blank13

  • スタッフ:
    監督:齊藤工、原作:はしもとこうじ、脚本:西条みつとし、音楽:金子ノブアキ
  • キャスト:
    高橋一生、リリー・フランキー、松岡茉優、斎藤工、神野三鈴、大西利空、北藤遼、織本順吉、川瀬陽太、神戸浩、伊藤沙莉
  • 公開日:
    2018年2月3日にシネマート新宿で先行公開
    2018年2月24日から全国で順次公開
UPDATE

blank13あらすじ

コウジ(高橋一生さん)は、13年ぶりに再会するも家族の溝が埋まらないうちに他界してしまった父(リリー・フランキーさん)について、葬儀で生前親交のあった知人から思い出話を聞き、意外な一面を知ることになる。個性的な知人たちに驚きつつ、父が息子の作文について話していたことを知ると、これまで父に抱いていた感情に変化が起こる。葬儀を通して父親の知られざる真実を知ったコウジは……という内容。

スタッフ

監督:齊藤工、原作:はしもとこうじ、脚本:西条みつとし、音楽:金子ノブアキ

blank13キャスト

高橋一生、リリー・フランキー、松岡茉優、斎藤工、神野三鈴、大西利空、北藤遼、織本順吉、川瀬陽太、神戸浩、伊藤沙莉

主題歌

笹川美和「家族の風景」

blank13公開日

2018年2月3日にシネマート新宿で先行公開
2018年2月24日から全国で順次公開

斎藤工、長編デビュー作公開に感慨 「一生分の運を使った気分です」 <「blank13」初日舞台あいさつ>

映画「blank13」の舞台初日あいさつの様子に登場した齊藤工監督
映画「blank13」の舞台初日あいさつの様子に登場した齊藤工監督

 俳優の斎藤工さんが2月3日、シネマート新宿(東京都新宿区)で、「齊藤工」名義で監督を務めた長編デビュー作となる映画「blank13」の初日舞台あいさつを都内で行った。主演の高橋一生さん、神野三鈴さん、リリー・フランキーさんとともに登壇した斎藤さんは「小さな雑談から始まった話が、こんなに華々しい場所で、こんな素晴らしキャストと(公開を)迎えられて、一生分の運を使った気分です」と感慨深げに語った。

 映画は、13年前に突然失踪した父(リリー・フランキーさん)が余命3カ月で見つかったことから始まる家族の物語。息子のコウジを演じた高橋さんは「僕は細かいことを今回やらせていただいて、分かりやすいことを排除していました。表面に出るものを極力抑えていたのに、工さんが信頼して、やらせていただいたことが、何よりもうれしかった」明かし、「工さんは今作に俳優としても出ていますが、僕は監督さんとして認識して仕事させていただいて、とても心強かったですね」と感謝した。

 今作は海外の映画賞で6冠を受賞しており、斎藤さんは「文化の違いでどう動くのかと不安もあったんですけど、ハートランド映画祭というアメリカの田舎町の映画祭で、上映中に声を出しながら突っ込んでいるマダムがいらっしゃって、手厳しいなと思っていたんですけど、最後は声を上げてくれた人が、涙を流してハグをしてくれたんですね。『これは私の映画だ』と言われたのが、どんな賞よりもうれしい出来事でした」としみじみと振り返った。

 そして、最後は「僕はただの映画大好き少年で、この劇場にも小さいころから来ていました。でも良い映画を撮るというのは全く別問題で、映画を撮る才能があるなんて口が裂けても言えません。でも、この映画は準備から撮影まで奇跡的なことがたくさん起こったので、必然的だったと思います。映画の神様がほほ笑んだ『blank13』を、ぜひ劇場で見てほしいです」と呼びかけていた。

 映画は放送作家のはしもとこうじさんの実話を基にしており、コウジは父の葬儀で生前親交のあった知人たちからの思い出話で意外な一面を知り、父への感情を変化させていく。コウジの彼女役を松岡茉優さん、母親役を神野さんを演じており、斎藤さん自身も主人公の兄役で出演。ミュージシャンとしても活躍する金子ノブアキさんが音楽監督を務め、出演もしている。

blank13
blank13
blank13
blank13
blank13
blank13

<映画紹介>「blank13」“齊藤”工監督が高橋一生主演で撮り上げた心にしみる感動作

映画「blank13」のビジュアル (C)2017「blank13」製作委員会
映画「blank13」のビジュアル (C)2017「blank13」製作委員会

 俳優の斎藤工さんが齊藤工名義でメガホンをとった映画「blank13」が2月3日からシネマート新宿(東京都新宿区)ほかで公開。俳優の高橋一生さんを主役に、斎藤さん自身も高橋さん演じる主人公の兄役で出演している。13年間音信不通だった父の死をきっかけに、残された家族が父との関係を見つめ直すヒューマン作だ。リリー・フランキーさん、神野三鈴さんら個性的な実力俳優が集まり、心にじわりとしみる感動作に仕上がっている。

 13年前に失踪し、余命3カ月で見つかった父、松田雅人(リリー・フランキーさん)が亡くなり、次男コウジ(高橋さん)は、兄で喪主のヨシユキ(斎藤さん)、コウジの恋人、西田サオリ(松岡茉優さん)と葬儀場にいた。会葬者を待つ間、コウジは、父との過去を思い出す。やがて葬儀が始まり、数少ない会葬者が、家族の知らない父雅人の13年間を語り始める……というストーリー。佐藤二朗さん、村上淳さんらも出演。ミュージシャンとしても活躍する金子ノブアキさんが音楽監督を務め、出演もしている。

 葬儀場で椅子に座り、無言のまま会葬者を待つコウジとヨシユキ。あるいは、野球に興じる子供たちのかたわらで、公園のベンチに座る喪服姿の母(神野さん)。沈黙が絵になり、そこに不思議な磁力を感じ、引き込まれずにはいられなかった。

 コウジの回想と共に静かに進んでいた物語は、参列者が父について語り始めると、新たな熱を帯び始める。佐藤さんのアドリブ全開のしゃべりに思わず笑いがこみ上げ、およそ葬式らしくない服装で現れた村上さんの読み上げる手紙に胸を打たれた。

 放送作家のはしもとこうじさんの実体験が基になっているという。監督7作目で初の長編作という齊藤監督。短編やドキュメンタリーを撮ってきただけあり、その技には既に熟練を思わせる安定感がある。第20回上海国際映画祭アジア新人賞部門での最優秀監督賞をはじめ数々の賞を獲得しているのもうなずける。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2017「blank13」製作委員会
(C)2017「blank13」製作委員会
(C)2017「blank13」製作委員会
(C)2017「blank13」製作委員会
(C)2017「blank13」製作委員会
(C)2017「blank13」製作委員会
(C)2017「blank13」製作委員会
(C)2017「blank13」製作委員会
blank13
出典:YouTube

齊藤工、監督作「blank13」の新予告編解禁 高橋一生とリリー・フランキーが親子役

blank13
出典:YouTube

 俳優の斎藤工さんが「齊藤工」名義で監督を務め、主人公のコウジを高橋一生さんが演じる4Kオリジナル映画「blank13」(2018年2月公開)の新予告編が12月27日、解禁された。予告は、麻雀をしている父(リリー・フランキーさん)に作文で賞を取ったことをうれしそうに報告するコウジの幼少期のシーンで始まる。その後、父親の失踪により、日常の生活に不満を持ちながら成長していく家族の風景が映し出される。

 コウジは、13年ぶりに再会するも家族の溝が埋まらないうちに他界してしまった父について、葬儀で生前親交のあった知人から思い出話を聞き、意外な一面を知ることになる。個性的な知人たちに驚きつつ、父が息子の作文について話していたことを知ると、これまで父に抱いていた感情に変化が起こる。葬儀を通して父親の知られざる真実を知ったコウジは……という内容。

 今作は、放送作家のはしもとこうじさんの実話を基に、13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まる家族の物語を描いている。コウジの彼女役を松岡茉優さん、母親役を神野三鈴さんが演じ、斎藤さん自身も主人公の兄役で出演している。音楽監督は俳優でミュージシャンの金子ノブアキさん、スチール撮影は世界的フォトグラファー、レスリー・キーさんが担当し、製作には福山雅治さんも名を連ねている。

 映画「blank13」は、18年2月3日にシネマート新宿(東京都新宿区)、24日から全国で順次公開される。

映画「blank13」のワンシーン(C)「blank13」製作委員会
映画「blank13」のワンシーン(C)「blank13」製作委員会

斎藤工、日本映画の現状に憂い 監督作「blank13」は「世界中の映画祭で勝負したい」

「第9回したまちコメディ映画祭in台東」内のイベント「齊藤工 新作発表会」に登場した斎藤工さん
「第9回したまちコメディ映画祭in台東」内のイベント「齊藤工 新作発表会」に登場した斎藤工さん

 俳優で映画監督も務める斎藤工さんが9月19日、東京・不忍池水上音楽堂で行われた「第9回したまちコメディ映画祭in台東」内のイベント「齊藤工 新作発表会」に登場。「齊藤工」名義で4Kオリジナル映画「blank13」を監督した斎藤さんは、同作の公開について「来年を目指している」としつつ、「その前に映画祭。世界中にたくさんの映画祭があるので、いろんなところで勝負したい」と意気込みを語った。続けて斎藤さんは、「海外に響いている日本映画とそうじゃない日本映画って、興行ランキングと比例しない。それがめちゃくちゃ悔しくて……」と日本映画への思いを吐露し、「国内で生産されてそこで成立するという産業を否定はしないんですが、(海外に)確実に届くもの、届かないものが、バジェット(予算)に関係なくある」と現状について持論を展開した。

 監督した「blank13」は、主人公のコウジを高橋一生さん、父親をリリー・フランキーさんが演じることも発表され、斎藤さんは「監督という響きはいまだに慣れないんですけれど……」としつつ、「本当に天才が集まってしまったんですよ、役者陣は特に」と“齊藤組”を絶賛。作品については「ジャンル分けも必要ないかなと思っていて。この映画は泣けますとか、そういうキャッチコピーは必要なのかもしれないですが、どういう映画か分からない入り口でいいんじゃないかなと」と語った。

 「blank13」は、13年前にタバコを買いに出たまま家に帰ってこなかった父親が見つかったという電話を受けた主人公・コウジは、兄から父親ががんで余命3カ月であることを告げられる。病院へ向かい父親と再会したコウジだったが、13年間の溝を埋めることはできず父親は半年後に他界する。だが、告別式当日に集まった参列者によって語られるさまざまなエピソードで、知らなかった事実を知ることになり……というストーリー。原作ははしもとこうじさん、脚本は西条みつとしさん。今冬「ひかりTV」のビデオサービスで提供される予定。

 イベントには斎藤さん、金子ノブアキさん、西村喜廣監督が出席。また、ロックバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲をテーマにしたショートフィルムを上映する「THE BLUE HEARTSショートフィルムセレクションinしたコメ」も行われ、ショートフィルムを制作した飯塚健監督、下山天監督、井口昇監督、清水崇監督、工藤伸一監督、角田晃広監督らも出席した。

blank13
blank13
blank13
blank13
blank13
blank13
blank13
出典:YouTube
blank13
出典:YouTube
blank13
出典:YouTube
4

/4

目次