川界人さんも登場した。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体にイェーガーで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作から数年が経過し平穏が戻った地球が舞台。進化を遂げたKAIJUが再び現れ、東京などの都市を破壊するほか、謎の黒いイェーガー「オブシディアン・フューリー」が出現し、人類を守るはずのイェーガー同士の激しい戦いが繰り広げられる……という展開。

パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング

「パシフィック・リム:アップライジング」がアニメ「ゴジラ」と“KAIJU”コラボ 天神英貴が手がけるイラスト公開

映画「パシフィック・リム:アップライジング」と劇場版アニメ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」のコラボイラスト (C)Legendary Pictures/Universal Pictures. (C)2018 TOHO CO., LTD.
映画「パシフィック・リム:アップライジング」と劇場版アニメ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」のコラボイラスト (C)Legendary Pictures/Universal Pictures. (C)2018 TOHO CO., LTD.

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督、2018年4月13日公開)と、怪獣映画「ゴジラ」劇場版アニメの第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」(静野孔文監督・瀬下寛之監督、5月18日公開)のコラボイラストが公開された。怪獣映画2作品のコラボ。アニメ「マクロス」シリーズのメカニカルアートなどを担当するイラストレーターの天神英貴さんが手がけた。

 「GODZILLA」に登場する最大のゴジラ、「ゴジラ・アース」と、「パシフィック・リム:アップライジング」に登場するジプシー・アベンジャーなど4体の人型巨大ロボット・イェーガーが描かれている。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体にイェーガーで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作から数年が経過し平穏が戻った地球が舞台。進化を遂げたKAIJUが再び現れ、東京などの都市を破壊するほか、謎の黒いイェーガー「オブシディアン・フューリー」が出現し、人類を守るはずのイェーガー同士の激しい戦いが発生する……というストーリー。

 アニメ「GODZILLA」は、2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラと人類の因縁の物語が3部作で描かれる。「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」などの静野さんとアニメ「亜人」などの瀬下さんが監督を務める。「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などの虚淵玄(うろぶち・げん)さんがストーリー原案と脚本を担当し、「シドニアの騎士」「亜人」などのポリゴン・ピクチュアズが製作する。

 以下、天神さん、静野監督、瀬下監督のコメント。

 ◇天神さんのコメント

 これは責任重大。何せゴジラと巨大ロボといえば、今となっては日本の伝統芸のようなもので、それを描く以上には、大変に目の肥えた我が国の先輩方の厳しい目にさらされるからである。苦悩の本質は、外見的な姿を描く以上に、その歴史ともいうべき精神世界をいかに一枚の限られたスペースに存在させられるか、そしてエネルギーに満ちた絵になるかということなのだが……さて、そんなわけで、人生でこんなに楽しいイラストの挑戦はそうそうあるものじゃないのです。

 ◇静野監督のコメント

 アニメゴジラもパシリムも、「怪獣映画」の側面もありながら、それに対峙(たいじ)する「人間ドラマ」が魅力的に描かれている作品だと思います。そんな作品同士が海を越えてコラボレーション、いつかスクリーンで本当に見てみたいですね。

 ◇瀬下監督のコメント

 (フィギュアの祭典)魂ネイション2017の会場でスティーブン・S・デナイト監督に会った際に彼から感じた感覚……それは、「好きだゴジラ! 好きだ怪獣! 好きだ巨大ロボット!」です。そんなデナイト監督作品とコラボできて最高です!

<映画レビュー>「パシフィック・リム:アップライジング」怪獣と人型巨大兵器の激闘再び 最終決戦地は東京! 菊地凛子、新田真剣佑も登場 4月13日公開

映画「パシフィック・リム:アップライジング」の一場面 (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
映画「パシフィック・リム:アップライジング」の一場面 (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 2013年に公開され、怪獣映画・ロボット映画ファンの心をわしづかみにした「パシフィック・リム」の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)が、2018年4月13日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。前作で一掃したはずの凶暴な怪獣=KAIJUが再び出現。最終決戦の地・東京で、人型巨大兵器「イェーガー」と激闘を繰り広げる。

 環太平洋防衛軍が開発したイェーガーの活躍でKAIJUたちが一掃されてから10年。封印したはずの“裂け目”から新たなKAIJU 3体が出現する。亡き英雄ペントコスト司令官の息子ジェイク(ジョン・ボイエガさん)と彼のパートナー、ネイト(スコット・イーストウッドさん)は、孤児の少女アマーラ(ケイリー・スピーニーさん)や若きパイロット訓練生たちと最新型イェーガーに乗り込み、KAIJUたちに立ち向かっていく……というストーリー。

 前作のギレルモ・デル・トロ監督は製作に回り、米ドラマ「スパルタカス」シリーズ(2010~13年)や「Marvel デアデビル」シーズン1(15年)を手掛けたデナイト監督がメガホンをとった。ジェイク役には、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(15年)で世界に名をとどろかせたボイエガさん。ペントコストの養女でジェイクの義姉、森マコを、前作に引き続き菊地凛子さんが演じ、パイロット訓練生の一人、リョウイチ役で新田真剣佑さんが今作から新たに出演する。

 人類の味方のはずのイェーガーが人間に襲いかかる序盤の展開には驚かされたが、やはり見どころは最終決戦の地、東京都心でのイェーガーとKAIJUの激闘だ。戦いの巻き添えをくらって高層ビル群がなぎ倒され、しかも今回は白昼のため、街がメタメタに破壊される光景がはっきりと見え、あまりの無残さに、何もそこまでやらなくても……と絶望的な気持ちになった。半面、豪快な壊され方は潔くもあり、子供のころ、「マジンガーZ」や「ウルトラマン」を見ながら味わった市街戦のワクワク感を思い出した。

 イェーガーに乗り込むパイロットたちが、人種や生い立ち、信仰にかかわらず一致団結していくドラマ部分も見どころの一つだ。「ジプシー・アベンジャー」をはじめとする、進化しパワーアップした新世代イェーガーの雄姿はもとより、メカいじりにたけたアマーラが自作した小型イェーガー「スクラッパー」にも注目したい。さて、東京を蹂躙(じゅうりん)しまくったKAIJUたちが最後に向かった先は……ぜひ劇場で確認してほしい。(りんたいこ/フリーライター)

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
パシフィック・リム:アップライジング
出典:YouTube

新田真剣佑らが東京で“KAIJU”と格闘 「パシフィック・リム:アップライジング」バトルシーンの本編映像解禁

パシフィック・リム:アップライジング
出典:YouTube

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督、2018年4月13日公開)の本編映像が4月5日、公開された。主人公らがイェーガー(人型巨大ロボット)に乗り込んで巨大なKAIJU(カイジュウ)と戦うバトルシーンで、エリート訓練生・リョーイチ役で出演している新田真剣佑さんの姿も映し出された。

 今回公開されたのは、東京の高層ビル群の中で、イェーガーが巨大なKAIJUと戦うバトルシーン。主人公ジェイク(ジョン・ボイエガさん)とその相棒・ネイト(スコット・イーストウッドさん)の2人が、ビル群を倒しながらKAIJUと戦う様子のほか、オレンジ色の機体のイェーガーでKAIJUと格闘する、リョーイチの姿も映し出された。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作で描かれた人類とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望のふちへと突き落とす……という内容。前作に続き、森マコ役の菊地凛子さんも出演している。

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

新田真剣佑、“パシリム”続編でアクションに苦労 菊地凛子、ハリウッド俳優ら日比谷に集結

映画「パシフィック・リム:アップライジング」のジャパンプレミアに出席した新田真剣佑さん
映画「パシフィック・リム:アップライジング」のジャパンプレミアに出席した新田真剣佑さん

 俳優の新田真剣佑さんが3月26日、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)で行われた人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)のジャパンプレミアに出席。同作で、イェーガー(人型巨大ロボット)を操縦する新人パイロットのリョウイチを演じる新田さんは、舞台あいさつで「(バトル)スーツを着てワイヤにつられたり。僕が乗るイェーガーは素早く動くのでキックとか大変でした」と苦労を明かした。

 ジャパンプレミアは、今月29日にオープンする東京ミッドタウン日比谷(同区)のステップ広場でレッドカーペットイベントが行われ、その後、同所4階のTOHOシネマズ日比谷で舞台あいさつが開かれた。両イベントには、新田さんのほか、主演のジョン・ボイエガさん、共演のスコット・イーストウッドさん、菊地凛子さん、デナイト監督、同映画のスペシャルサポーターのお笑いコンビ「メイプル超合金」も出席した。

 同作は、同所での“こけら落としイベント”となり、菊地さんは「この作品が第1号になれてうれしい」とにっこり。ボイエガさんは、映画の内容にちなみ「皆さんの街を破壊して、ごめんなさい。この作品を楽しんでください」とチャーミングに語っていた。出演者で同劇場のこけら落としを祝い、鏡開きも行った。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作から数年が経過し平穏が戻った地球が舞台。進化を遂げたKAIJUが再び現れ、東京などの都市を破壊するほか、謎の黒いイェーガー“オブシディアン・フューリー”が出現し、人類を守るはずのイェーガー同士の激しい戦いが発生する……というストーリー。4月13日に公開。

パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング

「パシフィック・リム:アップライジング」のパイロット訓練生に石川界人、逢田梨香子ら豪華声優陣 新田真剣佑は自ら吹き替え

「パシフィック・リム:アップライジング」日本語吹き替え版でパイロット訓練生軍団“ホープフルズ”のメンバーを演じる声優陣 (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
「パシフィック・リム:アップライジング」日本語吹き替え版でパイロット訓練生軍団“ホープフルズ”のメンバーを演じる声優陣 (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の日本語吹替版で、人型巨大ロボット「イェーガ―」のパイロット訓練生軍団「ホープフルズ」のメンバーを演じる声優陣が3月20日、発表された。森なな子さん、畠中祐さん、春名風花さん、石川界人さん、花江夏樹さん、逢田梨香子さん、土屋神葉さんの豪華メンバーで、本作でハリウッドデビューした新田真剣佑さんの声は、新田さん自身が担当することも発表された。

 森さんが両親をKAIJU(カイジュウ)に殺された過去を持つロシアのツンデレ美人・ヴィク役、畠中さんが前作の中国人イェーガーパイロット夫婦の息子・ジナイ役、春名さんがラテン系お姉さんキャラのレナータ役を担当。石川さんがヴィクと同じロシア出身のイリヤ役、花江さんが訓練生最年少のスレシュ役、逢田さんがスレシュと同じく訓練生最年少のメイリン役、土屋さんが優男のタヒーマ役を担当する。

「パシフィック・リム:アップライジング」の日本語吹き替え版に林原めぐみ、中村悠一、小野大輔 豪華声優が集結

映画「パシフィック・リム:アップライジング」の日本語吹き替え版の声優を務める(上段左から)林原めぐみさん、小野大輔さん、中村悠一さん、早見沙織さん、(下段左から)三ツ矢雄二さん、古谷徹さん、林原めぐみさん、魏涼子さん、子安武人さん(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
映画「パシフィック・リム:アップライジング」の日本語吹き替え版の声優を務める(上段左から)林原めぐみさん、小野大輔さん、中村悠一さん、早見沙織さん、(下段左から)三ツ矢雄二さん、古谷徹さん、林原めぐみさん、魏涼子さん、子安武人さん(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 人気SF映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督、4月13日公開)の日本語吹き替え版の声優として、林原めぐみさん、中村悠一さん、小野大輔さん、早見沙織さん、坂本真綾さんら豪華声優陣が集結することが3月15日、明らかになった。林原さんは前作から引き続き菊地凛子さんが演じる森マコの声優を務め、「まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました」とコメントを寄せている。

 中村さんは、人類のために犠牲となった英雄スタッカー・ペントコスト司令官の息子のジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガさん)、小野さんはトップクラスのパイロットのネイト・ランバート役(スコット・イーストウッドさん)、早見さんはつらい過去を背負い、KAIJUへの報復を誓うアマーラ・ナマニ(ケイリー・スピーニーさん)、坂本さんはイェーガーの整備や、KAIJUとの戦闘時には指揮ラインの管理を務めるジュールス・レジェス(アドリア・アルホナさん)をそれぞれ演じる。

 また、前作から引き続き古谷徹さんがニュートン・ガイズラー博士(チャーリー・デイさん)、三ツ矢雄二さんがハーマン・ゴットリーブ博士(バーン・ゴーマンさん)を演じるほか、魏涼子さん、子安武人さんも出演する。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作で描かれた人類とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す……というストーリー。俳優の新田真剣佑さんも出演する。

 ◇中村悠一さんのコメント

 デル・トロ監督とはまた違った「分かってるなぁ」感満載の本作、収録も楽しみながら、キャスト一同全力で挑ませていただきました。イェーガーやKAIJUが入り乱れる迫力の映像はぜひとも劇場で見ていただきたいです!

 ◇小野大輔さんのコメント

 前作のスケールの大きさ、面白さ、思いをバッチリ引き継いだ今作。とにかく熱くて楽しかったです。スコット・イーストウッドに声をあてさせていただけたのも光栄でした。ぜひ劇場で心を一つにして、共にイェーガーに乗り込んでいただければと思います。

 ◇早見沙織さんのコメント

 「パシフィック・リム」の続編に出演させていただけることをとてもうれしく思います。臨場感あふれるイェーガーのアクションシーンは、アフレコの時も手に汗握りました。ぜひスクリーンで、大迫力の映像をお楽しみくださいませ。

 ◇古谷徹さんのコメント

 再びニュートン博士を演じられてうれしいです! チャーリー・デイは喜怒哀楽が激しい個性的な演技をする俳優さんで、演じがいがあります。ますます磨きがかかった僕の怪演にご期待ください!

 ◇三ツ矢雄二さんのコメント

 パート2なので、あれからどんな話が続くのか、楽しみにしていました。思いの外、たくさんしゃべっていて、体力を使いました。ちょっとクセのある変わったキャラクターなので、何か味が出るといいな、と思っていましたが、せりふの量が多くて、しゃべるのだけで必死になってしまい、自分の個性で勝負、という感じになってしまいました。日本の専売特許だった「カイジュウ」が世界ブランドとして登場します。大人も子供も楽しめる作品です。ぜひご覧になってください。

 ◇魏涼子さんのコメント

 華やかな声優の皆様に囲まれて収録することができ、とても幸せな時間でした。 ここだけの話、一カ所だけ中国語でガヤを収録してもらえましたが、使っていただけるかな……!? どうぞお楽しみに~!

 ◇子安武人さんのコメント

 ロボット、怪獣、SF、バトル。大好きな要素テンコ盛り、面白いに決まってる! 頭カラッポで興奮しまくろう!!

 ◇坂本真綾さんのコメント

 ジュールスはとにかく美しいです。同じ女性から見てもほれそうなほど。公開がスタートしたら私もぜひ劇場の大きなスクリーンで、改めてじっくり楽しみたいと思っています!

 ◇林原めぐみさんのコメント

 まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました。

新田真剣佑のバトルスーツ姿がカッコいい!「パシフィック・リム:アップライジング」日本版本予告公開

パシフィック・リム:アップライジング
出典:YouTube

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の日本版本予告が3月8日、公開された。映像では、新田真剣佑さん演じるリョウイチがバトルスーツに身を包み、イェーガー(人型巨大ロボット)の操縦席に乗り込んだ姿などが登場する。

 群れをなして行動するどう猛なKAIJU(カイジュウ)や巨大なKAIJUが東京の街を破壊する場面や、イェーガーのセイバー・アテナ、ブレーサー・フェニックス、ガーディアン・ブラーボ、ジプシー・アベンジャー、オブシディアン・フューリーのアクションシーンも収められている。

 デナイト監督は、新田さんの演技について「本当に素晴らしかったよ。この役に全身全霊で当たってくれたんだ。『4カ月で一番いい体に仕上げてきて」と伝えたんだけど、本当に過酷なトレーニングを積んできてくれた。彼の頑張りを受けて、さらにパートを増やして撮影したんだ!」とコメントしている。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望のふちへと突き落とす……という内容。前作に出演した森マコ役の菊地凛子さんも出演している。4月13日に公開。

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

メイプル超合金「パシフィック・リム」続編の吹き替え版声優に カズレーザーは“イェーガー”の声

「パシフィック・リム:アップライジング」の公開アフレコイベントに登場した「メイプル超合金」のカズレーザーさん
「パシフィック・リム:アップライジング」の公開アフレコイベントに登場した「メイプル超合金」のカズレーザーさん

 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーさんと安藤なつさんが、人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)に声優として出演することが3月5日、明らかになった。カズレーザーさんは人類を守る巨大兵器“イェーガー”のうちの一体、安藤さんは凶暴な巨大生物“KAIJU”から逃げまどう一般市民の声を演じる。同日、東京都内で公開アフレコを行ったカズレーザーさんは、自身の役について「せりふも少なくて、変にタレントが吹き替えやってたたかれることも少ない、あまり前に出ないタイプの……」と冗談めかして説明し、笑いを誘った。

 公開アフレコでは、カズレーザーさんは途中で「あっ違う」などと失敗する姿も見せたが、終了後には「本編では『あっ違う』が入ってなければいいですね。あそこ以外は完璧でした」と手応えを明かしてにっこり。ただ、「(あとから)本編を見て、別の人に代わっていても文句はありません」とも語り、場を笑わせた。同じく公開アフレコで逃げまどう市民の役を演じた安藤さんは、「いろんな人々の声ができたかな、と」と満足げに語っていた。

 また、カズレーザーさんは、イェーガーがヒーロー的存在であることに絡めて、自身のヒーローを聞かれると、「やっぱり現代の日本を代表するヒーロー、サンシャイン池崎さんですかね」と即答。その理由について「ずっと全力でやることとか、弱みをみせないとか。あと、ウルトラマンとか何言ってるか分からないじゃないですか。シュワっとか。あの人も何言ってるか分からない」と冗談交じりに説明し、「ほんとヒーローだと思いますね。尊敬しています」と語った。

パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング

イェーガーの背後に東京タワー!「パシフィック・リム:アップライジング」日本オリジナルポスター公開

「パシフィック・リム:アップライジング」日本オリジナル本ポスター (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
「パシフィック・リム:アップライジング」日本オリジナル本ポスター (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の日本オリジナル版ポスターが2月28日、公開された。クライマックスの舞台に東京が選ばれたことから、本国のフィルムメーカーが日本へのリスペクトを込めてポスターを制作。巨大なKAIJU(カイジュウ)との激戦の果てに東京の街と共に傷つきながら、なおも立ち上がるイェーガ―(人型巨大ロボット)の姿が描かれた完全オリジナルデザインで、背後には東京タワーが写り込んでいる。

 ギレルモ・デル・トロ監督に代わって今作のメガホンをとったデナイト監督は、「私は日本の怪獣映画を見て育ったんだ。そのときの思いを反映したかったから最終決戦の地を東京にしたよ! 初代ゴジラの時から、東京での大戦闘が好きなんだ。進化したホログラクィックな美しい東京なんだけど、もちろんそれを破壊する!」と“予告”している。

「パシフィック・リム:アップライジング」日本公開は4・13 新着映像に人型の正体不明機 大気圏突入シーンも!

パシフィック・リム:アップライジング
出典:YouTube

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の日本公開日が4月13日に決まったことが2月5日、明らかになった。新たな本編映像も公開され、地中からケタ違いのスケールを持つ巨大なKAIJU(カイジュウ)が現れ、東京と思わしき都市を破壊していく様子が映し出されているほか、人類の敵と見られる人型の正体不明機も登場する。

 そのほか新着映像には、機動力が格段にアップし、アクロバティックな動きを繰り広げる進化したイェーガ―(人型巨大ロボット)とKAIJUとの迫力満点の交戦シーンも収録。終盤には、1機のイェーガーが宇宙から地球の大気圏突入していくシーンもある。

 ギレルモ・デル・トロ監督に代わって本作のメガホンをとったデナイト監督は「イェーガーもKAIJUもテレビゲームのような感覚で作り上げた」といい、「一番のポイントは、人類がイェーガーを強化している間にKAIJUも進化しているということだね。だから、どのイェーガーもKAIJUもそれぞれの特殊技能や特徴を一つは必ず備えているんだ。観客の皆さんにも絶対に楽しんでもらえるはずだよ」と自信たっぷりに明かしている。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望のふちへと突き落とす……という内容。前作に出演した森マコ役の菊地凛子さんやニュートン博士役のチャーリー・デイさんらが引き続き登場。また、俳優の新田真剣佑さんが出演する。

「パシフィック・リム:アップライジング」の場面カット (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
「パシフィック・リム:アップライジング」の場面カット (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.

「パシフィック・リム:アップライジング」日本限定ティザーポスター公開 後継機ジプシー・アベンジャーが浮かび上がる

映画「パシフィック・リム:アップライジング」の日本限定ティザーポスター(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
映画「パシフィック・リム:アップライジング」の日本限定ティザーポスター(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の日本限定ティザーポスターが12月21日、公開された。ポスターは白い背景の中に、前作に登場したイェーガー(巨大ロボット)「ジプシー・デンジャー」をグレードアップさせた後継機「ジプシー・アベンジャー」が浮かび上がるように描かれたデザインになっている。

 また併せて、カード型映画前売券・ムビチケカードの前売り特典として、「ジプシー・アベンジャー『スイングマスコット』(クリアブルーver.)」が付くことも発表された。同映画のムビチケカードは2018年2月9日発売予定。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、13年に公開された。続編には、前作に出演した森マコ役の菊地凛子さんやニュートン博士役のチャーリー・デイさんらが引き続き登場。また、俳優の新田真剣佑さんが出演する。18年4月公開予定。

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

「パシフィック・リム」デナイト監督が新作「アップライジング」の見どころ語る 「東京滅ぼす可能性高い」

「パシフィック・リム:アップライジング」にイベントに登場したスティーヴン・S・デナイト監督(左)と菊地凛子さん
「パシフィック・リム:アップライジング」にイベントに登場したスティーヴン・S・デナイト監督(左)と菊地凛子さん

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」のスティーブン・S・デナイト監督と女優の菊地凛子さんが12月3日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中のポップカルチャーの祭典「東京コミコン2017」で行われた全世界未解禁映像お披露目イベントに登場。イベントでは、イェーガーとKAIJUのバトルシーンで日本語の看板が映りこんでいる映像が公開され、デナイト監督は「本作で東京を滅ぼす可能性がかなり高いです」と内容を説明し、「最高の気分でした」とユーモアを交えて語った。

 デナイト監督は「もともと子供のころからウルトラマン、マグマ大使、ジャイアントロボ、昔のゴジラ映画が大好き。怪獣映画を作るうえで欠かせないのが東京をボロボロにすることです。東京の方にとっては悪夢かもしれないけど僕にとっては夢でした」とコメント。また、今作のバトルシーンについて、デナイト監督は「前作のバトルシーンはほとんど夜間で雨が降っていて、そこでイェーガーとKAIJUが戦うというものでしたが、今回は新しいものを見せたいということで、ほとんどのバトルシーンが白昼のお天気のいい中で行われます」と説明した。

 森マコ役で引き続き出演する菊地さんは、「新しい戦力とともに新しい戦いに向かうということで、森マコとして新たな成長を見せようと意識してやったつもりです」と撮影に臨んだ心境を告白。最後に「バトルシーンも新しいキャラクターたちも、素晴らしい活躍をみせてくれていると思います」と作品をアピールした。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編には、前作に出演した森マコ役の菊地さんやニュートン博士役のチャーリー・デイさんらが引き続き登場。また、俳優の新田真剣佑さんが出演する。18年4月公開。

パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング
パシフィック・リム:アップライジング

「パシフィック・リム:アップライジング」海外版予告解禁 日本らしき都市でのバトルシーンも 日本公開は18年4月

パシフィック・リム:アップライジング
出典:YouTube

 人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング(原題)」(スティーブン・S・デナイト監督)が、2018年4月に日本公開されることが10月12日、明らかになった。併せて海外版の予告映像が公開され、日本らしき都市でイェーガーとKAIJUが戦闘を繰り広げている映像が収められている。

 公開された予告映像は、主人公のジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガさん)が父の遺志を継ぎ、絶体絶命の危機に直面する人類を救うため、イェーガーの操縦席に乗り込む決意を固めるシーンが収められている。2人のパイロットが神経を同調させ操縦するイェーガーのシステムは健在で、最新作ではジェット噴射によってイェーガーが空を飛び回る姿も映し出されている。

 前作に出演した森マコ役の菊地凛子さんやニュートン博士役のチャーリー・デイさんらは引き続き登場する。また俳優の新田真剣佑さんが出演する。前作で監督を務めたギレルモ・デル・トロさんは製作として参加する。

映画「パシフィック・リム:アップライジング(原題)」のワンシーン(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
映画「パシフィック・リム:アップライジング(原題)」のワンシーン(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

「パシフィック・リム」ジプシー・デンジャーが超合金に 発光ギミックも

映画「パシフィック・リム」のジプシー・デンジャーの玩具「超合金魂 GX-77 ジプシー・デンジャー」(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
映画「パシフィック・リム」のジプシー・デンジャーの玩具「超合金魂 GX-77 ジプシー・デンジャー」(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.

 映画「パシフィック・リム」に登場するイェーガー(巨大ロボット)のジプシー・デンジャーの玩具がバンダイの「超合金」シリーズから2018年2月に発売されることが分かった。価格は2万7000円。

 「超合金魂 GX-77 ジプシー・デンジャー」は全高23センチで、腕部のプラズマキャスターや胸部、目が発光するギミックを搭載。チェーンソードなどのほか、劇中で武器として使った船も付属する。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、13年に公開された。続編「パシフィック・リム:アップライジング」が18年に公開予定。

(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018.All Rights Reserved.

「パシフィック・リム:アップライジング」の主役機がアクションフィギュアに

映画「パシフィック・リム:アップライジング」のジプシー・アベンジャーのアクションフィギュア「ROBOT魂 <SIDE JAEGER> ジプシー・アベンジャー」(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
映画「パシフィック・リム:アップライジング」のジプシー・アベンジャーのアクションフィギュア「ROBOT魂 <SIDE JAEGER> ジプシー・アベンジャー」(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.

 映画「パシフィック・リム」の続編で2018年に公開予定の「パシフィック・リム:アップライジング」に登場するイェーガー(巨大ロボット)「ジプシー・アベンジャー」のアクションフィギュア「ROBOT魂 <SIDE JAEGER> ジプシー・アベンジャー」が、バンダイから18年2月に発売されることが分かった。

 ジプシー・アベンジャーは主役機で、フィギュアは全高17センチ。チェーンソードなどの武器が付属する。価格は2484円。

 また、主役機と一緒に戦うイェーガー「ブレーサー・フェニックス」のアクションフィギュア「ROBOT魂 <SIDE JAEGER> ブレーサー・フェニックス」(3564円)やタイタン・リディーマーのアクションフィギュア「ROBOT魂 <SIDE JAEGER> タイタン・リディーマー」(3564円)も18年2月に発売される。

(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
(C)Legendary 2018. All Rights Reserved.
18

/18

目次