レオン

  • スタッフ:
    原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社)、監督:塚本連平、脚本:吉田恵里香
  • キャスト:
    知英、竹中直人、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、原幹恵、河井青葉、山崎育三郎
  • 公開日:
    2018年2月24日公開
UPDATE

レオンあらすじ

映画は、老舗の食品会社「朝比奈フーズ」に勤める地味な派遣社員の玲音(知英さん)と、朝比奈フーズのやり手のワンマン社長・玲男(竹中直人さん)はある日偶然、同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、性別も地位も性格も、何もかも反対の2人は入れ替わっていて……というストーリー。

スタッフ

原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社)、監督:塚本連平、脚本:吉田恵里香

レオンキャスト

知英、竹中直人、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、原幹恵、河井青葉、山崎育三郎

レオン公開日

2018年2月24日公開

知英、初主演映画の「オヤジっぷり」に自信? 「どう思ってもらえるか…」 <「レオン」初日舞台あいさつ>

映画「レオン」の初日舞台あいさつに登場した知英さん
映画「レオン」の初日舞台あいさつに登場した知英さん

 女優で歌手の知英さんが2月24日、東京都内で初主演映画「レオン」(塚本連平監督)の初日舞台あいさつに登場。知英さんと竹中直人さんが入れ替わってしまうコメディーで、共演の大政絢さんは「入れ替わった瞬間スイッチがかかって、どちらがどちらか分からなった。知英ちゃんは男前すぎるし、竹中さんは女性っぽくなって、手を握っても(女性として)違和感がない」と2人の演技を絶賛。知英さんは「いよいよ皆さんに見てもらうので、どういう反応が返ってくるか緊張しますよね。私のオヤジっぷりが、どう思ってもらえるか気になるところ」と話していた。

 舞台あいさつには、山崎育三郎さん、お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さん、ミッツ・マングローブさん、塚本監督も出席。竹中さんが「マイクだって持たなくていいんだ、斎藤くん」と絡み、斉藤さんが「何なんですか」と“応戦”するなど暴走気味の展開になり、見かねた知英さんが「ケンカはやめて」と“仲裁”する一幕もあったが、竹中さんは「この映画の知英さんは、圧倒的にチャーミングで力強くて可愛くて……。知英最高!」と絶賛して、知英さんを恥ずかしがらせていた。

レオン
レオン
レオン
レオン
レオン
レオン

<映画レビュー>「レオン」 知英と竹中直人の心が入れ替わる! 知英のオヤジ演技に爆笑

映画「レオン」の一場面(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
映画「レオン」の一場面(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

 女優や歌手として活躍する元KARAの知英さんが長編で初主演した映画「レオン」(塚本連平監督)が2月24日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開。地味な派遣社員と女好きのワンマン社長が、事故をきっかけに心が入れ替わったことで巻き起こる騒動を描いている。

 清智英さん原案、大倉かおりさん作画の同名マンガが原作。老舗の食品会社「朝比奈フーズ」に勤める地味で消極的な性格の派遣社員・小鳥遊玲音(たかなし・れおん=知英さん)と、年商500億円の朝比奈フーズの女好きワンマン社長・朝比奈玲男(あさひな・れお=竹中直人さん)は、ある日、偶然にも同じ車の事故に巻き込まれてしまう。目が覚めると、性別も地位も性格も、何もかも反対の2人が入れ替わっていて……というストーリー。山崎育三郎さん、大政絢さん、吉沢亮さん、お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さん、ミッツ・マングローブさんらが出演している。

 入れ替わりがテーマの映画は数多くあるが、見た目が知英さんで心は竹中さん、見た目は竹中さんで心は知英さんとイメージしながら見ると、2人の弾けた“怪演”っぷりに大笑いしてしまう。若者同士ではなく、若い女性と中年男性の入れ替わりは想像以上にエッジが利いている。知英さんは、ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子」(フジテレビ系)で1人7役を演じていた。今作でも“行き切った”コメディエンヌぶりを発揮するなど、面白い女優になってきている。竹中さんの女子演技もなかなかチャーミングだ。(遠藤政樹/フリーライター) 

(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
レオン
出典:YouTube

知英、竹中直人の“笑いながら怒る人”披露 「難しいですよ」と赤面 <「レオン」公開直前イベント>

映画「レオン」の公開直前イベントで“笑いながら怒る人”を披露する知英さん(右)と竹中直人さん
映画「レオン」の公開直前イベントで“笑いながら怒る人”を披露する知英さん(右)と竹中直人さん

 女優で歌手の知英さんが2月21日、東京都内で行われた劇場長編初主演映画「レオン」(塚本連平監督、24日公開)の公開直前イベントに、共演の竹中直人さんと登場。イベントでは、竹中さんが持ちネタである“笑いながら怒る人”を知英さんに伝授し、実際に知英さんが披露する一幕があった。

 竹中さんは“笑いながら怒る人”について、「多摩美(多摩美術大学)の学生だったころ、友達の前でやっていたことがこんなに引っ張られるとか思っていなかったですね」と振り返り、知英さんに演じ方を伝授。知英さんは早速、竹中さんに向かって「何だ、ばか野郎!」と披露するも、「難しいですよ」と赤面。そんな知英さんに、竹中さんは「基本は体の中でご理解していただけた気がします」とコメントしつつ、「こんなことできても、何の役にも立たないよ」と冷静に語っていた。

 また、共演以前から竹中さんのファンだったという知英さんは「日本語を勉強し始めたとき、日本のドラマや映画を見ていると、竹中さんがどの作品にも出ていて。一番好きだったのは(2006年放送の連続ドラマ)『のだめカンタービレ』」と話すと、竹中さんは「唯一、断った仕事なんですよ」と告白。「(役が)ドイツ人だったんで、『それは無理だろ、日本人だし』って断った後、『でも特殊メークの鼻とカツラを着けて……でも無理ですよね』って言って帰ったら、後日それでいきましょうって連絡があって」と当時の舞台裏を明かし、知英さんを驚かせていた。

 映画は、老舗の食品会社「朝比奈フーズ」に勤める地味な派遣社員・小鳥遊玲音(知英さん)が、同社の女好きなワンマン社長・朝比奈玲男(竹中さん)と同じ車の事故に巻き込まれ、心と体が入れ替わってしまう……という内容。

レオン
レオン
レオン
レオン
レオン
レオン

吉沢亮、竹中直人とキスシーン? 衝撃の映像公開「キュンキュンしました」 知英主演映画「レオン」本編映像公開

レオン
出典:YouTube

 俳優の吉沢亮さんが竹中直人さんにキスをしようとする衝撃の映像が2月9日、公開された。女優で歌手の知英さんの劇場長編初主演映画「レオン」(塚本連平監督、24日公開)の本編のワンシーンで、吉沢さんは「女装した竹中さんに愛の言葉をささやくシュールなシーンがあったんですが(笑い)、本当に竹中さんが乙女な顔をしていらして、すごいキュンキュンしました!」と明かしている。

 映画は、老舗の食品会社「朝比奈フーズ」に勤める地味な派遣社員の小鳥遊玲音(知英さん)と、同社の女好きなワンマン社長、玲男(竹中さん)は、同じ車の事故に巻き込まれ、目が覚めると2人は入れ替わっていた。玲音の同僚、一条徹(吉沢さん)は、外見こそ女性だが中身はおじさんの玲音に好意を寄せるというストーリー。

 公開された映像は、徹が玲音に愛の告白をするシーン。ある理由で涙を流す玲音を抱き寄せた徹は「嫌だったら言って」と言い、愛の告白をしようとすると玲音の姿がおじさん(竹中さん)に変わる。「※本来はこんな感じ。」というテロップが流れ、2人の唇が近づく……という内容だ。

知英「エロ社長」役に悪戦苦闘? 共演者で入れ替わりたいのは… <「レオン」完成披露試写会>

「レオン」完成披露試写会に登場した知英さん
「レオン」完成披露試写会に登場した知英さん

 女優で歌手の知英さんが1月24日、東京都内で行われた劇場長編初主演映画「レオン」(塚本連平監督、2月24日公開)の完成披露試写会に、主要キャストともに登場。竹中直人さん扮(ふん)する女好きの社長とひょんなことから心と体が入れ替わってしまう地味な派遣社員役の知英さんは、“オヤジ”演技をほめられると「入れ替わりの役は2回目なんですが、“エロ社長”というのが難しい。皆さんに助けられて楽しんで撮影できました」と、笑顔で語った。

 老舗の食品会社「朝比奈フーズ」に勤める地味な派遣社員の小鳥遊玲音(知英さん)と、年商500億の朝比奈フーズのやり手の女好きワンマン社長・朝比奈玲男(竹中さん)はある日偶然、同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、性別も地位も性格も、何もかも反対の2人は入れ替わっていて……というストーリー。イベントには、知英さん、竹中さんのほか、2人の秘密を知る玲音の親友・紗理奈役の大政絢さん、玲音の同僚・一条役の吉沢亮さん、チャラいプレーボーイ税理士、日下役の山崎育三郎さんらも登場した。

 映画にちなんで「入れ替われるなら誰になりたい?」という質問に知英さんは悩みながら「まずは男性になりたい。山崎さんと入れ替わりたい。誕生日が一緒なんですよ。兄弟みたいな感じです」と、山崎さんを指名。山崎さんになってやってみたいことは「男性とは声から全然違うと、今回(の役)で思った。男性になってみて男の声でしゃべってみたいな」と語った。

 知英さんと入れ替わる女好きワンマン社長を演じた竹中さんは「知英が最高でしたね。入れ替わったときの知英、日本語のうまさも感動しました!」といい、「震えちゃうくらい素晴らしい作品になった」と絶賛。知英さんは「笑いもたくさんあって、本当に意外な展開で感動することもあるかもしれないので楽しみにしてください。長編映画初主演で、皆さんに支えられて、みんなで楽しく作り上げました」と、共演者に感謝していた。

レオン
レオン
レオン
レオン
レオン
レオン
レオン
出典:YouTube

知英、吉沢亮に「何されてもいい」? オヤジになって叫ぶ、ほえる! 主演映画予告解禁

知英さんの劇場長編初主演映画「レオン」ポスタービジュアル (C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
知英さんの劇場長編初主演映画「レオン」ポスタービジュアル (C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

 女優で歌手の知英さんの劇場長編初主演映画「レオン」(塚本連平監督)の予告編が12月28日、公開された。竹中直人さん扮(ふん)する女好きの社長とひょんなことから心と体が入れ替わってしまう地味な派遣社員役の知英さんの“オヤジ化”が見どころ。自分の体の異変に気付いて「なんじゃこりゃぁ!」と叫ぶシーンや、吉沢亮さんを前に「こいつになら、何されてもいい!」とほえるシーンなどが楽しめる。

 予告編には、“ナイスバディー”だけが取り柄の地味な派遣社員の小鳥遊玲音(知英さん)や年商500億の女好きワンマン社長の朝比奈玲男(竹中さん)に加え、2人の秘密を知る玲音の親友・紗理奈(大政絢さん)、玲音のいいやつすぎる同僚・一条(吉沢さん)、チャラいプレイボーイ税理士の日下(山崎育三郎さん)らも登場。「オレたち(私たち)、入れ替わってるぅ!?」といった、どこかで耳にしたことのあるせりふも登場する。

 映画は、老舗の食品会社「朝比奈フーズ」に勤める地味な派遣社員の玲音と、朝比奈フーズのやり手のワンマン社長・玲男はある日偶然、同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、性別も地位も性格も、何もかも反対の2人は入れ替わっていて……というストーリー。2018年2月24日から公開される。

レオン
出典:YouTube
6

/6

目次